コカコーラ 配当 利回り。 コカ・コーラ(KO)の株価・配当利回りは?業績など解説|マネーの研究室

コカ・コーラ(KO)の配当・決算データから割安な株価と買い時を提案するよ

コカコーラ 配当 利回り

Contents• コカ-コーラ KO 企業概要 1886年より事業を開始した総合飲料メーカー。 500以上のブランドを200カ国、地域にソフトドリンク濃縮液及びシロップを販売しています。 コーラ、アクエリアス、綾鷹、ジョージア、ミニッツメイトなどのブランドがあります。 (コカ-コーラ社ホームページより) 本社はジョージア州に構えています。 炭酸系飲料が売上過半を占めるが、肥満懸念から敬遠されて、非炭酸飲料を開拓中です。 世界中のフランチャイズ先にコカコーラなどの原液、シロップ、飲料を販売しています。 業種分類:食品、飲料、タバコ• 採用インデックス:ダウ30、S&P100、 S&P 500、ラッセル1000、 S&Pグローバル100• 従業員:86,200名• S&P 格付け:A+ 地域・事業別売上高 地域 事業構成 割合 北米 31% 欧州、中東、アフリカ 19% アジア、太平洋 14% ラテンアメリカ 11% 新規投資先(グローバルベンチャー) 7% ボトリング事業 19% 北米中心に世界中で販売しています。 新規投資先とは買収したCostaコーヒーや資本出資先のMonster beverages事業などです。 規模はフランチャイズ化を進めたことにより縮小しましたが、ボトリング事業もあります 決算状況 以下、データはモーニングスターからです。 売上 利益状況 売上高は2012年をピークに減少しています。 健康志向の流れから炭酸飲料が避けられているからですが、ボトリング事業を再編してフランチャイズ化を進めている影響もあります。 キャッシュフロー キャッシュフローは安定して推移しています。 フリーキャッシュフローも潤沢で、投資には資金を使ってません。 この辺はブランド力とローテクの強みだと思います。 営業CFMも20%以上で推移しています。 1株利益、配当 1株利益も配当も順調に増加しています。 配当性向は高めで稼いだお金は配当に回っているようです。 投資パフォーマンス 2010年12月末から毎年12月末に1,000ドル投資した場合のパフォーマンス。 配当金はすべて再投資しています。 ただし配当金の税金,購入手数料は考慮していません。 95ドル 投資金額に対して10年間で約1. 5倍になりました。 投資指標 株価情報 SBI証券より)• 2020年6月19日 株価 46. 52週高値 60. 52週安値 36. 予想PER 23. 予想配当利回り 3. ROE 52. 23億USD 実績85. 73億USD 差異3. 44USD 実績0. 51USD 差異14. 3月以降は新型コロナの影響を受けて失速しました。 売上高は前年比1パーセントの減少。 EPSは65. 10年チャート、1年チャート この10年緩やかな上昇トレンドを描いてましたが、コロナショックで下落。 サポートされていた25ヶ月移動平均線も下にブレイクしました。 無事に終値で回復するか注目したいです。 コロナショックの影響で下落し、その後も株価は回復していません。 25週移動平均線も下向きになり下落トレンド形成中です。 統括 フランチャイズ化を進めて売上減が続くが、営業利益は増益中。 炭酸飲料を中心としたソフトドリンクが主力商品なので、研究開発費は抑えられています。 そして商品を強いブランド力で販売しています。 コロナショックで4月の売上高は25パーセント減。 飲食店需要がどこまで戻るかが重要で、コロナが落ち着くまで株価は重いかもしれません。 今年も増配を決めて連続増配が58年になりました。 バフェット銘柄としても有名です。 株価下落により予想配当利回りも3. 5%を上回り、予想PERも23前後と指標は買いやすい指標になってきました。 健康志向やコロナショックなど厳しいテーマがありますが、強いブランド力を信じて購入を続けようと思います。

次の

コカ・コーラKO(米国株)の紹介:配当王銘柄・炭酸飲料から脱却中

コカコーラ 配当 利回り

しかしそれは米国株のコカ・コーラ KO への投資です! バフェット銘柄として米国株KOは有名ですね。 ポイントはコカ・コーラHPの株主優待サイトや商品カタログの製品に利用できます! 自社製品詰合せや社会貢献活動への寄付など株主優待商品と交換することが可能です。 選べる株主優待一覧は コチラから確認できます。 保有株式数に応じて貰えるポイント数は増えますが… 利回りを考えれば単元株である100株がベストです! 現在のコカ・コーラの株価2,685円で優待利回りは1. 実際に優待ポイントが届くのは翌年の3月下旬頃になります。 関連記事>>> なお届いた株主優待ポイントには「利用期間」があります。 3年程度で3倍の株価…コカ・コーラの古参株主はウハウハでしたね。 しかしその後の反落っぷりもかなり凄まじいです…! 1年足らずで株価は2000円以上も下落して半値程度となりました。 最近では再び2500円を超えてきています。 96倍でこちらは特に割高感はありません。 続いて配当利回りを確認します。 コカ・コーラの予想1株配当は50円、予想年間配当利回りは1. 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 株式の高値掴みを避けるにも有効な手段ですね。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

【高配当株】配当利回り3%超のコカ・コーラは配当金を支払う不労所得マシーン

コカコーラ 配当 利回り

しかしそれは米国株のコカ・コーラ KO への投資です! バフェット銘柄として米国株KOは有名ですね。 ポイントはコカ・コーラHPの株主優待サイトや商品カタログの製品に利用できます! 自社製品詰合せや社会貢献活動への寄付など株主優待商品と交換することが可能です。 選べる株主優待一覧は コチラから確認できます。 保有株式数に応じて貰えるポイント数は増えますが… 利回りを考えれば単元株である100株がベストです! 現在のコカ・コーラの株価2,685円で優待利回りは1. 実際に優待ポイントが届くのは翌年の3月下旬頃になります。 関連記事>>> なお届いた株主優待ポイントには「利用期間」があります。 3年程度で3倍の株価…コカ・コーラの古参株主はウハウハでしたね。 しかしその後の反落っぷりもかなり凄まじいです…! 1年足らずで株価は2000円以上も下落して半値程度となりました。 最近では再び2500円を超えてきています。 96倍でこちらは特に割高感はありません。 続いて配当利回りを確認します。 コカ・コーラの予想1株配当は50円、予想年間配当利回りは1. 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 株式の高値掴みを避けるにも有効な手段ですね。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の