ぶどう の 収穫 量 ランキング。 ぶどうの品種の人気おすすめランキング10選【贈答用にもおすすめ】

農林水産業についての都道府県ランキング

ぶどう の 収穫 量 ランキング

数年前に娘と調べたことがあります 果物全般は滅多に食べません。 りく( )です。 野菜や果物の名産地に住んでる方々は特に考えると思うのですが、「この野菜や果物って、日本で一番生産量の多いとこってどこだろう」というのを私自身、数年前にふと考えました。 ちょうど子供たちが夏休みに突入した頃。 長女が研究発表の題材を何にするか検討中だったので、「一緒に調べるか?」と提案したところ長女も快諾。 最終的にほとんど私がネットで情報収集し、データを長女が紙にまとめて研究発表は無事完成、ということがありました。 今回はそれと全く同じことをやってみようかなと。 今回は果物に絞って調べてみました。 果物の種類によっては公開されてるデータの年代に違いがあるので、最新版ではない場合があることをご了承ください。 「みかん(蜜柑)」トップ5.

次の

桃の出荷量の都道府県ランキング

ぶどう の 収穫 量 ランキング

日本に昔から自生している山ブドウもその一つです。 ヨーロッパやエジプトでは古くから栽培され、ワインも作られていました。 古代エジプトの頃には既に栽培が始まっていたらしく、壁画などにその様子が示されています。 日本では山ブドウは昔から自生していましたが、奈良時代にシルクロードを経て中国から伝わったとされています。 その系統が山梨で自生していた物を鎌倉時代になって栽培されるようになったというのが現在の甲州ブドウです。 その色や形、大きさや味わいはそれぞれ個性があり、収穫(旬)の時期も微妙に違います。 ここではそんな『ぶどう』に関して、主に生食用として流通してみなさんが食べられている品種を中心に紹介をします。 主な産地は甲州ぶどうで知られる山梨県で、次いで長野県、山形県、そして岡山県となっています。 産地や天候などによって時期は前後するので、参考程度にご覧ください。 品種ごとの解説は名前をクリックしてください.

次の

果物(ブドウ、モモ)の都道府県別収穫量ランキング

ぶどう の 収穫 量 ランキング

都道府県 収穫量 収穫量割合 出荷量 出荷量割合 作付面積 作付面積割合 10a当たり収量 - 全国 174,700 t - 161,500 t - 16,700 ha - 1,050 kg 1 41,800 t 23. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「ぶどう」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「ぶどう」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「ぶどう(葡萄,ブドウ)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「ぶどう」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「ぶどう(葡萄,ブドウ)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「ぶどう」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「ぶどう」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「ぶどう」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「ぶどう」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「ぶどう」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の