パニック 障害 吐き気。 “吐き気”への対処法

吐き気やムカつきの治し方

パニック 障害 吐き気

この記事では、筆者が日頃から行っているパニック障害の対処法についてまとめていく。 パニック障害を起こすトリガーは人それぞれ。 筆者の場合は「腹痛・吐き気」を感じた時に発症することが多い。 焦燥感に襲われて、そのまま気絶したことも何度かある。 パニック障害は治そうと思っても中々治らないもので、長く…そして上手く付き合っていくことになる。 克服した方もいらっしゃるが、筆者の場合は、医者に言われたこと、はたまたネットに書かれている事を実践してみたが、起こる時は何をやっても起こってしまう。 現在も。 ここでは、パニック障害の根本的な克服方法ではなく、筆者がパニックが起こらないように普段から意識していること・仮にパニックが起こった際に行っている対処法をお伝えしていく。 スポンサーリンク はじめに 上記でも記載しているが、今回ご紹介していくのは、筆者がパニックになった時にどういった方法でそれを和らげるか、パニックに陥らないために日ごろから意識していること。 この記事を読んでも根本的な解決には至らないし、そもそもパニック障害は治そうと思って簡単に治せるものではない と筆者は考えている ので、悩んでいるのであればすぐに病院に行くべきだ。 だが、パニック障害は「縁がないだろうな」と思っている方も発症する可能性が意外と高い病気。 筆者も絶対にならないだろうと高を括っていた時期がある。 もし、何かしらのきっかけでパニック障害になってしまった・自覚はないけれどそうかもしれない…という方の参考になればと思い、ここに残しておこうと思う。 後述するが、パニックに陥る寸前・前兆中だったとしても、何かしら気休めになる言葉を聞いたり、文章を読んだりするだけでかなり楽になるケースは多い。 「今回はとうとうヤバいかも」と何度も思った事はあったが、結局こうして元気に生きている。 パニックが起こっても大丈夫。 周りの人の目を気にする必要はないし、もうダメだと思ったならばその場から逃げてしまってもいい。 自分自身に責任を押し付けることはしなくてよいので、とにかく自分のペースで呼吸を整えよう。 パニック障害の対処法-腹痛が起こった時- 筆者がよく陥るケースが腹痛だ。 もともと腸が弱いので、日頃から下痢が続くことが多い。 そのため、腹痛からパニックに発展することがよくある。 いくつかパターンはあるのだが、特に以下の場合が陥りやすいと感じている。 遅刻してはいけないから、途中下車してトイレに駆け込むことは出来ない• 電車内に設置されているトイレは少ないので、他のお客さんの事を考えると長居することは出来ない• 目的地に到着するまで痛みに耐えられるのか こういった事を思い始めると、焦り・不安がどんどん大きくなり呼吸が乱れ始めてしまう。 飲食店・居酒屋で腹痛 こちらも条件としては、電車内と同じようにトイレの数が少ない状況下で腹痛が起こった際に陥ることが多い。 特に、飲み会などでお酒を飲むとすぐにお腹を下すので、筆者は最近は飲み会でもほとんど酒は飲まないようにしている。 居酒屋はトイレを利用する客が多い。 アルコールを摂取すれば尿は出やすくなるし、アルコールを摂取し過ぎれば嘔吐をする。 そんなお客が多いのにも関わらず、トイレの数は少ないのだ。 腹が痛いからといって長時間個室を使っていて、酔っ払いが声を張り上げてドアを蹴って来たこともある。 一緒に飲んでいる人達に気を使わせないように振る舞ったり、周りの客に対して迷惑にならないかを考え、腹痛の痛みを我慢…といった状況がそれなりに続けば、精神的な負荷は相当大きくなる。 周りに気を使わせないように出来るだけ自然に話を聞く…この数分間ですら永遠にも感じるように辛い。 お腹が激痛…だけど便が出ない 上記の2項目でお伝えしたように、パニックが起こりやすい条件の1つは「外出時の腹痛」である。 家にいる場合は、やはり安心感があるため、精神的な負荷も少ないのか腹痛が原因でパニックになることは極めて少ない。 しかし、「お腹は凄く痛いけれど便がなかなか出てくれない」…といった場合は自宅でも外出時でも関係なくパニックになる。 これまでの経験上、腸に負担がかかる脂っこい食べ物や、直接的に痛みを感じる辛い食べ物を摂取した際になりやすいと感じている。 物凄くお腹は痛い。 だけれど、どんなに踏ん張っても一切便は出ようとしない…その瞬間に一気に不安が押し寄せる。 「またあんなことになるのか」といった過去の辛い記憶から、どんどん状況は悪くなる。 今でこそトイレで気絶まではしなくなったが、過去はこういったことが頻繁に起こっていた。 もし腹痛からパニックが起こってしまったら では、上記のような腹痛がきっかけで、パニックが起こってしまった場合にはどうすれば良いのか。 それぞれ住んでいる場所も、働いている環境も違うため、正しい答えなんて無いとは思うが、外出時はパニックになった時はとにかく呼吸を整えて「大丈夫」と心の中で何度もつぶやいていた。 とりあえず自分自身を安心させるために、焦っている状況をどうにかすることしか考えていなかった。 自宅で起こってしまった場合は、外出時よりもマシだが、辛さとしてはあまり変わらない。 楽になれるように呼吸を少しずつ整えて、ネガティブなこと もしこれ以上痛くなったらどうしようとか は極力考えないようにしている。 便さえ出てしまえば痛みは無くなるから、不安にならなくても大丈夫…といったように考えて、痛みにこらえる。 ただ、あまりにも痛みが強くなりすぎた場合は、耳鳴りが起こり意識が徐々にフワっとする。 気付けばトイレで気を失っていた事も昔はしょっちゅうあった。 そうならない為に日頃から意識している事 パニックが起こるきっかけが腹痛であれば、そうならないために、お腹を下すような食べ物を極力避けるようになった。 前述したように…「脂っこい食べ物・辛い食べ物・お酒」などを摂取することはほとんどなくなったし、夜更かしも以前に比べるとかなり減らしている。 これらによって、腹痛が原因でパニックになる事は減った。 もちろん、友人と遊んでいる最中に腹痛になると若干不安な気持ちになる事もあるが、前に比べれば大分マシになっている。 なにより、自身を友人・恋人・家族が理解してくれたというのが大きいのではないだろうか。 少しでも精神面で安心することが出来ると違ってくる。 スポンサーリンク パニック障害の対処法-吐き気が起こった時- 筆者がパニックになるもう1つのきっかけが「吐き気」である。 嘔吐するのが怖い これが理由だと筆者は実感している。 「大学生の頃は気持ち悪くなったら指を喉に突っ込んで吐けばいいや」くらいに捉えていたが、社会人になってから何故か吐くのが怖くなってしまった。 吐かないと楽にならない。 だけど怖くて吐けない。 ここから「どうしよう、どうしよう」の無限ループに陥り、意識がもうろうとしてくるのだ。 実質吐けば楽になる時は、勇気を振り絞って指を突っ込めば解決する。 しかし、腹痛から吐き気が来た場合はどうすることも出来ない。 痛みに耐えながら吐き気と闘うのは想像していたよりも辛く、行動に移すことが難しい。 もし吐き気からパニックが起こってしまったら 上述したように、吐き気が起こったきっかけが「食べ過ぎや飲みすぎ」だった場合は、覚悟を決めて吐くことで一気に改善される。 ただし、時間に余裕がない時・外出時など吐くことが出来ない場所 落ち着かない場所 で起こってしまった場合は、不快感に加えて焦燥感も迫ってくるため、より一層パニックになりそうになる。 「もし人目のあるところで醜態を晒してしまったらどうしよう。 他の人の迷惑にならないか不安」…このような考えで頭が真っ白になってくる。 未だに腹痛・吐き気に対して恐怖心は物凄くあるが、「本当にヤバかったら電車のホームで吐いてしまってもよい。 後で自分で掃除をすればいい」・「もし我慢できなかったら仕方ない」といった事を考えて心を落ち着かせている。 そして、普段からバッグに、もしもの時用に袋を入れている。 生活リズムが改善できればパニック障害は克服できるのか? パニック障害は自律神経失調症の1つと言われている。 治す方法・改善方法を調べた方は「まず自律神経を整えましょう」…といった文章を腐るほど見たと思う。 不規則な生活リズムを改善する• 心身にストレスをなるべくかけないようにする 確かにそれができれば、多少なりとも良くなっていくのだろう。 だが、「じゃあ明日から不規則な生活を改善して、ストレスがかからない生き方をしよう」なんて可能なのだろうか。 特に社会人の方であれば不可能に近い考え方だと思う。 入社した会社の勤務体制がしっかりしていたため、遅くまで残業をすることはほぼ無かったが、どうしてもストレスを減らすことは難しかった。 実際に筆者も、上記のような生活を心がけた時期はあったが、それだけでパニック障害を改善することは出来なかった。 「自分から不安を受け入れる」これが唯一効果を感じられた 自律神経失調症・パニック障害・うつ病の方にとって特に不安になる要素は、関わっている周りの人間に白い目で見られないか…といったことではないだろうか。 筆者の場合はこれが辛い。 腹痛からパニックが起こってしまう場合、周りの理解を得られない事は多いと思う。 「また腹痛かよ」・「お前トイレ長すぎだろ」…このように言われた事がきっかけで、仕事関係の人間をはじめとして、友人と居る時まで腹痛が起こる事が怖くなった。 改善方法をこれまで模索してきて、何度も失敗したが、ある時仕事でお世話になっている20歳年上の先輩に教えてもらった事がある。 それは「不安を迎え入れる」という事だった。 初めは何を言っているのか分からなかったが、その先輩も15年前くらい前はパニック障害だったと話しており、この方法?考え方を試してから発症することが無くなったとのこと。 筆者が教えてもらった方法は、「また来たらどうしよう」と考えるのではなく「いつでも来て大丈夫・むしろこっちから悪い状況になってみよう」と逆の考え方をするものだった。 あの恐怖を体験している方からすれば、自分からあの状況に持っていこうとする行為なんて絶対に嫌だと思う。 筆者の場合も、もしなりそうだった時は試してみようと思っていたが、実際にその時になってみると痛みや不安に負けることは多かった。 だが、一度だけ成功した時があったのだ。 その時は気分が一瞬で楽になり、今まで感じていた不安もいつのまにか消えていた。 もちろん、未だに強い痛みや吐き気に襲われた時は、パニックになりかけることはある。 つまり、完全に治ったわけではない。 だが、以前に比べれば状況は大分マシになったし、それを打ち明けられる人も出来たので、精神的にかなり楽になった。 色々と試してみるのも良いけれど一度病院に行ってみるのがベター 上記でご紹介した方法以外にも、いくつか治療法はあるが筆者には合わなかった上、中にはやり方によっては余計に状態が悪化する…なんて大きなリスクを孕んでいる方法もあったので、あえてピックアップしなかった。 確かに筆者は上記の方法で、症状を克服しつつあるが、未だに病院には定期的に通っている。 薬を服用する事は無くなった 自分には関係ないと思っていても、うつ病やパニック障害は唐突にやってくるため、もし体および精神面で異変を感じたら、病院で診察を受けることを強くオススメする。 おわりに 今回の内容を振り返ってみると、誰かのために…というより自分自身が不安になった時に改めて確認するみたいな物になってしまった。 不安や強い焦り、痛み・吐き気…様々な要因からパニックは訪れる。 悩んでいるのはあなただけじゃないし、それを周りはおかしいなんて思わないので、「どうしたらその状態が楽になるか」を冷静に考えてみてほしい。 スポンサーリンク.

次の

パニック障害にパキシルは効果的。でも、副作用注意。私は4年も・・

パニック 障害 吐き気

「自分は、パニック障害なのだろうか、、、」 こう思っている方もおられるかもしれません。 しかし、医者や有識者に「あなたはパニック障害です」とはっきりと言われない限り、自分でパニック障害と断定できる自信はないですよね。 でも、「自分のことを知りたいけど、いきなり病院に行くのは抵抗がある、、、」 そんな方のために、 症状別のチェック項目でパニック障害(不安神経症)かどうかを簡単に診断ができるアンケートを作りました。 病院へ行く前に1度、こちらのアンケートでチェックしてみて下さい。 [adsense1] パニック障害診断チェックアンケート パニック障害のパニック発作で起こる代表的な症状をあげていますので、 パニック発作中での自分の症状に 該当する症状の数を数えてみて下さい。 該当した数によって診断結果が変わります。 それでは、順番にチェックしてみて下さい。 動悸・息切れ、発汗、ふるえ口の渇き、泣く 15.顔や体がカーッと熱くなる、逆に冷たくなる 16.手足や体のしびれ、うずき感 17.筋肉が硬くなり、体が動かしにくい、肩がこる 18.腰が抜ける、足に力が入らない 19.体が重い布でおおわれた感じ 診断結果 該当項目4つ以上 上記の症状のうち、 4つ以上の症状があり、体の検査をしても異常がない場合はパニック障害(不安神経症)の可能性が考えられます。 抵抗がある人もおられるかもしれませんが、勇気を出して1度、精神神経科を受診してみましょう。 初診は緊張しますが、最初だけで、1度行ってしまえばどうってことはありません。 それ以上に誰かに相談するだけで、気持ちが楽になります。 はじめての病院へいく時のポイントと注意点は、でまとめています。 該当項目3つ以下 3つ以下の場合は、パニック障害の可能性は低いでしょう。 しかし、一方でパニック障害予備群の可能性が高まります。 今はまだ3つ以下でも、これから該当項目が増えていく可能性も十分に考えられます。 このまま、何もせずにほっておいても良いですが、いずれパニック障害を発症してしまう可能性は高いでしょう。 しかし、 早いうちから、サプリメントなどの対策をしておくことで、未然にパニック障害を防止することができます。 今、パニック障害を防止する売れすじサプリメントを、で紹介をしています。 該当項目0 該当項目が0個場合は、パニック障害の可能性は極めて低いでしょう。 パニック発作ではなくストレスなど、他の要因が考えれます。 あくまで、目安としてお考えください。 ここで、パニック障害の可能性が高まった場合は、パニック障害について、改めて理解を深めていきましょう。 続いては、パニック障害の「メカニズムや原因」について理解を深めていきましょう。

次の

すぐにできる!パニック障害で起きやすい症状吐き気を抑える方法

パニック 障害 吐き気

こんにちは。 26歳の女です。 もともと緊張や不安を人より感じやすく、2年ほど前に鬱にもなりましたが1年程で良くなり、今は症状も無く普通の生活をしています。 だたそれ以降、いやそれ以前からかもしれないのですが、乗り物や日常以外の場所 例えばコンサート会場や映画館など)が極端に苦手になり、そのような場面にいると急に吐き気がおきて体から血の気が引いてしまいます。 実際吐いた事は無いのですが、治まるまで数十分の時間がかかり、治まっても家について安心するまで気分はずっとすぐれないままです。 ただ、このような症状が出ても私はこれからもコンサートや旅行にも行きたいし楽しみたいのです。 鬱になっていた時に通っていた心療内科の先生は、特にハッキリと病名は言いませんが、そーゆう時の為にとソラナックスを処方してくれています。 診断をはっきりされている訳ではありませんが、自分でネットや本で調べる限り、「パニック障害」や「広場恐怖」と言う病名が一番近い気がします。 先日、新幹線に乗った時にやはりこの様な症状が出て薬を飲みましたが、効いているのかどうかは正直わかりませんした。 薬を飲む事に拒否はしませんが、薬以外の方法で、この様な症状を緩和させる方法や、もしくはなるべく出ないようにするアドバイスなど頂ければと思います。 来月1人でまた新幹線に乗る機会があるので、今から少し不安になっています。 どうぞよろしくお願いします。 パニック障害というのは、器質的な疾患ではありませんから、本来、薬物で治せるものではないのです。 精神的にどう捉えるかということで改善させる方法はあります。 かいつまんでお話しますと、「広場恐怖」の根本原因は、他人とのコミュニケイション不全です。 簡単に言うとこういうことです、コンサート会場や、映画館や、電車の中などで、具合が悪くなったとします。 誰にもいえない、周りの人に気づかれないように、なんとかしなきゃ・・!と思うとパニックになりますよね。 でも、このように想像してみてください。 周りにいる人に、「すみません、気分が悪くなってしまって・・」ともたれかかることができたとしたら、あなたの恐怖は半減しませんか? つまり、困ったときにはお互いに助けてくれる、という他人 周り、引いては社会全体 への信頼があなたにあるならば、このような恐怖は起こらないのです。 よろしかったらこの点を参考にされて、人とつきあうとき、人の集まるところに出向く時に、少し考えてみてください。 私も8年くらい前パニック障害で近くのスーパーでも気分が悪くなって動けなくなったりすぐそばに身内がいてなかったら不安になって発作が起きるから家族は私の為に誰かは家にいなくちゃいけませんでした。 薬はソラナックスを飲んでいました。 最初の1ヶ月は毎日それから発作の時だけそれからは発作が起きそうになった時あめや氷をなめるようにしましたら薬は持ってるだけでよくなりました。 あめや氷がいいというのは心療内科の先生が教えてくださいました。 そして外出する時薬ではなくあめを持ち歩くようになってそれからはあめを持たずに外出できるようになって病院とは完全にさよならしました。 それとあめだけでは不安でしたら携帯電話を常に持ち歩いて気分が悪くなりかけたらご家族に電話されたらいかがでしょうか?そして何でもいいので話されたらましになるような気がします。 パニック障害は必ずなおりますよ(^^) こんにちは。 40代の男ですが、これは私の体験談です 私もほぼ同じようなことを数年前に経験しました。 実際に病院などでパニック障害と診断されたわけではありませんが、まあいろいろな事例などを見る限りはまさにあれがそうだったと思います。 電車にもまともに乗れず、映画館の中でも。。。 という感じです。 私の場合は、胃にあまり何も入っていなければ、そんなに気分が悪くなることはなかったので、まず胃の消化が悪くなっているのではないかと思い、普通の内科(正確に言えば胃腸科)へ行って診察してみてもらったところ、「胃があまり動いていないですね」と言われ、消化を促進する薬だけでなく、胃そのものを動かす薬を出してもらいました。 (最初のうちはソラナックスも処方してくれていました。 ) ここから少し明るい兆しが見えたかと思います。 こういう時は、薬そのものは飲まなくても、常に持っているだけでも精神的に安定しますよ。 その胃が動いていないということも、(あくまでも素人考えだったですが、)やはり全身の血行が悪くなっているのだろうと思いました。 そこで、とにかく全身の血行を良くすることを、いろいろな健康雑誌なども参考にしてやってみました。 私はもともとなで肩、かつ肩こり持ちで、どうも頭に血が行っていない気がしたので、肩、腕、首などのストレッチを欠かさないようにしてみました。 最近は、以前に比べると、なで肩そのものが少し解消されたんですよ。 (ホントの話。 ) 肩が痛いのは腰が悪いせい、そして腰が悪いのは股関節の筋肉(太ももの内側)が弱いせいだと整体師の人に教えてもらい、家でしこを踏んだりして太ももを鍛えるようなこともやりました。 今でもたまに。 また、肩が前に出ているような姿勢(簡単に言うと猫背のような姿勢)だと血管が圧迫されて頭に血が行きにくくなるという話でした。 それを正すためには、本当は枕なしで寝る方がいいとも聞き、最初はつらかったですが、それも実践しています。 (ただし枕なしで横向きに寝るのはだめです。 首が痛くなりますから。 あくまでも上向きで寝ること。 ) それまでは会社に行く時はバックパックだったですが、それもやめました。 猫背を更に悪化させます。 それから、足の指を温める療法というのを雑誌で読み、さっそく5本指の足カバー(5本靴下の足先の部分だけのやつです)を、夏だろうが冬だろうがとにかくほぼ1日中(寝る時も!)履くというのを1年半くらい続けていて、これは私の中では相当効いていると実感しています。 寝る時も、などというと「暑くて寝れない!」という人が多いのですが、靴下を履くと暑いと思いますが、足先だけのカバーなのでかかとや土ふまずの部分が開いていますから思ったほどでもないと思いますよ。 朝起きると、半分くらいぬげかかっていますが、いつも。 もちろん、それだけでなく、シャワーをあびるときには、重点的に熱めのお湯を足の指先にかけるとかして温めます。 冬は足指カバーだけで不十分な時は、湯たんぽとかも併用しています。 夏であろうと、私には裸足で過ごすというのは厳禁なようです。 そして、およそ1年前からですが、ふくらはぎを鍛えるために、マンションの12階まで毎朝階段を昇ります。 もともとふくらはぎや足首に疲れがたまってだるい感じがいつもあったのですが、だいたい電車の中などで気分が悪くなっている時は、「だるい」を通り越して「痛い」と感じることが多かったので、ふくらはぎの筋肉が弱っているのだろうと実感していました。 最初は苦しく、続けられるかどうかもわかりませんでしたが、本当に今は毎朝の習慣になっています。 ふくらはぎや足の裏の筋肉は、第二の心臓とも言うとかいいますから、鍛えることは大切なようです。 あくまでも思い当たることがあれば、ですが一度試してみるのもいいかと思います。 ですが、その前に、一度胃腸科には行ってみることをお勧めします。 また、最初はあまり体に負担をかけなくても済む方法から初めて、調子が良くなれば他の方法も並行して。。 の方がいいと思います。 私は自分の体験から、「心身共に」を痛感しています。 精神面から来る体の不調もあるのですが、体が不調になることによって精神的な不調になってしまっていたようにも思います。 なんだかんだと2年くらいかかりましたが、今ではほとんど問題はありません。 短い期間で治るという話ではありませんが、私の体験が参考になってくれればうれしいと思います。 長々とすみません。。。 下記にソラナックスの詳細が載っているURLを入れてありますので一度見てください。 この薬はパニック障害にも処方されますが、効果が内容に書かれていますね。 この薬を飲まれてどのくらいになりますでしょうか? 薬の効果が出るのは2週間を経過したころからになります。 もし、2週間を経過しているのなら薬を変えてもらってください。 その人に合った薬でないと効果は出てきません。 私は2度目の薬で効果が出まして、とても楽に生活できています。 ただし、映画館やコンサートホールなどは貴方と同じように吐き気をもよおしますので、行かないようにして、他の楽しみを見つけて明るく生活していますよ。 貴方に合った薬が早く見つかりますように祈っています。 参考URL: 「パニック障害」のものが、身近にいるので、ある程度、理解しております。 質問者さんは、「パニック障害」かどうか・・・は、はっきりしないようですが、仮に、「パニック障害」として・・・ 「パニック障害」の方は、「電車や車」、また、「閉鎖された空間」などが、だめのようですね。 身近にいる者は、ただいま、通院して、投薬により、ひどい発作は、ほとんどありませんが、多少は、やはり、予感・・・といいましょうか、 発作がおきるのではないか・・・と感じることはあるようです。 薬以外の方法・・・は、なかなか、ないようですが、 「薬」を常時、持っている・・・・。 いつでも、「薬」が飲める・・・という安心感だけでも、違うようです。 なので、特別な方法は、見当たりませんが、 この「薬」を所持していること。 それが、だいぶ、精神の安定なになるようです。 その程度すが・・・知っていることというと。 おだいじに・・・。 Q 私は元引きこもりで 今は何とか外に出れてはいますが 結構問題があります。 例えば買い物とかに行くのは楽なのですが 予約したものに行くのは大変なんです。 というのは スーパーに買い物に行くとかだと スーパーのオープン時間って長いので、その間に行けばいいから普通に出かけることができるのですが 例えば病院とか何日の何時にって予約して その時間に行くのが難しいんです。 (時間にルーズとかそういう意味ではなくて) 大体、3日前に予約したとして、1日前ぐらいから「明日行かなくちゃいけない」というふうになり 当日も、「何時には家を出なくちゃ」って感じで、 気持ち悪くなってしまいます。 そんな時に、病院で処方してもらったプリンペランという吐き気止めを飲んでいるのですが 飲むと飲んだ瞬間に効きます。 (8割方、飲んだ瞬間に効きます。 飲んでもダメな時もたまにあるのですが) 薬を飲んだ瞬間に効くわけもなく その点からいっても、確実に精神的な吐き気だと思うのですが よくプラシーボ効果ってありますよね? あれって信じやすい人は、ただのサプリを飲まされた後に「それ毒薬だよ」って言っただけで 気絶してしまう人もいるそうなのですが 私はどちらかというと疑り深いほうで 吐き気止めだよって薬を差し出されてても、小分けになってるあのプチって出すところに薬の名称書いてありますよね? それで調べて本当に、吐き気止めか調べたりしたいぐらいだし はたまたその小分け包装から出されてるのをもらったら、絶対に信じません。 大体吐き気止めで小分け包装されてないのなんてないから!みたいな。 なので、本当の吐き気止めを飲まないと私には効きません。 が、精神的な吐き気止めは精神科受診しないといけないし プリンペランは簡単に手に入るので(といっても病院行かなくてはなりませんが、行けば簡単に処方してもらえます) もちろん用量は守ってます。 強い副作用があるわけでもないし。 自分なりに自分を分析してみたところ なんとなくですが、この外出前の吐き気は緊張から来てるのかな?と 特に病院なんかは苦手です。 人と話さなくてはいけないから。 外に出られるようになってからも、 外で人と話すのが苦手で。 でかける時も絶対1人です。 親と出かけると、ついつい外で話してしまったりして ミサイル並に話しているわけではありませんが、少し話しただけで 吐き気が強くなります。 話し相手が誰とか、場所がどうとかではなく、話すこと自体で、気持ち悪くなる感じで。 なので、病院とか行く前は特に緊張します。 極端に言うとスーパーとかも少し緊張します。 こちらから話すことはないですが、店員さんから話しかけられるので(「お会計…円になります」とか、そういうのもダメで) で、精神科の薬で 精神的な吐き気止めの薬ってあるのでしょうか? 教えてください。 私は元引きこもりで 今は何とか外に出れてはいますが 結構問題があります。 例えば買い物とかに行くのは楽なのですが 予約したものに行くのは大変なんです。 というのは スーパーに買い物に行くとかだと スーパーのオープン時間って長いので、その間に行けばいいから普通に出かけることができるのですが 例えば病院とか何日の何時にって予約して その時間に行くのが難しいんです。 (時間にルーズとかそういう意味ではなくて) 大体、3日前に予約したとして、1日前ぐらいから「明日行かなくちゃいけない」と... A ベストアンサー 質問者さんと同じような非常によく似た症状があります。 それなので、とてもお気持ち解ります。 考えなくてもいいことを深く考えてしまいます。 特に病院の予約や大したことない予定のことまでも。 とても気にしてしまいます。 無駄なのは解ってはいるんです。 ただ漠然と考えてしまうんですよね。 心療内科や精神科は受診されていないのですか? 病院に行くのが難しいとか行くのが面倒だとか、そういうこともとても共感できます。 でも、やっぱり結局は誰かの手を借りないといけないんですよね。 私達みたいなのは本当に一人では何にもできませんし。 もしされていないのであれば、質問にあるような不安があることを 伝えてみてはいかがでしょう。 いわゆる「予期不安」のようなものもありませんか? そのようなことからくる吐き気のようなに感じます。 吐き気止めの薬というより、その吐き気って緊張や不安から来るもののような気がしますので、一般的にはデパスが一般的に処方されるのではと思いますが、こればかりは素人判断です。 よくお医者様や薬剤師さんにご相談された方がいいと思います。 あとは少しでも好きなことをしたり、他のことをやって気を紛らわせたり、ゆっくり過ごすようにして予定のことを考えないようにするとかしてみてください。 今は薬に頼りながら、気分を変えるのも必要なんだなと自分か感じているからです。 ダメだったら仕方ない・・・ぐらいに思えるようになりたいです。 そう思えるときも私自身あるので、質問者様も焦らずに。 質問者さんと同じような非常によく似た症状があります。 それなので、とてもお気持ち解ります。 考えなくてもいいことを深く考えてしまいます。 特に病院の予約や大したことない予定のことまでも。 とても気にしてしまいます。 無駄なのは解ってはいるんです。 ただ漠然と考えてしまうんですよね。 心療内科や精神科は受診されていないのですか? 病院に行くのが難しいとか行くのが面倒だとか、そういうこともとても共感できます。 でも、やっぱり結局は誰かの手を借りないといけないんですよね。 私達みたいな... Q 20代女です。 3か月前から胃の不調で悩んでいます。 いつもどうり飲んで食べたら気持ち悪くなったことがきっかけです。 色々症状も変化していて、今の症状は食後の胃の気持ち悪さ、少量での満腹感、消化が遅い?などです。 以前は大食いでした あと運動したり乗り物に乗るとすぐ胃にきます。 検査も血液、エコー、バリウムの異常はありませんでした。 胃カメラは来週受けようと思ってます。 最近、途中で気持ち悪くならないか心配で外出するのと特に外食することが嫌になってしまいました。 実際急に胃が気持ち悪くなったこともあります 家でも食事すると胃が苦しくなることが多いですが、外出中だとさらに苦しくなってきます。 自分なりに調べた結果パニック障害にあてはまるんじゃないかと思うのですが…。 ご飯を食べることも友人と遊ぶことも好きなので今の状況はかなりストレスにはなってるとは思います…年明けに旅行も控えてるのでさらに心配です。 精神的なものか、単なる胃の不調かわからないのでどの科に掛かったらよいかもわからず困っています。 些細なことでも教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 20代女です。 3か月前から胃の不調で悩んでいます。 いつもどうり飲んで食べたら気持ち悪くなったことがきっかけです。 色々症状も変化していて、今の症状は食後の胃の気持ち悪さ、少量での満腹感、消化が遅い?などです。 以前は大食いでした あと運動したり乗り物に乗るとすぐ胃にきます。 検査も血液、エコー、バリウムの異常はありませんでした。 胃カメラは来週受けようと思ってます。 最近、途中で気持ち悪くならないか心配で外出するのと特に外食することが嫌になってしまいました。 実際急に胃が気持ち悪くな... A ベストアンサー 私はパニック障害と診断された者です。 症状を拝読するかぎりではまだパニック障害とは診断されないでしょう。 確かに私の場合でも胃の不快感はありましたが、パニック障害には下記のように「今にも死んでしまうのでは」という強烈な恐怖感と不安感が突然襲いかかり、それに伴う動悸、呼吸困難、めまい等の自律神経系の症状がみられます。 参考までにパニック障害の診断基準を引用します。 mental-navi. html パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐怖感や不快感であり、13症状のうち4つまたはそれ以上が突然に発現し、10分以内にその頂点に達することで診断されます。 1 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加 2 発汗 3 身震い、またはふるえ 4 息切れ感、または息苦しさ 5 窒息感 6 胸痛、または胸部不快感 7 嘔気、または腹部の不快感 8 めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ 9 現実感消失(現実でない感じ)、または離人症状(自分自身から離れている) 10 コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖 11 死ぬことに対する恐怖 12 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感) 13 冷感または熱感 帝京大学の健康ステーションで「パニックディスオーダー」と「パニック障害」の映像が見られますので参考にして下さい。 消化器系を専門とする内科と神経内科の受診をおすすめします。 teikyo-u. html 私はパニック障害と診断された者です。 症状を拝読するかぎりではまだパニック障害とは診断されないでしょう。 確かに私の場合でも胃の不快感はありましたが、パニック障害には下記のように「今にも死んでしまうのでは」という強烈な恐怖感と不安感が突然襲いかかり、それに伴う動悸、呼吸困難、めまい等の自律神経系の症状がみられます。 参考までにパニック障害の診断基準を引用します。 mental-navi. html パニック発作は、他とはっきり区別される強烈な恐... Q 長らくうつ、パニック障害を患っている者です。 先日体調を崩したことがきっかけになっているのか、 頻繁に発作が出るようになりました。 今日は昼間は会社退社後、なんとなく疲れたな、と思う程度だったのですが 家に近づくにつれ、発作が出そうになり、頓服を服用。 しかし家についてもおさまるどころか、どんどん酷くなるばかり。 どうしようもなかったので、再び頓服を服用。 そのあと、息も出来ないほどの動悸で、本当にしんどく、いきつけのクリニックは時間外、 夜間相談もやってる薬局に電話しても、「30分くらい我慢してください」しか言わなくて・・・ 救急車を呼ぶことも考えたけど、そもそも心療内科、精神科の救急受け入れしている病院なんてあるのか?とも思い・・・ (普通の内科に運ばれても心臓や呼吸器に異常があるわけでもないので、なんできたんだ、って言われそうで怖いです) とりあえず、今はなんとか落ち着いたのでこれを書けますが、頓服を飲んでもおさまらない場合はどうしていますか? また、どうするのがベストだと思いますか? また、神奈川県で心療内科、精神科の救急受け入れをしている病院を知っている方は教えてください。 次の心療まであと1週間あるので、その間もとても不安です。 (予約制で、週末はいつも混んでる) なんとかご助言をいただけないでしょうか。 昔飲んでたことのあるデパスの方が即効性があるのでそれにした方がいいのでしょうか? まとまりのない文章ですが、真剣に悩んでいますので宜しくお願いいたします。 長らくうつ、パニック障害を患っている者です。 先日体調を崩したことがきっかけになっているのか、 頻繁に発作が出るようになりました。 今日は昼間は会社退社後、なんとなく疲れたな、と思う程度だったのですが 家に近づくにつれ、発作が出そうになり、頓服を服用。 しかし家についてもおさまるどころか、どんどん酷くなるばかり。 どうしようもなかったので、再び頓服を服用。 そのあと、息も出来ないほどの動悸で、本当にしんどく、いきつけのクリニックは時間外、 夜間相談もやってる薬局に電話しても、「3... A ベストアンサー No4です。 お礼ありがとうございました。 精神救急は医療の中で特に遅れている部分でもあるので 特にPDであると難しいですよね。 大阪の「ほくとクリニック病院」のように積極的に活動を始めた病院も 出てきていますので、その動きが全国に広がるのを待ちましょう。 後でプリントアウトして手元に置いておこうと思います。 困ったときに、いろんなカードを持っているというのは安心につながります。 例えば民間救急サービスなども、この間お話ししたサイトはとりあえず探してみたもの なので、お近くにある業者さんを探したり、予めサービスの内容を業者さんに直接聞いて みたりと準備をしておく、選択肢を増やしておくと気持ち的に安心になり落ち着くと 思いますよ。 Q 吐き気を止める方法を教えてください。 私は嘔吐恐怖症です。 もともと精神的なもので頭痛やめまいがしたり、毎日のように吐き気があったりするので、 そのせいなのかもと思うのですが、 吐き気を催すとどうしてもパニックになってしまいます。 嘔吐恐怖といっても、昔はそんなに酷くなかったのですが、 最近は何でもないときでもフッと「あれ?何か今気持ち悪いかも・・・」 とか「頭がクラクラしてる・・・」とか考えてしまうともうダメなんです。 そこからどんどん不安を煽られ手の痺れや震え、動悸、冷や汗、めまいなどの症状が出てきます。 そして最初はそんなに気持ち悪くなかったのにどんどん吐き気がひどくなったりします。 一度パニックになっても実際嘔吐することもなく、いつも落ち着けば何もなかったかのようにケロッとしてるのに、パニックに陥ってる間は本当に吐き気が酷くて、冷静になれず「だめだ、吐いてしまう」ということばかり考えてしまい、困っています。 特に困っているのが、体の色んなところを引っ掻いたりつねったりしてしまう事です。 吐き気を我慢するために体の他の部分に痛みを感じれば気がそれるかと思い、昔から車に酔ったりしたときに軽く手の甲や腕を引っ掻いてました。 まだ軽い吐き気なら軽く引っ掻くだけで治るのですが、パニックに陥ってしまうと軽く引っ掻くくらいじゃ効かないので いつも太ももや首や腕など色んな部分をガリガリやってしまいます。 酷いと皮がめくれたり血がでたりします。 何個か痕が残ってる場所もあり、このままでは体中傷だらけになってしまうのでは・・・と不安です。 フリスクを食べたりしてしのぐこともあるのですが、本当に焦ってるときはそれも効きません>< あと近くにトイレが無いような場所、美容院や車の中など終わるまで動けないような場所だと酷いです。 何か良い吐き気止めの方法は無いでしょうか・・・? こういう場合に冷静さを取り戻すにはどうすればいいのでしょうか? 吐き気を止める方法を教えてください。 私は嘔吐恐怖症です。 もともと精神的なもので頭痛やめまいがしたり、毎日のように吐き気があったりするので、 そのせいなのかもと思うのですが、 吐き気を催すとどうしてもパニックになってしまいます。 嘔吐恐怖といっても、昔はそんなに酷くなかったのですが、 最近は何でもないときでもフッと「あれ?何か今気持ち悪いかも・・・」 とか「頭がクラクラしてる・・・」とか考えてしまうともうダメなんです。 そこからどんどん不安を煽られ手の痺れや震え、動悸、冷や汗、... A ベストアンサー ここで「逆説志向 吐き気」で検索するか、「逆説志向 パニック障害」で検索すれば、 逆説志向を試した人は、それで二度と同じ症状が出なくなったと、お礼を書いていますから参考にして下さい。 試すことのできた人と、恐怖で試すことが出来なかった人は、半々くらいでしょう。 逆説志向を試せば、その日の内に治りますが、出来ない人には、時間の掛かる方法を教えます。 呼吸によって、気持ちを静める方法です。 【気学が薦める呼吸法】(気の人間学 より) ・あくびをするときのようにノドを開いてハーと息を吐きます。 息が止まったら、ろうそくを吹き消すときのように唇をすぼめてフーと吐きます。 止まったら最後に三回フッフッフーと吐きます。 そして自然に大きく吸います。 これを楽に何回でも出来るペースで行うのが楽々深呼吸です。 ・唇をすぼめてフーと吐くと、気道内が少し陽圧となり、呼吸生理学で言う 機能的残気量という普通の呼吸では交換されにくい肺の奥の方の空気が 出て行くことになり、最後にフッフッフーと吐くことにより、 自然に腹がへこんで腹式呼吸となります。 ・この呼吸法をマスターすれば、種々のストレス状況下で感情が乱れそうになったとき、 この楽々呼吸をすれば、直ぐにクリアーな意識の状態を取り戻すことが出来るでしょう。 ・呼吸だけが通常の状態で、不髄意神経と随意神経の二重支配を受けています。 これが、随意に呼吸をコントロールすることにより不随意の部分を コントロール出来る様になる理由の一つです。 もう一つは、体勢を覚えると、何が起きても平気で居られる方法です。 1 肩の力を抜いて 2 臍下丹田に気を込めます。 これだけの簡単ですが、覚えるのが大変です。 1 肩の力を抜いて 2 「臍下の一点」と呟く。 こちらでも同じですが、覚えるのが大変ですね。 怖がらずに試した方が簡単に治りますので、検索して、遣った人の言葉を聞くと良いですよ。 ここで「逆説志向 吐き気」で検索するか、「逆説志向 パニック障害」で検索すれば、 逆説志向を試した人は、それで二度と同じ症状が出なくなったと、お礼を書いていますから参考にして下さい。 試すことのできた人と、恐怖で試すことが出来なかった人は、半々くらいでしょう。 逆説志向を試せば、その日の内に治りますが、出来ない人には、時間の掛かる方法を教えます。 呼吸によって、気持ちを静める方法です。 【気学が薦める呼吸法】(気の人間学 より) ・あくびをするときのようにノドを開いてハーと... Q 20歳女性です。 物心付いた頃から外出や外での食事が苦手で人が多いところや電車も苦手でした。 症状としては、「気分が悪くなる」など胃の症状ですが、どんなに気分が悪くても吐いたことは今まで1度もありません。 今まで学校・仕事となんとか普通の生活はできるレベルでしたが、2年間続けた仕事のストレスにより、症状が悪化。 今年春に辞めてしまい、今は仕事も何もせずに自宅で過ごす毎日です。 会社を辞めてからも症状が治らず、常に家でも気分が悪い日が続き、胃の検査を受けた結果、多少荒れているとのことでお薬をもらいました。 現在は胃の薬を飲むと大分良くなりましたが、やはり遠出や人が多い場所、電車に乗るのが怖いです。 外出先で気分が悪くなってしまいます。 外食もできません。 以前は人ごみでも平気な日もあったのですが、最近では常に外出すると体調が悪くなります。 その度に無言になったり、帰ったりしてしまうので、一緒に出かけている彼氏に迷惑をかけてしまい、毎回申し訳なく思います。 これは胃の症状云々ではなく、精神的なものだと思います。 心療科へいこうと思うのですが、このような症状でもお薬を飲んだりカウンセリングを受けることによって治ったり、症状が改善されたりするのでしょうか。 今まで、薬に依存するのが怖くて心療科へ行くのを躊躇っていましたが、薬で改善されるのなら勇気を出して行ってみようと思います。 いろんな所へ行きたいし、旅行もしたいしテーマパークでデートもいろいろしたい。 この胃の症状さえなければ・・・と何度も何度も考えてしまいます。 最近では彼とのデートも家の中ばかりで、外デートなんてしてませんし、旅行も行ったことありません 付き合いは4年と長いのですが もうこのままでは限界も近いかも・・・早くこの症状を治す方法を考え、いろんな場所へ行けるようになりたいのですが心療科で治るものなのでしょうか・・・・ 20歳女性です。 物心付いた頃から外出や外での食事が苦手で人が多いところや電車も苦手でした。 症状としては、「気分が悪くなる」など胃の症状ですが、どんなに気分が悪くても吐いたことは今まで1度もありません。 今まで学校・仕事となんとか普通の生活はできるレベルでしたが、2年間続けた仕事のストレスにより、症状が悪化。 今年春に辞めてしまい、今は仕事も何もせずに自宅で過ごす毎日です。 会社を辞めてからも症状が治らず、常に家でも気分が悪い日が続き、胃の検査を受けた結果、多少荒れているとのこ... A ベストアンサー めずらしいことではないとおもいます。 外にでると動悸がしたり呼吸が浅くなって吐き気を催すということは、 気を張って生きている証拠ですから、神経的なものも大きく関係しています。 良いお薬とカウンセリングを受けられるので確実に良くなると思います。 実際に、きている人などは吐き気を催して実際にはいてしまう人や、いてもたってもいえられなくてワーンとなってしまうひとなども実はけっこういますので、そういう人でも治療の経過で良くなりますので、質問者さんの場合は完治する可能性もかなりあると思います。 頑張ってください! Q 30歳の独身女性です。 私は物心ついたときから『嘔吐恐怖症』です。 言葉にするのも嫌なくらいです。 幼稚園頃から誰かが吐く姿を見るのがダメで、自分が気持ち悪くなるのも怖い。 嫌だとかじゃなくて怖いんです。 吐いたらどうしよう…と手足が冷たくなり、パニックに。 今はそんな時はとにかくトイレでひとり篭ります。 といってもだいぶ回復してきたんじゃないかなと思います。 小さい頃で最後に吐いたのは小学校3年の時。 (誰がいつどんな状況で吐いたとかも覚えてるんですよねぇ)それからずっと縁がなく、なんとなく吐くのが嫌だなぁという意識のまま11年がすぎ…20歳のときに嘔吐下痢症にかかりました。 夜、なんだか気持ちが悪くて眠れない。 でも吐く『感覚』というものが11年も無いに等しい為、トイレに向かうという考えがありませんでしたので… それから5年間位が大変でした。 「食べたら吐くのではないか」 という恐怖心から、食事が出来なくなってしまいました。 極力水分も摂らなかったので吐いてから10日で6キロ痩せてしまい、病院で栄養剤・水分の点滴に頻繁に通いました。 ちなみに身長157センチに対して40キロを切りそうになりました。 吐く位なら死んだ方がマシ、と嘔吐下痢症が流行る冬前になると、自殺しようとばかり考えてました。 痩せるとお風呂の水圧もきつくなるんですね。 お腹がペタンコになったのもあれ以来です。 吐く夢を見ては飛び起きてました。 吐く直前の状況にひとつでも起こると、パニックになっていました。 (私の場合は気持ち悪さに加え 鈍い頭痛・手足の冷え・異常な喉の渇き等) それから3年後、胃腸風邪でまた吐く。 また回復まで食べれないのが続くのか…と思ったら、今度は体重の減りはそこまで無い。 回復も早い。 結局、吐き慣れてなかった為に、吐くという気持ち悪さにパニックになってたんだと思います。 今でも吐くのは怖いし、いざ直前になると、いざ直面すると暫く食欲もなくなります。 それがダメで転職もした位ですから… 心療内科で相談するも「気にしすぎじゃない?」と先生に言われました。 今では体重も元に戻り、というかオーバーし(笑)、普通の生活をしています。 といっても薬は常備しています。 ・ナウゼリン(吐き気止め) ・胃薬2種(セルベール・ガスター10) ・痛み止め(頭痛もちの為) ・トラベルミン(吐き気止め・車酔いのため) ・ツムラ漢方薬31(頭痛・吐き気に) ・ナロンエース(頭痛時に) ナウゼリンと漢方薬は近所の内科で、偏頭痛の為にと処方をお願いしています。 偏頭痛で吐き気がひどいので…と多少大げさに。 私は、この恐怖症は完全に克服する事は無いかと思うのです… でも、程度を軽くしていくことは出来るんじゃないかとも思います。 現に数年前を振り返ると良くなってきていると思います。 このまま一人で生きていくには困りませんが、でも今、結婚・妊娠を目前にして不安を感じています。 嘔吐恐怖をお持ちの方、どうやって結婚生活を過ごされているでしょうか? つわりや夫・子どもの体調不良、どうやって乗り越えていますか? その前に、すぐ薬を飲んでしまうのに妊娠なんて出来るのか… 情けない質問で大変申し訳ありませんが、お答え出来る事がありましたら、ぜひとも宜しくお願い致します。 30歳の独身女性です。 私は物心ついたときから『嘔吐恐怖症』です。 言葉にするのも嫌なくらいです。 幼稚園頃から誰かが吐く姿を見るのがダメで、自分が気持ち悪くなるのも怖い。 嫌だとかじゃなくて怖いんです。 吐いたらどうしよう…と手足が冷たくなり、パニックに。 今はそんな時はとにかくトイレでひとり篭ります。 といってもだいぶ回復してきたんじゃないかなと思います。 小さい頃で最後に吐いたのは小学校3年の時。 (誰がいつどんな状況で吐いたとかも覚えてるんですよねぇ)それからずっと縁がなく、なん... A ベストアンサー 『嘔吐恐怖症』は神経症に分類されているものの内の一つです。 神経症の場合には、検査をしても何処にも異常がない事が特徴ですので、身体も心も健常者と同じと言う意味ですので、神経症の発症する『心のシステム』を書いてみますので、後は自分で学んで下さい。 神経症の場合では、健常者と違う事は一つだけです。 その一つの違いが分かる時に解消しますので、自分自身で学ぶ事によって解消します。 嘔吐恐怖症も、不安障害も、対人恐怖症も、上がり症も、吃音も、書けいも、高所恐怖症も、閉所恐怖症も、パニック障害も、全て同じ原因から発症していますので、この原因が分かる時に貴方は『嘔吐恐怖症』を完治させる事が出来ます。 ですのでそのヒントを書いてみます。 始めのヒントは『意識する事』です。 全ての神経症は『意識した内容が症状名になっています。 』この意味する事は『意識しない自分に、なれない事からです』 このヒントを少し補強しておきますと、人間は『意識する自分』と『無意識の時の自分』が二人いる事を示唆しています。 そうしてその二人の自分が『意識の根底で』相談しながら、どちらの出番かを決めています。 健常者と言う人達は、今書いた事に『違和感を持っていない人達』という言い方が出来ますが、貴方のような、不安になり易い人は『二つの意識の交替制に気が付いた人達』という言い方が出来ます。 二つの意識の交替する場面で『交替する事を拒んでいる姿が』恐怖症の原因です。 その証拠が『恐怖感や漠然とした不安や、生き難い想い』となっています』この想いは、『無意識の自分からの圧迫です。 』 漠然とした不安とは『もう一人の自分からの、言葉に拠らない情報です。 』 二つ目のヒントは、始めのヒントに関連しますが、『どうして意識してしまうのか?』と云う事です。 この原因は、心の奥深くでは、二つの意識は常に情報交換している事が挙げられます。 この事を理解するために脳に障害を持った人の動画が有りますので、良く見て下さい。 youtube. もう一つ脳科学から、一人の人間には二つ意識が在ると言う証拠です。 ウイキペデアからです。 てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球が 『それぞれ独立した意識』 を持っていることを実証した。 健常者と言う人達は『無意識的に意識している事』です。 言い替えるなら、意識の奥底で『心同士が争っている』と言う意味になります。 つまり『心の矛盾』を漠然とした不安と感じていると言う意味です。 それに引き替え『健常者』と言う人達は『二つの意識の交替制が順調に行っている。 』と言う意味になります。 神経症になる人は『神経質な性格』と言う意味になりますが、本当の意味は『自分自身の感情を沸かせる情報に敏感』と言う意味になります。 高い所にいると言う情報に敏感な事が『高所恐怖症』、人に会った印象を伝える情報に敏感な事が『対人恐怖症』と言う具合にです。 神経症の症状は『現実には無い症状です。 』現実には無い症状を、そういう情報を受け取りたくないと『頭の中で操作をするために、返って、頭の中に作り出しています。 』 症状が沸き起こルシステムを説明しましたので、今度は完治するというシステムを書いてみます。 始めに完治したと言う事を説明してみます。 今までは、症状らしきものを忌み嫌っていて、『頭の中で打ち消す事に必死でしたが』完治した後では、症状らしきものが、湧き上がったとしても、打ち消す事をしなくなっています。 この打ち消す事をしないで、受け入れた事によって、『意識には上がって来なくなっています。 』意識に上がって来なくなった事によって『症状らしきものが、きれいに消滅しています。 』 この事によって『神経症になった事も、治った事も全て忘れ果てて生活しています。 』こういう事が神経症の完治です。 こういう心的状態になるための心得を書いてみます。 それは『症状を相手にしない人間性の確保』と云う事になります。 森田療法における『不問』と言う態度です。 人間が感じている普通の事を『忌み嫌ってしまう事によって、心から追い出そうとする、生きる態度が』、普通では何も無い事を症状にまで大きくしていて、更に、その症状らしきものを、心から追い出そうとする事』が症状を固く固定させています。 神経症を治す事は『心の矛盾を解消させる事』です。 言葉にするなら『欲しがらないで手に入れよ!』です。 人間の心は矛盾に満ちています。 欲しがる事によって返って逃がしてしまいがちと言う意味です。 神経症の完治とは『症状らしきものを受け入れる事』です。 治そうとしなくなった時がその時ですが、言葉を替えて言うならば『治そうとしている間は一生掛かっても治らない事』を意味します。 症状らしきものを『受け入れた時が』症状が消滅する時ですので、症状の改善は求めてはいけ無い事を肝に銘じてください。 もう症状は無くなる事は無いという諦めが『治る為の鉄則です』ここをわきまえたら、その次の段階です。 その次は、湧き上がる感情の処理の仕方を学ぶ事です。 結論から言うならば『雑念の処理の仕方を学ぶ事です。 』 湧き上がるただの雑念は『そのままにして置くならば直ぐに消えてしまう事』を学ぶ事です。 そうなる為の心得です。 湧き上がる感情の内『良い感情(心地良い事)』を喜び過ぎない事。 湧き上がる『嫌な感情(心地悪い事)』でも落ち込みすぎない事です。 湧き上がる自分の感情に『一々一喜一憂している態度が』神経症の発症する元になっているからです。 人生に『良い事だけを求めている態度が』神経症の元になっています。 良い事も悪い事も全て受け入れてゆく、生きる態度が出来た時』神経症が完治した事を知る事になります。 地獄を避けようとする態度が、地獄を引き寄せています。 神経症とは『深い自分自身への理解を求められている事』を意味します。 『嘔吐恐怖症』は神経症に分類されているものの内の一つです。 神経症の場合には、検査をしても何処にも異常がない事が特徴ですので、身体も心も健常者と同じと言う意味ですので、神経症の発症する『心のシステム』を書いてみますので、後は自分で学んで下さい。 神経症の場合では、健常者と違う事は一つだけです。 その一つの違いが分かる時に解消しますので、自分自身で学ぶ事によって解消します。 嘔吐恐怖症も、不安障害も、対人恐怖症も、上がり症も、吃音も、書けいも、高所恐怖症も、閉所恐怖症も、パニッ... Q 7年前にとても大切な人を亡くし、それから極度の落胆感眠れない日々動機、不安、過呼吸に悩まされていました。 そのうち起き上がることができなくなり、仕事を辞めようと決意したときに「1ヶ月ほど療養して、もう1度考えたら?」という優しい言葉に、ゆっくり療養することにしました。 毎日とても苦しい日々でした。 今考えると確実に、うつ病だったと思います。 でしたが当時は、認めるのが恐くなんとか頑張って、自分で治そうと必死でした。 生まれて始めての、つらくて苦しい時間でした。 友達にも会う気はしませんでした。 1ヶ月ほどのノンビリした、ストレスの無い生活の中で、ある程度前向きになれたので、仕事を再開しました。 その頃友人に心療内科を勧められ。 通い始めました。 不安神経症と、うつの後遺症と言われました。 ちゃんと治そうと心に決めました。 何年もコンスタンとワイパックスで不安発作を抑えながら、仕事に通いました。 この間全く過呼吸も出ず、少しずつ自信も出てきたのですが、やはり薬を止めれません。 1年ほど前に違う先生に出会い「根本から治していきましょう」とパキシルを加えての治療が始まりました。 あとコンスタンワイパックスも飲んでます。 パキシルは始め副作用がきつかったですが、良さはすぐに分かりました。 薬さえあれば、ほとんど以前のような元気な自分に戻りました。 でもいつ薬は止められるのでしょうか?今仕事を辞めて家にいることになりました。 逆に外に出るのが、少し面倒で毎日家事をしながら、犬達と楽しく過ごしています。 友達に誘われれば、楽しく過ごせるし、問題ないようですが、実は未だに薬がないと1人のお風呂、トイレの鍵を閉める、高速道路、山道、渋滞、遠出など逃げ場の無い所が不安です。 そのうち起き上がることができなくなり、仕事を辞めようと決意したときに「1ヶ月ほど療養して、もう1度考えたら?」という優しい言葉に、ゆっくり療養することにしました。 毎日とても苦しい日々でした。 今考えると確実に、うつ病だったと思います。 でしたが当時は、認めるのが恐くなんとか頑張って、自分で治そうと必死でした。 生まれて始めての、つらくて苦しい時間でした。 友達にも会う気はしませ... A ベストアンサー 私の主人が酷いパニック障害でした。 当時は『パニック障害』という病名さえついてなかった為、たくさんの病院へ行っては心電図をとって、異常なしと返される日々が続きました。 電車・バスなど公共の場に出ることも不安で、でも仕方なく仕事で新宿に行った際にパニック発作を起し、一番近くにあった京王プラザホテルまで這うようして行き、救急車を呼んでもらいその間に私宛の遺書も書いていた・・・なんて事もありました。 只々、原因不明で辛いばかりの日々が2年も過ぎた頃に初めて『パニック障害』とい病名をTVで見て、コレだったんだ~と思いました。 東海地方に名医がいるものの、普通の病院では治療方法や病名の判断がつかない・・・なんて内容の番組だったと思います。 ただ、その番組の中で『パニック発作では死なない』とお医者さんが仰ってるのをみて、主人はその日からうなぎのぼりにグングン症状がよくなり、今ではあの頃が嘘のようです。 私も軽いパニック障害を持ってるのですが、気にした事はないです。 パニック発作が出ると、『ほらほらバクバクしてるよ~』って娘に心臓の音を聞かせてます。 私も主人もバクバクや過呼吸は時間がたてば直るものと信じているので、特別何の治療も受けてません。 主人は完治したようです。 私は1月に5回くらいになりました。 私の主人が酷いパニック障害でした。 当時は『パニック障害』という病名さえついてなかった為、たくさんの病院へ行っては心電図をとって、異常なしと返される日々が続きました。 電車・バスなど公共の場に出ることも不安で、でも仕方なく仕事で新宿に行った際にパニック発作を起し、一番近くにあった京王プラザホテルまで這うようして行き、救急車を呼んでもらいその間に私宛の遺書も書いていた・・・なんて事もありました。 只々、原因不明で辛いばかりの日々が2年も過ぎた頃に初めて『パニック障害』と... Q 私は33歳で2児の母親です。 23歳の時にパニック障害が発症しました。 が!?「気のせい!気のせい!」と自分に言い聞かせて現実逃避をして来ました。 しかし2人目が生まれてすぐ、育児のストレスからか症状がひどくなり、28歳の時に心療内科にかかり「パニック障害」と診断されました。 症状は主に動悸・めまい・吐き気です。 私は社会人になってから旅行を趣味にしていました。 近場の温泉から海外まで。 しかしパニック障害になってからは、行動範囲が狭まってしまい・・・スーパーに行くのも主人か母親について来てもらわないといけない状態が続きました。 しかし元々、旅行好きの私。 「パニック障害が原因で旅行に行けないのが悔しい!」「いつになるか分からないけど、パニック障害を克服出来た時に、もっと旅行に行きたかった!って後悔したくない!」「パニック障害なんかに負けたくない!」とゆう一心で、薬を飲んで「薬を飲んだから大丈夫!主人が一緒だから大丈夫!」と自己暗示をかけて旅行に出掛けてます。 しかし今度!?勢いで友人と海外旅行に行く約束をしてしまいました。 既にツアーにも申し込んでます。 友人には一応、私が「パニック障害持ち」だとは伝えてますが、脳天気な友人はきっと「パニック障害」の事をあまり理解してないと思います(汗)主人が一緒じゃない旅行は初めて!しかも言葉も通じない海外!発作を起こしても日本とは医療が違う!考えただけでも心臓がバクバクして薬を飲んでしまいます・・・「そんなに無理して旅行に行くなよ!」と呆れられるかもしれませんが!?この旅行から無事に帰って来れたら、すごく自分に自信が持てそうな気がするんです!もっと行動範囲が広げられると思うんです!まだまだ不安の方が大きいけど、少しの期待もあります!皆さん、私の気持ちを後押ししてくれませんか?励ましてくれませんか?不安を取り除いて旅行に出発したいです!宜しくお願いします。 私は33歳で2児の母親です。 23歳の時にパニック障害が発症しました。 が!?「気のせい!気のせい!」と自分に言い聞かせて現実逃避をして来ました。 しかし2人目が生まれてすぐ、育児のストレスからか症状がひどくなり、28歳の時に心療内科にかかり「パニック障害」と診断されました。 症状は主に動悸・めまい・吐き気です。 私は社会人になってから旅行を趣味にしていました。 近場の温泉から海外まで。 しかしパニック障害になってからは、行動範囲が狭まってしまい・・・スーパーに行くのも主人か母親について来ても... A ベストアンサー パニック障害暦10年の主婦です。 素人が無責任な事は言えませんが、私の主治医が言ってくれたひとこと 「パニック発作では死なないから大丈夫」 確かに発作は苦しいし、同行者があまりこの病気に詳しくないとなると不安は大きいでしょう。 それなら不安材料を少しでも減らしてみませんか? 行かれる国の言葉と英語と日本語で、自分の病気のこと・症状・どうしてほしいかなどを書いたメモをパウチでもして常に携帯する。 もし発作が起きたときはそのメモを現地の医療機関に提示する旨を友人に頼んでおく等。 そして「いつでもいらっしゃい!パニックちゃん!」というくらい 発作も含めて「旅行」なんだと開き直ること。 パニックになることを恐れるのでなく、 「海外で発作が起きるとこんな風になりましたってブログに書こう。 いや本にして印税生活わっしょい!」(失礼しました^^;) このくらい、人とは違う視点で海外を感じれる機会なんだと いい方向、面白い方向に自分の病気を利用しましょうよ! そうして帰国後「なんやかんや言っても楽しかった~」となられるのが 同じような病気を持つ人たちの大きな励みにもなると思うのです。 とにかく「パニック発作では死なない」そうなので、なったらなった時のこと 思い出をいっぱい作って楽しんできてくださいね^^ パニック障害暦10年の主婦です。 素人が無責任な事は言えませんが、私の主治医が言ってくれたひとこと 「パニック発作では死なないから大丈夫」 確かに発作は苦しいし、同行者があまりこの病気に詳しくないとなると不安は大きいでしょう。 それなら不安材料を少しでも減らしてみませんか? 行かれる国の言葉と英語と日本語で、自分の病気のこと・症状・どうしてほしいかなどを書いたメモをパウチでもして常に携帯する。 もし発作が起きたときはそのメモを現地の医療機関に提示する旨を友人に頼んでおく等。 Q ここ3~4ヶ月前から体調が悪いです。 特にこの1ヶ月程は、家でも常に気分が悪く、外に出ることもあまりできません。 週に1度か2度は多少良い日もあるのですが、次の日にはまた胃が気持ち悪い感じに・・・を繰り返しています。 ただ、食べてもないのにゲップが出る・胃がもたれている感じがあり、常にムカムカしています。 例えるなら車で酔ったような感じが常に続いているような。 食欲はありませんが無理して食べています。 今までどんなに気分がわるくても吐いたことはありません。 胃痛もありません。 先週胃腸科へ行きお薬をもらったのですが治りません。 胃カメラを飲もうと思うんですが常に気分が悪いので病院にも行けない現状です。 これは精神的なものもあるのでしょうか? 一度心療科も行ってみようと思うのですが・・・ 以前から緊張したり外出したりすると気分がわるくなったりはあったので精神的なものだったと思うのですが、今回は家の中でもずっと しかも長期間 気分が悪いので・・・ 半年近く休職していて、体調が良くならないので再就職もできない状態です。 ただ実家なので別に今すぐ就職しなくては!という強いストレスはなく、今は家でゴロゴロしています。 どこかで多少焦っているのかもしれませんが・・・ ・常に胃がムカムカもたれた感じ ・食べてもないのにゲップが出る ・食べても食べなくても気持ちが悪い ・胃に不快感 ・動くと胃にくる ・常に車酔いのような気分の悪さ ・胃痛はない ・吐き気はするが、オエッとなったり 嘔吐はしたことはない ・腹痛・下痢はない 上の症状で当てはまる病気はが考えられますか? それとも精神的なものでしょうか。 何か漢方など効く薬はありませんか? ここ3~4ヶ月前から体調が悪いです。 特にこの1ヶ月程は、家でも常に気分が悪く、外に出ることもあまりできません。 週に1度か2度は多少良い日もあるのですが、次の日にはまた胃が気持ち悪い感じに・・・を繰り返しています。 ただ、食べてもないのにゲップが出る・胃がもたれている感じがあり、常にムカムカしています。 例えるなら車で酔ったような感じが常に続いているような。 食欲はありませんが無理して食べています。 今までどんなに気分がわるくても吐いたことはありません。 胃痛もありません。 A ベストアンサー 私は大学生なのですが、 春休みに、同様の症状で悩んでいました。 私の場合は、膨満感とゲップ、軽い胃痛、 あと、吐き気はないのに何故かオエッとなる、 といった症状でした。 内科に通い、胃薬を処方して頂いていたのですが、 3週間を過ぎた当りで、内科の先生に、 「これはもう胃が原因じゃないですよ。 一度心療内科に行ってみて下さい。 」 と言われました。 結果は、自律神経失調症でした。 強いストレスや暴飲暴食などが原因となったのではなく、 長い春休み、毎日規則正しい生活をしていたとはいえ、家の中でゴロゴロしていたために、体内リズムが崩れたのだろうということでした。 友人と楽しく話したりしている時は、症状が軽くなったりしませんか? 私の場合は、1人でいる時に症状が酷かったので、やはり精神的なものだったのだと思います。 レキソタン(安定剤)とツムラの小柴胡湯(漢方)を処方され、後者は今も飲み続けています。 ツムラの小柴胡湯は私の母も暫く飲んでいたことがあったそうで、 胃腸に問題があった時、まず始めに処方されることが多いようです。 あくまでも私の経験談に過ぎませんので、まずはきちんと病院に行かれることをオススメします。 何かご参考になれば幸いです。 私は大学生なのですが、 春休みに、同様の症状で悩んでいました。 私の場合は、膨満感とゲップ、軽い胃痛、 あと、吐き気はないのに何故かオエッとなる、 といった症状でした。 内科に通い、胃薬を処方して頂いていたのですが、 3週間を過ぎた当りで、内科の先生に、 「これはもう胃が原因じゃないですよ。 一度心療内科に行ってみて下さい。 」 と言われました。 結果は、自律神経失調症でした。 強いストレスや暴飲暴食などが原因となったのではなく、 長い春休み、毎日規則正しい生活をしてい... A ベストアンサー 不安症からくるものでしたら、 1.安心できる人と一緒にでかけるようにする 2.薬を事前に飲む、または必ず持ち歩く 3.自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせる こんな感じでしょうか? 他人と一緒に出掛けるのは、いざというとき(真っ白になってしまった場合や発作的な状況になってしまった場合を考慮して)のためです。 理解してもらったうえで一緒にいてもらって、安心感を得ることでだいぶ変わるとおもいますよ。 最後の自分に言い聞かせる・・・不安症はある程度慣れによって克服することもできるはずです。 実際、自分の家ではおこらないですよね?慣れてるからだとおもいます。 いままで大丈夫だったけど、だめになった場合は慣れるようにちょっとずつでいいので挑戦していきましょう。 ただ、もとから調子が悪いときは無理しない方がいいですよ。 あきらめることも選択肢としてはありです。 無理してまた真っ白や発作を経験してしまうと、イヤなイメージだけが残り、前に進めなくなっちゃいますから。 なってしまったものはしょうがないので、負けない気持ちを忘れずに、でもむりをせづ少しずつ挑戦して行動範囲を広げていきましょう。 僕も調子が悪いときは人がいるだけでにげちゃいますよ。 そんなもんです。 参考になれば幸いです。 お大事に。 無理なさらずに。 不安症からくるものでしたら、 1.安心できる人と一緒にでかけるようにする 2.薬を事前に飲む、または必ず持ち歩く 3.自分に大丈夫、大丈夫と言い聞かせる こんな感じでしょうか? 他人と一緒に出掛けるのは、いざというとき(真っ白になってしまった場合や発作的な状況になってしまった場合を考慮して)のためです。 理解してもらったうえで一緒にいてもらって、安心感を得ることでだいぶ変わるとおもいますよ。

次の