艦これ ss 戦いが終わり。 【艦これ・榛名SS】提督「艦娘に○○と言って回る」

【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

艦これ ss 戦いが終わり

提督「う~ん、次の作戦は……と」ペラッ ヒョコ 168「司令官!」 提督「おお、168か。 どうした?」 168「何してるの?」 提督「いや、次の作戦に、誰を配属しようかと思ってな…何か用か?」 168「退屈だったから、司令官とお話がしたかったの!」 提督「そうか…うん、気分転換にはいいかな。 いいぞ、何の話する?」 168「ありがとう!じゃあ…司令官は何が好き?」 提督「食べ物の話か?基本的には何でも好きだけど…なんで?」 168「最近料理に少し興味が出てきたの!だから、上達したら司令官に料理を作ってあげたいなと思って!」 提督「おっ、それはうれしいな。 じゃあ…ベタだけど、ハンバーグとか好きだな」 168「ハンバーグね!練習するから、いつか楽しみにしててね!」 提督「おう、ありがとう」 168「どういたしまして!絶対おいしいの作ってあげるから!他には?」 提督「他に、って?」 168「司令官、何か私にしてほしいことはある?」 提督「うーん…別にそこまで必要はないかな。 でも、ありがとう168」ナデナデ 168「ん…当然よ!私、司令官の為なら何でもするから!」 提督「それはうれしいなあ」ナデナデ 168「ちょっと、私本気よ?」 提督「おう、そうか。 にしても…ハンバーグかぁ」 168「…?」 提督「懐かしいなぁ…」 168「何が?」 提督「ハンバーグと言えば…あいつも、作るの上手くてな」 168「!」 提督「よく学校時代の休みの日に無理言って作らせてな…ああ、またあいつのハンバーグも食べたいなぁ」 168「……」 提督「ん?ああ、悪い悪い!つい、昔を思い出しちゃってな」 168「………司令官」 提督「ん?」 168「…その人とは、婚約してたんだっけ」 提督「まあ、な。 この戦いが終わったら、結婚する約束をしてる」 168「…その人から?」 提督「いや、俺からだ。 それじゃ」 168「やっぱり、司令官はあの人のこと…もっと直接……」ブツブツ スタスタ ガチャ バタン 提督「……………行ったか」 提督「なんだあれ…めちゃくちゃ怖かったんだけど」ブルブル 提督「それにしてもあいつ…あの写真、どこから手に入れたんだ?」 提督「あんな写真撮られた覚えないんだけど…まあ、酔ってたから覚えてないだけか」 提督「あいつもキャバクラとか言ったら怒るんだろうか…しばらく集まりには参加しないようにしよう」 青葉「それがいいと思います!」ヌッ 提督「うおっ!…なんだ青葉か。 すまん168!」 ガチャ 提督「………」 提督「何度確認しても俺の部屋なんですがそれは…」 ガチャ 168「司令官、どうしたの?」 提督「」 提督「168!?なんで俺の部屋に?」 168「なんでって、司令官を待ってたからに決まってるでしょ?」 提督「なんだろう、俺が間違ってんのかな…」 168「司令官、さ、お布団温めといたから一緒に寝ましょ?」 提督「同室の子には言ってきたのか?58とかはっちゃんとか」 168「私と話してるときにほかの子の話はしないで」 提督「えっ?」 168「…なんでもない!二人に話はしてあるわ!」 提督「…」 168「だから、ね?早く寝ましょ?」 提督「………」 168「どうしたの?」 提督「168…こういうことをするのはよくない。 自室に帰って寝なさい」 168「え……?」 提督「こんなんだって俺も男だ。 168に手を出すかもしれないぞ?」 提督「さ、自室に帰りなさい」 168「司令官…」 168「私は司令官にだったら…すべてをささげても構わないわ!」 提督「……!!」 168「ねぇ司令官…私じゃだめなの?あの人じゃないと…だめなの?」 提督「168…俺は……」 168「料理だってなんだってやってみせるわ!司令官の為なら、私なんでもする!だから……」 提督「……」 提督「ごめん……俺はお前を受け入れてやることはできない」 168「……」 168「……」 提督「もちろんお前のことは大切だ。 だが…俺には心に決めた人がいるんだ」 168「っ」 提督「だらしない提督ですまない。 でも…」 168「わかったわ」 提督「えっ?」 168「司令官、ごめんね?私、自室に帰るから」 提督「あ、ああ…」 168「気にしないで。 司令官は何も悪くないわ」 提督「すまん…」 168「でも司令官、私、あきらめないから!」 提督「え?」 168「どんな手を使っても司令官を私に振り向かせるから、覚悟してね?」ニコッ 提督「…そうか。 じゃあ168…おやすみ」 168「おやすみなさい!」 スタスタスタ ガチャ 提督「…はぁ。 はるばるご苦労』 『はっ…それで、お話とは?』 『今日お前を呼んだのは他でもない…お前、ケッコンに興味はあるか?』 『け、結婚ですか!?』 『いや、多分お前の想像している物ではない。 実はケッコンカッコカリという新しいシステムを取り入れることに決めた』 『ケッコン…カッコカリ?』 『そうだ。 練度が高い艦娘をこれをすることで、さらなる性能の向上が期待される』 『はぁ…』 『それだけではない。 このシステムの一番の利点は…ケッコンをした艦娘の燃費が向上することだ』 『…』 『…』 『お前の鎮守府には確か大和がいたはずだ…意味は分かるな?』 『!…し、しかし!』 『別に昨日今日の付き合いではなかろう。 それとも…誰か懇意にしている女でも?』 『……』 『図星か。 だが、ケッコンとはいっても性能の向上の為の仮のものだ。 女がいるとはいっても、浮気にはならん』 『…だから嫌なんだよ』ボソッ 『…?何か言ったか?』 『いえ。 その場合…168みたいに、やたらに傷つけてしまうより、大和とケッコンしてしまったほうが傷つけずに済むかもしれない) 提督(そういう意味では…不本意ではあるが、今回の提案も悪くないと、そう思えるようになってきた) 提督「今日中に話をするか…早いほうがいいだろ」 提督「大和、ちょっといいか」 大和「あ、おはようございます提督!どうされました?」 提督「いや、少し話があってな…今夜空いてる?」 大和「はい!大和は構いませんが…提督?少しお疲れでは?」 提督「そんなことないさ」 提督「ふぅ、よし、これで」 168「司令官、おはよう!」 提督「!…あ、ああ。 おはよう。 明日にしてくれないか?」 青葉「それはできません!今日しなくてはならない話です!」 提督「そうか、じゃあ早くしてくれ。 如何にも、司令官のお悩みについてお話したのは私です」 提督「どういうつもりだ!それに、どうしてお前が俺の行動を把握してるんだ!」 青葉「愛ですよ」 提督「…愛?」 青葉「ええ。 司令官が私に向けてくれているものと同じ、愛」 提督(会話に…ならない) 青葉「だから、安心してください!今から私たち、三人で仲良く暮らしましょうね!」 提督「三…人?」 青葉「168ちゃんも提督の事が大好きみたいですから、彼女は特別です。 一緒に協力して、今、彼女には悩みの種を潰してもらってきています!」 提督「悩みの、種?ま、まさか!」 青葉「はい!大和さんの事でお悩みのようでしたので!」 提督「っ!」ガタッ 青葉「何処に向かわれるんですか?」ガシッ 提督「離せ!俺は…ングッ!?」 提督(何か飲まされた!?) 青葉「司令官はお休みになってください。 誰かに撫でられているみたいだ) 提督(あれ、俺どうしてたんだっけ…確か…執務が終わって…青葉が………っ!?) ガバッ 提督「!!」 提督「お前は……!」 大和「どうされました?提督」 提督「大和!?無事だったのか!」 大和「無事?何のことでしょうか…?でも、酷いですよ提督。 あなたから約束を取り付けてきたのに、来たら寝てしまっているんですもの」 提督「青葉は…青葉はいなかったか!?」 大和「青葉ちゃん?いませんでしたけど…どうかされました?」 提督「いなかった?……夢、だったのか?」 大和「やっぱりお疲れじゃないですか!さ、膝枕してあげるので、頭をこちらへ」 提督「あ、ああ…」 大和「それで、お話とはなんでしょうか?」ナデナデ 提督「そうだな…これを」パカッ 大和「…えっ?これって…」 提督「うん、ケッコンカッコカリって言って、本営から渡されたんだけどな?…受け取ってくれるか?」 大和「もちろん!でも…カッコカリって、ひびき、よくないですね」 提督「俺もそう思ってさ…カッコカリなんて、縁起が悪いかなって…そう思って、一回は断ろうとしたんだけどさ…」 大和「それでも大和はうれしいです!提督もうれしいですよね?」 提督「まあ…な。 大丈夫、この戦いが終わったら、これとは別で式を挙げよう。 駆け足ですがこれで終わりになります こんなss書いててあれですけど、今朝何の気もなしに大型建造回したら大和出ました。 次も書きたいとは思ってますが…いかんせん連投規制がきつかったです…。 vip2ch.

次の

【艦これ】女性が苦手な提督が着任しました

艦これ ss 戦いが終わり

vip2ch. 76 ID:oGkrBbc00 提督「さて、誰にしようか」 大井「失礼します」ガチャッ 提督「どうした」 大井「演習の報告に参りました」 提督「そうか。 ちょうど良かった」 大井「はい?」 提督「お前を解体する」 大井「・・・・・・」 提督「・・・・・・」 提督(リアクションが分からん) 大井「そうですか。 65 ID:oGkrBbc00 提督「いくら家が解体後のアフターサービスを充実させていると言っても、少し反応が淡白過ぎやしないか?」 提督「一応様子を・・・・・・」 ドカァン! 提督「なんだぁ!? 」 球磨「死ねえええクマ!」ジャキッ! 提督「わあああっ! タンマタンマ!」 球磨「多摩じゃなくて球磨クマ! 可愛い妹を泣かせておいて、覚悟は出来てるクマ!? 03 ID:oGkrBbc00 球磨「『きたがみざ~ん!!』って大泣きして部屋に飛び込んで来たから何事かと思って事情を聞いたクマ」 球磨「そしたら、大井が解体されるって・・・・・・。 大井が何をしたクマ!」 提督「いや、その」 提督(ヤバイ、冗談だって言えない空気に・・・・・・) 多摩「姉ちゃん、落ち着くにゃ」 球磨「何言ってるクマ、これが落ち着いていられるかクマ!」 多摩「どうせこの提督の事だから、ドッキリに決まってるにゃ。 ね?」ジッ 提督(こ、この目は『ドッキリって言わなければ覚悟出来てるんだろうな!? 』って目だ) 提督「も、もちろん冗談に決まってるじゃないか。 37 ID:oGkrBbc00 提督「ほら、大井ってどっちかって言うと北上の事ばっかりだから、俺とか鎮守府に対する忠誠心がどうなってるのか気になったんだよ」 提督「解体って言われて泣き出すくらいだから、まあ安心だ。 はっはっは!」 球磨「・・・・・・」ジトー 多摩「・・・・・・」ジトー 提督(わ、我ながら苦しい言い訳だったか・・・・・・!? 42 ID:oGkrBbc00 榛名「わ、わかりました・・・・・・」ジャキッ 提督「お、おい、何をする!? 」 榛名「提督にお手間は取らせません。 榛名が自分で自分を解体します」 提督「その方法だと命も解体されちゃうから!」 榛名「提督、榛名は提督の事をお慕い申し上げておりました。 12 ID:1QZuvQSU0 榛名「冗談・・・・・・ですか?」 提督「その、悪かった! 何でもするから許してくれ!」 榛名「・・・・・・」 提督(こういう時はとにかく謝るしかない!) 榛名「許してあげてもいいですけど・・・・・・、今榛名が欲しい物をプレゼントしてくれたら」 提督「おう、もちろんだ。 何が欲しい?」 榛名「指輪です」 提督「・・・・・・マジ?」 榛名「マジです。 榛名は提督のお傍にいる以外の事は考えられないですから」 提督「わかった。 68 ID:1QZuvQSU0 提督「いやー、さすがに焦った。 53 ID:1QZuvQSU0 提督(なるほど、そう解釈したか。 なんて納得してる場合ではない) 提督「おい愛宕、こんな所じゃ誰かに見られ・・・・・・」 愛宕「」ムニュッ 提督「おふっ」 愛宕「提督、私のおっぱいは気持ち良いですか~?」ムニュムニュ 提督(あ、これもう無理)ビュルッ! 愛宕「あらあら・・・・・・。 35 ID:1QZuvQSU0 提督「」チーン 長門「提督、こんな所で何を伸びている?」 提督「おっぱいが・・・・・・、おっぱいが艦隊で攻めて来る・・・・・・」 長門「はあ?」 提督(おっと、うなされている場合ではない。 00 ID:1QZuvQSU0 長門「それは私に言ってるのか? まさかな」 提督「轟沈しやがれ」 長門「・・・・・・提督、あなたはきっと疲れているのだ。 ほら」ギュッ 提督「!」 長門「風呂に入って来たばかりだから、悪い匂いでは無いだろう? こうして気を落ち着けるといい」ポンポン 提督(あれ、長門ってこんなキャラだったっけ?) 長門「きっと深海棲艦との戦い過ぎだな。 00 ID:1QZuvQSU0 提督「ごめんよ長門、ずっと駆逐艦が好きな変態ロリコンだと思ってたよ」 提督「さて、他の子に心配かける前にセリフを変えるか」 提督「これで最後にしよう。 94 ID:1QZuvQSU0 提督「なるほど。 これは案外いいかもしれん。 75 ID:1QZuvQSU0 提督「わかった。 じゃあ死んでくる」 曙「はいはい、どーぞ」 提督「」チャキッ 曙「えっ!? ちょっと、何してんのよ!」 提督「いや、だから死ぬ準備を」 提督(中身入って無いけどね) 曙「ば、バカ! 止めなさいよ!」パシッ! 42 ID:1QZuvQSU0 提督「やはりツンデレはいいものだ。 いたたっ」 電「司令官、どうしたのです?」 提督「おや、これは電じゃないか」 電「電なのです!」ビシッ! 提督(電か。 71 ID:1QZuvQSU0 電「確かここを・・・・・・」ジー カチャカチャ 提督(あれー? どっかで見た事ある展開だなー?) 電「愛宕さんに、司令官さんが元気になる方法を教わったのです!」 提督(よし、愛宕は轟沈ではなく解体しよう) 電「えっと、確かこれを咥えて・・・・・・。 おっきくて電のお口に入るか心配なのです」パクッ 提督「おうっ」 電「いなふまのほんひをみるのれふ!」チュパチュパ 提督(ああ、電が汚されてく・・・・・・。

次の

【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

艦これ ss 戦いが終わり

提督「う~ん、次の作戦は……と」ペラッ ヒョコ 168「司令官!」 提督「おお、168か。 どうした?」 168「何してるの?」 提督「いや、次の作戦に、誰を配属しようかと思ってな…何か用か?」 168「退屈だったから、司令官とお話がしたかったの!」 提督「そうか…うん、気分転換にはいいかな。 いいぞ、何の話する?」 168「ありがとう!じゃあ…司令官は何が好き?」 提督「食べ物の話か?基本的には何でも好きだけど…なんで?」 168「最近料理に少し興味が出てきたの!だから、上達したら司令官に料理を作ってあげたいなと思って!」 提督「おっ、それはうれしいな。 じゃあ…ベタだけど、ハンバーグとか好きだな」 168「ハンバーグね!練習するから、いつか楽しみにしててね!」 提督「おう、ありがとう」 168「どういたしまして!絶対おいしいの作ってあげるから!他には?」 提督「他に、って?」 168「司令官、何か私にしてほしいことはある?」 提督「うーん…別にそこまで必要はないかな。 でも、ありがとう168」ナデナデ 168「ん…当然よ!私、司令官の為なら何でもするから!」 提督「それはうれしいなあ」ナデナデ 168「ちょっと、私本気よ?」 提督「おう、そうか。 にしても…ハンバーグかぁ」 168「…?」 提督「懐かしいなぁ…」 168「何が?」 提督「ハンバーグと言えば…あいつも、作るの上手くてな」 168「!」 提督「よく学校時代の休みの日に無理言って作らせてな…ああ、またあいつのハンバーグも食べたいなぁ」 168「……」 提督「ん?ああ、悪い悪い!つい、昔を思い出しちゃってな」 168「………司令官」 提督「ん?」 168「…その人とは、婚約してたんだっけ」 提督「まあ、な。 この戦いが終わったら、結婚する約束をしてる」 168「…その人から?」 提督「いや、俺からだ。 それじゃ」 168「やっぱり、司令官はあの人のこと…もっと直接……」ブツブツ スタスタ ガチャ バタン 提督「……………行ったか」 提督「なんだあれ…めちゃくちゃ怖かったんだけど」ブルブル 提督「それにしてもあいつ…あの写真、どこから手に入れたんだ?」 提督「あんな写真撮られた覚えないんだけど…まあ、酔ってたから覚えてないだけか」 提督「あいつもキャバクラとか言ったら怒るんだろうか…しばらく集まりには参加しないようにしよう」 青葉「それがいいと思います!」ヌッ 提督「うおっ!…なんだ青葉か。 すまん168!」 ガチャ 提督「………」 提督「何度確認しても俺の部屋なんですがそれは…」 ガチャ 168「司令官、どうしたの?」 提督「」 提督「168!?なんで俺の部屋に?」 168「なんでって、司令官を待ってたからに決まってるでしょ?」 提督「なんだろう、俺が間違ってんのかな…」 168「司令官、さ、お布団温めといたから一緒に寝ましょ?」 提督「同室の子には言ってきたのか?58とかはっちゃんとか」 168「私と話してるときにほかの子の話はしないで」 提督「えっ?」 168「…なんでもない!二人に話はしてあるわ!」 提督「…」 168「だから、ね?早く寝ましょ?」 提督「………」 168「どうしたの?」 提督「168…こういうことをするのはよくない。 自室に帰って寝なさい」 168「え……?」 提督「こんなんだって俺も男だ。 168に手を出すかもしれないぞ?」 提督「さ、自室に帰りなさい」 168「司令官…」 168「私は司令官にだったら…すべてをささげても構わないわ!」 提督「……!!」 168「ねぇ司令官…私じゃだめなの?あの人じゃないと…だめなの?」 提督「168…俺は……」 168「料理だってなんだってやってみせるわ!司令官の為なら、私なんでもする!だから……」 提督「……」 提督「ごめん……俺はお前を受け入れてやることはできない」 168「……」 168「……」 提督「もちろんお前のことは大切だ。 だが…俺には心に決めた人がいるんだ」 168「っ」 提督「だらしない提督ですまない。 でも…」 168「わかったわ」 提督「えっ?」 168「司令官、ごめんね?私、自室に帰るから」 提督「あ、ああ…」 168「気にしないで。 司令官は何も悪くないわ」 提督「すまん…」 168「でも司令官、私、あきらめないから!」 提督「え?」 168「どんな手を使っても司令官を私に振り向かせるから、覚悟してね?」ニコッ 提督「…そうか。 じゃあ168…おやすみ」 168「おやすみなさい!」 スタスタスタ ガチャ 提督「…はぁ。 はるばるご苦労』 『はっ…それで、お話とは?』 『今日お前を呼んだのは他でもない…お前、ケッコンに興味はあるか?』 『け、結婚ですか!?』 『いや、多分お前の想像している物ではない。 実はケッコンカッコカリという新しいシステムを取り入れることに決めた』 『ケッコン…カッコカリ?』 『そうだ。 練度が高い艦娘をこれをすることで、さらなる性能の向上が期待される』 『はぁ…』 『それだけではない。 このシステムの一番の利点は…ケッコンをした艦娘の燃費が向上することだ』 『…』 『…』 『お前の鎮守府には確か大和がいたはずだ…意味は分かるな?』 『!…し、しかし!』 『別に昨日今日の付き合いではなかろう。 それとも…誰か懇意にしている女でも?』 『……』 『図星か。 だが、ケッコンとはいっても性能の向上の為の仮のものだ。 女がいるとはいっても、浮気にはならん』 『…だから嫌なんだよ』ボソッ 『…?何か言ったか?』 『いえ。 その場合…168みたいに、やたらに傷つけてしまうより、大和とケッコンしてしまったほうが傷つけずに済むかもしれない) 提督(そういう意味では…不本意ではあるが、今回の提案も悪くないと、そう思えるようになってきた) 提督「今日中に話をするか…早いほうがいいだろ」 提督「大和、ちょっといいか」 大和「あ、おはようございます提督!どうされました?」 提督「いや、少し話があってな…今夜空いてる?」 大和「はい!大和は構いませんが…提督?少しお疲れでは?」 提督「そんなことないさ」 提督「ふぅ、よし、これで」 168「司令官、おはよう!」 提督「!…あ、ああ。 おはよう。 明日にしてくれないか?」 青葉「それはできません!今日しなくてはならない話です!」 提督「そうか、じゃあ早くしてくれ。 如何にも、司令官のお悩みについてお話したのは私です」 提督「どういうつもりだ!それに、どうしてお前が俺の行動を把握してるんだ!」 青葉「愛ですよ」 提督「…愛?」 青葉「ええ。 司令官が私に向けてくれているものと同じ、愛」 提督(会話に…ならない) 青葉「だから、安心してください!今から私たち、三人で仲良く暮らしましょうね!」 提督「三…人?」 青葉「168ちゃんも提督の事が大好きみたいですから、彼女は特別です。 一緒に協力して、今、彼女には悩みの種を潰してもらってきています!」 提督「悩みの、種?ま、まさか!」 青葉「はい!大和さんの事でお悩みのようでしたので!」 提督「っ!」ガタッ 青葉「何処に向かわれるんですか?」ガシッ 提督「離せ!俺は…ングッ!?」 提督(何か飲まされた!?) 青葉「司令官はお休みになってください。 誰かに撫でられているみたいだ) 提督(あれ、俺どうしてたんだっけ…確か…執務が終わって…青葉が………っ!?) ガバッ 提督「!!」 提督「お前は……!」 大和「どうされました?提督」 提督「大和!?無事だったのか!」 大和「無事?何のことでしょうか…?でも、酷いですよ提督。 あなたから約束を取り付けてきたのに、来たら寝てしまっているんですもの」 提督「青葉は…青葉はいなかったか!?」 大和「青葉ちゃん?いませんでしたけど…どうかされました?」 提督「いなかった?……夢、だったのか?」 大和「やっぱりお疲れじゃないですか!さ、膝枕してあげるので、頭をこちらへ」 提督「あ、ああ…」 大和「それで、お話とはなんでしょうか?」ナデナデ 提督「そうだな…これを」パカッ 大和「…えっ?これって…」 提督「うん、ケッコンカッコカリって言って、本営から渡されたんだけどな?…受け取ってくれるか?」 大和「もちろん!でも…カッコカリって、ひびき、よくないですね」 提督「俺もそう思ってさ…カッコカリなんて、縁起が悪いかなって…そう思って、一回は断ろうとしたんだけどさ…」 大和「それでも大和はうれしいです!提督もうれしいですよね?」 提督「まあ…な。 大丈夫、この戦いが終わったら、これとは別で式を挙げよう。 駆け足ですがこれで終わりになります こんなss書いててあれですけど、今朝何の気もなしに大型建造回したら大和出ました。 次も書きたいとは思ってますが…いかんせん連投規制がきつかったです…。 vip2ch.

次の