算定基礎届 電子申請。 e

「GビズID」を利用して社会保険の算定基礎届を提出 │ 松野宗弘税理士事務所

算定基礎届 電子申請

GビズIDを利用した、社会保険関係の電子申請(月額算定基礎届)について質問です。 質問をご覧くださり、ありがとうございます。 零細企業で、総務を担当しております。 今年度より、GビズIDを取得し、社会保険関係の申請に利用し始めました。 今回、月額算定基礎届を電子申請で行おうと思い、申請書を作成しましたが、 月額算定基礎届 総括表(被保険者状況や勤務状況を記入する書類)の作成画面が見当たらず、困っています。 こちらは、添付書類として別途作成が必要なのでしょうか。 もしくは、紙媒体で別途郵送が必要なのでしょうか。 プログラムは、日本年金機構配布の、届出作成プログラムを使用しております。 労働保険の更新等お忙しい中とは存じますが、どなたかご教示くださいますようお願いいたします。 よろしくお願いいたします。

次の

【2020年最新版】算定基礎届とは? 定時決定から算定基礎届の作成方法までわかりやすく解説

算定基礎届 電子申請

2020. 1 会社(一部の個人事業主も)は、毎年7月に、日本年金機構に対して、「算定基礎届」という社会保険の申告的なものを提出します。 自社の社会保険の電子申告に挑戦ス!(自分の経営している会社の申請です!クライアントのは、税理士は出来ません) なんかのノリでゲットした、自社の「GビスID」。 先月、会社の印鑑証明書を提出しGビスIDプライムにランクアップしといたの!社会保険の申告で利用できるらしいので、使ってみます~。 日本年金機構のマニュアル、意外と分かりやすかったです。 ・・・ なになに。 社会保険の算定基礎届が、電子申請できると。 ふむふむ・・・・。 GビスIDプライムがあれば出来ると。 あります、あります。 システムをダウンロードせよと。 日本年金機構のホームページから。 「届書作成プログラム」。 アイコンが昭和ね。 ・・・・・システムも昭和ね・・・・。 GビスIDプライムのID、パスワード、SMS認証、法人番号が必要。 はいはい。 順調に進む。 マニュアルを見ながら進めました~。 旧式のシステムにて、初期登録を行う。 神奈川を選んで・・・・自社の番号は、年金機構から届いた算定基礎届出書に印字してあるわ。 加入したばかりだからなのか、事業所番号がない。 まぁいっか。 スキップや。 事業所整理番号は、半角カタカナ~! 社会保険加入者は社長の私だけなので。 入力スイスイ。 従業員や交通費などがあると出来なかっただろうな~。 データの保存場所、デスクトップにすればよかった>< shakaihokenのフォルダが作られてて、探しちゃったよ~。 GビスIDで認証。 自社の所在地等を登録。 またですか?また???さっきも入力したじゃんか!連動させとけっ(黄色い部分を埋めていけばいいので、見やすいは見やすい) ん~と?これは?まぁいいか、勘で。 と進む。 申請ボタン!いけいけ~! ・・・・「受け付けました」がないけど?画面に戻って確認するんだ。 なるほど、なるほど。 「送信中」になってる。 なんで?24時間受付って書いてあるのに?まぁいいや。 それにしても、社会保険よりも国税のシステムの方が、使い勝手がいいわ~。 慣れないからなのかしら。 ******* 翌朝。 メールに、「【ワンストップサービス】お知らせの通知」が来たわ。 迷惑メールかと思ったら!算定基礎届の返戻がこんなタイトルだったという!!社会保険の届書作成プログラムより、とかのタイトルの方がよかったんじゃ・・・。 まぁ一括してどこかへ下請け依頼しているんだろうし、いいけどさ。 (リンクのクリックはないです。 よ~く隅々まで読むと、「事業所番号を入れてないからダメ」だってさ!(バレた!) 申請前にエラーで弾いてよ~!気が利かないね! 事業所番号を調べて入力。 再作成して、またしても事業所の所在地などを入力・・・・。 同じことを何度も入力しているわ~。 さて、申請ポチリ。 ・・・夕方には「処理中」になりました。 よかったぁ。 わたしはアホだわ。 (同じこと起こってる!よかった、私だけじゃなくて。

次の

社会保険の算定基礎届を。GビズIDで。

算定基礎届 電子申請

社会保険・労働保険の手続きにおける電子申請の義務化について 対象とされる法人の範囲• 相互会社(保険業法)• 「健康保険法施行規則及び厚生年金保険法施行規則の一部を改正する 省令の公布について」 労働保険分野において改正法案が平成31年3月8日に決定されました。 雇用保険法施行規則の一部を改正する省令 官報 平成31年3月8日 号外 第44号 労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則及び厚生労働省関係石綿による健康被害の救済に関する法律施行規則の一部を改正する省令 官報 平成31年3月8日 号外 第44号 対象として検討されている手続き 社会保険・労働保険の手続きにおける電子申請の義務化対象となる手続きは以下の予定です。 電子申請のメリット 電子申請では、申請書を電子データのままでインターネットを利用して、自宅や職場から24時間申請することが可能になります。 役所の窓口がしまっていても大丈夫 時間にとらわれず、24時間いつでも、申請することが可能になります。 夜間や休日でも手続ができます。 どこからでも申請可能 自宅や職場、遠隔地からでも、インターネット経由で申請することができます。 一箇所だけで済ませることができる 行政機関の窓口に出向くことなく、自宅や会社から申請・届出ができます。 複数の窓口をまわらなければならない時でも、自宅や職場のパソコンから手続することができます。 電子納付ができる 手数料等の納付をする時に、インターネットバンキングのほか、モバイルバンキングやペイジー対応ATM(現金自動預け払い機)を利用できます。 【参考】具体的な電子申請手続き e-Gov電子申請システムを利用し、インターネット上から各府省が所管する様々な行政手続について申請・届出を行います。 直接入力 e-Govサイトから直接入力する方式です。 連記式・CSV添付方式 届書作成プログラムからの出力データをe-Govサイトに添付する方式です。 API直接連動方式 eーGovが提供するAPIを組み込こみ、アプリケーションからワンストップで申請可能な有償アプリケーションを利用する方式です。 時間にとらわれず、24時間いつでも、申請することが可能になります。 夜間や休日でも手続ができます。 届書作成プログラム申請方式 届書作成プログラムからマイナポータルを経由して申請する方式です。

次の