監察医 朝顔 評価。 監察医朝顔・初回1話ネタバレ感想・感動!朝顔(上野樹里)が法医学者になった理由は?お母さん!地震は3.11か・あらすじも

ドラマ「監察医 朝顔2」あらすじキャスト|予告動画や主題歌と口コミ評価や見どころも

監察医 朝顔 評価

スポンサーリンク 監察医朝顔・1話あらすじ 新米法医学者の朝顔(上野樹里)が勤める大学の法医学教室に、身元不明の女性遺体の解剖依頼が入る。 主任教授・茶子(山口智子)に担当を任された朝顔は、父親で刑事の平(時任三郎)が管轄の警察署に異動したと知り驚く。 朝顔の恋人で平の同僚刑事となった桑原(風間俊介)も動揺する中、女性に溺死の可能性が浮上。 だが発見場所は倉庫だった。 やがて、女性が夫・明彦(辻本耕志)と工場を営む恵子(山田キヌヲ)と判明。 平らと現場を調べる朝顔は、恵子との対面を拒む小学生の娘・早紀(粟野咲莉)に寄り添い、その死の謎に迫る。 YAHOO! TVから引用 監察医朝顔・1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む 物語の始まり 万木朝顔(上野樹里)は、興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。 興雲大学の法医学教室では、今度来る、新しい刑事は、ジョージクルーニー似と噂される。 その人物こそ、朝顔の父親である、平(時任三郎)だった。 平は、配置換えになった。 事件があり、死亡者が出た 平は、朝顔の恋人でもある、桑原(風間俊介)と一緒に同行することになった。。 新米の朝顔(上野樹里)と歯専門の藤堂絵美(平岩紙)だけでは、無理だと断ろうとしたところに、茶子先生が(山口智子)が登場した。 ギリギリ間に合い、遺体の観察を引き受けることになった。 茶子先生は、ウズベキスタンから帰ってきたばかりだった。 病死?水死?それとも?って感じですね。 死因は何?&デート 家に帰ると、朝顔(上野樹里)が食事を作って待っていた。 その日の食事当番は、平(時任三郎)だったが、赴任早々なので、朝顔が作った。 朝顔は、翌日は、ご飯は食べに行くので要らないと言う。 桑原(風間俊介)とのデートの日だ。 まだ、父親の平には紹介はしていない。 事故現場の可能性がある水場に行き調査する。 亡くなった女性の娘は、「お母さんに会いたくない」と言っているのだそう。 遺体の女性は、旦那さんと部品工場を営んでいた。 旦那さんに確認すると、亡くなった女性は、心筋梗塞の持病があった。 直接の死因は心筋梗塞で亡くなった可能性も捨てられない。 桑原(風間俊介)と、デートで、もんじゃ焼きを食べに行く。 恋人朝顔の父親である平とバディを組むのは、「しんどい」と言う。 桑原は、朝顔に、お母さんのことを聞こうとしたが、事情がありそうでなかなか聞けない。 家に帰り、朝顔は、父親の平に、桑原(風間俊介)のことを聞き出す。 すると、「普通だ」と言われてしまう。 いたって普通だと言われていた桑原やりました。 遺体の女性が持っていた百貨店のバッグには、ひったくりの常習犯の指紋が付いていた。 遅発性溺水を発症していた。 飲み込んでいた水が、遅れて肺に入るものだ。 遺体女性は、自分で歩いて、倉庫まで言ったと推測される。 朝顔(上野樹里)は、「自分で、もうろうとした状態のまま、戻ろうとしたのだ」と言う。 倒れていた場所は、遺体女性の家の部品工場に似た倉庫だったのだ。 家族の元へ帰ろうとしていたのだ。 それを知ると、夫は泣き崩れてしまった。 娘も動揺する。 さらには、百貨店の袋の中には、娘のお弁当箱が入っていた。 娘のためを思って、買っていたのだった。 娘は涙が止まらない。 娘は、お母さんに会いたいと言って、遺体に対面した。 お母さんありがとうと言って、泣き崩れる娘。 事件の解決後、桑原は、残された2人は辛いというと、平は、残した方も辛いと言う。 朝顔は、書式の、他殺に〇をつける。 朝顔の上司の茶子(山口智子)は、「明日死ぬかもしれない」と、台湾に旅行に行った。 病死?溺死?と最初の段階ではなっていたけど、結局他殺!法医学と、刑事の連係プレイでめでたく事件解決! 朝顔の母親8年前から行方不明 朝顔は、亡くなった母方のお爺さんに電話する。 8年ぶりにバスと電車に乗って出かける。 仙ノ浦に着いた。 朝顔は、8年前のことを思い出して、パニックになってしまう。 朝顔は、無理だと1人で帰ることに。 お母さん捜していないとどうしてもだめなんだと、平は、残る。 8年前に何が起こったかと言うと、朝顔と、母親が、2人で、お母さんの実家に到着したばかりで、地震が起こった。 朝顔は、避難所でお母さんを探した。 遺体安置所では、亡くなった家族が泣き崩れていた。 そこに、法医学者の茶子(山口智子)がやってきたのだった。 現在に戻り、平(時任三郎)は、水辺を調査する。 スポンサーリンク 監察医朝顔・初回・1話・感想・評価 全体的に構成もよく、伏線も利いていて良かったです。 感動しました。 のだめ以来、13年ぶりの月9主演の上野樹里です。 ほんわかした朝顔演じる上野樹里だったので、少しのだめっぽい部分があるのかなと思いきや、法医学者。 母を失い、戸惑い打ちひしがれている少女のそばに、寄り添う、朝顔のあたたかい眼差しに、ぐっと来ました。 そして、後半は、卒業式付近の季節、東北の沿岸の街。 地震は、3. 11と思われる題材ですね。 正直、「そう来たか」と思った部分がありましたね。 【半分、青い】で、3. 11と思われるシーンが登場した際は酷評も多かったので、今回はどうでしょう。 賛否両論あるのかな。 私としては、主人公朝顔が、法医学者を目指そうとなる確固たる理由なので、説得力が上がって脚本の構成上は良い設定だと思いました。 風化させてもいけませんしね。 そして、ここで、朝顔のトラウマが露呈します。 日頃、新米とはいえ、遺体の解剖をしている朝顔でも、トラウマがあり、東北のおじいちゃんの家に行けなくなっている。 強さと弱さが表現されていました。 さらには、お母さんが見つかっていない。 お母さんが、いなくなった町に降り立つことができない朝顔と、お母さんのことを捜さずにはいられない、父親の平の対比も良かったです。 これは、朝顔の事情に絡めた良い伏線だと思いました。 朝顔は、水辺で、母を亡くした幼い女の子の姿を通して、自分の8年前の地震で母親を失ったことを思い出します。 例年は、父1人で行っていたのだが、今年は、朝顔も付いて行くのでした。 お父さんの平(時任三郎)の偶然の感じとかも良かったと思います。 万木(まき)は、もういるから名前がかぶっているから、下の名前で【平さん】と呼ぶようになったのとか。 水質調査は、8年間も続けている平だったので、長靴も持っているし、桑原が驚くほど、仕事が早いのとか。 色々と詰まっていました。 後は、茶子(山口智子)先生が良いですね。 法医学者として働く中で、【人間は明日死ぬかもしれない】という想いが常にある。 なので、一泊でも、台湾で、本場の小籠包を食べるとか、直観と、自分の中の想いを現実化しているところ。 そんなに充実した毎日ってないだろうなって話です。 旅行に行くか行かないかは別として、人生を謳歌してやろうという気持ちが素敵でした。 そして、朝顔のこともしっかり、母のように見守ってくれていて、母を失っている朝顔にとって心強い存在ですね。 ドラマだから、偶然の一致とはいえ、お父さんと恋人がバディとか、母のような茶子(山口智子)先生とか、人間は、助け合って生きているのだな、とより感じられる、家族もの系の医療系刑事ものいろいろと詰まったいい作品になりそうです 監察医朝顔・1話評価 4.

次の

【監察医 朝顔】1話のあらすじネタバレと感想!東日本大震災のトラウマに上野樹里の演技が光る!

監察医 朝顔 評価

変わった原因は? テレビドラマ「監察医 朝顔」(フジテレビ系列・月・21:00~)は9月2日に第8話が放送され、視聴率は10・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と相変わらずの好調を示した。 これまで上野は何かと「問題ある女優」と指摘されてきた。 そう報じた芸能記事を紹介すると、ざっと、こんな感じだ(いずれも出典は電子版)。 何の説明もなく、撮影を中断させたままの助監督を問い詰め、『あんたに訊いてんだよ!』と噛みついていましたからね。 とにかく荒れ狂っていた時代がありました」 ロックバンド・TRICERATOPSのギター&ボーカリスト・和田唱(43)と結婚したことを上野が公表したのは、16年5月。 それから徐々に、上野が現場でトラブルを起こすことがなくなっていったという。 「今の上野さんは現場で、文句一つ言わないそうです。 もともと、芝居の巧さは際立っている人なので、『朝顔』で評価は上がる一方です。 今後は出演依頼が殺到すると思います。 もし上野さんの仕事を悩ませるものがあるとしたら、ご自身の妊活だけという状況ではないでしょうか」(同・スタッフ) 芸能記者は、こう語る。 「最近の連ドラで言えば、深田恭子さん(36)や石原さとみさん(32)の主演作は不調です。 業界では『いよいよ上野さんや吉高由里子さん(31)が連ドラの女王になるかもしれない』との声も出ています。 連ドラ出演の多い戸田恵梨香さん(31)も、9月30日からのNHKの朝ドラで主演をやるくらいですからね。 上野さんにも充分、可能性はあるでしょう」 少し意外だが、上野は2016年の主演映画「お父さんと伊藤さん」(監督:タナダユキ/配給:ファントム・フィルム)以来、スクリーンからは遠ざかっている。 彼女たちが上野さんのライバルになるという感じですね」(前出のスタッフ) このスタッフによると、上野のギャラは連ドラなら現在、「1本あたり150万から200万」だという。 週刊新潮WEB取材班• あわせて読みたい関連本•

次の

月9『監察医朝顔』新章突入でドラマ満足度上昇、母親演じる上野樹里に高評価

監察医 朝顔 評価

2019年夏ドラマ 『監察医 朝顔 』 の前評判と放送後の評判との違いや、視聴率から視える評判・評価 を最終回まで随時更新していきます。 ドラマ『監察医 朝顔』の主演を務めるのは上野樹里さんです。 時として専門外に関係なく、自らが全力で寄り添って、そして思いを込めて遺体に向き合う新米法医学者。 『監察医 朝顔』の前評判や放送されてからの視聴者の評判を1話~最終回まで更新していき、最終的にはどのように評価されていくのでしょうか。 放送された後に、ここが面白い・又は面白くないといった視聴者からの評判などの反応を毎話取り上げていきます。 それと、この ドラマ枠の過去の視聴率と比較して、今作 『監察医 朝顔』 の評判がどうのように評価されていくのか、1話~最終回までの視聴率の変化もまとめています。 この記事では、前評判と放送後の評判の違いなどを見ると面白いかもしれません。 監察医 朝顔の評判・評価は?視聴率の推移を見る! 1話~最終回まで放送された視聴者の評判を毎話取り上げていき視聴率を公開していきます。 1話 視聴率13. 二人に見入ってしまいました。 ドラマ冒頭の朝食のシーンのまったりした感じが良かったです。 美味しそうに卵焼きを食べる朝顔 上野樹里 と平 時任三郎 の会話が、どこの家庭でもあるような日常で親近感が湧きました。 そして、自転車で出勤する朝顔演じる上野さんが爽やかで良かったです。 「大人になったなー」と思いました。 平演じる時任さんも素敵な年の取り方をしてて素敵です。 特にそう言う場面はなかったと思いますが、強いて言うなら、桑原真也 風間俊介 が朝顔の恋人と言う設定は個人的には好きじゃないです。 ストーリーが展開していき、後々二人が惹かれ合うと言うのが、父親の平との絡みも交えて面白く展開できるのでは思いました。 そこに恋敵として、高橋涼介 中尾明慶 が絡んでくるのも面白いと思います。 その他にも面白いキャラクターが登場してるので、朝顔の恋の行方、法医学者としての成長をどんどん絡めて方が盛り上がるのではと思います。 2話 視聴率12. まずは、もんじゃ焼きを焼いている朝顔にプロポーズする桑原でしたが、朝顔に将来子供にどこでプロポーズされたと聞かれて、もんじゃ焼き屋というのはどうかとたしなめられてしまいます。 そして、その次は朝顔が東日本大震災で母親が津波に巻き込まれて行方不明であると桑原に告白した時にその話を聞いて鼻水をたらし、泣きながら、朝顔に桑原はプロポーズしました。 また、朝顔に今か?というようなことを言われるのですが、私は実直な桑原に好感を持ちました。 朝顔が大好きでたまらなくて、悲しい経験をした朝顔の心の痛みを感じ、朝顔を一生大切にしたいと心から思っている桑原は最高にいい男だと思いました。 あまりリアリティーがなくてよくなかった思えたシーンは、ホームレスの人たちが全然ホームレスに見えなかったことです。 ホームレスなのに、若者がこざっぱりとしているところや、スーツ姿のホームレスもスーツがヨレヨレということもなく、ただの疲れたサラリーマンにしか見えなかったところです。 一応、今回のメインのストーリーはホームレスの人の暑いさなかでの凍死だったので、もうちょっとホームレスの男性にクローズアップしてもよかったのではないかと思いました。 ホームレスの男性はフグを食べて自殺をしたという結末でしたが、なぜ、ホームレスになったのかというストーリーがちょっと入ってもよかったかもしれないと思いました。 3話 視聴率12. 平は切切と桑原に語った後、結婚を許しました。 じーんと来ました。 面白かったといえば、桑原が目覚めたら朝顔のうちの布団の上で、下着姿だったために慌てている姿の場面です。 義理の父になろうとする職場の上司に、酔っ払ってお姫様抱っこをしてもらい運ばれる、とは顔から火の出るような体験だと思います。 困惑して恐縮している桑原は、可愛らしかったです。 朝顔が、桑原と共に、女子大生が遺体が発見された自宅へ出向く場面が気分のいいものではありませんでした。 ベッドの上で亡くなっている女性の遺体のポーズがリアルな感じで、見ていると怖くなってしまいました。 遺体の口の粘膜を採取して10円玉で調べる朝顔の行動には、「流石だなぁ!」と感心するものの、やはり遺体が映ってしまうことは避けて欲しいのが本音です。 焼死体の解剖シーンで、焼け焦げたような遺体がチラリとでも映ったらどうしよう、と少し緊張していたら、取り越し苦労で安心しました。 4話 視聴率12. そこの医師に、妊娠2ヶ月だということを告げられました。 平と桑原がちょうどお見舞いに現れたところに、朝顔は妊娠の報告をしたのです。 桑原は、どうした?というほどに泣きましたね。 平にしがみついてまで泣くところは面白い程でした。 以前も、朝顔の母親の件で泣いていましたし、よく涙を見せる優しい男性です。 それにしてもあの泣きっぷりは笑えますし、和むシーンでした。 女子大生を解剖している最中のシーンでのことです。 医学部生の安岡光子が、桑原に必要なものを渡してもらうところがありました。 受け取る際に、「ありがと。 」という言葉がありました。 ここは、「ありがとうございます。 」じゃないのか?と、ものすごい違和感でした。 桑原より年下の、経験もない一医学部生ごときが、現場で汗を流し努力している桑原に、なぜ上から目線なのか?とイラつきました。 その後、朝顔が桑原に目で合図していたのは、我慢して、ということでしょうか。 気分の悪い面白くない場面でした。 視聴率は翌日の朝10時頃になります。 スポンサーリンク 監察医 朝顔の前評判は?主演:上野樹里 果たして視聴する人は『監察医 朝顔』主演を務める上野樹里さんの、放送前の評判は?どのようなコメントをしているでしょうか。 と思います。 優しくも強い女性に、そして法医学者として成長していく姿に視聴者は共感したり、考えさせられたりしながら毎回楽しみにできるドラマになるんじゃないかと期待できそうです。 最終回には、家族を失った悲しみを乗り越えて、またお母さんが東北を訪れた理由や真実が明らかになって、前向きに法医学や人に向き合う形になってくれたらいいなと予想しています。 「週の始まりにふさわしい生きる活力を優しく与えるドラマにしたいと思っています。 フジテレビの「月9」に、そんな番組ありました? 原作の漫画から設定変更があって、1995年1月17日の阪神淡路大震災で朝顔さんがお母さんを亡くしたお話から、2011年3月11日の東日本大震災でお母さんが行方不明、となっているんですね。 珍しいケースです。 上野樹里さん演じる監察医朝顔さんのお父さんは、時任三郎さん演じるベテラン刑事ですね。 父親からのリクエスト…監察結果…死因。 母が行方不明になり、遺体が見つからないという悲しみを持った朝顔さんが、法医学者として、遺体を「どうして亡くなってしまったのかわからない不詳の死」にはさせない!という決意を持ってるというのが見所でしょう。 最終回、お母さんがひょっこり帰ってきたら、びっくりですね。 月9ドラマは、昔は恋愛モノが圧倒的に人気だった枠でしたが、今や刑事、弁護士、ミステリー、医療といった硬派なドラマへとシフトチェンジしたことで、それ以降10. 0%を超えてきたりと回復の兆しが見えています。 上野樹里さんの過去作品には、月9ドラマ『のだめカンタービレ』に出演して平均視聴率18. 8%を記録しました。 現代では、月9枠にとらわれず硬派なジャンルものは、だいたい全話平均視聴率10. 0%になると予想しています。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の