ファー イースト ブルー イング。 Far Yeast Brewing(ファーイースト ブルーイング)のビール馨和・KAGUA通販

クラフトビールメーカー直営店「ファーイースト トウキョウ クラフトビール&バオ」が開業 アジア版ハンバーガーの「バオ」とのペアリングで自社ビールを訴求

ファー イースト ブルー イング

オリエンタルブルーイングは金沢でクラフトビールを造る小さな醸造所です。 現在は、東山店・香林坊店・金沢駅店の3つの直営店を中心に、ローカルなビールを展開しています。 ここでしか飲めないビールを是非お楽しみ下さい。 Oriental Brewing 企業理念 ユニークなビールを通した地域浸透と一流の人材が育つ場所であることを目指します 1. ユニークなビール 世界中においしいビールがあふれていますが、それでも僕たちが自分たちでビールを醸す意味は、地域に根差したユニークさを提案することのみにあると思います。 地元の素材を使うこと、地元の料理に合わせることによって、地域の食文化に貢献します。 地域浸透 自分たちのビールを世界の果てまで出荷するよりは、地域の小さな酒屋さんにも置いてもらうことを優先します。 ビールの品質を考えても長旅に合理性はありません。 材料の調達から卸業者の選択、販売網まで地域にこだわり、地域経済のエンジンになることを目指します。 一流の人材 金沢は世界中から百万人以上の旅行者が訪れる街です。 そこでの交流と、積極的な外遊を通して、知見を広めます。 また、ビールの醸造は生物化学的反応を精緻に管理する技術が求められる仕事です。 そこにはITや分析の知識が求められます。 ビールの長い歴史と多様性を理解し、選択肢にはいつもグローバルな視点があり、最新のテクノロジーにも注意を払うことができる人材が、金沢という日本の一地方都市の零細企業にもいることを証明します。 石川県小松市出身(1983年生まれ)• 金沢大学付属高校卒、慶應義塾大学に進学• 大学卒業後は9年間経営コンサルタントとして様々なプロジェクトに参画。 2015年に結婚・帰省・退職。 妻と一年弱の世界一周• 大阪出身(1985年生まれ)• 金沢大学に進学、卒業後は大手居酒屋チェーンの大庄に就職。 自分の店を持つことを目標に、5年間飲食店の経営を学ぶ• 2014年に大庄を退職し、金沢市小立野にて自身の居酒屋ZOOを開業。 学生に人気の店を作り上げる• 千葉出身(1990年生まれ)• 東京農業大学醸造学科にて、醸造の基本を学ぶ• 卒業後に岩手県の銀河高原ビールに就職、実務としての醸造経験を重ねる• 2017年12月、オリエンタルブルーイングに参画• 2019年7月 、醸造長に就任•

次の

会社概要 « Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

ファー イースト ブルー イング

日々お酒の事を色々考えているので、それらについて書いていこうと思っています。 折角買ったワインを持ち込めるお店、ロマネコンティとか5大シャトー等ではなく 勿論飲める機会があれば嬉しくて書きます 、もっと身近にあるワインとビールの事や、食べ歩いたお店を書いていきます。 増税前の値段の場合もありますのであしからず。 メニューを閉じる 検索トグル メニュー 日本代表は感動を沢山くれてベスト8になりましたが、ラグビー・ワールド・カップはまだ続きますので ホップ・スクラムを飲みながら観戦です。 がっつりとした苦味は正に スクラム。 秋の夜長にも良さそうなしっかり目の IPAでした。 ビアデータ ビール名:HOP SCRUM 生産地:日本 山梨県 生産者:FAR YEAST アルコール:5. ところが前世紀に起こった工業化は、ビール飲料を世界中に普及させることには成功したものの、その一方でビール自体に「黄色い炭酸飲料」という画一的でモノトーンな印象を与える事になってしまいました。 その結果ビールは、造り手の哲学や創意工夫によってではなく、一つの商品に投下されるプロモーション費用の大きさが重要となってくる大量生産品になり、ワインや日本酒と比べると多様性のないお酒に成り下がってしまいました。 1970年代からじわじわと起こった「クラフトビール」というムーブメントは、モノトーン化してしまったビールをもう一度大衆の手に取り戻し、多種多様なビールを楽しむための動きとも言えます。 当社は個性あふれるビールを世界中に届けることで、ビールに多様性を取り戻し、「民主化していく」ことをミッションとして活動しています。 このビールは 今回のコラボは、2SPやBurley Oakの輸入会社であるファイブ・グッド株式会社の中村淳之介社長と2SPのDirectorであるMike Contreras氏が同じラグビーチームに所属していたことから始まりました。 当社代表の山田、Burley Oakのオーナーも同じくラガーマンであったことから、「ラグビーをテーマにしたビールを一緒に造り、一緒に観戦したいね」と話がまとまり、コラボに至りました。 ホップにはネルソンソーヴィン、モザイク、ファルコナーズフライトというの3種類のホップを使用し、香りに厚みを出しています。 ネルソンソーヴィンの特徴である白葡萄のような香りと共にごくごく飲めるスタイルですので、ラグビー観戦にぴったりです。 是非、お試しください。 テイスティング フルーティーな香り。 桃の様な香り。 苦味がしっかりあるのでがっしりしたビールを飲みたいときには非常に良い。 確かにスクラムみたいな感じ。

次の

Far Yeast « Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

ファー イースト ブルー イング

"Democratizing Beer" ビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す ビールは数千年前から愛飲され、世界各地で文化に根ざして発展してきました。 ところが前世紀に起こった工業化は、ビール飲料を世界中に普及させることには成功したものの、その一方でビール自体に「黄色い炭酸飲料」という画一的でモノトーンな印象を与える事になってしまいました。 その結果ビールは、造り手の哲学や創意工夫によってではなく、一つの商品に投下されるプロモーション費用の大きさが重要となってくる大量生産品になり、ワインや日本酒と比べると多様性のないお酒に成り下がってしまいました。 1970年代からじわじわと起こった「クラフトビール」というムーブメントは、モノトーン化してしまったビールをもう一度大衆の手に取り戻し、多種多様なビールを楽しむための動きとも言えます。 当社は個性あふれるビールを世界中に届けることで、ビールに多様性を取り戻し、「民主化していく」ことをミッションとして活動しています。 パートナー 美味しいビールを提供するためには、造り手だけではなく、ディストリビューターやサービングを担当するバー・レストランが大きな役割を担っています。 これらのパートナーの皆さまと連携しながら、最終的にお客さまに美味しいビールを飲んでいただけるよう、最善を尽くします。 コミュニティ クラフトビールは、あたかもオープンなプラットフォームのような、自由で活発なコミュニティをベースに発展しています。 当社はこのコミュニティを、誰もが自由に参加し、新しい価値を付加することができ、コミュニティ全体がその恩恵を受けられる共同体であると捉えています。 当社はコミュニティへの貢献を通じて、お客さまに美味しいビールを提供することを重視しています。

次の