フッ 化 水素 歯医者。 八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故

フッ化水素中毒を知りたい人集まれ!具体的な症状や対策法を伝授!

フッ 化 水素 歯医者

Youtubeを中心として、韓国からフッ化水素が40トン行方不明になっていると言う噂が有る。 これに対して、韓国政府が噂を否定する解説を出している。 正直なところ、バカらしいのでそれ程真剣に調べていないけれど、少し調べると以下の事実が分かってきた。 「韓国が今年1〜5月に日本に輸出したエッチングガス量が39. 65トンであるのに対し、日本が韓国から輸入したエッチングガス量は0. 12トンに過ぎない」とし「日本が(エッチングガスの対北朝鮮搬出を)主張するポイントは、このようだ。 韓国が疑惑を調査する必要がある」との統計不一致疑惑を主張した。 これが40トン行方不明説の根拠らしい。 韓国政府は既に関連企業を調査し、流出を示す証拠は一切見つかっていないと報告しているが()、しつこく40トン行方不明説を垂れ流す輩がいる為、わざわざ声明を出したのが以下である。 【韓国政府の説明】 簡単に説明すると、 ・韓国関税庁の記録では、フッ化水素を韓国から日本に39. 65トン輸出した(不良品の返品) ・日本の財務省の輸入記録は0. 12トンなので、39. 53トンが消えたと言う疑惑を持たれている ・これは統計が実際の輸入国ではなく、原産国に基づいて集計される事を理解していない誤解 ・39. 65トンの内39. 62トンは中国産であるため、日本の輸入統計にはカウントされない ・残りの0. 03トンも当初の起源が日本産なので日本の輸入統計にはカウントされない ・0. 12トンは低純度フッ化水素で韓国の統計には反映されず、日本の統計には反映される と言うことらしい。 そしてこの文章に納得。 日本は安全保障上の信頼性を打ち出しておきながら、フッ化水素の北朝鮮流出疑惑などについて具体的な根拠を一つも提示せずにいます。 フッ化水素流出の正当性がない輸出規制をめぐり、日本が引き続き言葉を変えて提示するのは一つの主張だけです。 このような日本の主張を、日本の極右マスコミで主張し、これを再び、いくつかの私たち国民が拡散をさせる非常に残念なことが一ヶ月以上続いています。 因みに、世耕大臣もフッ化水素の第三国への流出は否定している事も付け加えておく。

次の

無水フッ化水素 (無水フッ酸)

フッ 化 水素 歯医者

八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故 八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故(はちおうじし しかいし フッかすいそさん ごとふじこ)とは、1982年に八王子市で発生した医療事故である。 歯科治療用のフッ化ナトリウム NaF と間違えて、毒劇物のフッ化水素酸 HF を女児の歯に塗布してしまい死亡した。 1982年4月20日午後3時50分頃[1]、八王子市内の歯科医院で、同院の院長である歯科医師(当時69歳)がう蝕予防用のフッ化ナトリウムのラベルがある合成樹脂製小瓶の液体を脱脂綿にしみこませ、市内に住む3歳の女児の歯に塗布したところ、辛いと訴えた(フッ化ナトリウムは本来無味である)。 女児の母親と同院の助手の女性が女児の体を押さえつけ、さらに液体を塗布したが、女児は診察台から転がり落ちて苦しがり、口からは白煙が上がった。 救急車で近所の医院に搬送され、症状が重篤であるため東京医科大学八王子医療センターに転送されたが、同日午後6時3分頃[1]、急性薬物中毒のため死亡した[2]。 翌日、女児の通夜の席で、歯科医師は脳血栓の発作を起こし倒れた。 この液体は、歯科材料商社から大瓶で購入し、歯科医師が当日小瓶に移し替えて使用していたが、事故後、歯科医師の妻(当時59歳)が「薬を間違ったのでは」と思い、ためしに塗布液を自分の歯に塗ってみた。 ところが、強い刺激とともに歯ぐきが荒れたため、うがいをして吐き出したという。 妻はこの液体を中身ごと自宅の焼却炉で処分した。 妻には医学や薬学の知識はなかった。 その後の調べで、同年3月19日に歯科医師の妻が市内の歯科材料業者に、フッ化ナトリウムのつもりで「フッ素」と注文し、業者はこれを歯科技工用のフッ化水素酸と解釈し、同院に配達した。 その際、毒物及び劇物取締法に基づき、受領書に捺印を求めた。 これは、フッ化ナトリウムでは不要のものである。 この瓶と従来使用していたフッ化ナトリウムの瓶の意匠が異なることについて、歯科医師は「前年暮から新たに取引を始めた業者であり、別のメーカーの製品ではないか」と思いこみ、品名を確認していなかった[3]。 歯科医師は刑事責任を問われた。 1983年2月24日、東京地方裁判所八王子支部で業務上過失致死罪により禁錮1年6月執行猶予4年の有罪判決を受け、この一審判決が確定した[1]。 HF(フッ化水素酸)を間違えて塗布し、診察台から2mもハネ飛んで幼児急死(4. 20) これ、塗布された瞬間に女児が大騒ぎして暴れだしたので治療していた歯科医が付き添いでそばにいた 母親と助士に女児を押さえている様に言って、母親が押さえつけているところに更に塗布して 筋肉の痙攣で大の大人二人を跳ね除けた上で2メートル吹っ飛んだと言う。。。 歯の神経の痛感ってのは、人体が感じる様々な痛み、つまり痛覚としては、2番目に強力なものなんだよ。 まあ、麻酔がなかったら普通は耐えられない。 だから拷問なんかにも使う。 歯にフッ酸塗るとどういう痛みを感じるかっつーと、塗られた歯が全部、末期の虫歯の痛みを同時に引き起こし、 さらにフッ酸が浸透を続ける顎や頭蓋骨の中を通ってる痛感神経も、最大強度の痛感を発信するようになる。 まあ、ここまで強力な痛覚になると、もう脳というか神経系全体が耐えられんわな。 そんで自律系の神経が機能不全を起こし、その端末である各種臓器も不全、いわゆるショック死へ、という流れ。 やっちまった医師が、通夜の席で土下座して詫びて、そのまま脳溢血起こすのも、まあ無理はない。 仮にも医者なら、想像しただけでも気絶したくなるほどむごい状況を、年端もいかない女児を押さえつけて 引き起こしたって事が、まるわかりだからな。 だとさ•

次の

無水フッ化水素 (無水フッ酸)

フッ 化 水素 歯医者

日韓両政府は輸出管理をめぐる問題を議論する局長級の政策対話を16日に開き、24日を軸に日韓首脳会談の開催を調整している。 だが元徴用工問題などで両政府の認識には大きな隔たりがあり、どこまで歩み寄れるかは予断を許さない。 すでに韓国は日本からの輸入に依存しているフッ化水素の国産化を模索しているが、課題は少なくないようだ。 韓国メディアによると、LGディスプレイは米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)11 Pro」シリーズ向け有機ELパネルで、日本製から切り替えて国産化したフッ化水素に起因するとみられる大量の不良が発生した。 LGディスプレイは韓国での国産化に成功したというフッ化水素を使い、画面に縦じまが入る製品不良を発生させたという。 川下の組み立て段階で判明し、数十万枚のパネルが廃棄されたという。 一方で、品質トラブルの原因は国産フッ化水素ではなく、反文在寅政権の保守系勢力による扇動を指摘する声もある。 LGは今回の件を公表していない。 アイフォーンの有機ELパネルはこれまでサムスン電子が独占供給してきたが、19年9月発売の新モデルからLGもサプライヤーに加わっていた。 アップルは今回、サムスンからの調達量を増やして影響を最小限に抑えたとみられる。 半導体産業へのマイナス影響も出てきた。 SKハイニックスは19年内にもNAND型フラッシュメモリーなどの製造に使うフッ化水素の代替調達を始める。 韓国、米国、中国メーカーが候補に挙がる。 これまでは市況低迷で過剰気味だった製品在庫から供給するなどして急場をしのいだが、11月末に日本による輸出管理厳格化措置が撤回されなかったため代替調達に乗り出す。 日刊工業新聞2019年12月17日.

次の