プロテインシェイカー おすすめ。 【2020年版】プロテインシェイカーの選び方とおすすめ5選!

おすすめプロテインシェイカー10選!失敗しないプロテインシェイカーの選び方もご紹介

プロテインシェイカー おすすめ

そもそもプロテインシェイカーとは? 名前から大体想像はつくと思いますが、プロテインシェイカーはプロテインをシェイクするものです。 名前は知らなくても、何となく見たことあるという方も多いでしょう。 作りはいたってシンプルですが、これに入れて振るだけでプロテインが 断然溶けやすくダマになりにくいです。 プロテインを飲むならひとつは持っておくべきマストアイテムです。 プロテインシェイカーは必要か? プロテインシェイカーが絶対に必要かと言えば、なくてもプロテインを飲むことはできます。 ただ、プロテインシェイカーがあった方が圧倒的に便利です。 溶けるスピードが段違いなので。 プロテインを飲んでいるほとんどの人はプロテインシェイカーを使っていると思います。 価格的にも安いものだと数百円程度なのでそこをケチる必要はないと思いますね。 Amazonなら送料無料で届けてくれるものも多いですし。 なので、とりあえずひとつは持っておくといいでしょう。 飲み口の広さ• 容量(サイズ)• それぞれ解説していきます。 飲み口の広さ プロテインシェイカーには飲み口が広いものと狭いものがあります。 飲み口が広いものはこんな感じです。 水や牛乳とプロテインを入れて振った後はふたを開けてそのまま飲むタイプですね。 プロテインシェイカーと言えばこの形を思い浮かべる人が圧倒的に多いであろう、 最も定番の形のプロテインシェイカーです。 数百円程度の安いプロテインシェイカーはこちらの形がほとんどですね。 飲み口が広いので 一気に飲めるのがメリットです。 また、パーツが簡素なので 洗いやすいというメリットもあります。 ただ、勢いよく飲むとサイドからプロテインがこぼれる場合があるので注意が必要ですね。 反対に、飲み口が狭いものはこんな感じ。 ふたについている小さなキャップ部分を開けて飲むタイプです。 飲み口が 口の中にすっぽり入るので飲み口が広いタイプのように横からこぼれることがないのがメリットです。 ふたを回転させて開けなくてもキャップを外すだけなので 素早く飲めるという利点もありますね。 デメリットとしては、一気に飲めないので時間がかかったり、飲み口の部分が狭いので洗いにくいというのがあります。 容量(サイズ) プロテインシェイカーの 平均的なサイズは400~500mlくらいです。 ですが中には800mlなど容量の大きいものもあります。 プロテイン1回分に必要な水や牛乳は200~300ml程度なので、400mlの容量があれば十分でしょう。 あまり大きいとスポーツジムやフィットネスクラブに持って行く際にかさばりますので注意が必要です。 メッシュのありなし 一般的な数百円で買えるプロテインシェイカーはカップとふただけのものがほとんどですが、溶けやすさにこだわったちょっと良いプロテインシェイカーにはふたの裏側にメッシュのカバーがついているものがあります。 こんなやつですね(これは僕の私物です笑)。 これがあるとないとでは、 プロテインの混ざりやすさが段違いです。 メッシュがあるとプロテインが溶けやすくダマになりにくいのでおすすめです。 ただし、メッシュの部分はちょっと洗いにくいというデメリットがあります。 パーツが増える分洗う手間も増えます。 それが嫌でメッシュなしを使っているという人もいらっしゃるので、この辺はご自身でどちらがいいか決めてください。 最近のプロテインは溶けやすいものが多くなっているのでメッシュがなくても全然混ざらないということはありませんので。 おすすめのプロテインシェイカーまとめ プロテインメーカーのシェイカー メーカーのシェイカー、、なんかシャレみたいですね(笑) プロテインのメーカーといえば、 「SAVAS(ザバス)」「DNS」「weider(ウイダー)」などが有名です。 それぞれのメーカーではプロテインはもちろん、プロテインシェイカーも販売しています。 プロテインとの統一感が出る• 例えば、ザバスのプロテインを使っている人はシェイカーもザバスのものを使えば何となく 統一感が出ていいですよね。 全身同じブランドの服で揃えるとか、靴とカバン、ベルトの色を合わせるとおしゃれといった話と同じです。 ん?ちょっと違いますか?笑 また、プロテインメーカーのシェイカーは数百円程度で購入できるリーズナブルなものが多いのもメリットです。 いかにもプロテイン感が出る• プロテインメーカーのシェイカーはいかにもプロテイン飲みますって感じの見た目なので、女性の方は特に抵抗があるかもしれません。 自宅で使う分には大丈夫ですが、ジムなどで他の人もいる前で使うのはちょっと、、と思う方もいらっしゃるでしょう。 また、プロテインメーカーのシェイカーは安いかわりに作りは簡素なものがほとんどです。 機能性にもこだわりたいという方には不向きかもしれません。 プロテインメーカーのシェイカーで人気なものを3つピックアップしました。 プロテインメーカーのシェイカーは作りやクオリティはどれも大差がないので、見た目の好みで選ぶのがおすすめです。 ザバス プロテインシェーカー 世界一有名なスポーツジム 「ゴールドジム」のプロテインシェイカー。 ゴールドジムはプロテインブランドとしても定評があります。 イエローのカラーリングは珍しくておしゃれです。 本格派プロテインシェイカー プロテインメーカーの簡素なシェイカーではなく、本格的なシェイカーを使っている人も多いです。 個人的にはこちらをおすすめしています(僕も使っています)。 本格的といっても二千円くらいで買えますので。 機能性に優れている• 本格的なプロテインシェイカーは メッシュキャップがついていたり、プロテインがよく混ざるようにするための ボールが入っていたり、 漏れにくい構造になっていたりと様々な工夫がされています。 また、デザイン的にもスポーティーでいかにも感がないのでカッコいいです。 値段がやや高い• 本格派のプロテインシェイカーは機能性が優れている分、プロテインメーカーの簡素なものと比べると価格が高いです。 また、構造が複雑なので細かいところが洗いにくいというのもデメリットです。 こればっかりはどうしようもないので丁寧に洗いましょう 笑) 本格的なプロテインシェイカーのおすすめは以下の2つです。 スマートシェイク プロテインシェイカー スリム ブレンダーボトルの最大の特徴は中に入っている ステンレスのボールです。 ボールが入った状態でシェイクすることで普通のシェイカーよりも断然混ざりやすいのがメリットです。 見た目もプロテインシェイカーとは思えないほど スポーティーでおしゃれなデザインなので、「それどこの?」と聞かれることもあるかもしれませんね。 10種類以上の 豊富なカラバリが揃っていてお気に入りのカラーを選べるのも嬉しいです! まとめ プロテインを飲む際にはプロテインシェイカーを使いましょう。 スプーンでかき混ぜたりしているよりも圧倒的に素早く溶けますので。 価格も安いのでひとつ持っておくだけで断然便利になりますよ。 今回おすすめした以外にもプロテインシェイカーはいろんなメーカーから販売されていますのでお気に入りを見つけるのも楽しいかもしれませんね。 当ブログの人気記事• 558,160件のビュー• 520,675件のビュー• 306,046件のビュー• 258,708件のビュー• 255,633件のビュー• 248,532件のビュー• 221,165件のビュー• 201,842件のビュー• 201,544件のビュー• 188,603件のビュー• 177,113件のビュー• 173,434件のビュー• 160,931件のビュー• 155,384件のビュー• 123,947件のビュー• 121,957件のビュー• 119,198件のビュー• 119,111件のビュー• 118,245件のビュー• 117,098件のビュー.

次の

プロテインシェイカーのおすすめ10選!シンプル&機能性抜群のシェイカーを紹介

プロテインシェイカー おすすめ

気になる項目にワープ!• 家で飲むならサバスのプロテインシェイカー 朝起きてからや、就寝前にグイっとプロテインを飲みたいときは、 サバスのシェイカーを使うようにしています。 サバスの何がいいって、 洗いやすいのが一番いいです。 簡単な作りで、ふたの部分とコップの部分の2つしかパーツがないので、いろいろ洗わなくて済みますし、ややこしいパッキンや入り組んだ部分もない。 飲み口も広いのでスポンジと手がしっかり底まで届くので洗えてる感あります。 さっと飲めてさっと洗えるというのが一番のメリットですね。 一応底面に突起があって、溶けやすいようにシェイクすると水の流れができる仕組みにはなっていますが、プロテインの種類によっては溶けにくいものもあります。 ゴールドジムやKentaiのシェイカーも持っていますが、蓋が薄くてちゃんとしまっている感じがしないんですよね。 漏れたことはないですけど。 サバスのものはそのあたりの心配しなくていいものいいです。 これは シェイカーの下にプロテインやサプリメントを入れる ケースを合体させることが出来るので超便利です! 私は足トレなどのハードなトレーニングをするときは、プレワークアウトとBCAAとプロテインを持っていくのですが、このケースがあると かさばらずに一緒に持ち運べて本当に助かります。 シェイカーの中にプレワークアウトを入れて、小さいケースにBCAA、大きいケースにプロテインを入れて持っていってます。 トレーニング前にプレワークアウトを飲んで、トレーニング中は同じシェイカーでBCAAを、トレーニングが終われば少し水洗いしてプロテインを飲みます。 シェイカーの要領も 500mlのペットボトルの水が全部入るくらい大きいので、トレーニング中の水分補給にもちょうどいい大きさです。 何気に便利なのが、シェイカーの上の部分にフック。 ジム内での持ち運びにとっても便利です。 ブレンダーボトルはシェイカーの口はめっちゃ広くて洗いやすいけど、飲み口は小さいので、外でも飲むときに口からこぼれることがなくていいですね。 こちらは撹拌用に シェイカーボールが一緒についていますが、 私は使っていません。 シェイカーボールってシェイクの時に中に入っていると、結構大きな音でガシャガシャ言うんですよね。 うるさいし周りの人がびっくりするかなと思って使っていません。 これも シェイカーの底にプロテインを入れておける カップがついているのでいいです。 撹拌用には、 プラスチックのメッシュがついています。 蓋にメッシュを取り付けることで、プロテインも よく溶けます。 他のシェイカーだとだまになっちゃうマイプロテインのプロテインもこれだとしっかり溶けます。 めっちゃ根気よくシェイクを続ければしっかり撹拌して溶かすこともできますが、シェイクだけで一苦労です。 水を先に入れておけばそこまで苦労することなくしっかり混ざりますよ。 一度だけやったことがあるんです。 ジムで飲んだシェイカーをバックから出すのを忘れて次の日に気づくというのを・・・。 それはそれは 強烈は悪臭…! 普通の洗剤で洗ってもニオイが残る場合は、 ハイターなどで漬け置き洗いをしましょう。 また、日常的に使っているシェイカーもだんだん臭くなっていきます。 これはもう飲んでいるものがプロテインでシェイカーの素材がプラスチックなら仕方ないことなので、 シェイカーは消耗品と割り切り、買い替えてしまいましょう! まとめ 今回は、使う場所別おすすめのプロテインシェイカーをご紹介しました!.

次の

プロテインシェイカーおすすめ人気10選【Amazon/おしゃれ/安い】

プロテインシェイカー おすすめ

@ランキングをご覧のみなさま、こんにちは。 私は、スポーツトレーナーとして活動していた大井咲です! 日々、ボディメイクや健康向上のために筋トレに励んでいる方にとって、プロテインは必須アイテムといっても過言ではありません。 それとセットで、プロテインシェイカーの重要性も非常に高いもの。 ここでは、プロテインシェイカーの選び方や、人気な商品をランキング形式でご紹介します。 プロテインシェイカーの使い方と洗い方などのノウハウも伝授いたしますので、最後までお見逃しなく! それでははじめに、プロテインシェイカーとか一体なにかを詳しく見ていきましょう! 目次• プロテインシェイカーとは? プロテインシェイカーとは、プロテインを飲む際に粉末がダマにならないように、シェイクするためのアイテム。 シンプルなデザインのものや、機能性が優れているものまで種類が豊富にあります。 ジムで周りを見渡すと、同じシェイカーを使っている人はほとんどいないといっても過言ではないほど、多数に存在するプロテインシェイカー。 「一体どれを使うといいの?」という疑問を抱いている方も少なくありません。 ここで、あなたにぴったりのプロテインシェイカーを見つけていきましょう! 【こちらもCHECK】ジムに関連するおすすめ記事はこちら プロテインシェイカーの使い方を解説 ここからは、プロテインシェイカーの効果的な使い方をご紹介します。 プロテインシェイカーを使用しているのに、「なかなか溶けない」「ダマになってしまう」という方も多いはず。 素早く溶かすためには、秘訣があるのでしっかりおさえておきましょう! まずプロテインをシェイクするときは、水や豆乳、牛乳から先に入れるようにしてくださいね。 粉を最初に入れてしまうと、混ざりにくくダマになりやすいそうです。 最後にプロテインを入れて、シェイクするように徹底しましょう! これらの手順を守ってプロテインを作ることが、シェイカーの正しい使い方だと言えます。 あなたもさっそく挑戦してみてくださいね。 プロテインシェイカーの洗い方 プロテインシェイカーのなかには、洗いにくい商品もたくさんあります。 トレーニング後や就寝前に、よく使うプロテインシェイカーの洗い方を、ここでしっかりマスターしておきましょう! 水でサッと洗い流すだけの方もいらっしゃいますが、洗剤とスポンジ、ブラシを使用してしっかり洗うようにしてくださいね。 とくに、ゴムパッキンの部分にはカビがはえてしまうことも少なくありません。 毎回、ゴムパッキンも一度取り外してから洗うようにするとGood。 熱湯消毒ができるものであれば、大きな鍋にお湯を沸かして数分つけておきましょう。 洗ったあとに、乾くまで乾燥されることも大切ですよ。 つねに、きれいな状態のプロテインシェイカーを使用してボディメイクに励んでくださいね。 なかでも、飲みやすさを配慮してつくられているものをお選びするといいかもしれませんね。 飲み口がついているものも、プロテインをこぼさず飲み干すことができます。 トレーニングで腕や胸を追い込んだ日には、手が震えてうまく飲めないケースも。 そんなときに、飲み口つきのプロテインシェイカーはスムーズに飲めるので人気も高いと言えます。 溶かしやすさにこだわって、洗いにくいものを選んだ場合にはきれいに洗浄できずに臭いが残ってしまうケースも。 部品の多い商品は、洗いにくい難点もあるので要注意。 反対に、食洗器が使用可能なものもあるので、衛生面が気になる方はそういった商品を選びましょう。 しかし、フィットネスクラブやランニングに出かける方は、プロテインシェイカーの持ち運びやすさを意識して選びましょう。 持ち運ぶ際に、滑りやすいものや重量感があるもの、音が鳴るものはストレスになってしまいます。 シンプルなプロテインシェイカーを選ぶとこのような、ストレスを避けられるので、機能性だけを重視しないようにしてくださいね。 この価格の差は、容量や機能性によるものがほとんど。 5,000円前後のシェイカーは、電動式のものなど優れた機能性を重視してつくられています。 運動をはじめたばかりで、継続していけるか不安だという方は低コストなシェイカーを使用してみるといいかもしれませんね。 慣れてくると次第に、自分にあっているプロテインシェイカーがわかってくるはず。 洗いやすさや飲みやすさなどを考慮して、myシェイカーを見つけてみましょう。 プロテインシェイカーおすすめ人気ランキングTOP15 ここまではプロテインシェイカーの選び方についてお伝えしてきました。 ここからはプロテインシェイカーの人気商品をランキング形式でご紹介していきます! 総合ランキングに続いて、500mlと大容量に限定したランキングも紹介しています。 お気に入りのmyシェイカーを見つけて、今よりもっとトレーニングライフを充実させましょう。 15位 Kentai Kentaiビッグシェーカー こんな方におすすめ• 食器洗い機に対応できるシェイカーが欲しい方• 片手で振るだけで素早く溶かすことができシェイカーをお探しの方• カラーバリエーションが豊富で周りとかぶらないアイテムが欲しい方 プロテインシェイカーは100均で購入できる? ズバリ!プロテインシェイカーは、100均で購入できますよ。 シンプルなデザインで、飲みやすさ、洗いやすさともに満点なシェイカーだといえます。 実際に使用している方の口コミ評価もよく長年愛用している方も多数見られました。 はじめてプロテインシェイカーを使用するのであれば、低コストなものから使ってみるのもアリ。 「プロテインシェイカーは、消耗品なので低コストなものがいい」という方にはぴったりです。 プロテインシェイカーの代用 プロテインを購入したものの、「シェイカーがない!」そんな事態をご経験された方も少なくないのでは? プロテインを購入すると、シェイカーが当たり前のようにセットでついてくるものも多数あります。 お得なセットですが、知らず知らずのうちに当たり前になっていて、いざシェイカーがついてこないとなると焦ってしまうことも。 そんなときに、シェイカーを代用するのであれば「ペットボトル」がぴったり。 ちなみに、水筒を選んでしまうと、飲んだあとに洗う手間がかかるので避けたほうがいいでしょう。 飲み口が小さい水筒が多いため、奥にプロテインが残った場合、洗い流すことが困難になります。 ペットボトルは、飲んだあとに捨てるだけなので手軽に代用として使用できますよ。 プロテインシェイカー使用上の注意点 プロテインシェイカーは、消耗品なのである程度使用し続けたら交換するようにしましょう。 とくにゴムパッキン部分にカビが生えたままにしておくと体にトラブルが起こる可能性も少なくありません。 衛生面の管理を徹底して、ゴムパッキンを定期的に交換するようにしてくださいね。 また、知らず知らずのうちにシェイカーにヒビが入っているケースも少なくありません。 最低でも半年に1度は交換する癖をつけておくといいかもしれませんね。 Amazonのプロテインシェイカーの人気ランキング Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の