電子 レンジ 人気。 【2019年】電子レンジを比較!おすすめの電子レンジ人気ランキングTOP5

【2020年版】一人暮らし向け電子レンジのおすすめ11選。料理をより快適に

電子 レンジ 人気

内容量13Lとコンパクトながら、実力は折り紙付きの三菱電気「レンジグリル ジタング」です。 レンジからグリルへの自動リレー機能を搭載しているため、おいしく時短できると話題を集めています。 オーブンレンジでは難しかった焼き魚も、レンジ機能で中心から素早く加熱したあと、自動でグリル機能へ移行して上下ヒーターが表面をパリッと焼き上げます。 搭載されている赤外線、温め、温度の各センサーにより、最適な自動調理を実現したおすすめのアイテムです。 音声と光で操作をサポートしてくれるのもありがたいポイント。 「過不足なく最高に使いやすい」「4人家族でも不足なく使える」と、一人暮らしから数人家族まで満足できるオーブンレンジです。 日立の「過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ」は、100度以上のスチームで油を落とし、ノンフライ調理もできるオーブンレンジ。 容量は23Lでフラットテーブルのため2~4人世帯向けですが、少人数メニューも選べるので2人暮らしにもぴったりです。 赤外線センサーと温度センサーのふたつのセンサーが、60種類の充実したオートメニューや自動温め機能をサポートします。 スチームのおかげで庫内の清掃が簡単なうえ脱臭もでき、静音設計で静かなのも嬉しいですね。 「高機能なのに操作が簡単」「コストパフォーマンスが素晴らしい」と、機能性が高く使いやすいことで高評価を得ています。 少人数の家族、ヘルシー志向の人におすすめです。

次の

安い電子レンジの人気おすすめランキング20選【2020年最新】

電子 レンジ 人気

電子レンジと オーブンレンジ メーカーのカタログによっては同じような 扱いで紹介されている場合もあります。 食品を「焼く」機能を備えた「オーブンレンジ」も、 「電子レンジ」と呼ばれることがありますが、 今回は食品を「温める」だけの 「単機能電子レンジ」 について詳しくご紹介したいと思います。 価格帯とそのメーカーの特徴 価格は、 「ターンテーブルのあるなし」、 「出力の違い(500W〜900W)」によって 変わってきます。 安いものは 5000円前後。 ターンテーブルがあり、 オート機能がないことが多いので、 食品によって自分で時間や温度を設定する 必要があります。 西日本専用(60Hz専用)・東日本専用(50Hz)に 分かれている機種が多いのも特徴。 アイリスオーヤマ、ハイアールなどがこの価格帯のクラス。 一方、高いものは 10000円〜12000円前後が主流。 ターンテーブルはなく、ヘルツフリーです。 さらに目を引く点として、デザイン性が高く、 ワンタッチで温められるオート機能付きと いった付属機能の充実があります。 「煮込み」など、「温め」以外のレシピにも 対応しています。 パナソニックやシャープなどがこのクラスです。 使うシーンで考えると・・ 1人暮らしの方ならサイズは、 15〜18L程度 で十分です。 しかし、 特大サイズのお弁当だと、 ターンテーブルありの電子レンジでは角が引っかかって 回らないこともあります。 汗 購入前には庫内のサイズだけでなく 実際に温める・調理するときのシーン を考えて選びましょう。 また、引っ越しの可能性がある場合は、 ヘルツフリーの機種のほうがよいかも しれません。 では次に、 オーブンレンジと電子レンジとどちらを選ぼうか? と悩んだ時に参考にしたいチェックポイント をご紹介します。 オーブンレンジと比較!意外なメリットも 電子レンジがあるととても便利 です。 コスト面 コスト面ですが、場合によっては電子レンジ のほうが、 食費が安くつく こともあります。 作る人数分 例えばカレーを例にとると、コンビニのカレー弁当 や、レトルトのご飯+レトルトカレーは 300円前後。 一方、材料を買ってきてカレーを作り、 ご飯を炊くと 1000円〜1500円かかります。 もちろんこれは 約10食分ですが、 10回連続でカレーを食べたい という人でなければ、 電子レンジで「チン」で済ませるほうが、 毎日色々なメニューを楽しめて、総合的 に考えると「安上がり」ともいえます。 電気代 ちなみに電子レンジの年間消費電力は 平均60Kwhで、電気代にすると1カ月130円〜150円、 1分あたり0. 5円程度です。 ちなみに、オーブンレンジの場合では、 日立やシャープのメーカーカタログを 見ていると 67kWh〜78kWhぐらいの 間の年間消費電力です。 参考 ・ 出来る料理のレシピの違い 単機能電子レンジも、使い方次第でかなり 料理のバリエーションを広げられます。 茶碗蒸しやシュウマイ、プリンのような 蒸し料理は電子レンジの得意とするところ。 機種によっては肉じゃがや煮豚などの 煮物も作れます。 解凍機能を使用すれば、ほくほくの 甘い焼き芋も仕上げられます。 最近では、電子レンジ専用の調理機器も 販売されており、 それらを使えばパスタを茹でたり、目玉焼きや クッキー、パウンドケーキ、グラタンのような 焼き目をつける料理さえ可能です。 下ごしらえだけ電子レンジですませ、 焼くのはトースターやグリルで、という手もあります。 是非読んでみて! さてここからは、使うシーンとしては もっとも多い、 一人暮らし に最適な電子レンジを取材してみました ので参考にしてみてください。 庫内の容量は17Lサイズと、1人暮らしには最適。 ターンテーブルも直径25. 5センチあるので、 一般的なサイズのお弁当なら、引っかかる ことなく温められます。 省エネ 出力は200W、500W、700Wと3段階から 選ぶことができ、待機電力0という省エネ 設計も魅力。 前面には、出力を切り替えるダイヤルと タイマーしかないので、 料理に不慣れな人でもお年寄りでも、 戸惑うことなく簡単に使うことができます。 温めるだけで、それ以外の機能は使わない という人にはぴったりの機種です。 リモコンも付いています! 西日本専用の「JM-17F-60」もあります。 ツインバード工業 DR-D269B スタイリッシュな黒のミラーガラス張りで、 男性にも人気の高い機種です。 温める時だけ庫内が点灯し、中が見える 仕組み。 20Lタイプで、ターンテーブルなし。 「温め」機能に加え、「煮込み」と「解凍」機能を搭載しています。 レトロっぽい大きめのダイヤルと しっかり目立つゴールドのとって が、北欧調のインテリアにも ピッタリとくるデザインに。 カラーもキュートな3色が揃いました。 「卵爆発」は意外と「強い力」があり、 庫内のガラスヒーターが割れて破損する 事故も実際に起こっています。 原因 卵調理器には「ふた」がついている はずですが、この ふたがずれた状態で 使用したことが事故の原因です。 対策 まず電子レンジ及び電子レンジ用器具の 取扱説明書をよく読むことです。 そして、「加熱のし過ぎ」には十分注意が 必要です。 使用前に各使用ごとの 「加熱時間と許容出力の確認」 を行いましょう。 これらを間違えると、 発煙・発火の危険性、火傷やケガの原因 になる可能性が十分あります。 参考 ・ 「ふるさと納税」で電子レンジをゲットできる! ふるさと納税 をご存知でしょうか? 「ふるさと納税」とは、住んでいる 都道府県以外で 「寄付」と言う 形で納税を行うことです。 ふるさと納税のメリットは、 わずか2000円のお金でそれ以上の税金の控除を受けられる というものです。 さらに、寄付をした都道府県から 返礼品(特産品)を、寄付のお礼として 無料でもらえるものです。

次の

《2020年》厳選! おすすめ電子レンジ・オーブンレンジ注目の7モデル

電子 レンジ 人気

電子レンジと オーブンレンジ メーカーのカタログによっては同じような 扱いで紹介されている場合もあります。 食品を「焼く」機能を備えた「オーブンレンジ」も、 「電子レンジ」と呼ばれることがありますが、 今回は食品を「温める」だけの 「単機能電子レンジ」 について詳しくご紹介したいと思います。 価格帯とそのメーカーの特徴 価格は、 「ターンテーブルのあるなし」、 「出力の違い(500W〜900W)」によって 変わってきます。 安いものは 5000円前後。 ターンテーブルがあり、 オート機能がないことが多いので、 食品によって自分で時間や温度を設定する 必要があります。 西日本専用(60Hz専用)・東日本専用(50Hz)に 分かれている機種が多いのも特徴。 アイリスオーヤマ、ハイアールなどがこの価格帯のクラス。 一方、高いものは 10000円〜12000円前後が主流。 ターンテーブルはなく、ヘルツフリーです。 さらに目を引く点として、デザイン性が高く、 ワンタッチで温められるオート機能付きと いった付属機能の充実があります。 「煮込み」など、「温め」以外のレシピにも 対応しています。 パナソニックやシャープなどがこのクラスです。 使うシーンで考えると・・ 1人暮らしの方ならサイズは、 15〜18L程度 で十分です。 しかし、 特大サイズのお弁当だと、 ターンテーブルありの電子レンジでは角が引っかかって 回らないこともあります。 汗 購入前には庫内のサイズだけでなく 実際に温める・調理するときのシーン を考えて選びましょう。 また、引っ越しの可能性がある場合は、 ヘルツフリーの機種のほうがよいかも しれません。 では次に、 オーブンレンジと電子レンジとどちらを選ぼうか? と悩んだ時に参考にしたいチェックポイント をご紹介します。 オーブンレンジと比較!意外なメリットも 電子レンジがあるととても便利 です。 コスト面 コスト面ですが、場合によっては電子レンジ のほうが、 食費が安くつく こともあります。 作る人数分 例えばカレーを例にとると、コンビニのカレー弁当 や、レトルトのご飯+レトルトカレーは 300円前後。 一方、材料を買ってきてカレーを作り、 ご飯を炊くと 1000円〜1500円かかります。 もちろんこれは 約10食分ですが、 10回連続でカレーを食べたい という人でなければ、 電子レンジで「チン」で済ませるほうが、 毎日色々なメニューを楽しめて、総合的 に考えると「安上がり」ともいえます。 電気代 ちなみに電子レンジの年間消費電力は 平均60Kwhで、電気代にすると1カ月130円〜150円、 1分あたり0. 5円程度です。 ちなみに、オーブンレンジの場合では、 日立やシャープのメーカーカタログを 見ていると 67kWh〜78kWhぐらいの 間の年間消費電力です。 参考 ・ 出来る料理のレシピの違い 単機能電子レンジも、使い方次第でかなり 料理のバリエーションを広げられます。 茶碗蒸しやシュウマイ、プリンのような 蒸し料理は電子レンジの得意とするところ。 機種によっては肉じゃがや煮豚などの 煮物も作れます。 解凍機能を使用すれば、ほくほくの 甘い焼き芋も仕上げられます。 最近では、電子レンジ専用の調理機器も 販売されており、 それらを使えばパスタを茹でたり、目玉焼きや クッキー、パウンドケーキ、グラタンのような 焼き目をつける料理さえ可能です。 下ごしらえだけ電子レンジですませ、 焼くのはトースターやグリルで、という手もあります。 是非読んでみて! さてここからは、使うシーンとしては もっとも多い、 一人暮らし に最適な電子レンジを取材してみました ので参考にしてみてください。 庫内の容量は17Lサイズと、1人暮らしには最適。 ターンテーブルも直径25. 5センチあるので、 一般的なサイズのお弁当なら、引っかかる ことなく温められます。 省エネ 出力は200W、500W、700Wと3段階から 選ぶことができ、待機電力0という省エネ 設計も魅力。 前面には、出力を切り替えるダイヤルと タイマーしかないので、 料理に不慣れな人でもお年寄りでも、 戸惑うことなく簡単に使うことができます。 温めるだけで、それ以外の機能は使わない という人にはぴったりの機種です。 リモコンも付いています! 西日本専用の「JM-17F-60」もあります。 ツインバード工業 DR-D269B スタイリッシュな黒のミラーガラス張りで、 男性にも人気の高い機種です。 温める時だけ庫内が点灯し、中が見える 仕組み。 20Lタイプで、ターンテーブルなし。 「温め」機能に加え、「煮込み」と「解凍」機能を搭載しています。 レトロっぽい大きめのダイヤルと しっかり目立つゴールドのとって が、北欧調のインテリアにも ピッタリとくるデザインに。 カラーもキュートな3色が揃いました。 「卵爆発」は意外と「強い力」があり、 庫内のガラスヒーターが割れて破損する 事故も実際に起こっています。 原因 卵調理器には「ふた」がついている はずですが、この ふたがずれた状態で 使用したことが事故の原因です。 対策 まず電子レンジ及び電子レンジ用器具の 取扱説明書をよく読むことです。 そして、「加熱のし過ぎ」には十分注意が 必要です。 使用前に各使用ごとの 「加熱時間と許容出力の確認」 を行いましょう。 これらを間違えると、 発煙・発火の危険性、火傷やケガの原因 になる可能性が十分あります。 参考 ・ 「ふるさと納税」で電子レンジをゲットできる! ふるさと納税 をご存知でしょうか? 「ふるさと納税」とは、住んでいる 都道府県以外で 「寄付」と言う 形で納税を行うことです。 ふるさと納税のメリットは、 わずか2000円のお金でそれ以上の税金の控除を受けられる というものです。 さらに、寄付をした都道府県から 返礼品(特産品)を、寄付のお礼として 無料でもらえるものです。

次の