みうら あゆみ。 学校日記1|みうらあゆみ|note

三浦大知がインスタで息子と嫁を報告?奥さんと子供の名前や顔画像を確認!

みうら あゆみ

出演作品 アダルトDVD 2019年• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 三浦歩美 36歳 AV DEBUT(1月24日、SODクリエイト)• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 三浦歩美 36歳 第2章 月・火・水・木 旦那と息子を見送ってすぐ快楽を求め毎日絶頂し続けた4日間4SEX 平日15時まで限定 1対1の白昼不倫(2月21日、SODクリエイト)• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 三浦歩美 36歳 第3章 禁欲明けの焦らし責めで敏感な身体は理性崩壊 旦那が仕事中ず〜っと他人棒でイキっぱなし12時間(3月21日、SODクリエイト)• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 三浦歩美 36歳 第4章 子どもじゃなくて欲しいのはただ快感だけ… 旦那以外に初めて許した生中出し(4月11日、SODクリエイト)• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 三浦歩美 36歳 第5章 朝から晩までSEX・SEX・ず〜っとSEX 絶倫男たちと連続生中出し2発・3発・8発 計13発(5月9日、SODクリエイト)• その顔、身体、ピュアな心。 君のすべては美しい。 電撃移籍 三浦歩美 Madonna 専属デビュー 4本番 「ずっとアナタに逢いたかった…。 」(7月25日、マドンナ)• Madonna専属 第2弾!! 本格背徳ドラマに初挑戦!! 燃えるような熱いキスが忘れられなくて…。 (8月25日、マドンナ)• Madonna専属 第3弾!! 令和最初の台風がやって来た!! 暴風雨 妻が里帰り出産中 妻の姉と二人だけの夜(9月25日、マドンナ)• 専属・三浦歩美が悶え狂う渾身の激情性交!! 密着セックス 〜夫の友人に温もりを求めた不貞交尾〜(10月25日、マドンナ)• マドンナが誇る最強専属W豪華初共演!! 逆3Pハーレム同窓会(11月7日、マドンナ)共演:• 交換夫婦NTR 窓越しに目撃した妻と友人の衝撃的浮気映像(12月25日、マドンナ) 2020年• 夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 (3月7日、マドンナ)• 妻には口が裂けても言えません、義母さんを孕ませてしまったなんて…。 抱かれたくない男に死にたくなるほどイカされて…(5月7日、マドンナ)• 母の友人 …ははのゆうじん…(6月7日、マドンナ) VR 2019年• 超大型連休G. WスペシャルJOI 10日間毎日日替わりでオナニー指示してもらえるVR! (4月26日、SODクリエイト)• 不倫情熱セックス 〜獣のように求め合う60分間の汗だく情事〜(5月17日、SODクリエイト)• 隣に住む美人若妻の家に預けられて秘密のおままごと(6月14日、SODクリエイト)•

次の

三浦歩美

みうら あゆみ

そういったわけで先週の私は、匂わないは喉と耳は激しく痛むは、あげくに目やにで目が開かなくなるは、さんざんであって、それが全て副鼻腔炎から来てるっていうんだから困った。 土曜日に先生のとこに、鼻の奥針で穴開け洗浄(正式には上顎洞穿刺洗浄と言うとか)を覚悟の上で行ったら、どっかに出張でお留守、拍子抜けして看護婦さんに月曜の診察の予約をして帰った。 そして今日が約束の月曜日。 土曜日に覚悟してた(便宜的に短く)針洗浄も、症状も軽快したのでなるべくなら避けたいという誘惑に駆られながらも、娘を保育園に送ってその足で一応約束の耳鼻科へ。 のはずだったのだが、娘をだっこして階段を降りる時に三段ほど滑って激しく肘を打ってしまう。 まさに幸先の良い出足である。 これが、吐き気を催すほど痛い。 で、いつもならば自分で湿布を貼るところなのだが、耳鼻科の看護婦さんに言ったら「まだこっちの先生も来てないから、今から外科の先生の所に行ってまず見てもらって来なさい」との答えで、総合病院ならではの手軽さでその足で階下の外科へ。 問診受けてレントゲンとって結局なんとも無かったのだが、えらい面倒くさいことになってしまった私である。 そして懸案の耳鼻科。 とりあえず、「先週はひどかったんですけどぅ、今はずいぶん良くなってぇ、できれば針刺したくないですぅ」などと訴えてみるも、その後マイクロスコープのようなもので見た鼻の中は、当人の私ですら「あーあー」と思うほどの炎症っぷり。 しかも、左だけだったのがばっちり右まで。 おっかしーなー、良くなってたんだけどなあ。 「・・・・やっぱ針っすかね先生」 「これは、そうですねえ。 今週末飛行機で日本に行くって?あなたこれで飛行機になんか乗ったら、気圧の変化でひどいことになるわよ」 「・・・・やっぱ針っすね」 と、マッハで針洗浄決定。 決定したら早い方がいい。 今日の四時にも一度予約取って、ついでに旦那に電話したら、子供の面倒を見に早引けしてくれるって言うから、いよいよ引っ込みがつかない。 鬱々と時間を過ごし、やってきました洗浄の時間。 「まず、麻酔のための麻酔をしまーす」 ってことで、長ーい棒に先に綿を巻いたものに、塗り薬の軽い麻酔ジェルを塗って、鼻に押し込む。 二つの鼻の穴から突き出る長い棒。 お、おもしろすぎるぞ私。 でも、さすがに他の患者さんに見られないよう、おもむろに雑誌で顔を隠して待つ事10分。 いい具合に鼻の奥が麻痺したとこで、本麻酔の注射だ。 本麻酔は、前麻酔のへたれた感じと違い、また凄い凶悪に長い針。 で、その針を刺して奥まで入れる。 前麻酔してるのでそんなに痛くないんだけど、そ、そんな長い針が入るんですか鼻の中に?これきっと痛いんでしょ?ほんとは痛いんだよね?と、バカになった私の鼻の神経が訴える。 いいから、君少し休んでてね頼むから。 本麻酔は即効性らしく、注射したやいなや早速洗浄が始まった。 段取りはこうだ。 メタルのストローみたいなやつを、鼻の奥の軟骨の薄いところを探って見つけてグイっと副鼻腔の中へ刺す。 そして、そのストローの先に大きな注射器(針なし)を装着し、生理食塩水とおぼしきものをギュルギュル注入するのだ。 先生、八墓村みたいなヘッドランプ(っていうの?)をつけて私と対峙。 最後にある黄色の光は、テクニカルタームでは閃輝暗点と申しまして、超弩級偏頭痛の前触れであります。 速やかにイブを一錠飲みまして、事無きを得ました。 で、今日こそいくわよ、出血出血!! ・・・八ツ墓村みたいで笑えるんですけど、と言ったところで、マレー人の先生に横溝正史のネタが通じるとも思えず、「ええと、探検家みたいですね」とお茶を濁す。 ふふふふふ、と微笑を浮かべながらも、手は一時も止まらない先生。 「じゃ、始めますよー」 と、おもむろにメタルのストローを私の鼻の穴に突っ込んだ。 何と形容すればいいのか。 軟骨だって薄くったって骨は骨。 破れるようには出来ていない。 理屈では分かっていても、体は「ありえなーい」と思い切り拒否する。 頭は、不本意ながらもストローを避けようとして仰け反ってしまうじゃないか。 逃げちゃだめだ逃げちゃだめだと唱えていたら、頭の後ろに看護婦さんが、そっと優しく、しかし決然と手を添えた。 こうして退路を断たれた私。 こうしているうちにも、先生のグリグリは少しでも薄い場所を探そうと忙しく活動する。 で、ついにその手が止まり、 「ここね。 行きますよ」 メキョ、メキョメキョメキョ、と骨の砕ける微かな音がして、あてててててて、と思っていたら、ふっと解放された感覚が。 貫通した瞬間である。 この時はじめてメタルストローが、ブリックパックによくある伸びるストローであったことを知る。 副鼻腔に達したストローは、先生がスイッチを押すとビョンといって勢い良く伸びた。 おおハイテク(ちょっと違うか)。 あえっ、先生先生、それたぶん歯の神経だよ、触ってるよ、歯がイテエよ。 ここで金ダライ登場。 病院でよく見る、豆型のやつである。 看護婦さんから手渡され、あごの下に捧げ持つ。 その隙に先生はぶっとい針無し注射器に生理食塩水とおぼしき液体をたっぷり詰めて戻ってくる。 ストローの先にそれを装着。 先生が注射器のピストンを押すと。 おおおおおおおおおおおお。 これってこれってこれって、今あたし溺れてるっ?溺れてるのっ?鼻の奥に濁流がっ。 で、えっ?口開けるのっ?はーい。 って、わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。 口から口から口から大量の生暖かい液体がぁぁぁぁぁぁぁぁ。 金ダライがみるみる真っ赤に染まってゆくぅぅぅぅぅぅぅ。 しかもその中には黄緑の濃い鼻水がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。 薄れゆく意識の中で(嘘)、私は必死に考える。 これってなんて表現すればいいのだろう?ええと、シンガポールのマーライオン?そう、今あたしはスプラッタ風味のマーライオンっ!!!!! って言っても所詮麻酔後。 圧痛はあるものの、むしろこのありえなさは爽快と言ってよい。 なんて余裕ぶっこいてたら、圧痛の中に疼痛の気配が。 「あうちっ」 全行程中、これが唯一の私の痛みの表明だった。 「大丈夫?我慢できる?」 我慢できねえっつったらここで中止すんのかよっ、と心の中で突っ込むが、口はマーライオンなのでしゃべってる暇はなく、「オーケオーケ」 と言うのが精一杯。 先生曰く、副鼻腔で詰まっていた、とても濃い鼻水を何とか流し出そうとしてるので、この時に痛むのだと。 先生もピストンを押すのに苦労している様子。 すったもんだしてたら、急に顔に生暖かい液体がビシャリっ。 えええ、これってひょっとして血っ? ブブーっ、生理食塩水でした。 ピストンが外れて飛び出したのだ。 先生も液かぶっちゃって「あらあら」となんか楽しそう。 水遊びしてんじゃねえぞこらっ! いてーなこりゃ、と思ってたら口からなんかドロッとしたものがカムアウト。 「でたわよー、濃い奴ー。 これが詰まってたのねー。 もーだいじょぶよー」 あとの2~3プッシュはただの圧痛で爽快。 はい終わりですー。 と言われて、心地よい疲労に身を委ねる暇もなく、 「はい、反対の鼻ね」 今までのもう一回リピートっすかそうですか。 ・・・・・・・・・「でたわよー、濃い奴ー。 もうだいじょぶよー」 ここでまた反対の鼻、と言われたら真剣に死んでたとこだが、ありがたいことに私の鼻の穴は二つのみであった。 施術終了。 ここまで雄々しく立ち向かっていた私も、終了後緊張が解けたのか、とうとう貧血で気分が悪くなってしまった。 情けない。 痛かったわけじゃない、いや、痛いんだけど、そんなに泣きわめくほどじゃなかった。 それよりも、一連の作業の野蛮さにヤラれたと言うか。 すわ、麻酔との相性が悪かったのかと心配する先生。 「だいじょぶっす、ちょっと休めばすぐ直るっす」と、青い顔をしながら笑ってみせる私は相当気持ち悪かっただろう。 ざまあみろ(誰に)。 で、予告通り5分程度で復活して、今後の治療の説明。 薬は前回同様、抗生物質と消炎剤と点鼻薬。 前回のペニシリン系抗生物質がちょっとキツくて辛かったこと、日本ではマイクロライド系が副鼻腔によく使われる事を話したら 「私もよくマイクロライド使いますよ。 じゃ今回はこれにしよっか。 一日一錠だから飲むのも楽だし」 とカジュアルに言ってくれる。 本当は鼻水検査して決めたりしないんすか抗生物質?とはいえ、こっちの先生は本当に話をよく聞いてくれるので、納得づくで治療が出来て嬉しい。 この施術の前にも、日本でのスタンダードな治療はこうだ、とか、これに伴うリスクは、とかゆっくり話したので、不安なく身を預けることが出来た。 前の日記でこちらの医療に対するご質問をいただきましたが、今通ってる総合病院(娘もココで産んだ)は、おっしゃる通り高いですがなかなか設備が整ってますよ。 綺麗なオフィスでゆっくりとコンサルティングしてもらえます。 先生方の大半はイギリスの学校を卒業してる人たちです。 患者に対するリスペクトがあって、それが一番嬉しい。 そんなこんなで、なんとかかんとか終了。 症状が悪化しない限り、戻ってこなくてもいいですよ、ということ。 会計を待つ間に相方に車で迎えに来てもらい、無事帰宅の途についた私である。 車の中でも、もちろん鼻に開いた穴は容赦なく血を垂れ流す。 しばらくは穴のとこにガーゼを当てて防いでいたものの、それじゃ追っ付かないので、おっかなびっくり鼻をかむことに。 ビーーーーームっ。 ああ気持ちいい。 でもちり紙開けると、あああ真っ赤だあ。 このくらいたっぷり赤いと気持ちいいなむしろ。 鼻をかんだあとはしばらく出血は止まった。 コンドミニアムについたら、ママ友達たちが子供を庭で遊ばせていた。 やったあ、鴨鴨。 どういうわけか、こういう経験のあとってやたら饒舌になる私である。 ほら、よく猫がウンコした後、すげえ勢いで走り回るでしょ?あれ、排泄後に弛緩してると敵に襲われるので自分をハイパーにしてるんだって説があるけど、私の饒舌も同じかもしれない。 針洗浄経験を、尾ひれをつけながらママ友にしゃべりまくる私。 怖々聞く彼女たち。 しかしあくまでもプチ。 相方には、「血がでんの、大変なの」と因果を含めておいたので、本来家飯派の彼も「今日は外で食べよっか」と気を使ってくれ、家族でイソイソと中華を食べにゆく。 やったー、平日に夜遊びだー(まだハイパー)。 ええと、血が出てなんか寒めだから、あったかいスープ食べて、あったかいお茶飲んでー、なんてやってたら、やべっ、血行良くなって血が垂れてきたし。 うわわわ、ほかのお客に迷惑だなこりゃ。 あらららら、ウエイトレスさんが気を利かせて濡れティッシュ持ってきてくれたよ。 いやいや、大丈夫っすから。 え?クーラー強くするかって?いや寒いから勘弁してください、ってゴラぁ、お前なにカレーなんか頼んでんだよ相方ぁぁぁ、辛いの食べてよけい出血すんだろうがようっ。 しかも旨いしっ。 どーしてくれんだよああんっ?くそー、トイレで鼻かんでくっか。 あーあ真っ赤だしティッシュ。 阿鼻叫喚の中華の後は出血を悟られないように注意しながらスタバ。 コーヒーを飲んだら、あああ、匂いが、匂いがするっ!コーヒ-って美味しいっ!ビバコーヒーっ!(引き続きハイパー) 娘を連れてったトイレで下向いたらいきなり大鼻血で便器拭くハメになっちゃったり(娘にも、カアチャンアーア、と言われた)、いろいろあったがまあ楽しい夜遊びだったことよ。 不思議なことに、出血はあっても痛みはそんなにないんだよな。 麻酔が切れてイテテテ、って感覚もなかったし。 頭痛でイブ飲んだけど、これが無ければ鎮痛剤なんて必要ないくらいだ。 ありがたい。 そして今朝、起きると世の中は匂いで満ちていた。 っていうか家ってこんなに臭かったかおいっ?これでようやくコーヒーやワインが美味しくいただける・・・、って、いやいや酒はいけません。 針洗浄は飽くまでもテンポラリーな処置。 も一度同じことを繰り返さないように、ここ数日は大事にいこう、と心に決めた私だった。 あー疲れた疲れた。 この後鼻はすっかり治って、一度も副鼻腔炎を再発することなく過ごしています。 なんてありがたいことでしょう。 全然関係ないけど、マレーシアの中華料理店では、屋台等の相当小さい店でないと、当然豚は出てきません。 この時行ったのはホテルの中華だったので、ノーポークでございました。

次の

藤間あゆ美

みうら あゆみ

来歴 [ ]• 2007年イメージガールとして、広く世間に知られることとなった。 関東地方においては、等の車内の扉上のモニターで流れる番組(クイズを兼ねたCM様のもの)で知った向きも多い。 2008年10月、それまで所属していたがヒラタオフィスと統合するに伴い、ヒラタオフィスの所属となる。 2013年6月、ブログにて結婚を発表。 2014年7月23日のブログで第一子となる長男を出産したと発表。 ブログではその後も子育て、芸術鑑賞、読書等の幅広い経験を語る。 2015年8月、ブログで第二子妊娠を発表。 人物 [ ]• 趣味:読書、映画鑑賞、芸術鑑賞(特にアールデコ時代)• 資格:ビールアドバイザー、カラーコーディネーター3級 出演歴 [ ] 広告 [ ]• : イメージキャラクター(2006. 27~2007. 31) 映画 [ ]• (2013年、、) テレビドラマ [ ]• (2008年、)• (2005年、TBS) 雑誌 [ ]• 週刊SPA! (2007. 09、扶桑社) 「SPA! (2007. 16、光文社)• 宝島 (2007. 25、宝島社)• 週刊現代(講談社、現時点で最後のグラビア写真) DVD [ ]• 『はじめまして「あゆみ」です』(2006. 26、リバプール)• 『あゆみ 元気です』(2006. 27、リバプール)• 『Summer Jewel』(2008. 22、彩文館出版)• 『Eternal Summer』(2009. 20、ラインコミュニケーションズ)• 『BIG LOVE』(2010. 25、スパイスビジュアル) 写真集 [ ]• 『AYUMI FIRST』 (2008. 24、彩文館出版) ラジオ [ ]• (、2009年4月11日~2010年10月) CM [ ]• 「カフェ」篇 (2010. 8 - ) 脚注 [ ]• プレスリリース , サッポロビール, 2007年2月6日 , 2016年4月15日閲覧。 プレスリリース , , 2006年11月27日 , 2014年3月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 所属事務所のプロフィール• -公式ブログ(2013年04月16日~)• -公式ブログ(~2013年06月27日)• この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の