ビットコイン 海外fx。 仮想通貨FX(ビットコインFX)追証なしの海外取引所を徹底解説!

ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの取引所【国内・海外】

ビットコイン 海外fx

もくじ• 仮想通貨のレバレッジ2倍・4倍・100倍とは 仮想通貨のレバレッジ取引とは、取引所に預けた証拠金にレバレッジを掛けて、本来必要な資金よりも少ない資金でトレードができる取引です。 例えば1BTCが100万円のときに、1BTCを購入するには現物取引では100万円の資金が必要になります。 このように レバレッジ2倍、4倍、100倍とは、資金効率を良くする仕組みであり、倍率が高いほど資金効率が良くなります。 ただし資金効率が良くなるほど、各証拠金の把握やポジションサイズの調整がシビアになるため、トレードにおける諸刃の剣とも言えます。 少しややこしいのですが、 レバレッジ取引の損益は買って売った後の差額で確定します。 また逆のパターンもあり、売って買い戻した後の差額でも確定します。 この精算方法は 「差金決済取引」といいます。 このときに買ったまま(売ったまま)の状態を ポジションと呼び、「ポジションを持つ」や「ポジションを保有する」と言います。 つまりレバレッジ取引では、 新規注文と決済注文がセットになっていて、 新規注文のみが約定している状態がポジションです。 レバレッジ2倍・4倍・100倍のメリット・デメリット レバレッジ2倍と、レバレッジ4倍、レバレッジ100倍のメリットとデメリットを見てみましょう。 レバレッジ2倍のメリット・デメリット• レバレッジ4倍のメリット・デメリット• レバレッジ100倍のメリット・デメリット• 【注意点】仮想通貨レバレッジ2倍・4倍・100倍と高くなるほど資金管理が困難になる 上の章で、レバレッジは資金効率を良くする仕組みと紹介しました。 しかしその反面、 資金管理が難しくなるというデメリットもあります。 ハイレバレッジである程、ポジションの含み損益が大きくなるため、強制ロスカットが発動しやすいいのです。 レバレッジ取引のロスカットとは レバレッジ取引には、「証拠金維持率」と「強制ロスカット」と呼ばれるルールがあります。 証拠金維持率は、保有中のポジションと口座資金の割合を表した指標です。 証拠金維持率は100%を基準として、大きいほど資金に余裕があり、逆に100%を下回ると 赤字の状況となります。 また強制ロスカットとは、一定の証拠維持率を下回ったときに発動する強制決済のことです。 強制ロスカットを繰り返すと、資金はどんどん減っていくことになります。 【レバレッジ倍率比較】国内取引所と海外取引所の違い(2020年3月) 国内取引所と海外取引所のレバレッジ倍率の違いを見てみましょう。 結論としては、 資金効率的には海外取引所の方が優れていると言えます。 国内取引所はレバレッジ最大4倍、取引所によっては1倍・2倍・3倍を選べる 国内取引所のレバレッジ倍率一覧表 仮想通貨取引所 レバレッジ 倍率 4倍(固定) 4倍(固定) 4倍(固定) 2倍・4倍 Deccuret(ディーカレット) 4倍(固定) 1倍、2倍、3倍、4倍 Zaif(ザイフ) 1倍、2倍、2. 5倍、3倍、4倍 BITPoint(ビットポイント) 1倍、2 倍、 4倍 BTCボックス 1倍、2倍 楽天ウォレット 2倍(固定) 現時点では、国内の仮想通貨取引所の最大レバレッジは 4倍です。 またレバレッジ倍率の選択は、4倍で固定されている取引所と、1倍から4倍の間で選べる取引所があります。 どちらが良いのかと言えば、 1倍から4倍で選べた方がポジション調整の点で便利です。 元にひろぴーは、レバレッジ1倍でポジションを保有しているときもあります。 仮想通貨のレバレッジ取引所についてもっと知りたい人は「」の記事をご覧ください。 海外取引所は最大レバレッジ500倍、4倍の選択肢はナシ 海外取引所のレバレッジ倍率一覧表(BTC通貨ペア) 主な海外仮想通貨レバレッジ取引所 選択可能なレバレッジ倍率 (ビットメックス) 1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、25倍、50倍、100倍 (ビットフィネックス) 3. 33倍 (クリプトジーティー) 1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、500倍 (バイビット) 1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、25倍、50倍、100倍 (バイナンス) 1倍、25倍、50倍、75倍、100倍、125倍 海外取引所のレバレッジの特徴は、最大レバレッジ倍率がとにかく高いことです。 ただしレバレッジ1倍やレバレッジ2倍などの低レバレッジも選択できるため、ハイレバレッジと低レバレッジの使い分けができます。 また 海外取引所の多くは、レバレッジ4倍の選択肢がありません。 理由は定かではありませんが、日本のレバレッジ4倍がいかに特殊であることがわかります。 【計算】レバレッジ倍率ごとの証拠金維持率の比較 証拠金維持率の計算と強制ロスカットの目安 レバレッジ2倍、4倍、100倍を選択したときに大きく異なるのは、 強制ロスカットの発動のしやすさです。 具体的には、それぞれ同額の資金で同サイズのポジションを持った場合、レバレッジ 倍率が高い程強制ロスカットが発生しにくくなります。 以下の表をご覧ください。 証拠金維持率が高い程、含み損に耐えられ強制ロスカットが発生しにくくなります。 また逆に、同額の資金で同じサイズの買いポジションを持ち、相場が上昇した場合の利益は意外にも同額です。 レバレッジはあくまで資金効率を高めるだけであって、レバレッジ倍率が異なっても同じポジションサイズであれば、利益は一緒なのです。 ひろぴーの仮想通貨ブログ「ビットコインFX」(以下、当サイト)の執筆者は、執筆の内容において正確性等を保つため最大限の努力をしておりますが、執筆時の日時、参照する情報の変化により、市場の状況は常に変化しておりますゆえ閲覧時点での情報の誤りあるいは内容が古くなっている場合があります。 また、それにより誤りや古い内容を予告なく訂正、削除することをご了承ください。 当サイトに掲載された記事、コラム、情報は執筆者個人の見解であり当サイトの見解を示すものではありません。 したがって、当サイトと執筆者は情報提供を目的としており当サイト及び執筆者の掲載情報により、不利益や損害、ユーザーが行った行動の一切について責任を負いかねます。 また、当サイトの無断転用を禁止いたします。

次の

仮想通貨レバレッジ2倍・4倍・100倍の違いは?国内取引所と海外取引所も比較

ビットコイン 海外fx

そもそもスプレッドとは? スプレッドとは、買値と売値の差です。 上の画像の赤枠 503円 がスプレッドを表しています。 スプレッドは、買値と売値の差なので、387,029円ー386,526円=503円となります。 ビットコインFXで利益を出すには、スプレッド 買値と売値の差 が狭ければ狭いほど有利となります。 また、スプレッドを比較する上で重要になってくるのが取引所毎の売買方式です。 売買方式には、板取引と2wayプライス方式の2種類あります。 板取引と、2way方式を簡単に説明します。 板取引とは、ユーザー同士が取引を行うことです。 買い板と売り板が存在し、ユーザーの売りたい価格と買いたい価格が一致した時に取引が行われます。 2wayプライス方式とは、運営会社と取引を行うことです。 運営会社が提示した価格で買いたい人は買い、売りたい人は売ることができます。 一般的に、板取引と2wayプライス方式では、板取引の方がスプレッドが狭い傾向にあります。 仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内取引所 7社 のスプレッド比較 まずは、仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内取引所主要6社のスプレッドを比較していきます。 ビットフライヤーライトニングFXのスプレッド ビットフライヤーライトニングFXは、 板取引 ユーザー間取引 です。 なぜスプレッドが広いかというと、DMM Bitcoinは2way方式で取引をおこなうからです。 2way方式を採用している取引所は、スプレッドがやや広い傾向にあります。 しかし、2way方式なら提示された価格で約定することができるので、相場が大きく動いた時でも安心して提示価格で取引できるというメリットもあります。 スプレッド面だけを考えるとDMM Bitcoinは少々使いづらいです。 GMOコインのスプレッド GMOコインも、 DMM Bitcoin同様に2WAYプライスを採用しています。 スプレッドは状況に応じて変動します。 ビットポイントのスプレッドは、387,500ー387,232=268円 2way方式のDMMやGMOと比較するとスプレッドが狭いですが、板取引のビットフライヤーFXに比べればスプレッドが広いです。 なぜ、板取引なのにスプレッドが広いかというと、単純に取引量が少ないことが挙げられます。 また、取引量が少ないと売買が成立しづらく、希望価格で約定できないデメリットもあります。 ビットポイントはスプレッド面だけを考えると少々使いづらいです。 Liquid リキッド のスプレッド Liquid リキッド は、 板取引 ユーザー間取引 です。 状況に応じてスプレッドが変動します。 仮想通貨FX ビットコインFX ができる国内取引所スプレッド一覧 国内取引所のスプレッドを一覧で見てましょう。 それに比べ、DMMとGMOのスプレッドが広いことが分かります。 しかし、スプレッドは刻一刻と変化するものなので、ポジションとる前に確認が必要です。 仮想通貨FX ビットコインFX ができる海外取引所 2社 のスプレッド比較 国内取引所に続き、仮想通貨FX ビットコインFX ができる海外取引所 2社 のスプレッドです。 今回は海外取引所の中でも有名なBitMEXとCryptoGTのスプレッドを調べました。 BitMEX ビットメックス のスプレッド BitMEXは、 板取引 ユーザー間取引 です。 CryptoGTは、最近注目を集めている取引所です。 ビットコインのスプレッドは広めですが、アルトコインのスプレッドが狭いことで有名です。 とはいえ、ビットコインFXだけやるならスプレッドがやや広いので使いにくいです。 CryptoGTはスプレッドがやや広い。 仮想通貨FX ビットコインFX のスプレッドが狭い取引所ランキングTOP3 最後に、仮想通貨FX ビットコインFX ができる取引所の中で、スプレッドが狭い順にランキング方式で発表します。 上記のランキングTOP3の取引所は、十分使えるレベルの取引所です。 まとめ 今回は、仮想通貨FX ビットコインFX ができる取引所 国内7社、海外2社 のスプレッドを比較しました。 取引所毎にスプレッドは大きく異なります。 また、板取引と2way方式でもスプレッドに差が見受けられ、板取引の方がスプレッドが狭い傾向にあります。 とはいえ、相場が急激に動いた際は2way方式の方がスプレッドが狭い場合もあるので一概には言えませんが。 スプレッドだけで使える取引所か使えない取引所かを判断することは難しいので、まずは使えそうだと思う取引所でトレードやってみて自分に合った取引所を見つけてください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

海外FXでビットコインの取引ができる!?入金・出金だけじゃない!

ビットコイン 海外fx

スキャルピング手法はスプレッドや自動損切りがコツ 相場の価格変動の激しいビットコイン、その中でもビットコインFXが稼ぎやすい投資として 最近特に注目されています。 ではビットコインFXでは一体どのようなトレード手法が、より有効的に稼せぐことができるのでしょうか。 それは、ズバリ スキャルピングトレードです。 FXトレード歴 10年、ビットコインFX歴 1年以上の管理人がビットコインのスキャルピング手法について初心者向けに解説します。 実はビットコインFXにおけるスキャルピングはある程度 リスクを抑えて利益を狙うことが可能です。 つまり初心者にも 難しくなく行えるトレード手法と言えます。 またそこへレバレッジ取引を 組み合わせると、より利幅を大きくして効率よく利益を狙いやすくなります。 ビットコインのスキャルピングの特長や魅力、そしてより適したFX会社の選び方も解説します。 ビットコインの超短期手法の魅力とコツ まずビットコインのスキャルピングがどういうもので、どんなメリットがあるのか說明します。 初心者向けなビットコインのスキャルピングとは ビットコインFXで効率的に利益を出す方法としてスキャルピング手法をおすすめします。 スキャルピングとは数秒から数分間の超短時間で取引が完結してしまうことから、様々なトレード手法の中でも取引時間の 最も短い取引であるとされています。 その為、ビットコインFXの初心者にとっても、早く コツを掴むことができて、比較的利益の出しやすいトレードです。 ビットコインでスキャルピングをするメリット ビットコインFXにおけるスキャルピングには大きく2つのメリットがあります。 まず1つ目は自己資金が 少ない状態からでも利益を狙うことが可能だということです。 ビットコインFX初心者であれば自己資金を少なめでスタートしたいという場合が多いことでしょう。 準備する自己資金に余裕があっても、最初から多額の資金投入よりは少額からのスタートがおすすめです。 また少額スタートであっても レバレッジを使った取引を用いれば、より効率よく利益を狙えます。 スキャルピングにおける2つ目のメリットはリスクを抑えることが可能だということです。 スキャルピングは 長い期間でポジションを持つことはありません。 その為、含み損が発生しても 直ぐにロスカット(損失確定)を執行することになるので損失をできるだけ抑えることが可能です。 また海外FX会社を介して行うビットコインFXであれば証拠金の範囲を超えた 損失が発生しないゼロカットシステムが導入されています。 関連記事: ビットコインでスキャルピングするならBitMEX 因みに管理人がビットコインFXで1番重宝しているFX会社はです。 は管理人の分かる範囲内ではビットコインFXを運営するFX会社として世界一人気があります。 日本やお隣の韓国をはじめ、欧米にいたるまで世界中のトレーダーが現在ビットコインFXのためにへ集結しています。 BitMEXが世界一人気である理由として、次のようなメリットが挙げられます。 *最大レバレッジ100倍 *世界一の取引量によるすさまじい取引の流動性 *日本語対応OK *証拠金維持率0. ブロックチェーン技術を活かしてBTCによる証拠金でFXトレードを実現しているため、本人確認が不要で成り立っているということです。 BTCを保有している方ならば、今すぐBTCを送金して取引が可能です。 スキャルピング時のスプレッドや手数料がポイント では次にビットコインのスキャルピングで利益を出すためにはどのようなポイントが大切になってくるでしょうか。 ビットコインのスキャルピングは低スプレッドが有利 スキャルピングは超短時間で売買を完結しますので、利益が出やすいのは短時間での価格変動が激しい相場、つまり ボラティリティの激しい相場が適します。 価格変動が 少なすぎると短時間では利益を狙うことが困難です。 そういう意味ではボラティリティが非常に激しいビットコインの相場は最適と言えます。 関連記事: またスプレッドのなるべく狭いFX会社を選ぶこともポイントになってきます。 スキャルピングは超短時間の間で数多くの取引をくり返して利益を重ねていくものですので、トレードの手数料のようなコストにあたるスプレッドはなるべく 狭い方が有利です。 関連記事: ビットコインのスキャルピングはレンジ相場ですべし ビットコインでスキャルピングをする場合、 レンジ相場で取引を行うことも重要な事項です。 関連記事: レンジ相場であれば値動きをしっかりと分析すれば相場の 反転するタイミングが見えてきて、売買するエントリーポイントを容易に決定できます。 そしてレンジ相場を外れることは少ないので、合わせてくり返し売買取引を行い利益を狙うことができます。 売買のチャンスが 多くなることはスキャルピングにおいて非常に有利なポイントです。 ビットコインスキャルピングの利確と損切りはレンジの半値が目安 ビットコインのスキャルピングにおいて効率的に利益を狙うもう一つのポイントは、利益確定(利確)と損失確定(損切り)の値幅を レンジ値幅の半分の値段で設定することです。 例えばBTC/JPYのレンジ相場が800,000円から900,000円の範囲で値動きをくり返している場合、レンジ値幅は100,000円です。 この時、利確と損切りは825,000円と875,000円の幅で確定していくことがポイントになってきます。 欲を見せて思い通りの利益を 出せなくなる可能性もあるので、おおよそレンジ値幅の半分で確定していくことをおすすめします。 管理人はこのポイントをFXトレードにおけるマイルールとして、いつなんどきも必ず守ります。 11年程このルールを守りながらやってきた実証があるので、セオリーとしての強い自負があります。 ビットコイン超短期手法向けFX会社 FX会社はだけでなく数多くあります。 では「ビットコインのスキャルピングに向いているFX会社」とは、どうのようなところなのでしょうか。 ビットコインのスキャルピングを許可しているFX会社を選ぶ 重要なポイントが4つほどあるので説明していきます。 まず1つ目はスキャルピングをすることの できるFX会社を選ぶことです。 FX会社の中では明確にスキャルピングを禁止しているところもあります。 FX会社のガイドラインに違反してビットコインのスキャルピング取引を行なってしまうと、FX口座の 凍結やアカウントの 強制解約などの罰則を課せられますので注意しましょう。 低スプレッドのFX会社を選ぶ ビットコインのスキャルピングに適しているFX会社選びのポイントの2つ目は取引手数料のようなコストになるスプレッドです。 スキャルピングとは、 1回の取引における利幅がそれ程大きくない事が一般です。 その為、スプレッドが大きければ利益が減ってしまいます。 低スプレッドであることはビットコインのスキャルピングにおいてはとても重要なポイントです。 ビットコインのスキャルピングでは約定力が重要 ビットコインのスキャルピングに適するFX会社選びの3つ目のポイントは約定力です。 スキャルピングは数秒から数分の間で素早く取引を行う超短期トレードです。 その為注文エントリーを入れて約定するまでの時間に 誤差が大きいと自分の思い通りのトレードをすることが困難です。 この時間の誤差が小さければ小さいほど約定力が 高いとします。 ビットコインのスキャルピングでは、ほんの 僅かな価格変動からの利益を狙っているため約定が遅いことはデメリットとなります。 約定力もFX会社毎に違いがあるのでしっかり情報を収集した上で業者を選択しましょう。 ビットコインのスキャルピングには証拠金維持率も重要 4つ目のポイントはロスカットの水準です。 FXを行うときには証拠金維持率というものがあり、その水準もFX会社毎に異なってきます。 関連記事: ビットコインのスキャルピングでハイレバレッジの取引をする時に、証拠金維持率が高ければ少しの価格変動による値動きでFX会社側による 自動的なロスカットにより損失が確定してしまいます。 そうなると想定するよりも 自由度の効かないトレードになりかねます。 トレードの税金と自動売買botに関して ビットコイン取引の初心者の中にはトレード中に大損失をしてしまわないかと、不安を抱える人もいることでしょう。 しかしスキャルピングトレードであれば超短期でポジションを持ち 直ぐに解消するような取引が主になりますので自動的に損失の広がりを最小限にすることが可能です。 さらに海外FX会社であれば ゼロカットシステムによって大損失を免れてくれます。 また、会社側が提供する APIKyeを利用して自身の望む取引ルールをプログラミング化してしまう 自動売買botを作ることが可能です。 自身のルールに従い自動的に全ての取引を行うbotがいてくれれば大損失リスクも 一切なくなります。 ここまでビットコインのスキャルピングについて解説してきました。 しかしながらビットコインによるスキャルピングは リスクも大きくなってきます。 それはビットコインのボラティリティ(価格変動率)があまりにも激しいのであまりFXに触れたことのない 初心者には少々ハードルが高いということです。 そのためFX初心者にはまず 外国為替FXをおすすめします。 外国為替FXならば、安定性を言えば申し分ありません。 1ヶ月、2ヶ月ほど外国為替FXで手慣らしでFXを開始して、その後にビットコインFXに移行することも 全然遅くありませんので慎重に進めていくことをおすすめします。 管理人が10年以上に渡り最も重宝しているFX会社は GEMFOREXという海外FX会社です。 であれば、期間限定で定期的に掛け金が2倍になるの太っ腹なサービスもあるので是非チェックしてみてください。 これをうまく利用すれば初期投資の金額も 半額に抑えることができます。 まずは外国為替FXで準備金額も抑えて 賢くスタートしましょう。 関連記事:.

次の