テリング ライズ。 トリオ (1987年のアルバム)

プロフィール

テリング ライズ

「」 リリース: 1987年2月2日• 「テル・ミー・ライズ」 リリース: 1987年5月18日• 「ゾーズ・メモリーズ・オブ・ユー」 リリース: 1987年9月7日• 「ワイルドフラワー」 リリース: 1988年3月21日 , および アルバム 年表 トリオ 1987 1999 年表 1986 トリオ 1987 1987 年表 1986 トリオ 1987 1987 年表 1986 トリオ 1987 1987 『 トリオ』 Trio は、、、の共作よる初めてのスタジオ・アルバムであり、から1987年3月2日にリリースされた。 このアルバムは世界中で400万枚以上を売り上げており、いくつもの賞賛も受けている。 バックグラウンド [ ] 長年の友人であり、お互いの崇拝者だったパートン、ハリス、ロンシュタットは、1970年代半ばに初めてアルバムを一緒に録音しようとしたが、スケジュールの競合やその他の困難(3人の女性がすべて異なるレコードレーベルで録音したという事実を含む)によってリリースにはいたらなかった。 1970年代に中止されたレコーディングセッションの成果のいくつかは、三人のそれぞれのソロアルバムに反映されている。 「ミスター・サンドマン」と「エヴァンジェリン」はハリスのアルバム『』に収録され、パートンの「マイ・ブルー・ティアーズ」はロンシュタットの1982年のアルバム『ゲット・クローサー』に含まれていた。 作の"Even Cowgirls Get the Blues"は、ハリスのアルバム『』に収録されている。 1970年代に中止されたセッションの別のトラック"Palms of Victory"はハリスの2007年のボックスセット Songbird:Rare Tracks and Forgotten Gems に含まれていた。 パートンとロンシュタットもロンシュタットの1977年のアルバム『』に収録された伝統的なバラード「アイ・ネヴァー・ウィル・マリー」を録音し、これらのセッションとは別に記録されたものの、『』に収録されたロンシュタットによるハンク・ウィリアムズの「アイ・キャント・ヘルプ・イット」ではハリスとともに歌っている。 また、ロンシュタットとハリスは多くのパートンの楽曲を1970年代中期から終盤にかけての複数のソロアルバムでカバーしている。 ハリスは「コート・オブ・メニー・カラー」と「トゥ・ダディ」をカバーし、ロンシュタットは「」を録音した。 パートンもまたハリスの「ボールダー・トゥ・バーミンガム」をカバーして1976年のアルバム All I Can Do に含めている。 最終的にによるプロデュースを受けて三人のコラボレーションの成果が実現した。 しかし、トリオのメンバーはここでの評判に依存していません。 彼らのアルバムはあらゆるカットで驚くほど美しい。 クロスオーバーは確実であり、「Somewhere Out There」でのジェームス・イングラムとのデュエットでホット100をまい進するロンシュタットの現在の勢いによってさらに加速される可能性が高いでしょう」と述べている。 ほぼ完璧な曲の選択によって三人にハートを引き裂く微妙な部分とニュアンスを生み出す十分な余地を与えている(「テリング・ミー・ライズ」を聞いてください)。 三人の独特な声がシームレスなハーモニーで融合し、最も甘美なカントリーのメロディーと、感動的で控えめな歌詞でただよっている。 アルバート・リーやマーク・オコナーなど最高のサイドマンが結集して強められている」と述べられている。 商業的パフォーマンス [ ] このアルバムは『』誌のトップ・カントリーアルバム・チャートで5週間連続で1位となった。 また、チャートでも最高で6位に達した。 カナダではのトップ・アルバム・チャートで4位に達した。 スウェーデンでは・アルバム・トップ60チャートで29位に、イギリスではオフィシャル・チャート・カンパニーで最高位60位となった。 このアルバムからの最初のシングルである「」は1987年2月にリリースされ 、米ビルボード・ホット・カントリー・シングル・チャートで1位に達し、カナダでもRPMカントリー・シングル・チャートで1位となった。 2枚目のシングル「テリング・ミー・ライズ」は1987年5月にリリースされ 、ビルボード・ホット・カントリー・シングル・チャートで3位、ビルボード・ホット・アダルト・コンテンポラリー・チャートで35位、カナダのRPMカントリー・シングル・チャートで6位に達した。 「ゾーズ・メモリーズ・オブ・ユー」は1987年9月に3枚目のシングルとしてリリースされ 、米ビルボード・ホット・カントリー・シングル・チャートで5位、RPM'カントリー・シングル・チャートでカナダでも1位となった。 アルバムからの最後のシングルとなる4枚目の「ワイルドフラワーズ」は1988年3月にリリースされ 、米ビルボード・ホット・カントリー・シングル・チャートでは6位、RPMカントリー・シングル・チャートでは8位を記録した。 称賛 [ ] アルバムはデュオまたはグループのボーカルによる最優秀カントリー・パフォーマンスでを受賞した。 また、、、、と共にアルバム・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされた。 「テリング・ミー・ライズ」もベスト・カントリー・ソングにノミネートされている。 アルバムは1987年のアカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォード・オブ・ザ・イヤー を受賞し、1988年のでボーカル・イベント・オブ・ザイヤーを受賞した。 第30回年間グラミー賞 年 ノミネート対象 賞 結果 1988 『トリオ』 デュオまたはグループのボーカルによる最優秀カントリー・パフォーマンス 受賞 アルバム・オブ・ジ・イヤー ノミネート 「テル・ミー・ライズ」 ベスト・カントリー・ソング ノミネート 第22回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アウォード 年 ノミネート対象 賞 結果 1987 『トリオ』 アルバム・オブ・ジ・イヤー 受賞 年 ノミネート対象 賞 結果 1988 『トリオ』 ヴォーカル・イヴェント・オブ・ジ・イヤー 受賞 トラックリスト [ ] タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「ペイン・オブ・ラヴィング・ユー」 、 2:32 2. 「メイキング・プランズ」 ジョニー・ラッセル、ヴォニ・モリソン 3:36 3. 「つのる想い」 3:48 4. 「ホーボーズ・メディテイション」 3:17 5. 「ワイルドフラワーズ」 パートン 3:33 6. 「テリング・ミー・ライズ」 、 4:26 7. 「マイ・ディア・コンパニオン」 トラディショナル 2:55 8. 「ゾーズ・メモリーズ・オブ・ユー」 アラン・オブライアント 3:58 9. 「アイヴ・ハド・イナフ」 3:30 10. 「ローズウッド・キャスケット」 トラディショナル、編曲:アヴィー・リー・パートン 2:59 11. 「ファーザー・アロング」 トラディショナル、編曲:ジョン・スターリングとエミルー・ハリス 4:10 パーソネル [ ] アルバムのライナーノーツから• ロバート・ブレイクマン — 写真• ジョディ・バーネット — チェロ• —オーケストレーションと指揮• — トレモロ・ギター• — フェリントン・アコースティック・ベース、エレクトリック・ベース• ライザ・エドワーズ — 制作コーディネーター• スティーブ・フィッセル— 、、・• — リード・ボーカル、ハーモニー・ボーカル、アコース・ティックギター• デニス・カルマジン — チェロ• マーティ・クリスタル - クラリネット• - ドラム• コッシュ・ラーソン — アート・ディレクション、デザイン• ロン・ラーソン - アート・ディレクション、デザイン• —アコースティック・ギター、ハイストラング・ギター、マンドリン• — アコースティックギター、、ダルシマー、ハーポレック、コナハワイアンギター、マンドリン• ブライス・マーティン — フルート• — プロデューサー、レコーディング• ノヴィ・ノヴォグ —ヴィオラ• — アコースティックギター、フィドル、ビオラ、マンドリン• — リードボーカル、ハーモニーボーカル• — アコースティックピアノ、エレクトリックピアノ、、ハーモニウム• — バンジョー、ボーカルアレンジ• シャロン・ライス — エンジニアリングアシスタント• — リードボーカル、ハーモニーボーカル• — アナログおよびデジタルマスタリング• —フェリントンアコースティックベース• ジョン・スターリング — アコースティックギター、アコースティックリズムギター、音楽コンサルタント• Discogs. 2019年5月22日閲覧。 American Radio History. Cashbox. 7, 24. 2019年5月22日閲覧。 Deming, Mark. robertchristgau. com. 2011年8月12日閲覧。 American Radio History. Billboard. 2019年5月22日閲覧。 American Radio History. Cashbox. 2019年5月22日閲覧。 American Radio History. Billboard. 2019年5月21日閲覧。 2019年5月21日閲覧。 American Radio History. Billboard. 157. 2019年5月21日閲覧。 2019年5月21日閲覧。 American Radio History. Billboard. 2019年5月21日閲覧。 2019年5月21日閲覧。 American Radio History. Billboard. 191. 2019年5月21日閲覧。 2019年5月21日閲覧。 GRAMMY. com 2017年11月28日. 2019年5月22日閲覧。 GRAMMY. com 2019年2月15日. 2019年5月22日閲覧。 GRAMMY. com 2019年2月15日. 2019年5月22日閲覧。 LTD. Academy of Country Music. 2020年2月10日閲覧。 CMA Awards. 2019年5月22日閲覧。 Discogs. 2019年5月22日閲覧。 Canada 2013年7月17日. www. bac-lac. 2019年5月21日閲覧。 swedishcharts. com. 2019年5月21日閲覧。 Official Charts. Official Charts Company. 2019年5月21日閲覧。 Billboard. 2018年7月8日閲覧。 Billboard. 2018年10月22日閲覧。 Billboard. 2018年7月8日閲覧。 Billboard. 2018年7月8日閲覧。 Canada 2013年7月17日. www. bac-lac. 2019年4月20日閲覧。 2019年5月21日閲覧。 If necessary, click Advanced , then click Format , then select Album , then click SEARCH.

次の

David Bowie / デヴィッド・ボウイ「Earthling / アースリング」

テリング ライズ

Photo: GETTY デヴィッド・ボウイは本日5月15日より1997年に行われた『アースリング』ツアーのライヴ音源『LIVEANDWELL. COM』が配信されている。 『LIVEANDWELL. 『LIVEANDWELL. COM』は1997年にデヴィッド・ボウイか行った『アースリング』ツアーの中から、ニューヨーク公演やアムステルダム公演、リオ・デ・ジャネイロ公演やイギリスのフェニックス・フェスティヴァル出演時の模様を収録したライヴ・アルバムで、 90年代のデヴィッド・ボウイ のレア・ライヴ音源3作品を毎月1作品ずつ配信していくスペシャル・ライヴ・リリース・シリーズの第一弾として位置づけられている。 『LIVEANDWELL. COM』はデヴィッド・ボウイとリーヴス・ガブレルス、そしてマーク・プラティがプロデュースを担当し、ニューヨークにあるルッキング・グラス・スタジオにてマーク・プラティがミックスを手掛けている。 このライヴ音源に参加しているミュージシャンは、ヴォーカルとギター、サックスを担当するデヴィッド・ボウイを筆頭に、ドラマーのザッカリー・アルフォード、ベーシスト兼ヴォーカルのゲイル・アン・ドーシー、ギタリスト兼シンセ&ヴォーカル担当のリーヴス・ガブレルス、そしてピアノ/キーボード奏者のマイク・ガーソンの5人となっている。 アルバムのストリーミングはこちらから。 リリースの詳細は以下の通り。 デヴィッド・ボウイ 『LIVEANDWELL. COM』 デジタル・ストリーミング EP: 2020 年 5 月 15 日配信開始 01.

次の

アースリング

テリング ライズ

(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN) 常に時代の先端を開拓し続けた伝説、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)。 2月14日に6曲入りストリーミング限定EP『イズ・イット・エニィ・ワンダー?』を、そして4月17には未発表音源集『チェンジズナウボウイ』を、それぞれストリーミング限定作品として配信してきた彼から、また新たなレア音源が届けられた。 1997年に行ったアースリング・ツアーの模様を収録したレアなライヴ音源『LIVEANDWELL. COM』が、ストリーミング限定で配信開始となった。 この作品は90年代のデヴィッド・ボウイのレア・ライヴ音源3作品を毎月1作品ずつ配信していくスペシャル・ライヴ・リリース・シリーズの第一弾として位置づけられている。 COM』 ストリーミング この『LIVEANDWELL. COM』は、90年代後半にボウイが立ち上げたインターネットのプロバイダ兼ファンサイト、BowieNetの会員向けのみに数量限定で2000年に発表された10曲入りのライヴ・アルバムだ。 今回ストリーミングのみのデジタル配信作品としてリリースされることを受け、新たに「パラス・アテナ」と「V-2 シュナイダー」を追加収録した全12曲を収録。 『LIVEANDWELL. COM』は、1997年にボウイか開催したアースリング・ツアーの中から、ニューヨーク公演やアムステルダム公演、リオ・デ・ジャネイロ公演やイギリスのフェニックス・フェスティヴァル出演時の模様を収録したライヴ・アルバムだ。 なお、このザ・タオ・ジョーンズ・インデックスは、ボウイがフェスティヴァルのダンス・テントなどでサプライズ・アクトとして出演していた時に好んで使っていたバンド名だ。 『LIVEANDWELL. COM』はデヴィッド・ボウイとリーヴス・ガブレルス、そしてマーク・プラティがプロデュースを担当し、ニューヨークにあるLooking Glass Studiosにてマーク・プラティがミックスを行った作品だ。 このライヴ音源に参加しているミュージシャンは、ヴォーカルとギター、サックスを担当するデヴィッド・ボウイを筆頭に、ドラマーのザッカリー・アルフォード、ベーシスト兼ヴォーカルのゲイル・アン・ドーシー、ギタリスト兼シンセ&ヴォーカル担当のリーヴス・ガブレルス、そしてピアノ/キーボード奏者のマイク・ガーソンの5人。 COM』 デジタル・ストリーミングEP 【トラックリスト】 01.

次の