ワイン の コルク の 抜き 方。 ワインオープナー 刺さったコルクの取り方

コルク抜き無しでワインのコルクを抜く方法

ワイン の コルク の 抜き 方

ウィング型は、コルクがボトルの中に落ちてしまう、スクリューがささったまま抜けなくなってしまうという 失敗が少ないオープナーです。 スクリュープル型よりは、少し力と経験が必要な開け方ですが、慣れてしまうと女性でも開けやすい道具です。 抜き方は、先ずスクリューの先端がボトル口の中央にくるように、ワインボトルにウィング型オープナーをのせます。 そして上の栓抜きのような部分を回してスクリューを差し込んでいくと、左右にある取っ手が、羽を広げるように上がってきます。 水平くらいになったら、両方の羽をつかんで下げると抜けてきます。 左右均等に力を入れられるので、スクリューが傾くことや、コルクが折れてしまうことを防げます。 完全に抜けないようであれば、再度上部を回して、羽部分を上下させることで、テコの原理で小さな力でもコルクが抜けます。 ハサミ型のオープナーは、 ソムリエナイフ以上に扱いが難しい開け方になります。 取っ手の下には長さの違う細い刃が2枚でていて、この2つの刃で挟むようにした抜き方になることからハサミ型と言われます。 スクリューが折れてしまった、コルクが固くて開かないという時にも重宝します。 抜き方は先ず 長い方をコルクの端から中に差し込み、 もう一方を対角線の位置に差し込み、 コルクを挟んで引き抜きます。 スクリューで穴をあける必要がないので、ビンテージワインを開栓するときにおすすです。 ビンテージワインは長年ボトルの中でワインが熟成することで、栓部分も経年劣化していてもろくなっている可能性があります。 そうした場合に、穴をあけることで割れたり、ボトルの中に落ちてしまったりするのを防いだ開け方をすることができます。

次の

ワインのコルクの抜き方!コルク抜きが無くても大丈夫!!|ママクエ

ワイン の コルク の 抜き 方

ワインを開けてもボトル1本は飲みきれないし、 明日飲むか分からない・・・ 家飲みで困るのが、余ったワインの保存。 出来れば最後まで、美味しく飲みきりたいですよね。 一度栓を抜いてしまったワインの味わいは、 もちろん少しずつ変化はしますが 上手く保存することで、数日~1週間程は楽しむことができます。 せっかくなら長く楽しみたいもの。 ではどうすれば上手く保存できるでしょう? 一番大事なのは、 「ワインをできるだけ空気に触れさせない」こと。 栓を抜いたワインは、空気中の酸素に触れ、ゆっくりと 酸化していきます。 この酸化が進み過ぎると、ワイン本来の 風味ではなくなってしまうのです。 容器内の酸素の量が少なければゆっくり酸化が進み、 酸素の量が多いと、酸化のスピードは早くなります。 酸化が進んでしまったワインを飲んだとしても、 身体に害はありませんのでご安心ください。 ただし、そのワイン本来の香りや味わいではなくなっていますので、 おいしくないと思ったら、無理して飲むのはやめましょう。 洗ったハーフのワインボトルやペットボトルなどがおすすめ。 ワインが小瓶の注ぎ口ぎりぎりになるまで注ぐのがコツ。 空気が入るスペースがほとんどなくなるので、より長持ちします。 手動タイプや電動タイプ など、種類も色々ありますが仕組みは同じで、ポンプでボトルの 中の空気を吸い出し真空に近い状態をつくり出します。 価格も数千円~とリーズナブル。 ひとつ置いておけば何度でも 使えるので、大変便利です。 こちらも数千円~ワインショップ等で購入できます。 一回あたりにするとかなり安くすみます。 スプレーして栓をするだけなので、力も必要なく女性でも安心。 抜いたコルクの反対側を瓶口に挿すだけ。 開けたての状態を長く保つには、不向きな方法です。 他の方法に比べて酸化のスピードが早いのが、欠点です。 では、スパークリングワイン(発泡性ワイン)は どうやって保存するのでしょう? スパークリングワインで一番大事なのは、何といっても「泡」です。 瓶内の空いたスペースが大きいほど泡は抜けてしまいますし マッシュルーム型のコルクは一度抜いてしまうと、再栓できません。 そこで役立つのが、スパークリングワイン専用の「ストッパー」! 千円前後からと価格もお手頃。 色々な種類がありますが、栓を 差し込み、フックをひっかけるタイプが一般的です。 ここで、開栓したワインを保存する際の、注意点を3つ。 どのくらいの頻度でワインを飲むか、一度にどのくらいの 量を飲むのかによって一番合う保存方法をお選びくださいね。

次の

ワインオープナー 刺さったコルクの取り方

ワイン の コルク の 抜き 方

動画に映っているのは私の手です。 実際の映像では、ワインを壁に打ち付けた後、靴を下に置こうとした時に、自分の顔が写っていましたのでカットをして繋げています。 画像がおかしい感じになっていますが、ご了承ください。 使用する靴ですが、厚底のものがいいです。 又私の場合、結構力をいれて叩きましたが、初めのうちは様子見で軽~くから始められるのがいいです。 靴の中にワインボトルをスポっと入れて、壁に何度も打ち付けるというシンプルな方法です。 壁に打ち付けた衝撃によって、コルクが自然と押し出されてくる「キャビテーション」と言われる現象を利用しているのだとか。 外出しているときでも簡単にできてしまうので、キャンプやバーベキューをしているときに便利ですよね。 ワインボトルを靴に入れる方法がメジャーのようですが、代用品としてクッションや厚手のタオルも使うのもあり。 やみくもに強打すると割れてしまう危険もあるので、普通くらいの強さで何度も衝撃を与えてみるのがいいそうです。 私が実際やると、15回目でコルク栓が何とか取り出せるぐらい出てきました。 ぶっつけ本番もいいですが、一度事前にやってみたら完璧ですよ!そして上記以外にも、実は方法はあります。 くれぐれも無理をせずに安全に行うように注意してくださいね。 ネジを使う こちらは、家に長さがあるネジとドライバーがある場合にできる方法です。 コルクの真ん中にネジをドライバーで奥まで差し込みます。 ぐるぐると回していけば、奥にネジが入っていきます。 それからペンチなどでネジを引き抜けばコルクも抜けます。 これはある程度力が必要ですが、こちらのやり方もいったてシンプルです。 ペンチがないようでしたら、フォークでも代用できますよ!小さなくぎを何本か打ち付けてこれをくぎ抜きを使って開ける方法もあります。 くぎ抜きを持っている人は少ないと思うので、こちらは道具がもし揃っていたらやってみて下さい。 ナイフを使う 小さめのナイフを使う方法です。 ナイフの先端をコルクの真ん中に差し込んで、奥まで入れます。 ナイフを回すようにしながらゆっくりと引き抜きます。 強い力で回すとコルクがボロボロになってしまう可能性もあるので、ゆっくりと回しながら引き抜くのが重要です。 刃物を使用しますので、十分注意してください。 最後の手段 何をやっても開かなかった時の最終手段となります。 家に代わりになるものがなかった時。 やってみたけど、途中でコルクが割れてしまった時。 そんな時は、あきらめてコルクを瓶の中に押し込んで、ワインの中に入れてしまいましょう。 すぐに飲みきるなら問題はないようです。 指を押し切るだけです。 いたってシンプルです。 これなら特別な道具も必要な簡単にできます。 どうしても家でワインを飲みたいのにコルク抜きが無いという時に試してみて下さい。 何度も書きますが、どの方法も、力や少し危険な道具を使用するので、怪我をしないように十分に注意しながら行って下さい。 自己責任でお願いします。

次の