低 用量 ピル 生理 早める。 ピルで生理をずらす方法を詳しく解説!何日前から?費用や副作用は?

低用量ピルとは?避妊効果や生理への影響、値段は?

低 用量 ピル 生理 早める

月に1度やってくる生理が突然こなくなってしまったら、ホルモンバランスの乱れや妊娠の可能性などを懸念し、不安な気持ちになってしまいますよね。 成長期である10代は生理周期が不安定でも、20代をすぎると安定期に入り、一定の期間で生理が訪れるようになります。 しかし生理がこないという不安感から、気付かないうちに精神的にストレスを感じてしまっていることも。 なかにはアプリで自身の生理開始日や終了日を入力し、排卵日や今後の生理予定日を管理して生理日を把握する女性も増えています。 そこで今回は、生理不順は薬(ピル)で改善できる?避妊だけじゃない低用量ピルの効果についてお話します。 正常な「月経周期日数」はどのくらいの期間? 正常な月経の周期日数の目安はどのくらい日数なのでしょうか。 通常、月経の周期日数は「25日~38日」とされています。 出血持続日数は3日から7日間が通常です。 無月経になった場合は、不妊になってしまうこともありますので、早めにクリニックや病院に受診しましょう。 また生理が来ない現象とは反対に、月に2回月経が訪れる「頻発月経」もあります。 頻発月経は出血が10~14日ほど長く続くことが多く、通常の月経と比べて違いに気付きやすいことが特徴です。 まとめると主な月経のトラブルは次の3種類です。 あなたの身体の中でなんらかの異変が起こっていることを、月経を通じてアピールしてくれているのです。 どうして生理不順などの月経トラブルが起こってしまうのでしょうか。 月経のしくみや生理不順などの月経トラブルの原因って? 生理不順や無月経などの生理トラブルは、なぜ起こるのでしょうか。 そもそも月経には「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン」というホルモンが大きく関係しています。 月経前のタイミングに黄体ホルモンの分泌が増え、月経時には卵胞ホルモンの分泌が多くなります。 本来は一定の割合で増減するこれらのホルモンのバランスが崩れてしまうことで、「生理不順」が発生してしまうのです。 ホルモンバランスの乱れは、次のようなものが原因だと言われています。 ・過度なダイエット ・不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ ・環境の変化による強いストレス ・偏った食生活 つまり生理不順が起こることで、ホルモンバランスの乱れを知らせてくれているんです。 こういった症状が出た場合には、お近くの病院やクリニックを受診するようにしましょう。 生理不順が起こったらどうしたらいいの?薬(ピル)で改善する? 万が一、生理不順が起こった場合に「すぐ治だろう」と放置することは危険です。 もちろん、時間の経過とともに体調が整って通常の月経周期日数に戻ることもありますが、生理不順を放置していると無月経になり、月経が無くなってしまう可能性も考えられます。 これから結婚や出産を考えている女性にとって、不妊になってしまうと悲しいですよね。 また症状としては吐き気やめまい、視覚異常などが引き起る可能性もあります。 生理不順はピルなどの薬を処方することで改善するのでしょうか。 ピルの種類は避妊失敗時などに使用する「アフターピル」と、月経困難症の緩和などを目的とした「低用量ピル」があります。 生理不順の際によく利用されているのは後者の低用量ピルで、月経痛や過多月経などの症状緩和や月経不順の改善に効果的だと言われています。 その理由は低用量ピルに排卵を抑制しているからです。 低用量ピルには女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)とプロゲスチンが含まれています。 排卵は体内で分泌されたエストロゲンがピークに達すると発生します。 しかし低用量ピルの成分にエストロゲンが含まれているため、体内では「卵巣でエストロゲンを分泌する必要はない」と指示するのです。 そのため体内でエストロゲンの分泌が行われず、排卵が起こらないという仕組みになっています。 排卵が起こらないことで、生理不順の原因であったものが無くなり、生理不順が改善されるのです。 なるべく早く生理不順を治したいという人は低用量ピルを使用するのがよいかもしれません。 低用量ピルの副作用は?どのくらいで効果がでるの? 低用量ピルを服用することによって、副作用はあるのでしょうか。 人によってはピルの飲みはじめ初期には吐き気・頭痛・むくみが起こることもあります。 基本的には飲み続けているとそれらの症状はなくなりますが、まれに副作用の症状が緩和しないケースも。 そういった際には低用量ピルの中にもさまざまな種類がありますので、自分に合った低用量ピルに変更してみましょう。 低用量ピルの服用で生理不順を改善するにはおよそ1〜3ヶ月間の服用が必要だと言われています。 ピルの服用を続けると、ホルモンバランスが整うことで安定して28日周期で生理が来るようになります。 いかがでしたか? 「生理がこない」や「月に2回生理がきた」という場合は栄養バランスの取れた食事を摂り、しっかりと睡眠をとることも大切です。 かかりつけの病院やくクリニックに相談して、生理不順のために低用量ピルを処方してもらうのもよいでしょう。 月経の痛みの緩和にも効果的なので、生理不順のために使用していたピルをみの緩和のために使い続けるという人も多いようですよ。

次の

【クリニック監修】避妊だけじゃない!ピルを服用するメリットとは?【生理痛や肌荒れにも◎】

低 用量 ピル 生理 早める

生理は女性のココロとカラダの両方のコンディションに影響を与えます。 カラダに現れる影響は腹痛や頭痛、肩こりなどです。 また、ココロに現れる影響は怒りっぽくなる、憂うつになる、集中しづらくなるなどです。 これらの影響が起こる原因はまだはっきりとはわかっていないものの、一般的に考えられているのは女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが増加し、感情のバランスを整えるセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与えるためです。 これら生理の3~10日前から生理が始まるまでの期間に、心身に起こる不快な症状は「月経前症候群(生理前症候群)(PMS)」といいます。 また、日常生活に支障が生じるほどの苦みや不快感をともなう生理を、「月経困難症」といいます。 症状は、吐き気・頭痛・めまいなどです。 生理の影響がひどい人は、気分が落ち込み、うつ状態になってしまうこともあります。 このような状態では、大切なイベントと重なってしまった場合、楽しむことが難しくなってしまいます。 生理の時期をずらせることは、あまり一般的には認知されていませんが、ピルの服用で調整することができます。 ピルとは、女性ホルモンのリズムを整えるための経口避妊薬です。 卵胞ホルモンと黄体ホルモンに似た物質が含まれており、これらのホルモンの働きにより排卵を抑制します。 そのため、ピルを服用することで生理の周期を変えることができるのです。 ピルの種類はホルモンの成分量によって、低用量ピル、高・中用量ピルにわけられます。 ピルはPMSの改善や卵巣がんなどの発生率の低下、うつ症状といった心的症状の緩和など、避妊の他にもさまざまな効果があります。 海外では避妊の目的ではなく、こうした効果を得るために使用されていることが多いです。 なお、ピルを購入する際には、産婦人科の処方が必要です。 生理の時期をずらす際には、生理を早めたい場合と遅らせたい場合で服薬する時期が異なってきます。 生理を早めたい場合は、生理開始後1週間前後から、約10日間ピルを服用します。 服用終了後、2〜3日すると生理が始まるため、生理を避けたい時期の前に生理を移動するようなかたちです。 この方法には、低用量ピルを使用することができます。 生理を遅らせたい場合は、生理開始予定日の数日前からピルを服用し始め、遅らせたい日程の最終日まで飲み続けます。 生理を避けたい時期の後に生理を移動するようなかたちです。 生理を移動させることができる期間は、最長で10日間です。 変更した生理日の1ヵ月後ごろには、きちんと通常の生理がきます。 ピルによって生理をずらしたからといって、生理不順になることはありません。 この方法では、主に中用量ピルが用いられます。 これらのピルを服用した方法では、ほぼ確実に生理の時期をずらすことが可能です。 女性のココロとカラダに影響を与える生理。 腹痛やめまい、イライラしてしまうなど生理の影響を受けた状態では、大切なイベントを楽しめないだけではなく、仕事の成果などにも大きな影響を与えてしまいます。 生理の時期は経口避妊薬であるピルを服用することによって、ずらすことが可能です。 ピルの服用方法は、生理を早める方法と遅らせる方法で異なってきます。 生理を早める方法ではイベント当日にピルを服用する必要もないため、より安心してイベントを楽しむことができます。 いずれの方法でも、早めの服用開始によって、より確実にイベントと生理が重なることを避けられます。 ただし、ピルには副作用があります。 副作用があらわれるかどうかは人によって異なるので、使用する際には病院で医師と相談するなどし、十分な検討が必要です。 ピルを服用して生理周期をずらしたい人は、早めに病院で相談しましょう。

次の

ピル使用中におこる不正出血(予定外の出血)の原因や対策を解説

低 用量 ピル 生理 早める

旅行などの日程と生理の予定日が重なってしまうと、十分に楽しめないので残念に感じる方も多いでしょう。 最近では、生理を早めるか遅らせるように調整することによって、楽しい旅行にすることが出来るようになりました。 具体的には、低用量ピルで生理nお日程を調整する女性が増えています。 ピルを服用することによって調整ができるのですが、その時に利用されるのが低用量ピルであるトリキュラーです。 トリキュラーの正しい飲み方はシートに入っている錠剤を順番に、毎日同じ時間に一日一錠を服用していきます。 トリキュラーは四週分に分かれており、四列になっています。 通常は四週目のピルを服用し始めて2~3日すると、生理が始まります。 そのため、生理を調整するためには三列目の錠剤の飲み方が大きなポイントとなります。 もしも、早めたいと考えているのであれば、二週目のピルを服用したあとに服用する三列目のピルを服用するのではなく、四列目のピルに突入させます。 すると、生理を一週間早めることがでるのです。 反対に遅らせるときには、トリキュラーをもう一シート準備をして、三列目の薬剤が飲み終わったあと、もう一枚のシートの三列目の薬剤を服用することで、生理の周期を遅らせることが可能です。 シートの準備などのことを考えると、生理の周期を早めるほうが、楽であることから、早めることで生理を調整する人が多いとされています。 また、普段から、トリキュラーなどのピルの服用している人は、急な旅行などでも比較的簡単に生理を調整することができます。 いつもはピルを服用していない人というのはまず服用をを始めることからスタートしなくてはならないため、一ヶ月前ほどから調整が必要であります。 大切な旅行の予定が入った時点で低用量ピルの服用を開始することが必要であるのです。 ピルを服用することによって、確実に生理の周期を早めることや、遅らせることが可能となっています。 トリキュラーユーザーかピル初使用かで飲み方が変わる 実はトリキュラーユーザーなのか、ピルの初使用なのかで飲み方は異なります。 まず、トリキュラーユーザーであれば、これまでと同じようにピルを服用していき、三列目に突入した時点で、調節をしていきます。 その後はこれまでと同じように飲み続けていくことが大切であるとされています。 ピル初心者である場合は、トリキュラーユーザーと同じ飲み方ではいけません。 まず、トリキュラーを始めることが必要です。 ピルを準備して、生理が始まったらトリキュラーを服用し始めます。 シートの順番に服用していき、三列目になると、生理の周期を早めたいときには、三列目のピルを飲まずに、四列のピルを服用することで、生理の周期を早めることができます。 遅らせたいときには、トリキュラーのシートがもう一枚必要となってきます。 トリキュラーユーザーであれば、これまでと同じようにピルを服用していき、三列目のピルで調節することができますので、比較的簡単に調整することができます。 トリキュラーの服用を初めて行う人や常用者でない場合は、まずはピルの周期を取り入れる必要があります。 トリキュラーの服用から始めなくてはなりませんので、二週間後の旅行などのために調整をしたいというような場合には、調節をするのが難しいと言えます。 旅行が決定した時点からトリキュラーの服用をすると、生理の周期を調整することができます。 生理が不定期にしか来ないという人も、トリキュラーを利用することによって調節することが可能です。 大切な旅行の予定があり、もしかして生理が始まってしまうかもしれないと不安な人は早めにトリキュラーを取り入れて、生理を調整する準備をしておくことが大切であるとされています。

次の