空飛ぶスパゲッティモンスター教。 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教とは (ソラトブスパゲッティモンスターキョウとは) [単語記事]

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教 (そらとぶすぱげってぃもんすたーきょう)とは【ピクシブ百科事典】

空飛ぶスパゲッティモンスター教

ドイツにあの空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の教会が作られました。 詳細は以下から。 という名前を聞いたことがあるでしょうか?これは宇宙は空飛ぶスパゲッティ・モンスターによって創造され、進化はスパゲッティ・モンスターの ヌードル触手によって推進されたと信じる教団。 ちょっと何を言ってるのか分からないですね…と思う人がほとんどかと思いますが、この宗教は実は1990年代にアメリカ合衆国の反進化論団体らによって唱えられた、「知性ある何か」によって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたという「」のパロディ宗教。 ID説は旧約聖書に基づく創造論から宗教色を可能な限り差っ引き、神を「知性ある何か」に置き換えることで、キリスト教以外にも支持を広げる一方、政教分離原則を回避して公教育に入り込んでダーウィンに始まるに対抗させるために生み出された理論です。 以前BUZZAP! で取り上げた、産経新聞が掲載した「サムシング・グレート」もその亜種のひとつと言えます。 根本的な考え方としては 「宇宙・自然界に起こっていることは機械的・非人称的な自然的要因だけではすべての説明はできず、そこには『デザイン』すなわち構想、意図、意志、目的といったものが働いていることを科学として認めよう」とするもので、プロテスタントの一部の強い聖書主義に基いており、聖書の記述に合致しない進化論を否定せんがための理論であることが明確に見て取れます。 もちろんID説は科学的には単なるトンデモ理論に過ぎませんが、この考え方が少なからず受け入れられている理由としては、2010年時点においてもアメリカ人の「進化論を信じるのは40%、創造論を信じているのは44~47%」という強い信仰心が挙げられており、 「公教育の場でもID説を進化論と並んで教えられるべきだ」と父ブッシュ大統領が発言し、翌日報道官が取り消す騒ぎなども起こっています。 そうした状況の中で、2005年にカンザス州教育委員会は多数決の結果ID説の立場を採り、進化論を「問題の多い理論」として教える科学教育基準を採決したことへの異議申立てとして、オレゴン州立大学物理学科卒業生のボビー・ヘンダーソンから提唱されたのがこの空飛ぶスパゲッティ・モンスター教。 「ID説信奉者が、平等のために進化論のみならずインテリジェント・デザインも学校で教えるべきだと言うなら、平等のためにスパゲッティ・モンスターが人類を作ったという説も学校教育で教えるべきだ」 とID説信奉者らの主張を逆手に取り、世界的な話題となりました。 その後空飛ぶスパゲッティ・モンスター教はインターネットミームとなり、フリーゲームなども生まれています。 そうしたパロディ宗教なのですが、世界中に熱心な愛好家が存在しています。 彼らは自らをパスタファリアンと称していますが、ドイツのテンプリンという街にはひときわ熱心な愛好家、Rudiger Weidaさん(63歳)住んでおり、なんと教会を設立してしまいました。 彼は自らの教会で、祭日と定められた毎週金曜日の朝10時からミサを行います。 基本的にはキリスト教のミサの形式を踏襲していますが、パンとワインの代わりにビールとスパゲッティを用い、祈りの言葉「アーメン」は「ラーメン」に変わり、最後には「ビア、ハレルヤ」を詠唱します。 この時Weidaさんは「Bruder Spaghettus」の別名を用い、黄色のローブとピンクのストールに身を包んで「Noodler」としてミサを取り仕切ります。 なお、Weidaさんは本当に空飛ぶスパゲッティモンスター教を信じているのかと尋ねたところ、答えは 「それはパスタファリアンにとっては難しい質問だ。 我々は皆、内部で2つに引き裂かれている。 もちろん我々は信じている。 しかし、同時に空飛ぶスパゲッティモンスターが存在しないことも知っている」 と、非常に哲学的な答えが返ってきています。 それでもWiedaさんは死後、ビールとストリッパーに溢れた天国に行きつけることを信じているとのこと。 なお、Weidaさんは空飛ぶスパゲッティモンスター教を公的に認めさせようとしており、既にTemplinのDetlaf Tabbert市長はWeidaさんに対して空飛ぶスパゲッティモンスター教の公的な標識を立てる許可を出しています。 こちらがその教会を示す標識。 Weidaさんによると、ドイツでは主流の教会は政府からも手厚い保護を受けてある種特権的な地位を獲得しています。 しかしそれらの権利は無神論者や無宗教者にまでは及んでおらず、空飛ぶスパゲッティモンスター教を認めさせることでそうした人々の権利も認めさせていこうと考えています。 Detlaf Tabbert市長はこの件に関して 「私達は寛容な場所に住んでおり、マイノリティに大して差別的な待遇を取るべきではない。 また、人は批判精神とユーモアのセンスをうまく併せ持てるようになるべきではないか」 と述べています。 実際のWeidaさんと教会の動画は以下から。 ドイツ語ニュース番組による紹介ですが雰囲気はよく分かります。

次の

祈りの言葉は「ラーメン!」空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の信者が教会を設立

空飛ぶスパゲッティモンスター教

空飛ぶスパゲッティ・モンスターが大酒を飲んだあとに世界を創造。 最初に創造したものは、山、木々、小人1人。 古代の人の身長が低いのはスパゲッティ・モンスターの触手によって頭を押さえられていたから。 現代人の背が高いのは人口増加によりスパゲッティ・モンスターの触手の数が足りなくなったから。 天国に行けばストリッパー工場とビール火山があり、毎週金曜日が祭日。 地獄ではビールの気が抜けていて、ストリッパーが性病持ちである、ということ以外は天国と同じ。 お祈りをするときは、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う。 創造主であるスパゲッティ・モンスターが存在しないという明確な証拠さえ提示されるのであれば、スパゲッティ・モンスターが実際には存在しないという事さえ否定しない。 他にも色々と特徴はあるのですが、これは実際に存在する宗教の話です。 実際に、この宗教はオランダでは2016年に正式な宗教団体として認可されています。 実は日本にも、支部があるらしいです。 この宗教の名前は、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」。 以下、スパモン教 少し読んだだけでも、僕たちが知っている宗教よりふざけていますよね。 笑 なぜならば、スパモン教は実在しますが、それ自体は宗教のパロディ、もしくは一種のジョークだからです。 「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」の成り立ち このユニークな宗教、一体誰がどんな思いで広めたのでしょうか。 スパモン教の成り立ちには、その内容からは想像できないくらい真面目な経緯があります。 2005年米カンザス州では、公教育で進化論とインテリジェント・デザイン説(以下ID説)を同時に教えなければならないと教育委員会が決定しました。 進化論とは、人間はサルから進化したというダーウィンの有名な学説のことです。 一方でID説とは、何らかの絶対的存在が人間を創りだしたという学説です。 その絶対的存在はキリスト教の神であるとも、神ではないとも明言せず、更には「科学的仮説」であると主張したのです。 そして、そのID説が「科学的仮説」であるという主張に対して、科学者や教師を中心に強い反対が巻き起こったのです。 その論争のさなかに立ち上がったのが、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」を生み出したボビー・ヘンダーソン氏です。 彼は、「知性的な何かが宇宙を生み出したって説が認められるならば、スパゲッティが宇宙を生み出したという説だって認められていいはずだ」と考えます。 そして、「空飛ぶスパゲッティ・モンスターによる地球創造説」も進化論やID説と一緒に公立高校で教えることを提唱したのです。 更に、ボビー・ヘンダーソン氏は、もしこの提唱が受け入れられないようなら法的手段をとると教育委員会に警告したのです。 このように、ID説が「科学的仮説」であることに対して、真面目な態度でありながらも皮肉として生まれたのがスパモン教です。 この活動は、スパモン教のユニークさが助けとなり、インターネット上の流行となり、ブログなどを中心に世界に広まりました。 結果的には2005年に1度はID説を同時に教える事などを定めた科学教育基準となりましたが、2007年の決議では改めて2005年の基準改定が拒否されました。 「笑い」がもたらす効果 さて、このスパモン教、あなたはどう感じましたか? 幼稚でアホらしいですか? それとも、面白いと感じましたか? もし、面白いと感じられた人はラッキーです。 実は、「笑い」には凄く良い効果があります。 公益財団法人長寿科学振興財団は「笑い」の効果について以下のように述べています。 『笑う時には、「下腹部に力を入れて息を短く吐く」ことを繰り返しています。 これは、腹式呼吸と同じ呼吸法です。 1回に出入りする空気の量は、胸式呼吸でおよそ500mL、腹式呼吸で最大2000mLにもなるため、1分間の呼吸量は腹式のほうが多くなります。 つまり、大声で笑うことを繰り返すと、体内にたまっている大量の二酸化炭素が体外に排出され、たくさんの酸素が体内に入りやすくなります。 すると、肺胞の表面からプロスタグランジンという物質が分泌され、血管を拡張させて血圧を下げるように働きます。 また、興奮したときに分泌されるホルモンであるノルアドレナリンの分泌も抑えてくれます。 笑いが呼吸に作用することで、さまざまな体の不調を整えてくれるのです。 』 更に、「笑い」は免疫系の観点から見てもいい効果があるといいます。 それは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれる細胞の増加にあります。 『寄席を見に来たお客さんにがんと闘う免疫細胞であるNK細胞の活性を調べたところ、大笑いをした後のほうがはるかにNK細胞が活性化していることがわかりました。 また他の研究では、お笑いを見た後にNK細胞の活性化を見てみると全体の平均値は開演前と比較して35%~45%アップしており、中には50%近くアップしている人もいました。 薬剤を使ってNK細胞をアップさせようとすると効果が出るまでに3日ほどかかるのに対して、笑いは短時間で免疫系の機能を向上させる効果が出る、ということがわかりました。 』 どうせなら笑おう この「笑い」による効果、実はNK細胞を増やす意味では、作り笑いもオッケーだそうです。 とはいえ、楽しくもないときに笑顔って難しいですよね。 しかし、脳科学者の築山節氏は以下のように言います。 『人の行動と脳の働きは連動しています。 ふつうは何か面白い・楽しいことがあると笑うというプロセスですが、顔の筋肉などを笑顔の形にするとその信号が脳にフィードバックされ、面白い・楽しいと感じてしまう。 脳も笑ってしまうんです。 』 ということは、最初は作り笑いでも、脳は楽しいと感じ、だんだん本当の笑顔になるのです。 生きていれば嫌なことはたくさんあります。 不幸にも、嫌なことは望んでもないのにやってきます。 逆に、楽しいことは望んでもなかなかきてくれません。 無理をして毎日笑顔でいる必要はありませんが、退屈を少し楽しくするのは意識的であったとしても「笑い」なのかもしれません。 同じ日を過ごすにしても、「退屈な姿勢」と「楽しむ姿勢」では全く中身が違う日になるでしょう。 「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」も、「退屈」と感じるか「面白い」と感じるかは自由です。 しかし、僕はその姿勢こそ「生き方」にも繋がっていると思います。 ちなみに、スパモン教に興味を持った人は以下の本を読んでみてください。 おそらく、世界に存在する宗教の本のなかで一番くだらないと思います。

次の

【謎宗教】空飛ぶスパゲッティーモンスター教について詳しく解説。

空飛ぶスパゲッティモンスター教

スパモン教の教え• 宇宙は空飛ぶスパゲッティ・モンスターが酒を飲んだ後に創造された• 生命の進化はスパゲッティ・モンスターの触手によって促された。 古代人の身長が低いのは頭を触手に抑えつけられていたからで、現代人の身長が高いのは人口が増えて触手が足りなくなったから• 祈る時は「ラーメン」と言う。 ラーメンはスパモン教における神聖な食べ物である• 学校教育では進化論だけでなくスパモン説も教えるべき …とまあ見るからに冗談のような教義が並べられているのですが、こんなスパモン教が創始され広がったのには真面目な理由がありました。 時は1990年代、アメリカの一部の科学者・神学者はインテリジェント・デザイン説(ID説)を提唱します。 現在の科学においては人間はサルから進化した「進化論」が通説ですが、これはキリスト教の聖書に書いてある「人類の祖先アダムが神に作られ、その肋骨からイブが作られた」という記述と噛み合いません。 進化論を教育の場で教えるのは宗教主義者からはあまり面白くない状況で、そこで提唱されたのが聖書とある程度整合性を取ったID説という訳です。 時は流れて2005年、アメリカのカンザス州にて「公立学校においてID説を進化論と同様に教える」ことが教育委員会で決議されました。 しかしID説は宗教としてはともかく科学として教えるべきものではなく、多数の人にとって歓迎できるものではありませんでした。 そこに抗議する意味で創始されたのが「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」です。 「ID説を授業に加えるならスパモン教も加えろ」と当て付け気味に作った、ID説を揶揄した宗教なのです。 スパモン教の教育は却下されたものの、ID説を否定的に捉えていた人たちの間でスパモン教は流行し、ID説を教育に採用した問題を世に広く知らしめることに成功しました。 そして一旦はID説を教育に取り入れたカンザス州は翌年には意見がひっくり返り、以降はID説を授業で教えることは取りやめとなりました。 そこでスパモン教の役目も終わったかと思いきや、その後もなんやかんやで信仰されて今日に至ります。 スパモン教はスパモンの見た目のインパクトや教義のバカバカしさからか度々話題になり信者も多いため、ジョーク宗教の代表的な存在となっています。 色々なジョーク宗教の紹介 記事が長くなりそうなので、後の宗教は概要だけ説明してきます。 見えざるピンクのユニコーン教 「見えざるピンクのユニコーン教(IPU)」は見えざるピンクのユニコーンを神と崇める宗教です。 この宗教を聞いた時、誰しも「見えないのにピンクとは矛盾していないか?」と思うことでしょうが、この矛盾した名前も狙って付けられています。 IPUは人間が知覚できない超常的な存在(「神」「悪魔」「天国」「地獄」など)に反論することの難しさを問いかけています。 あなたが「神」あるいはそれに近い存在を信じているなら、それが存在する理由を文章に書いてみてください。 その後「神」の記述を「見えざるピンクのユニコーン」に置き換え、見えざるピンクのユニコーンが存在することに反論してみてください。 恐らく反論できないというか、反論しようがないでしょう。 見えざるピンクのユニコーンという矛盾した存在のくせに、その存在を反証できないのです。 しかし見えざるピンクのユニコーンは存在します。 他ならぬあなたが信じる神が存在するのと同じ理由によってです。 ちなみにIPUには「紫のカキ」という敵対者がいます。 カキは元々ピンクのユニコーンに仕える尊い存在でしたが「パイナップルとハムのピザよりもペパロニとマッシュルームのピザの方が彼女が喜ぶ」という異端を広めた罪で堕天しました。 さて、そんなバカバカしいカキが存在しないことは証明できるでしょうか? ベーコン合同教会 「ベーコン合同教会」は食べ物のベーコンを愛する人たちの宗教です。 「神は見えないがベーコンは見える」など無神論者的な側面を多く持ち、ベーコンが好きな無神論者を中心に支持されています。 世界では宗教を信仰していない人は不道徳で倫理が欠如していると見られる傾向があります。 比較的宗教の信仰に寛容な日本においてさえ、無宗教者に対してネガティブな印象を抱く人は少なくありません。 海外ではこの傾向がより強く、無宗教者に対する風当たりは強いです。 しかし今日においては宗教を信仰しないことは必ずしも不道徳で倫理が欠如していることを示しません。 それらは宗教と切り離して学ぶことができますし、むしろ宗教が問題を起こすことも少なくありません。 ベーコン教はそんな世間の風当たりが強い無神論者たちの受け皿となるべく創始されました。 宗教に特権を持たせるのは間違いであると考え、目に見えない神や迷信よりもそこに存在するベーコンを信仰しています。 ベーコンおいしいですからね。 ベーコン教ではで冠婚葬祭などのサービスも提供されています。 あなたが無神論者でベーコン好きなら信仰してみるのも良いかもしれません。 グーグル教 宗教において神は「特別な知識や恩恵を授ける」存在であることが多いです。 よくよく考えてみると現代においても似た存在がありますよね。 そうGoogleです。 Googleは最も全知に近く、あまねく存在し、求めるものに知識を与え、全てを記憶します。 かつて神と崇められてきたものたちよりもGoogleの方がよほど神です。 またGoogleは他の宗教の神よりも存在している確証が多く得られています。 そんな訳でGoogleを崇めているのがGoogle教です。 冗談のような宗教ですが、真面目に考えるとGoogleって神ですよね。 まとめ ジョーク宗教は冗談のような教義を持つものが数多く、一見すると「バカバカしい」ものばかりです。 しかしながらこれらのジョーク宗教は既存宗教の不可解で不合理な点を踏襲して作られています。 日本人は仏教徒が多いと思いますが、仏教も読み解いてみると現代の価値観からすると無茶苦茶な事が書いてます。 「仏教を信じないと苦しみの輪廻から抜けられない」とか書いてあるのを見た時は新興カルト宗教と言ってる事が同じじゃないのかと思ったものです。 ジョーク宗教はバカバカしい存在ではありますが、どれも宗教に対して問題提起をしています。 ジョーク宗教が問うた問題に答えられないのならば、この機会にあなたの信じる宗教を見つめ直してみるのも良いかもしれません。

次の