日本 テレビ アナウンサー 一覧。 【2020年版】日本テレビ美人女子アナランキング~日テレで一番美人の人気女子アナは誰?

日本テレビのアナウンサー一覧

日本 テレビ アナウンサー 一覧

1990年 -• 1991年 - (アナウンス専門部長)• 1992年 - (アナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー)• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1997年 - 、• 1998年 - 、• 2000年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 -• 2014年 - 、• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 女性 [ ]• 1980年 - (アナウンス専門部長)• 1990年 - (アナウンス部次長)• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2003年 -• 2010年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 - 、、• 2014年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、• 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 (1985年 - 2003年、取締役常務執行役員。 社長室出向局次長現職出向)• (1986年 - 2006年、情報・制作局次長)• (1987年 - 1996年、事業局24時間テレビ事務局担当副部長)• (1990年 - 1999年、コンプライアンス推進室)• (1991年 - 1999年、総務局総務部長)• (1992年 - 1998年、NTV International代表)• (1996年 - 2004年、報道局ニュースセンタープロデューサー)• (1999年 - 2011年、事業局プロデューサー)• (2002年 - 2006年、編成局制作部)• (2003年 - 2005年、スポーツ局)• (2003年 - 2016年、報道局)• (2004年 - 2010年、情報・制作局プロデューサー)• (2008年 - 2010年、報道局) 女性• P代表取締役社長、日テレイベンツ常務取締役。 グループ戦略室出向局次長現職出向)• (1984年 - 1996年、人事局厚生労務部担当部次長)• (1991年 - 2001年、報道局社会部専門副部長)• (1993年 - 2004年、事業局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、スポーツ局プロデューサー)• (1996年 - 2012年、営業局首都圏営業部)• (1997年 - 2005年、営業局スポット営業部)• (2002年 - 2018年、編成局)• (一時期姓が 石田の時期あり)(2006年 - 2018年、インターネット事業局、2016年6月から2018年5月まではアナウンサーとの兼任) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字は日本テレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (1953年 - 1975年) - より移籍。。 (1953年 -? (1953年 -? ) - より移籍。 (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? ) - 1997年没。 (1956年 - 1978年)• (1956年 - 1972年) - 退社後フリー。 アナウンサープロダクション『シオノ事務所』代表取締役。 (1956年 - 1994年) - 2018年没。 (1957年 -? ) - 1997年没。 (1957年 -? 2017年現在、東京相撲記者クラブ会友。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1994年) - 後に報道局へ異動。 (1960年 - 1990年 ) - 退社後、分野を中心としたに転向。 番組出演は2004年まで日本テレビに限定していた。 長女は元NHKアナウンサーの。 (1960年 - 1997年)• (1962年 - 1993年) - 同年へし、その後退職。 (1962年 - 2004年 ) - 2006年4月より『』• (1963年 - 1989年) - 退社後フリー。 (1963年 - 1992年) - より移籍。 定年退職後フリー。 (1964年 - 2001年) - 定年退職を以て引退。 (1965年 - 2002年 ) - 元常務取締役、• (1966年 - 1991年) - 1970年に報道局より異動。 退社後フリー。 (1967年 - 2003年 ) - 元取締役。 (1967年 - 2004年) - 元(現:)取締役社長。 2006年に取締役相談役に就任。 (1968年 - 2006年 ) - 2013年没。 妻は江川範子。 (1968年 - 1972年) - 退社後フリー。 (1969年 - 2011年 ) - ラジオ日本退職後フリー。 (1974年 - 2011年 ) - コンテンツ事業局を経て定年退職後フリー。 (1977年 - 1986年) - 退社後フリー。 2019年4月より。 (1977年 - 2014年 ) - ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」パーソナリティ。 (1979年 - 2014年 ) - 常務取締役。 (1981年 - 2006年) - 広報局へ異動後退職しフリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1981年 - 2008年) - より移籍。 定年退職後フリー。 会社『パーフェクト・スピーチ』代表取締役社長。 (1982年 - 2019年) - 報道局、出版部、スポーツ局を経て退社。 (1984年 - 2007年) - より移籍。 事業局を経て退社後フリー。 『若林健治アナウンススクール』主宰。 (1985年 - 1991年)• (1988年 - 2005年) - 退社後フリー。 (1994年 - 2011年) - 退社後フリー。 (1997年 - 2006年) - 一般企業勤務。 (1999年 - 2015年) 女性 [ ]• (1953年 -? (1953年 -? (現姓:横田、1954年 -? (現姓:細田、1956年 -? (1956年 -? (現姓:加藤、1956年 -? (1956年 -? (1957年 -? (現姓:小坂、1958年 -? ) - 夫は元日本テレビプロデューサーの小坂敬。 (現姓:斎藤、1958年 -? (1959年 -? (現姓:田矢、1959年 -? (村上姓を経て田原姓、1959年 -? ) - エッセイスト。 2004年没。 夫はの。 (1959年 -? (1959年 -? (1961年 -? (現姓:久保、1961年 -? ) - 夫は、長女は元NHKアナウンサーの久保純子。 (1961年 - 1998年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1963年 - 2000年)• (現姓:青尾、1963年 - 2000年 ) - 定年退職を以て引退。 (現姓:守田、1964年 - 2001年)• (1964年 - 2001年)• (現姓:白石、1967年 -? ) - 日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:神山、1967年 - 2013年 )• (1967年 -? ) - 元日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:中西、1968年 - 2003年)• (1968年 - 2005年)• (現姓:芦沢、1970年 -? ) - 退社後フリー。 夫は芦沢俊美。 (1974年 - 1981年) - 退社後フリー。 (1974年 - 2010年 ) - 定年退職後、教授に就任。 (1976年 -? ) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1977年 - 2009年 ) - 在職中に死去。 (1981年 - 1987年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1982年 - 2019年) - 報道局、経理局、営業局、コンプライアンス推進室を経て、退社。 (1983年 - 1995年) - 国際局、広報局を経て退社。 (1986年 - 1994年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1987年 - 2007年) - 在職中に死去。 (1988年 - 2000年) - 退社後フリー。 (1988年 - 1996年) - 退社後フリー。 (1989年 - 1995年) - 2001年没。 (1991年 - 2001年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1992年 - 1999年) - 退社後フリー。 (1992年 - 2009年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2004年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2011年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1997年 - 2014年) - 退社後フリー。 (1998年 - 2004年) - プロ野球投手と結婚、退社。 (1999年 - 2002年) - スポーツ部を経て退社。 元選手、フリーアナウンサー、日テレ学院アナウンススクール講師、フィギュアスケート、広告宣伝・ブランディング会社『ディオ』代表。 (1999年 - 2010年) - 在職中(育児休暇中)に死去。 (2000年 - 2006年) - のと結婚後、活動を休止。 現在は東京都在住。 (2000年 - 2008年) - 退社後活動休止。 (2000年 - 2016年) - 後にスポーツ局へ異動。 退社後フリー。 (2001年 - 2007年) - 退社後フリー。 (2001年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2003年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2004年 - 2009年) - 退社後フリー。 (2005年 - 2010年) - 退社後活動休止。 (2006年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2007年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2008年 - 2017年) - 退社後フリー。 (2009年 - 2016年) - 退社後フリー。 元日テレ学院アナウンススクール講師。 局契約 [ ]• (1968年 - 1971年) - 元、(局契約)アナウンサー。 NETとの契約満了後に移籍し、「」「」のMCを務めた• (1983年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (1985年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (2006年 - 2013年) - 元アナウンサー。 主に・を担当• (2014年 - 2015年) - 元アナウンサー アナウンサー番組 [ ]• (2014年 - ) ラジオ日本• (2012年4月中は放送休止。 ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2015年6月から2017年5月まではのアナウンサー・運営スタッフとして出向していた。 2016年以前は報道系番組等で本名の「鈴木崇司」で出演していたが、2017年から名義を統一した。 2004年6月28日 - 2012年5月は報道局・キャスター担当部長。 1951年入局。 1940年二次入局。 1950年入局。 1947年後期入局。 後に報道局へ異動し、記者を経てキャスター兼コメンテーター。 国際局長を経て日本テレビアナウンスカレッジ(現・日テレ学院アナウンススクール)の創設に参画。 2000年に定年退職し、その後契約社員として勤務。 1960年入社。 報道局へ異動後、政治部長などを歴任。 福島テレビは系列局なので誤り。 報道局記者として入社。 後に報道局へ異動• 1996年に事業局へ異動。 定年前にアナウンス部教育担当部長を務める。 2003年にラジオ日本へ出向。 エグゼクティブアナウンサー、取締役編成局長、同営業局長を歴任。 2003年にコンテンツ事業局へ異動。 2000年にコンテンツ事業局へ異動。 現在、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団の業務に従事。 1990年代前半にアナウンサーを退き、人事局勤務を経て関連会社役員を歴任。 1970年入社• 1981年入社• 1992年に事業局へ異動し、定年まで勤務。 1986年に報道局へ異動し、その後事業局、広報局に勤務。 定年を迎えた後も約9年間嘱託でドラマやバラエティの広報を担当。 2001年より関連会社役員を務める。 1994年に編成局・ネットワーク局・営業局等異動し、定年まで勤務。 1993年に報道局へ異動。 出典 [ ]• NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、13頁。 『』 -• 「」 pdf 『日本記者クラブ会報』第577号、、2018年3月10日、 25頁、 2019年4月17日閲覧。 NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、15頁。 , 日本民放クラブ 2017年11月22日閲覧• 1997年にアナウンス部を離れ、代表取締役社長、日本テレビ取締役副社長など重役を歴任。 メディアハウス. 2018年9月21日閲覧。 群馬県立沼田高等学校. 2018年9月19日閲覧。 中村こずえのひとりごと. はまぞう. 2019年4月17日閲覧。 「 」 『社団法人日本映像ソフト協会会報』NO. 121、、2007年4月10日、 13頁、 2017年9月9日閲覧。 朝日新聞 朝日新聞社. 2004年8月13日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 「DJ訪問 江川範子」『週刊朝日』、朝日新聞出版、1978年5月12日、 50頁。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2009年4月23日. 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2007年2月3日. の2016年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2001年9月19日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 日刊スポーツ新聞社 日刊スポーツ新聞社. 2010年7月28日. 2019年4月17日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】

日本 テレビ アナウンサー 一覧

「news zero」は2006年10月から日本テレビ系列で放送されているニュース番組。 それまで52年間放送されていた「きょうの出来事」の終了を受けて開始された。 「今日の出来事」が報道メインであったのに対し、「NEWS ZERO」はスポーツやエンタメなども取り入れられており、コンセプトが極端に変更されている。 また、当時キャスターに嵐・櫻井翔や女優・桐谷美玲などを起用しており、報道というよりはワイドショー寄りのイメージが強かった。 2018年6月6日付の報道で、メインキャスターの村尾信尚が同年9月を持って卒業。 同年10月より元NHKアナウンサー・有働由美子アナがメインキャスターに就任した。 日本テレビ系のニュース番組『NEWS ZERO』(月~木曜 後11:00 金曜 後11:30)のメーンキャスターを務める村尾信尚氏(62)が9月いっぱいで卒業し、10月から新たに有働由美子氏(49)がメーンキャスターに就任することが6日、明らかになった。 ナチュラルエイト所属のフリーアナウンサー 元NHK女子アナ 1969年3月22日生まれ、大阪府出身の51歳 神戸女学院大学文学部総合文化学科 卒 血液型はO型 1991年~2018年3月までNHKに在籍 NHK在籍時には「おはよう日本」「スタジオパークからこんにちは」「あさイチ」「紅白歌合戦」を始め数々の人気番組を担当 彼女の話題はたびたびスポーツ紙や週刊誌に取り上げられ、例えば紅白歌合戦で着用する衣装の値段や恋愛・結婚関連、さらに「あさイチ」で視聴者からのクレームが入ったという、いわゆる「脇汗騒動」など既存のNHKアナウンサーとは一線を画す存在感を放っていた フリーアナウンサー転身後はテレビ東京「マツコ、昨日死んだってよ。 」のナレーションがNHK以外の局への初出演 その後、2018年10月1日より日本テレビ「news zero」のメインキャスターに就任し現在に至っている ジャニーズ所属のアイドルグループ「嵐」のメンバー 1982年1月25日生まれ、東京都港区出身の38歳 身長171cm、血液型はA型 ドラマ「先に生まれただけの僕」「君に捧げるエンブレム」「大使閣下の料理人」や映画「ラプラスの魔女」「謎解きはディナーのあとで」「神様のカルテ」などで主演 アイドル・俳優以外にもキャスターとしてテレビに出演 日本テレビ「news zero」や選挙特番、さらに2008年の北京以降に開催されている夏季・冬季のオリンピックやラグビーワールドカップの日テレ中継などでMC・メインキャスターを務めている 「news zero」には2006年10月2日からキャスターとして出演しており、2018年10月の大幅リニューアル後も継続 同番組出演者の中でもキャスター歴の長い古株となっている 視聴率 「news zero. 」は23時台からの放送でテレビ朝日「報道ステーション」とは競合していない。 そのため、視聴率では同時間帯の関東地区でトップに君臨している。 櫻井翔とテレビ朝日・小川彩佳アナの熱愛が報じられた際には10. 月曜キャスターを務める櫻井が生出演した日本テレビ系「NEWS ZERO」(月~金曜・後11時)は10・2%で前週の月曜日(20日)の8・2%から2・0ポイント上昇。 出典: ちなみに確認できる範囲で番組最高視聴率と思われるのは、2011年8月23日の島田紳助引退報道。 関東地区で18. ニュース・報道番組の視聴率が取り扱う内容によって左右される典型的な例と言える。 セクハラ・パワハラ問題 「NEWS ZERO」は2度に渡りセクハラ・パワハラといったハラスメント問題を引き起こしている。 プロデューサーによる山岸舞彩へのセクハラ・パワハラ問題 1度目は2013年頃。 当時の女性キャスター・山岸舞彩や女性スタッフに対して番組プロデューサーY氏(Y崎D介氏)がハラスメントを起こしたという問題。 このプロデューサーは局の内外を問わずに女性スタッフに対して手当たり次第にメールで(交遊を)勧誘。 断ると大量の業務を押し付けたり、人前で大声で怒鳴りつけるといったパワハラ行為に及び、結果としてノイローゼまで追い込まれた女性スタッフもいたという。 当事者のひとりである山岸舞彩は「セクハラという認識はなかった」と否定しつつも、番組スタッフに悩みを打ち明けていたことは認めている。 「セクハラ」という表現が独り歩きしたとも言及しているが、実際にY氏(Y崎D介氏)は2013年6月1日付でプロデューサー職を解かれている。 関係者の口は重いものの、処分されたという事実が何かしらの責任を取る形であったことは間違いない。 参照: 新生「news zero」政治キャスターのセクハラ問題 2つ目は2018年夏。 同年10月より「NEWS ZERO」は村尾信尚キャスターが卒業し、元NHK有働由美子アナを中心とした新体制へリニューアル予定と報じられた。 そのリニューアルメンバーにサブキャスターとして内定していたとされるのが日本テレビ報道局政治部のエース記者・青山和弘氏。 日テレの政治ニュースを分かりやすく解説する手腕と整ったルックスが人気の人物だったものの、突然の内定取り消し。 なんと2018年9月1日付で部署異動してしまったという。 既に有働由美子アナらとも顔合わせ済みというのだから不信感が募るばかり。 関係者によると、この異動は左遷だという。 週刊誌報道によると、日テレの20代女性局員が彼からセクハラを受けたと会社に訴えたようだ。 彼女は酩酊状態で記憶が曖昧だったものの、他にも悩みを抱える女性がいたことから訴えに踏み切ったそうだ。 青山氏の異動は、事実確認と互いの事情聴取を経たうえで下されたとも報じられており全くの事実無根という訳でもなさそうである。 と、表沙汰になったものが2つ。 「NEWS ZERO」というより「NEWS ERO」の様相を呈している。 「news every. 」(よみ:にゅーすえぶり)は日本テレビ系で放送される夕方のニュース情報番組で2010年3月29日から放送している。 放送する3時間10分は3部構成となっており、3部全てが放送されているのが確認できるのは日本テレビのみ。 系列局は、3部のうちから2部を放送するか、「news every. 」の内容を複数ピックアップして独自のコンテンツとして再編。 出演者の多くは日本テレビのアナウンサーだが、NEWS・小山慶一郎が本格的にキャスターを務めていることでも話題になった。 (なお、小山慶一郎は未成年者との飲酒が報道され謹慎、番組キャスター出演も休止していたが2018年末に正式に降板している)また、土曜日には「news every. サタデー」として放送されるが、30分枠でキャスターも平日とは異なる。 ここでは現在の出演キャスター・アナウンサー、番組情報と歴代の出演アナウンサーを一覧で掲載する。 「真相報道バンキシャ!」は2002年10月6日から放送されている日本テレビ・日曜夕方の報道番組。 「バンキシャ!」という番組名の由来は「番記者(特定の取材対象に密着する記者)」だと言われているが、番組内容もタイトルの由来通りピックアップしたテーマをディレクターが深く取材して放送するというスタイルとなっている。 民放キー局においては、同時間帯の他局がニュース・報道番組を扱っていないので視聴者を喰いあっておらず、安定した視聴率を獲得しているようだ。 2017年4月9日の放送においては、視聴率14. 関東地区の教養・報道系番組の中では、TBS「サンデーモーニング」の15. 番組は、男女二人のメーンキャスターとご意見バン!(ゲストコメンテーター)の計3~4名で進行。 「取り上げたニュースやトピックスの取材VTRに対して「ご意見バン! 」からコメントを貰う」というのが基本的な流れとなっている。 番組のメーンキャスターのひとりである福澤朗は2002年の開始当初から継続して出演。 パートナーとなる女性キャスターは、夏目三久で3代目となっている。 その他、番組内のニュースは日本テレビの男性アナウンサーによる持ち回りだが、過去には固定のニュースキャスターが配置されていた。 この記事では「真相報道バンキシャ!」に出演する主要なキャスター・アナウンサーと登場の多いゲストコメンテーターの情報をまとめた。 「シューイチ」は日本テレビ 日曜朝の情報番組。 日本テレビ系で放送されていた日曜朝のワイドショー番組「THE・サンデー」(および「TheサンデーNEXT」)の終了に伴い、後継番組として2011年4月からスタート。 「THE・サンデー」がどちらかと言えば報道・ワイドショー寄りであったのに対し、「シューイチ」は生活情報やトレンドニュースなども取り入れた若年層をターゲットにした番組内容となっている。 ただし、コメンテーターには政治・経済から教育まで話題を広範囲にカバーできる人材が揃えられているので時事ニュースにもしっかり対応できる体制がとられている。 同時間帯で情報番組を放送しているのは、日本テレビ・TBS・フジテレビの3局だが、「シューイチ」は他局と比べると同ジャンルでも系統が異なっていると言える。 2020年4月より放送時間がそれまでの「7:30~9:55」から「7:30~10:25」へと拡大する。 この記事は「シューイチ」に出演するキャスター&アナウンサー、その他タレント情報をまとめたものである。 「スッキリ」は日本テレビ系列で平日の朝に放送されている極楽とんぼ・加藤浩次の司会によるワイドショー。 2006年4月、前番組「ザ! 情報ツウ」終了に伴い、加藤浩次とテリー伊藤、阿部哲子アナの3名体制で放送が開始された。 番組は現在も高い人気を誇って継続中だが、出演者は大きく変遷しており主要キャスターで継続出演しているのは加藤浩次のみである。 他局のワイドショー・情報番組に比べると、キャスターにお笑い芸人を起用する傾向が強く、また特集するコーナーにはアーティストのゲスト出演が多い特徴がある。 視聴率的には長らくフジテレビ「とくダネ! 」とトップ争いを繰り広げていたが、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」開始に伴い情勢が変化。 第3位に落ちるケースも出てきている。 2017年10月から「スッキリ!!」から「スッキリ」へタイトル変更が行われた。 この記事では日本テレビ「スッキリ」のキャスターやアナウンサー、コメンテーターなど主要な出演者の情報を中心にまとめた。 「Going! 2010年3月に放送開始。 以前は「うるぐす」と「NNNニュース」とスポーツとニュースは別番組であった。 過去にもニュース&スポーツを統合した番組は放送されていたが、「Going!」はそれ以来のニュース&スポーツ統合型番組となっている。 出演者は、MC・スポーツコメンテーター・お天気担当とアシスタントの日本テレビアナウンサー。 MC・上田晋也とニュース担当の杉野真実アナのみ土日両方の出演、それ以外はどちらの曜日のみの出演となっている。 お天気キャスターは主に女性タレント・モデルが担当するが、2014年4月以降は概ね1年で入れ替わることが多い。 2020年4月からは、女優・川口春奈が番組の「10周年スペシャルキャスター」に就任することが発表された。 既に放送開始から10年近くが経過しており「Going! 」からのスピンオフ番組も生まれるなど、日本テレビ週末のスポーツ&ニュース看板番組となっている。 この記事では「Going!Sports&News」の出演者情報を中心にまとめている。 「サッカーアース」は2006年4月にスタートした日本テレビ深夜のサッカー情報番組。 これまでに何度か出演者が刷新されており、初期はヒップホップユニット「EAST END」のGAKU-MCと元・日本テレビの女子アナである森麻季アナが出演。 2020年6月19日、手越祐也がジャニーズ事務所を退所したことに伴い番組を降板。 メインMCが離脱したため今後の放送体制については不明瞭となっている。 番組の放送は不定期で毎週放送する月もあれば、月1回しか放送しないケースもある。 この記事では「サッカーアース」に出演するMC・アナウンサー・解説の元プロサッカー選手の情報についてまとめた。 「Oha! 4 NEWS LIVE」(通称「おはよん」)は2006年4月3日から放送されている日本テレビ早朝の情報番組。 いわゆる時事や社会・経済などの報道とスポーツ・生活・エンタメ情報などを複合的に紹介していくオーソドックスな早朝のニュース番組である。 「Oha! 4 NEWS LIVE」は他局の早朝ニュース番組と比較してもキャスターに女性を起用する傾向が強い。 出演者の多くが日本テレビの女子アナ、またはフリーの女性キャスターとなっている。 2019年10月からはメインキャスターを曜日別に5名の日テレ女子アナが担当として就任。 過去の曜日別担当は3名体制で1人あたり1~2日の割り当てだったが、2019年10月以降は初の1人1曜日という担当制にシフトしている。 なお、男性アナウンサーについては同じく2019年10月より1人1曜日の担当となった。 この記事では「Oha! 4 NEWS LIVE」」に現在レギュラーとして出演する日本テレビの女子アナ、女性キャスター、男性アナウンサーといった主な出演者の情報を紹介していく。 「報道特集」はTBS系列で土曜日の夕方に放送されている報道番組。 元々は1980年10月4日から始まった「JNN報道特集」の後継番組であり、「報道特集NEXT」を経て2010年4月3日から「報道特集」として現在まで放送が継続されている。 「JNN報道特集」から数えれば放送開始から約40年という長寿番組である、番組は、事件や事故、時事問題に関する取材リポートを中心に進行。 文字通り「報道」の「特集企画」が番組構成の中核となっている。 放送時間は17:30~18:50までの80分で、特集の他に最新ニュースやスポーツ、気象情報なども取り扱う。 出演するキャスターは報道畑のジャーナリストやフリーアナウンサーが中心となっているため、番組は常に硬派な雰囲気を漂わせている。 この記事では「報道特集」に現在出演するキャスターやアナウンサーの情報を中心に紹介している。

次の

アナウンサー・タレント一覧

日本 テレビ アナウンサー 一覧

日本テレビ女子アナ一覧表! 気になる日本テレビの女子アナウンサーの一覧票はこちらになります。 引用元:日本テレビ いかがでしたでしょうか。 そうそうたる顔ぶれですよね。 ほとんど知ってるアナウンサーの方が多いのではないでしょうか。 やはり1番人気は、水卜麻美アナでしょうかね! 新人とフリーや歴代! 女子アナ王国になってしまった日本テレビ。 徳島えりかアナなんかも人気ですよね! 行列のできる法律相談所での無邪気なキャラがかわいいと思う方も多いのではないでしょうか。 芸人からのツッコミにおどける姿がよいですよね。 尾崎里紗アナは、ZIP出演で人気を集めていますよね。 滝菜月アナと言えば、ヒルナンデス! 天然キャラクターが明るくて人気です。 元ノンノモデルと言えば、岩本乃蒼アナ。 美人アナウンサーと言えば、笹崎里菜アナですよね。 新人アナで1番人気は、やはり佐藤梨那アナでしょうか。 バズリズムの番組では人気を集めていますね! 今年は、元乃木坂46の市來玲奈アナと岩田絵里奈アナが入社しましたね。 Sponsored Link 元ホステスを調査! 笹崎里菜アナは、元銀座のホステスでアルバイトをしていたと言うことが話題になりましたね。 巧みな遠くはそこで学んだものなのでしょうか。 この辺もやはり日本テレビの女子アナのキャラクターの豊富さなのではないでしょうかね。 今後も日本テレビの女子は女子アナウンサーについてはスポット当てていきたいと思います。 それでは今回は日本テレビの女子アナウンサーについてを伝えてきました。 それでは今回はこの辺で失礼したいと思います。

次の