ポケモンgo 新個体値ランクチェッカー。 ポケモンGOのスクショだけで超絶簡単に個体値を調べられる「個体値チェッカー」

自動個体値チェッカー for ポケモンGO

ポケモンgo 新個体値ランクチェッカー

個体値チェッカーや個体値を測定するツール等を使う必要がないおで、評価機能はポケモンの厳選に役立ちます。 そもそも個体値とは何かということを下記の記事で詳しく説明しているので、よかったら一緒に読んでください。 ポケモンを評価してもらう方法 ポケモンを評価してもらう方法は簡単。 ポケモンの詳細画面の右下のアイコンから「ポケモンを調べてもらう」を押すだけです。 下記記事に、青色チーム ミスティック ・赤色チーム ヴァーラー ・黄色チーム インスティンクト 別に詳しく記載しているのでサイズなどのより細かな詳細を知りたいときは参考にしてください。 評価は4段階あります。 ヴァーラーの例を出すと• 自慢できるわね!• とっても頼もしいわ! 上記の順番で総合評価を4段階で説明してくれます。 次に最も優れたステータスを評価 総合評価の次に、そのポケモンのHP、攻撃、防御の中で最も優れたステータスを評価してくれます。 2つ以上の評価を受けた場合はそのステータスの個体値が同じになります。 こちらの評価も4段階あります。 サイズについて評価 ポケモンのサイズが大きかったり小さかったりするとそのポケモンのサイズについて一言コメントを残してくれる場合があります。 コメントをスキップする裏技 リーダーのコメントは総合評価だけで他のコメントは、必要ないという方はコメントをショートカット スキップ する裏技があるので下記ページで確認してみてください。 始めて捕まえたポケモンで、総合評価が一番下の評価だったらアメ確定、他の評価のコメントを聞くのがめんどくさい、長いという場合に特におすすめの裏技 小技 です。 すばらしいよ。 個体値 コメント ランク 15 測定できない程高い。 驚いているよ。 下ランク 赤チーム「ヴァーラー」の評価コメント 総合評価 個体値 コメント ランク 37~45 言うことなしね。 とっても頼もしいわ! 最高ランク 30~36 とても強い。 自慢できるわね! 上ランク 23~29 普通の強さだと思うわ! 普通ランク 0~22 バトル向きではないけどわたしは好きよ。 下ランク ステータスの評価 個体値 コメント ランク 15 驚異的ね。 下ランク 黄チーム「インスティンクト」の評価コメント 総合評価 個体値 コメント ランク 37~45 トップレベルだぜ! 最高ランク 30~36 とっても強いぜ! 上ランク 23~29 普通だと思うぜ。 普通ランク 0~22 まずまず、といったところだな。 下ランク ステータス評価 個体値 コメント ランク 15 今まで見た中では間違いなくトップクラスだ。 チームリーダーが4段階で解説してくれるので、上記の表を参考にポケモンの強さ 個体値 を把握し厳選に役立たせてください。 またポケモンのサイズ 大きさ については今のところ強さに関係がないとは言われていますが、チームリーダーがサイズについてコメントをしているので今後のアップデートでサイズになんらかのステータスが付く可能性があります。 また変更や新情報があれば、いち早くお届けします! ポケモンの個体値をもっと詳しく知りたいという方は下記のアプリやツールを使うのをおすすめします。 どれも安全で簡単なものなので、チームリーダーのコメントと一緒に活用してください。

次の

【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー

ポケモンgo 新個体値ランクチェッカー

スクリーンショット判定を用いると、覚醒値やなつき度などに影響されず、育成済みのポケモンでも個体値を簡単に測定できます。 精度は画像の品質によるためご注意ください。 スマホで撮影したものは使用できません。 画像サイズの変更や画質の劣化があると数値がズレる可能性が高まります。 「ジャッジ」は『11番道路』のゲート2階で有効にできます。 数値入力で判定 個体値測定は覚えてしまえば単純です。 計算式などを覚える必要はありません。 ここでは最もシンプルな方法を説明します。 練習あるのみです。 まずはレポートを書いて、いつでもリセットできる状態にしておきます。 測定対象のポケモンは入手したばかりのポケモンにしてください。 タマゴから生まれたばかりのポケモンでも可能ですが、できるだけ高レベルの野生のポケモンが測定しやすいです。 少しでも育ててしまったポケモンはそのままでは正しく測定できません。 ゲームのステータス画面を確認して、各能力の数値を表示されているまま入力します。 また、レベルや性格なども入力してください。 個性も必須ではありませんが、入力をオススメします。 「努力値」はすべて0のままにしてください。 【ピカブイの場合】は、代わりに「覚醒値」をすべて0、「なつき度」は初期値 自動入力 にしてください。 ただし、ポケモンGOから送ったポケモンは各能力に覚醒値が2ずつ入っているようです。 また、ゲーム内の交換で手に入れたポケモンも覚醒値が入っていますが法則性を特定できていません• 「 新しく結果を計算」ボタンをクリックします。 少しだけ候補が絞れたと思います。 1つでも「測定不能」と表示された場合は、何かの入力を間違えていますので、ただちにリセットして最初からやり直してください。 『ふしぎなアメ』を1つ与えて、レベルを1上げます。 ページはそのままで、フォーム内の入力欄の数値を 新しい「レベル」と「能力値」に変更してください。 努力値はずっと0のままです。

次の

[B! ポケモンGO] ポケモンGOと不正ツール・アプリとの2ヶ月にも及ぶ攻防について(P

ポケモンgo 新個体値ランクチェッカー

ポケモンを調べてもらう機能 この機能はポケモン詳細画面から「ポケモンを調べてもらう」をタップすることで、そのポケモンの強さを各チームリーダー(博士の助手)が評価してくれるというものです。 ちなみに、各チームのポケモンに対する総合的な最高評価と最低評価の言葉は次の通り。 赤チームリーダー・キャンデラ 最高:「言うことなしね。 とっても頼もしいわ!」 最低:「バトル向きではないけど、わたしは好きよ。 」 青チームリーダー・ブランシェ 最高:「驚異的で、芸術的だ。 」 最低:「なかなか活躍が難しそうだ。 」 黄チームリーダー・スパーク 最高:「トップレベルだぜ!」 最低:「イマイチ、といったところだな。 」 目安は個体値の総合が80%以上だと最高評価で50%以下だと最低評価と考えておけばよいでしょう。 また、個体値の各要素である「攻撃力」「防御力」「体力」の中で一番高い数値に関しては個別で評価してくるので各チームリーダーの言葉を注意して見てみましょうね。 評価内容を個体値チェッカーの判定と比べてみよう それでは、個体値チェッカーと「ポケモンを調べてもらう」機能の比較を青チームリーダーの評価をベースに行ってみます。 言葉での大まかな評価に対して個体値チェカーで判定した数値と比較してその内容を見てみましょう。 gatten. me 判定の内容を調べてみるポケモンはこちら。 イーブイ・シャワーズ• ブーバー• ストライク まずは イーブイで比べてみましょう。 非常に良い個体値です。 」 「特筆すべきは、こうげき の高さ。 」 「測定できないほどだな、すばらしいよ。 」 「きみのイーブイは記録に残っているかぎり、最小のようだ。 驚異的。 」 このシャワーズに進化させたイーブイは最高評価のようです。 個別に高い部分を評価してくれるのは便利。 サイズについても評価しています。 次に ブーバー。 まずまずの個体値です。 」 「特筆すべきは、こうげき の高さ。 」 「きみのブーバーは平均より大きい」 まずまずの個体値の個体にはまずまず納得の評価。 この評価機能、やはり個体値の目安を調べるには便利。 そして ストライクで比較。 個体値は低め。 」 「特筆すべきは、ぼうぎょの高さ。 」 「この点において、まずまずと言える。 」 とにかく最低評価の個体は個別で高い数値があるようでもバトルでの活躍や育成には不向きでしょうね。 この判断にも「ポケモンを調べてもらう」機能は役立ちそうです。 オススメのポケモン厳選方法 この「ポケモンを調べてもらう」機能を個体値チェッカーの判定と照らし合せてみたところ、厳選するポケモンの大まかな振分けには十分に役立つことがわかりました。 そこで、個人的には次の方法で集中して進化・強化するポケモンを厳選して行こうと考えています。 まず「ポケモンを調べてもらう」で最高評価のポケモンは育成候補として名前を付けて区別しておく。 区別した最高評価のポケモンを個体値チェッカーで正確な数値を調べ「わざ」なども考慮して問題なければ集中して進化・強化していく。 この方法で最上の個体を持ったポケモンの厳選が今までより簡単に行えるようになると思いますよ。 つまり、個体値チェッカーを使う前段階の振分けに超便利。 まとめ さすが追加機能の「ポケモンを調べてもらう」はポケモンを厳選するには助かる機能ですね。 以前と同じように集中して育成するポケモンの厳選には個体値チェッカーは必要ですが、事前に振り分けてアメに交換するポケモンを選別するには非常に便利な機能。 引き続き今後のアップデートにも期待!.

次の