えいが の おそ松 さん ネタバレ。 映画『えいがのおそ松さん』のネタバレ、あらすじ、感想【最新】

『えいがのおそ松さん』ネタバレあり感想と考察。高校生の松たちを個人的に解説!高橋さんと猫の謎も考える!

えいが の おそ松 さん ネタバレ

【映画】えいがのおそ松さん どんな思い出も、ぜんぶ宝物• あらすじ ある日、高校の同窓会にやってきた、おそ松たち6つ子は、ちゃんとした大人に成長し、社会人として全うに働く同級生たちとの再会で、対照的に冴えない自分たちの現実に打ちのめされる。 やけ酒をあおり眠ってしまったおそ松たちが翌朝目を覚ますと、周囲にはいつもと違うがどこか見覚えのある風景が広がっていた。 そこが「過去の世界」ではないかと疑い始めた矢先、デカパンから「6人の中のこの時代に大きな後悔を残している人物がいる」と告げられた6つ子たちは、真実を確かめるため、18歳の自分たちに会うことに……。 予告 キャスト おそ松 櫻井 孝宏 カラ松 中村 悠一 チョロ松 神谷 浩史 一松 福山 潤 十四松 小野 大輔 トド松 入野 自由 トト子 遠藤 綾 イヤミ 鈴村 健一 チビ太 國立 幸 デカパン 上田 燿司 ダヨーン 飛田 展男 ハタ坊 斎藤 桃子 おとうさん 井上 和彦 おかあさん くじら 感想 あの深夜アニメがついに劇場に!!!って嬉しくなりましたね。 ストーリーネタバレ 超簡単に今回は説明します。 小ネタが多すぎてストーリーがまとまらなくなるので…そして確信にはあまり触れずにネタバレします。 最初は少女高橋さんが病院のベッドに座るシーンから始まります。 少女の腕には黒猫がいます。 6つ子たちは高校や同窓会へやってきていました。 同級生たちはみな仕事などをしており立派な人達になっています。 それに比べて6人は無職に童貞のいいとこなしです。 みなは童貞ニートになるような生活をしてきたことを 後悔しており、同窓会が終わったら泥酔するほどお酒を飲み潰れました。 目を覚ますとそこはいつもの世界ではなく高校卒業の前日の世界に行っていました、 この世界はどこかおかしいと感じる六子たち。 そうですこの世界は、高橋さんの願望と誰かの後悔から生まれた夢の世界でした。 その世界では現実とは違い本当は学ランだった制服が何故かブレザーになっていたりと、どこか違いました この世界にはこの世界の高校生の六つ子がいます。 それを見守る現代版6つ子。 この世界の6つ子はどこかギクシャクしており仲良くありません。 現代の6つ子たちの高校時代を映し出していました、 高橋さんも高橋さんで後悔をしていました。 好きだった松の誰かに手紙をだしたかったのに出せなかった自分に… そこからいろいろ過去の自分を見直していく彼ら。 そこから次男であるカラ松の懺悔が始まります。 この世界を作ったのは俺かもしれないと。 それは卒業式前日に起きた出来事でした 何やかんやと解決し、ラストでは六つ子はそれぞれ若かりし頃の自分と向き合います。 高橋さんも自分と向き合い解決します。 高橋さんはずっと自分を覚えていて欲しいことを伝えます。 卒業したらどこか遠くへ行かなければならないから。 だからずっとずっとみんなの思い出の中にいたいと。 それを六つ子は受け入れます。 最後にまた病室のシーンになります。 そしてエンドロールは彼らの高橋さんからみた姿を収めた写真でした。 考察 この物語って結構なぞがのこってるんですよね。 高橋のぞみさんって? 私的には高橋さんは同窓会にも行けなかったしみんな私のことを覚えてくれていないだろうなあというら絶望を具現化して動かしてくれたのが猫なのかなあと。 繋ぐものみたいな。 どこか1歩下がってみているようなそんな気がしました 彼女の言うどこか遠いところは命が少ないってことを表してたんでしょうね。 しんでしまうと。 高橋さんの手紙は誰宛だったのか それは誰とも映画の中では語られていませんでした、 6つ子の苗字だけ書いてました。 それはきっと視聴者に任せるそんな意味だったのかなあと。 まとめ この映画はアニメを見てなきゃわからないシーンも多々あり、ほんとにファンのために作られたのだと思われます。 それでも初見でも十分楽しめます。 笑えるけどどこか切ないそんな映画です。 6つ子たちの高校時代を知れるってなんだか新鮮でとても面白いです。

次の

【えいがのおそ松さん】感想~愛をこめて〜

えいが の おそ松 さん ネタバレ

生きているって素晴らしい。 クズでもニートでも生きること自体が素晴らしいんだとこの映画は教えてくれた。 うだつの上がらない6つ子がタイムスリップして、高校時代の自分たちと対面するという物語だが、今も十分痛い6人だが、そんな彼らからみても過去の自分は恥ずかしいものらしい。 高校時代、良いことなんて何一つなかったと後悔だらけの6人だが、そんな彼らとて実は誰かに希望を与えていたことが本作では描かれる。 人生はそういうものだと思う。 良かれと思ってしたことが誰かを傷つけるし、自分では全然ダメだと思っていた事柄が意外と他人には高評価だったり。 良いこと1つもなかった、という自己評価の高校生活も他の誰からからはとてもかけがえのないものだった。 映画を観終わったあと、自分の高校生活を振り返ってみた。 6つ子ほどではないがやっぱり恥ずかしい思い出ばかりだ。 でもそれがだれかの助けになっているのなら、嬉しい。 人生の素晴らしさを気づかせてくれる素晴らしい作品だった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 昔からおそ松さんが大好きだったのですが、この映画おそ松さんを見てもっと好きになった気がします! 意見は人それぞれですが、[後半がよく分からない、高橋さんと黒猫は同一人物なのか]とかよく見ますが、ちょこちょこ伏線が見えて頭を使いながら観る感じでした! あの感じは、高橋のぞみさんの記憶の中なので後半のぞみさんが特に注目されてたんだと思います。 本当に他の人の意見なんですが、過去のおそ松さんと大人のおそ松さんの違いが見当たらないって言う人がいるんですが、大人のおそ松さんたちが過去のおそ松さんに[そのままでいい、笑って]みたいな事を最後らへんのとこで言っていたので変化が見当たらないとかそういう感じで観ると訳分からなくなりますね。 1回観ただけなので確信では無いですが、おそ松さんたちが過去に連れてかれたのは思い出の中に私を入れて欲しいと言っていたのでそういう事ではないかなと思いました。 ネタバレ! クリックして本文を読む 昭和ギャグやパロや小ネタもちょいちょいでて、 頭からっぽにして楽しむなら わりとよかったのかなと思う.. 久々にチョロ松のちゃんとしたツッコミが聞けてよかった。 ただ二期から思ってたけど、冗長なシーンが多い。 セリフも終始全員で叫ぶイメージ。 「なんか疲れた」、「童貞」も言い過ぎ。 天丼も1回2回なら笑えるんだけど何回やったの?記憶では8回くらい? 伏線回収 ? 的なものもあるけど脳みそが飽きる。 テーマの一部の思春期も難しい~ 観る側もキャラも恥ずかしい。 なんだこれ ほんとに観る人を選ぶと思います。 映像特典は映画とは関係ないし。 色々言いましたけど おそ松さんはスルメと決まってるので あと3回は観ます。 1回きりじゃもったいない。 ぶっちゃけどんなでもずっと大好きです。 供給ほんとにありがとう。 映画館で観る予定だったがスケジュールの都合で観れなかった だけどそれは正解だったかもしれない テレビアニメも映画もすべてDVDで観たが最後の最後までハマらなかった ネットの評価が高いので観始めたがなにが面白いのかさっぱりわからなかった 向こう側は楽しいのかもしれないがこっちはちっとも面白くなかった これは『らきすた』や『けいおん』に似ている それでも観続けたのは絵が好きだったのかもしれない いかにも腐女子はこういうのが好きなんでしょって感じがいちいち鼻につく 六つごの声優さんたちにそれを強く感じた 下品なものは全てダメというわけではないがおそ松さんの下品にはハイテンションなだけでセンスやユーモアが全く感じられない フランス版のシティーハンターは下品だったがおそ松さんと違って面白かった おそ松くんと違い6人にそれぞれ個性が出てきたのに童貞でニートというところは6人一緒という設定が人気を集めた理由らしい 僕は童貞でニートな男たちに共感もシンパシーも感じないのでハマらなかったんだろう 細川たかしが主題歌を歌ったおそ松くんもそういえばなにが面白かったのかさっぱりわからない イヤミのシェーは当時もすでに時代錯誤で再び流行らせようというゴリ押しが半端なかった 田中真弓が担当したチビ太の「てやんでいバーローちくしょー」という口癖と松井菜桜子が担当したトト子の狂人のようなハイテンションのみが印象に残っている 今回の映画は安易なタイムスリップではなく思い出という一捻りなところに脚本家の工夫と意地を感じた 高橋のぞみというキャラはおそらくおそ松さんに夢中になっている腐女子を美化したものだと感じた ファンサービスみたいなものだ 60分くらいのOVAやTVSPだったなら、これほど無駄なカットやエピソードを細かく入れる必要は無く、中編で珠玉の一本になったであろう事を考えると、全くもって勿体無い作品。 兎に角冗長。 製作者の訴えたい腹積もりは、恐らく丸ごとすべて観客に伝わるだろうから、無駄なシーンの天丼がより際立つのは痛い。 全体的なクオリティもTV版とそう変わらず、本当に何故劇場版にしてしまったのか、分からない。 もし3期へのアプローチだったとして、ギャグの皆無だったこの劇場版では不安材料しか見えてこず、悪手だと思える。 2期で既に息切れ死にかけながら終わりを迎えたこのコンテンツが、この劇場版をもって復活するとは到底思えない。 ネタバレ! クリックして本文を読む ファンで良かった…と観ながらしみじみ感じるような、ファンへ贈られた映画でした。 高橋さんの名前を聞いた時、ファンが「二期やってー!映画化してー!定期的にアニメ化してー!」って次々と言うから高(橋)望みなのかなって思いました笑。 絵も動きもとても可愛くて、面白くて、 むつごの葛藤や軋轢が切なくて…。 けど最後はやっぱり明るく締めてくれて、観終えた後は幸せな気持ちでいっぱいでした。 個人的に映画でもなんでもオープニングが大好きなので、えいがのおそ松さんでもオープニングを作ってくださって感謝です! ワクワク度が違いますね! スタッフの皆様に、素敵な作品を作ってくださってありがとうございますと言いたくなる作品でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む レビューを見てみると「最近流行りの感動モノにするな!!」とか怒りの感想もありますが、何がいけないんでしょうか? 元々のおそ松くんからも、そういう作品はいくらでもありますが。 イヤミはひとり風の中等 十四松の恋等もそうだし、そもそもそういう感動モノ?が嫌ならば、『おそ松』自体地雷なので、観るのをオススメしません。 個人的感想としては、思春期の自分と向き合うという、本来有り得ない、嫌な展開であるにもかかわらず、長男おそ松が「難しく考えずノリで行っちゃおうぜ!!」ってのが、本当に良かったです。 一生懸命、過去の自分たちに協力し、励ますのは観てて微笑ましかったです。 18歳らしい、当時の彼らの発言も、誰の思い出の世界なのかも、最後は、本当に大切なことを思い出させてくれるいい映画だと思いました。 あ、でも内川の6人へのディスは・・・酷すぎかな・・・。 あんなに言わなくても・・・ 公開6週目のため、オープニングの特典映像は「カラ&一」 おそ松さんの面々が、高校卒業前日の世界に迷い込み、そこでかつて起きた「後悔」を取り除かないと戻れない、、、というプロット。 過去の自分に会うとアウト・・なのかな?というふんわりBTTF要素もありつつ、ビューティフルドリーマーのような世界観でもありつつ、「高校生の時のボクら」を直視しなければならないハイパー黒歴史タイムでもありつつ。 内容はあくまで「おそ松さん」のため、 仲良く自虐・クズ・ディスりあいは健在で非常に心地よく、 高校当時の彼らのキャラクターも立っていて「おそ松さん」のエピソードとしては非常に楽しめる。 けど、作品のテーマである「過去の嫌いだった自分と向き合う」は結構精神ダメージ喰らう人多いんじゃないかな? へーきなのかな?.

次の

『えいがのおそ松さん』ネタバレ考察&感想!ファン視点から見る高橋さんの存在

えいが の おそ松 さん ネタバレ

金曜10時までに企画書が欲しいという無茶振りを火曜日午後に言われて木曜22時に仕上げカッとなって有給申請して公開初日にえいがのおそ松さんを見てきました。 自分へのご褒美。 結論から言うととても良かった。 以下覚え書き。 ネタバレ注意。 見終わった後最初に思ったのは腐女子・夢女子・箱推し・考察廚・一般の人それぞれ楽しめる映画だなー、ということ。 ちなみに私はキャラ造形的に共感するのは三男と四男、CPは何でも読むけど一番多いのは13、箱推しは前提としてあって考察を見るのも好きという節操のないタイプです。 夢女子とは少し違うかもしれないけど長男の顔見知り程度の知り合いになりたいという話は長くなるので割愛。 <同窓会> 共感性羞恥がひどい。 バレバレの嘘つく5人も悪いけど眼鏡の同級生いらつくなぁ。 六つ子は大学生でもおかしくない年齢っぽい。 チョロ松は隠し事できるようになったの?おそ松が一人で喋って笑ってる場面、ギャグのネタで台詞読んでる感じで怖い。 <思い出の世界> カラ松の思い出の世界みたいな体で話が進んでいくけどメインは高橋さんだと思う。 そうでないと六つ子が覚えていなかった彼女があの世界に存在することや彼女の家がはっきりしていて世界の崩壊の最後の方まで残っていたことの説明が難しい。 あとカラ松が知らなかったハタ坊と象のくだりがあることから他の人の思い出も含まれているのでは。 町の様子(漢字の間違い、光っている店)とかはおそ松のものっぽいし。 高橋さん>次男>その他の六つ子>他キャラクター みたいな感じかな。 高橋さんの後悔は六つ子を遠くから見ていることしかできなかったこと? 高橋さんが最初に出てきた時は彼女ちゃんかと思った。 療養中っぽいけど、思い出の世界がボロボロなのは容体が良くないからでは。 だから思い出の世界が崩壊したのと制服姿の高橋さんが歩いているシーンのことを考えると……。 猫は赤面してたので高橋さん本人だと思う。 <18歳と今の六つ子> 高校時代が詳しく描かれるのかと思ってたら割とふわっとしていた。 でもこれぐらいの方が想像の余地が残ってよかったのかもしれない。 クラス分けは順番だけで決めた感じがする。 三男:出オチ。 爆笑した。 見るに堪えないけど一周回るとなぜかかわいく見えてくる。 てんてー! 末弟:同じ顔のはずなのに顔がかわいい。 にいちゃん呼びが新鮮。 どのタイミングで兄さんになったんだろう。 カンガルーと無言の三男がシュール。 トイレに付いてきてもらうのはこれの名残? 四男:人付き合いをまだ諦めていない頃(うろ覚え)。 頑張ってたんだねぇ、となぜか親戚のおばちゃんのような気持ちになる。 ここから今の人格になった流れが想像しやすい。 五男:尖ってた理由は謎のまま。 キャラの差別化?諸々のエアと露出度が高いのに笑った。 長男:自分が変わってないのをネタにして自分でボケるのは自覚がないとできないと思う。 なんというかギャグのキャラクター・主人公としてのプロ意識がすごくて自分の意志をないがしろにしてない?みたいな不安感。 いやでも二期最終話があったし… 次男:ストーリー上仕方がなかったんだろうけどもうちょっと見たかった。 こんなオドオドしてる男の子がどうなったらああなるのか想像がつかない。 トド松はカラ松単体となら普通に仲良く過ごせそう。 松の手紙は読めないものだと思っていたんだけど今回観客には内容が明かされてすっきりしたのと同時に三男の手紙の全文が明かされるのは松が終わる時だろうなぁと考えたりもした。 六つ子は組み合わせやその時の力関係で反応が違ってくるのが面白い。 探索のペアもそれぞれ良かった。 おそ松・カラ松: ツートップと言われてもおそ松は自分一人がトップだと思ってそうだし(長男だから)カラ松も長男の面倒な部分は引き受けたくないと思ってそう。 ゴミを見るような目をしつつ、なんだかんだ長男を待ってあげるところがいい。 チョロ松・十四松: お兄ちゃんぶるけど女の子が絡むとポンコツな三男と常識的なツッコミをする五男。 確定申告っぽい。 十四松がチョロ松を立ててる感じがして、ここが一番兄と弟感があった。 あとドブス同級生でにゃーちゃん年下だったのか。 一松・トド松: 末弟は一度腹決めるとメンタル強い。 黒歴史を執拗にいじられる四男に同情しつつ爆笑した。 真っ先にビール持ってきた長男に声をかけたり、18歳の自分を肯定したり三男の光属性が強い。 おそ松兄さんに闇を感じがちな人間なので。 でもおそ松はそれを捨てられなくて、六つ子の長男であり続けることを自分で選んだんだとも思えたのでちょっと落ち着きました。 18歳のおそ松の表情とか、見る度解釈が変わりそう。 <高橋さんと私達> 高橋さんは私達の代理でもあると思う。 六つ子を見ていたこと、好きだったこと、応援していたことを伝えられて、お互いにお礼を言い合うラストは視聴者と「おそ松さん」の関係だと思いたい。 思い出の世界で起こったことは現在に影響を及ぼせないはずなのに、写真が残っていること、六つ子が高橋さんのことを覚えているのはこちら側でそれを認識しているからかもしれない。 感情のままに書きなぐってしまった。 とりあえずここまで。 情報量多くて追いきれてない部分もあると思うのでまた見に行きたい。

次の