ラブグラ 成分。 ラブグラ通販|不感症改善|女性用バイアグラ|薬ストア

ラブグラの効果と体験談

ラブグラ 成分

女性用に開発されたバイアグラで、不感症の改善や、性的に興奮させる為の薬です。 クリトリスや膣内周辺の血流を良くすること、膣液の分泌量を増やし、性的刺激による感度を上昇させることで、オーガズムに達しやすくなります。 ラブグラの特徴 ラブグラはオーガズム障害や、性的な興奮を感じない性的興奮障害や、性行為時に痛みを感じる性交痛など不感症の症状を改善し、性行為をサポートします。 ラブグラに配合されているシルデナフィルという有効成分は男性のED(勃起不全)を治療するバイアグラにも使われており、世界で浸透している薬で、安全性・効果が評価されており、多くのリピーターを生んでいます。 同成分を含んでいることもあり、ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれることもあります。 ラブグラが女性の不感症を改善し、オーガズムに導くのか ラブグラの有効成分であるシルデナフィルには血管の拡張作用があります。 これによりクリトリスなど女性器の周りの血流を良くして、膣液が分泌されやすくなり、身体を性行為をスムーズに出来る身体にします。 膣液は、性行為をする際には大きな役割があり、挿入時の摩擦を減らし、潤滑油の役割を果たすほか、快感に繋がり、性的な興奮を得られるようになります。 ラブグラは血流を良くして、不感症を改善する画期的な薬といえるでしょう。 ラブグラの効果 効果・効能 不感症改善 オーガズムに達しない、性行為時に濡れづらい女性に有効です。 ラブグラは血管の拡張作用があり、クリトリスなどの女性器周辺の血流を良くして、膣液を分泌しやすくします。 膣液が分泌された結果、膣内での摩擦を減らし、性交痛が軽減されるほか、性的な興奮状態になったり、感度が増すことで、不感症を改善します。 ラブグラは外部から性的刺激を受けた場合ののみ効果を発揮しますので、自身の意思に反して身体が反応することはありません。 ラブグラの作用時間は5時間 体格や身体の大きさ、体調等により効果には個人差が生じますが、服用後1時間から効果が発現し、持続時間は約5時間となります。 食事の影響 ラブグラは食後の服用ですと、効果が満足に得られない可能性がありますので、空腹時に服用するようにしてください。 食事をした際は、食後2時間ほどあけてから服用し、脂質の高い料理は避けることが効果的です。 食前に服用し、薬の成分を吸収した後であれば食事をしても影響はありません。 アルコールの影響 ラブグラは少量のアルコールは問題はなく、リラックス効果による相乗効果が期待出来ますが、シラブグラには血管の拡張効果がありますので、アルコールが回りやすくなります。 飲みすぎると逆効果になり、泥酔する可能性も高くなりますので留意しましょう。 ラブグラの副作用 主な副作用 頭痛、ほてり、潮紅、めまい・視覚障害など 頭痛・ほてり・潮紅に関しては、服用により血管が拡がっている状態ですので、2~3時間も経てば薬の効果と共に症状は落ち着きます。 副作用としては低頻度ですが、めまい・視覚障害が起きることがあります。 服用を中止すると症状は治まりますので過度な心配は不要ですが、安全のため機械や自動車の運転は避けましょう。 稀な副作用 非動脈炎性前部虚血性視神経症 持続性勃起症(プリアピズム)という、4時間以上の勃起の延長が少数報告されています。 発症から6時間ほどで組織が壊死し始め、最悪の場合永続的な勃起不全となってしまうおそれがあります。 勃起が4時間以上続く場合は、速やかにかかりつけの医師、もしくは内科・泌尿器科・専門外来にて、診断を受けてください。 ラブグラの注意事項 慎重投与• 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人• PDE5 阻害薬または他の不感症改善薬を使用している人• 出血性疾患または消化性潰瘍のある人• 高齢(65 歳以上)の人• 腎臓に重い障害のある人• 肝臓に障害のある人• 多系統萎縮症の人 服用してはいけない人• ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人• 心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人• 肝臓に重い障害がある人• 低血圧の人または治療を受けていない高血圧の人• 最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人• 網膜色素変性症の人• アミオダロン塩酸塩(経口剤)を使用している人• 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用している人 併用禁忌薬• 酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)• アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)• sGC刺激剤 リオシグアト(アデムパス).

次の

ラブグラ【通販価格:980円~】女性用のバイアグラ|グー薬局

ラブグラ 成分

女性用に開発されたバイアグラで、不感症の改善や、性的に興奮させる為の薬です。 クリトリスや膣内周辺の血流を良くすること、膣液の分泌量を増やし、性的刺激による感度を上昇させることで、オーガズムに達しやすくなります。 ラブグラの特徴 ラブグラはオーガズム障害や、性的な興奮を感じない性的興奮障害や、性行為時に痛みを感じる性交痛など不感症の症状を改善し、性行為をサポートします。 ラブグラに配合されているシルデナフィルという有効成分は男性のED(勃起不全)を治療するバイアグラにも使われており、世界で浸透している薬で、安全性・効果が評価されており、多くのリピーターを生んでいます。 同成分を含んでいることもあり、ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれることもあります。 ラブグラが女性の不感症を改善し、オーガズムに導くのか ラブグラの有効成分であるシルデナフィルには血管の拡張作用があります。 これによりクリトリスなど女性器の周りの血流を良くして、膣液が分泌されやすくなり、身体を性行為をスムーズに出来る身体にします。 膣液は、性行為をする際には大きな役割があり、挿入時の摩擦を減らし、潤滑油の役割を果たすほか、快感に繋がり、性的な興奮を得られるようになります。 ラブグラは血流を良くして、不感症を改善する画期的な薬といえるでしょう。 ラブグラの効果 効果・効能 不感症改善 オーガズムに達しない、性行為時に濡れづらい女性に有効です。 ラブグラは血管の拡張作用があり、クリトリスなどの女性器周辺の血流を良くして、膣液を分泌しやすくします。 膣液が分泌された結果、膣内での摩擦を減らし、性交痛が軽減されるほか、性的な興奮状態になったり、感度が増すことで、不感症を改善します。 ラブグラは外部から性的刺激を受けた場合ののみ効果を発揮しますので、自身の意思に反して身体が反応することはありません。 ラブグラの作用時間は5時間 体格や身体の大きさ、体調等により効果には個人差が生じますが、服用後1時間から効果が発現し、持続時間は約5時間となります。 食事の影響 ラブグラは食後の服用ですと、効果が満足に得られない可能性がありますので、空腹時に服用するようにしてください。 食事をした際は、食後2時間ほどあけてから服用し、脂質の高い料理は避けることが効果的です。 食前に服用し、薬の成分を吸収した後であれば食事をしても影響はありません。 アルコールの影響 ラブグラは少量のアルコールは問題はなく、リラックス効果による相乗効果が期待出来ますが、シラブグラには血管の拡張効果がありますので、アルコールが回りやすくなります。 飲みすぎると逆効果になり、泥酔する可能性も高くなりますので留意しましょう。 ラブグラの副作用 主な副作用 頭痛、ほてり、潮紅、めまい・視覚障害など 頭痛・ほてり・潮紅に関しては、服用により血管が拡がっている状態ですので、2~3時間も経てば薬の効果と共に症状は落ち着きます。 副作用としては低頻度ですが、めまい・視覚障害が起きることがあります。 服用を中止すると症状は治まりますので過度な心配は不要ですが、安全のため機械や自動車の運転は避けましょう。 稀な副作用 非動脈炎性前部虚血性視神経症 持続性勃起症(プリアピズム)という、4時間以上の勃起の延長が少数報告されています。 発症から6時間ほどで組織が壊死し始め、最悪の場合永続的な勃起不全となってしまうおそれがあります。 勃起が4時間以上続く場合は、速やかにかかりつけの医師、もしくは内科・泌尿器科・専門外来にて、診断を受けてください。 ラブグラの注意事項 慎重投与• 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人• PDE5 阻害薬または他の不感症改善薬を使用している人• 出血性疾患または消化性潰瘍のある人• 高齢(65 歳以上)の人• 腎臓に重い障害のある人• 肝臓に障害のある人• 多系統萎縮症の人 服用してはいけない人• ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人• 心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人• 肝臓に重い障害がある人• 低血圧の人または治療を受けていない高血圧の人• 最近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人• 網膜色素変性症の人• アミオダロン塩酸塩(経口剤)を使用している人• 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を使用している人 併用禁忌薬• 酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)• アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)• sGC刺激剤 リオシグアト(アデムパス).

次の

ラブグラ通販|不感症改善|女性用バイアグラ|薬ストア

ラブグラ 成分

ラブグラの効果がスゴイ?! 性の悩みは男性だけではありません。 女性も抱える問題です。 男性であれば、 性器がうまく機能しない といった問題があるでしょうが、 女性であれば ・不感症 ・濡れにくい といった問題を抱えている人もいるでしょう。 そんな女性に ラブグラはおすすめです。 性行為用の薬というと、 どうしても 男性のイメージが強いですが、 男性にある悩みは、 女性側にもあるものです。 そこで女性のために 開発された薬が ラブグラです。 ラブグラは ED 治療薬を開発した 会社から発売されています。 成分は男性用のバイアグラとほぼ一緒。 成分が作用する仕組みは一緒のようです。 ただその結果得られる効果が、 男性と女性で違うようです。 バイアグラとラブグラに含まれる シルディナフィルには、 血行を良くする効果があるといわれています。 その結果男性であれば、 ペニスへの血流が増え ED 改善に効果を発揮するようですが、 女性であれば 腟に潤いを与え、 性感度を高めるといった効果が期待できるようです。 不感症に関しては相性であったり、 心的な影響によるものが大きいですが、 それでも薬によってお互いの悩みを解決できるのであれば、 これほどいい方法はありません。 ラブグラってどんな効果? ラブグラは、 クリトリスや外陰部、膣の感度を高めてくれる効果があるようです。 その他、 腟に潤いを与える効果もあるようで、 男性のピストン運動による痛みを 軽減することができるようです。 なお服用タイミングに関しては、 基本的に性行為の 1 時間前 がベストと言われています。 最大限効果を発揮したいのであれば、 空腹時に飲むのがベストです。 またラブグラは、 アルコールや脂の多い 食事の影響を受けやすいようです。 そのため服用する前は、 極力こういった食事は避けるようにしましょう。 成分を体内に吸収してから、 およそ 30 分〜 1 時間後に効果が現れてくるようです。 その後 4 〜 6 時間持続すると口コミ等で言われています。 なお、持続するからといって 常に効果を感じているわけでは内容です。 あくまでも、 性的な興奮を感じたときのみ作用するようです。 常に敏感になるわけではないので、 その点は安心して大丈夫なようです。 どの成分がどのような効果なのか? ラブグラに含まれる成分は シルディナフィルでした。 これはバイアグラにも配合されている成分。 男性であれば 勃起力を高めてくれる効果があるようですが、 女性であれば、 腟に潤いを与え性感度を高めてくれる効果があるようです。 また媚薬などと違い、 意図しない興奮を促すものではありません。 あくまでも 性的な興奮があったときのみ作用する成分なようです。 急におかしくなるといった心配はありません。 気になる副作用ですが、 ・動悸 ・頭痛 ・めまい ・鼻づまり などが報告されているようです。 ただこれは可能性の話であるため、 そこまで心配する必要はなそうです。 もし効果が強いなと感じたら、 1 錠を半分に割って服用するなどの工夫をしましょう。 通常の薬にも言えることですが、 グレープフルーツなどの 柑橘類との摂取は NG です。 吸収率を高める効果があるため、効きすぎてしまう可能性があります。 また一度服用したら 24 時間以上は間隔をあけるようにしましょう。 過剰摂取は禁物です。

次の