格安sim 解約金。 契約解除料一覧|新規契約・機種変更・解約・MNP・番号移行|サポート|Y!mobile

解約金無し、最低利用期間なしで使える格安SIM・スマホまとめ

格安sim 解約金

携帯電話を契約する時は、解約する時の事をあまり深く考えないものです。 大手キャリアには2年間の自動更新という縛りがありますが、格安SIMにも最低利用期間が存在する場合があります。 最低利用期間というのはスマホを購入する時に、「最低でもこの期間は使用してください。 途中で解約すると違約金がかかります」という約束事です。 いざ解約をしようとした時に「え?解約金がかかるの?」とならないよう、契約予定のに最低利用期間があるかどうかちゃんと知っておきましょう。 今回は格安SIMの最低利用期限と違約金について詳しく説明していきますので、是非参考にしてください。 「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線エリア内であればデータ通信の消費がゼロというのが最大の特徴です。 ただし、まだそれほど対応エリアが多いわけではないため、事前にサービスエリアをチェックすることをおすすめします。 旧プラン「組み合わせプラン」「スーパーホーダイ」はこの限りではないため、契約したタイミングによっては注意する必要があります。 コース 音声SIM データSIM SMSなし シェア音声 最大5枚 500MB 1,130円 - - 1GB 1,280円 480円 - 2GB 1,380円 780円 - 4GB 1,580円 980円 1,780円 6GB 1,980円 1,480円 2,280円 8GB 2,680円 1,980円 2,980円 12GB 3,280円 2,680円 3,580円 20GB 4,680円 3,980円 4,980円 30GB 5,680円 4,980円 5,980円 40GB 6,980円 6,480円 7,280円 50GB 8,980円 8,480円 9,280円 イオンモバイルは音声SIM、データSIM共に最低利用期間と違約金が無いのでとても契約しやすいのが魅力です。 他社と比べると非常に気軽に購入できます。 ただし、MNP転出の場合は利用期間によって転出手数料が変わってきます。 利用開始日から90日以内の解約の場合手数料は15,000円ですが、91日以降になると3,000円とずいぶん安くなるので、転出をするのは91日目以降が望ましいです。 また、MNP転入した回線を転出する場合は、期間に関わらずは3,000円となります。 MNP転出手数料については課金開始から6ヶ月以内だと6,000円と通常の2倍かかるため注意が必要です。 このプランは自動更新が無いので、1年間利用すれば無料で解約することが出来ます。 同じく新規受付を終了している「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」は2年間の最低利用期間があり、更新月に解約をしない場合は自動で2年間の契約が更新されます。 「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」は最低利用期間や、更新月以外に解約を行うと9,500円の違約金が発生します。 利用開始日から25ヶ月目が更新月になるので、その月内で解約をすれば違約金はかかりません。 プラン名 月額料金 通話 プランS 3GB ~6ヶ月目:1,980円 7ヶ月目~:2,680円 1回10分の通話が 回数無制限で無料 プランM 9GB ~6ヶ月目:2,980円 7ヶ月目~:3,680円 1回10分の通話が 回数無制限で無料 プランR 14GB ~6ヶ月目:3,980円 7ヶ月目~:4,680円 1回10分の通話が 回数無制限で無料 Y! mobileの現行プラン「スマホベーシックプラン」「データベーシックプラン」は最低利用期間、解約金ともにありません。 2019年10月1日以前の旧プラン「スマホプラン」の最低利用期間は2年となっており、最低利用期間終了後はさらに2年間の自動更新となっています。 俗に言う「2年縛り」ということです。 2年契約をする代わりに月々の料金が安くなっているのです。 「スマホプラン」の違約金は9,500円です。 ネットでの手続きが出来ないので店頭での手続きか、カスタマーセンターから書類を郵送してもらうかの2つの方法で解約を行います。 データSIMに関しては解約金は掛かりませんが、月額使用料が日割りではなく1ヶ月分かかってしまうので注意が必要です。 BIGLOBEモバイルは「エンタメフリー・オプション」が他の格安SIMにはない最大の特徴で、やAbemaTVなどのアプリがデータ消費ゼロで使用できます。 それ以外にも音楽系や書籍系など、通信量がかさむアプリが数多く使い放題になるため、エンタメ系アプリを多用する場合には非常におすすめです。

次の

LIBMO(リブモ)の格安SIMの料金・最低利用期間・違約金

格安sim 解約金

クレジットカードで申し込み• 専用のWebフォームからお申込み• 000円キャッシュバックされるキャンペーンも行われています。 UQモバイルはプランにかけ放題が含まれているのに安い UQモバイルは、プランの中にかけ放題もしくは無料通話が組み込まれているのでお得です。 5分以内の電話かけ放題がおしゃべりプランで無料通話がぴったりプランです。 どちらにするか自分で選択できますが、無料通話はプランによって通話時間に差があるので確認していきましょう。 プランS:5分かけ放題又は1ヵ月60分以内の通話が無料• プランM:5分かけ放題又は1ヵ月120分以内の通話が無料• プランL:5分かけ放題又は1ヵ月180分以内の通話が無料 UQモバイルはauのサブブランドで通信速度が速い UQモバイルはKDDIの子会社が運営している会社かつ、もともとUQモバイルはWiMAXという自社回線も持っており、その両方を使えることから他の格安SIMと比べると通信速度が早く安定しています。 auの4GLTEを使用することができるので、auの人口カバー率も99%と高い数字を誇っています。 通信速度が5年間実績1位に輝いているので、お客満足度も秀逸です。 UQモバイルは節約モード 300kbps ならSNSのデータ消費がゼロ UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランご契約でターボOFF設定時の場合、SNSやFacabook・Twitterを使用してもデータ消費量を抑える事ができます。 SNSだけでなく、ネット検索や音楽もデータ消費量がゼロで利用できるので非常にお得です。 新規契約することでで初月900円割引され、2~4ヵ月目は1,390円割引になるため、合計5,070円の割引• キャンペーン終了後は該当キャンペーンコードは使用できませんので注意して下さい。 過去にはLINEポイント5. 000ポイント分を還元するキャンペーンをやスマホ基本料が1年間0円になるキャンペーンが行っていました。 タイミングが合えば非常にお得に契約できるLINEモバイルですが、現在は1万円相当の割引だけでなく端末割引セールも頻繁に実施されていて、セール時であれば一万円以上安く端末を手に入れることができます。 データSIM:データ通信のみができるSIMカードで、SMSと電話通話機能はついていません。 au回線を利用したい人はデータSIMは使用できないので注意が必要です。 データSIM(SMS付き):データ通信とSMSができるSIMカードです。 電話通話機能はついていないので、端末に音声通話アプリが入っていても利用できません。 音声通話SIM:データ通信も音声通話もできるSIMカードで、SMS認証もできます。 通常のスマホと機能は変わりませんので今までと同じように使用したい人は使いやすいです。 LINEモバイルはLINE, Twitter, Instagram, Facebookが高速通信でもデータ消費ゼロ データ容量を使い切ってしまって通信が遅くなり、連絡が取りずらくなったなどの経験は誰でもあると思います。 LINEモバイルではデータの容量を使い切ってもLINE, Twitter, Instagram, Facebookに関しては速度が落ちることなく利用できます。 MUSICミュージック+プラスプランに関してはLINE MUSICも速度を落とさないで利用ができるので、容量を気にしないで快適に使うことができます。 LINEモバイルはソフトバンクの子会社のためソフトバンク回線の通信速度が高速・安定 2018年4月からLINEモバイルはソフトバンクの子会社になりました。 混雑時でも1Mbps以上の速度が出るよう回線を増強していることから、他の格安SIMに比べると通信速度が高速かつ安定しています。 これからも通信速度はより安定・高速化すると考えられます。 LINEモバイルを利用するならソフトバンク回線を選択することをお勧めします。

次の

解約金なしの格安SIMを比較

格安sim 解約金

格安SIMでも縛り(契約期間)はあるのか? 格安SIMの場合でも縛りはあります。 ただし、ネットの光回線や大手キャリア(ドコモ・au・SoftBank)の契約に比べれば、格安SIMの縛りはゆるいものが大半です。 加えて、多くの格安SIMでは解約条件についてキャリアと違ってとても分かりやすく説明しています。 また、解約金がない(最低利用期間がない)という場合もあります。 縛りや解約金を含め格安SIMについての基礎知識を理解しておくと、格安SIMがぐっと身近になりますよ。 それでは、格安SIMについて考察してみましょう。 格安SIMの基礎知識 大手キャリア(ドコモ・au・SoftBank)と格安SIMでは、異なる点があります。 大手キャリアとのスマホ契約では、必ず携帯電話番号がついてて、 普通に電話ができるプランが基本です。 一方、格安SIMの場合はデータ通信が基本で、 携帯電話番号をつけるかどうかを自分で選択することができます。 格安SIMデータ通信専用SIMカード• 必ず携帯番号が付いており、電話を使える• 格安SIMのように、SIMカードのタイプを選ぶ必要はない たとえば、このような使い方をする場合。 携帯の電話番号はいらないけど、TwitterやインスタグラムなどのSNSやYouTube閲覧、LINE通話はしたいという人は、「 データ通信専用SIMカード」を選ぶといいでしょう。 また、大手キャリアで通話し放題のプランを契約して、2台目のスマホやタブレットのためにデータ通信専用SIMを契約する、という使い方もできます。 もちろん、完全に乗り換えて従来のようにスマホを利用して電話をする機会がある、という場合は格安SIMの「 音声通話付きプラン」を選ぶという方法があります。 SIMタイプによって解約条件が異なる 格安SIMでは、SIMカードのタイプが3つあると説明しました。 実は、 格安SIMの縛り(解約金の有無)は、この選ぶ SIMカードの種類で異なってきます。 まず、データ通信専用SIM(SMS機能付きSIMも含む)ですが、縛り期間(最低利用期間)が設けられていないため解約金もなく、いつ解約しても 別途費用はかかりません。 一方、音声通話SIMカードの場合は、最低利用期間が6ヵ月~1年となっているものがあり、その期間中に解約すると解約金(契約解除料)が発生します。 最低利用期間未満が条件• 利用期間は6〜12ヵ月 解約金 なし なし• 最大12,000円 格安SIM(音声通話)では「最低利用期間」が基本 ほとんどの格安SIMのうち音声対応のSIMカードだと、最低利用期間を待たず解約してしまうと解約金がかかります。 しかし、あくまで「最低利用期間」であり、 自動更新プランではありません。 半年~1年といった縛りの期間を過ぎれば、その後はいつ解約しても解除料はかからないんです。 それに対して、 自動更新を条件に採用しているのが、大手キャリア(au・ドコモ・SoftBank)です。 自動更新プランの場合、何年契約を続けていても、「更新月」を逃してしまうと、 解約の際に解約金がかかってしまう。 格安SIMは、大手キャリアよりも解約もしやすく、自由度が高いことがよく分かります。 格安SIM とキャリア比較 — 最低契約期間 格安SIM キャリア 最低契約期間 6ヵ月~2年 2年 (最低契約期間がないものもあるが月額料金が高め) 契約更新 なし あり(自動) 解約金なく解約できる期間 最低契約期間の終了後はいつでも 契約更新月(1~3ヵ月間)のみ 格安SIMの縛りの仕組み 格安SIMの縛り(解約金)のシステムは、キャリアと同じく決まった金額が請求される「 一律制」と、利用期間が長くなればその分減額される「 減額制」の2パターンあります。 一つの格安SIMを長く使い続けるか、それとも自分に合わないと思ったら早めに解約したいかによって、どちらの格安SIMを選ぶか決めるとよいでしょう。 改正電気通信事業法 2年縛りをなくして、違約金の上限を1,000円までとした。 2019年10月1日よりあとに契約したものが適応される。 どれもも人気が高く、料金面とサービス面でバランスの取れた格安SIMといえます。 最低利用期間がないため、これから申し込もうと考えるときに気軽にできるのはいいですね。 解約金とは異なる「MNP転出手数料」 解約金とは異なりますが、「MNP転出手数料」も解約をするときには勘定に入れておくべきものです。 「MNP転出手数料」は、 お使いの携帯番号をそのままで他の格安SIMやキャリアに乗り換える場合に発生する手数料のことです。 格安SIMとキャリアどちらでもかかります。 一般的には、MNP転出手数料はだいたい3,000円です。 よって、解約時には契約解除料+3,000円がかかるということになります。 なお上記で紹介した解約金がない mineoですが、契約から1年間はMNP転出ときに解約金の代わりに「MNP転出時契約解除料」で9,500円請求されます。 代表的な格安SIMの解約金をチェック 格安SIMは種類が沢山あり、それぞれに異なる特徴があります。 人気のある代表的な格安SIM(音声通話SIM)の解約金をチェックしてみましょう。 IIJmio 格安SIMの中では安定の人気度がある(アイアイジェーミオ)。 豊富な特典が用意されていて、お得な料金で音声通話SIMを使うことができます。 の解約金は 減額制です。 たとえば、利用開始月が5月だとして12月に解約すると、5,000円の解約金がかかるということです。

次の