アブ フラクション。 歯がくさび状にかけてしみることについて・アブフラクションについて: 広島の矯正・矯正歯科なら「こせき矯正歯科」ブログ

アブフラクションをご存知ですか?

アブ フラクション

今日ホームページに届いた歯科相談は個別に回答するだけではもったいないので個人名を避けてここに紹介させていただく。 神経を抜くってことはその歯は将来長くは居ない気がして、神経を抜きたくありません。 神経まで削って塗る直し方ではなくて、違った直し方があるのではないかと。 教えて欲しいです。 まだ30代なので、早い時期に入れ歯になりたくなくて、真剣にちがう歯医者さんに相談したいです。 以上のご相談に対して以下の回答を返信した。 歯科相談回答 歯の根元がやせ細り何度も詰める治療を繰り返しているということですが、根元がやせ細る原因が虫歯や歯磨き、歯周病ではない場合もあります。 歯のかみ合わせの状態によっては一部の歯に咬合力が集中し、歯の根元のエナメル質が吹っ飛んでしまう「アブフラクション」と呼ばれる場合です。 大学などでは教えていないので残念ながら歯科医でもその事をご存知無い事があります。 今の保険制度ではアブフラクションという概念が無く、保険で慎重に丁寧に診断・治療をしようとすれば医院は大赤字になるし、歯の位置を変えるために矯正治療が必要な場合でも保険では出来ない為、積極的に対応しようとする歯科医は少ないです。 おっしゃるように歯の神経を取ればその歯の寿命は短くなってしまいます。 根元の詰め物がはずれる原因がかみ合わせにある場合、かみ合わせの処置をしなければ何度も外れる事を繰り返すでしょう。 何度も治療を繰り返すことになった根本的な原因が何かはメールでは判断のしようがありません。 今治療してもらっている歯科医も精一杯治療をされていると思いますが、一度アブフラクションについてお尋ねになっても良いかもしれません。 以下ネットにあったアブフラクションの情報を転記します。 アブフラクション ってご存知ですか? アブフラクションとは聞き慣れない言葉ですが、歯軋りなどで歯に必要以上の荷重がかかると歯とその下で支えている骨とぶつかり合い、構造上脆く欠けやすい、「歯ぐきと歯の境目付近の歯の部分(エナメルーセメント境界)」がV字型に欠けることがあります。 これがアブフラクションです。 虫歯や歯周病とは異なります。 写真の〇で囲んだ部分のようになります。 実は、かなりの人に見受けられます。 40歳代以降の方が多いのですが、早い方では20歳代後半の方にも見受けられます。 重症の方では、歯が割れたり、神経が露出しひじょうにしみる事があります。 当然歯周病にもかかっている複合型の場合、早期に歯はグラグラし、失われる事になります。 治療法は、咬みあわせを調整したり、マウスピースを利用したりします。 重度の場合、歯の補強をする事もあります。 御自身の歯の状態を正確に把握することは必要だと思われますが、なかなか御自身だけでは分からないものです。

次の

くさび状欠損(WSD)

アブ フラクション

歯の側面の生え際、根元が欠けてしまうこと ある特定の方達で歯の側面の根元、生え際部分が気がつくと楔型にかけていて、まるで木を切る時の楔に似ていることから楔状欠損と言われています。 楔型に歯が欠けてしまう原因、実は噛み合わせによっておこるのです。 噛み合わせによっておきる楔状欠損(アブフラクション) 噛み合わせによるメカニズム 強すぎる噛み合わせの力が歯に加わるとメカニカルストレス(力によるストレス)によって歯の側面が欠けてしまいます。 ラテン語のab-way とfractio-breaking braking way を語源として abfraction アブフラクション)と呼ばれました。 もちろん硬い歯ブラシの横磨きによっても多少見られることもありますが、歯の隣接面や歯の全周に及ぶ楔状欠損は噛み合わせに由来するものがほとんどです。 歯ぎしりの多い方と歯ぎしりの少ない方を比較した時に多い方は側面の生え際が欠けている方が多かったという報告もあります。 Dr pascalは噛んだ時の咬合力の応力分布について歯の生え際部分と神経の近くに応力が発生している報告もあります。 つまり噛んだ時の何らかのストレスが歯の側面生え際に影響を与えているのです。 私たち歯科医師は被せ物治療や噛み合わせ治療を行う上でこの現象をわかって治療していかなければなりません。 アブフラクション(歯が欠けること)が生え際に出ると欠けたところから虫歯になりやすかったり、知覚過敏のようにしみてくることがありますが、むやみに治療しない方がいいです。 欠けた場所が小さい場合、大抵の場合プラスチックをつける治療を行います。 しかしかけた場所につけても噛み合わせ自体に変化がないので結局つめたプラスチックが簡単に外れてしまう可能性があります。 また小さくかけた場所にプラスチックをつけるためにむやみに削ることは歯の寿命を考えると避けておくべきです。 アブフラクションは噛み合わせが強い場合におきる現象です。 噛み合わせを考えた治療を行います。 アブフラクションのおきた歯の噛み合わせを診たり、強くかみ合っているかどうか噛み合わせチェックを行います。 また全体的に噛み合わせが強い状態が見受けられた場合は歯ぎしり予防のためにマウスピースを作ります。 むやみにやたらに削ることはよくないですがしみるなどの症状が出てしまっては何か対策をしなければなりません。 欠けた場所が大きくなると神経の近くまで達し、知覚過敏の症状が出ます。 その場合はプラスチックで欠けた部分を埋めて症状を軽減させます。 プラスチックが外れる可能性もあるので噛み合わせに留意して夜のマウスピースの使用もおすすめします。 このような場合は歯の補強も兼ねて被せ物にして治療していきます。 被せ物は歯の周囲を一周削らなければいけませんが歯を破折から守ってくれます。 歯の側面、生え際が欠けた時にやってはいけない治療 歯の側面、生え際の欠けた状態にもよりますが、このほとんどの原因が噛み合わせから起因するものです。 歯が欠けた状態がそんなにひどくなければ削らずにしばらく様子を見ることが望ましいです。 少ししか欠けていないのに大きく削ってプラスチックをつけるようなことはあまり望ましくありません。 噛み合わせの治療や対策を取らないとつけたプラスチックが剥がれてしまうことがあります。 もちろん、虫歯になっていたり水や空気でしみやすいのであれば別で治療を受けることが通報です。 まとめ 噛み合わせによって起こるアブフラクション。 理解していただけたでしょうか。 噛み合わせが年とともに変わってくると思わぬところに力がかかってくるものです。 歯が受ける力のストレスはアブフラクションだけでなくいろいろな現象が歯や歯の周囲組織で起こります。 舌や歯ブラシで触って段差が確認できるようであれば一度歯科医院で噛み合わせのチェックに行かれることをおすすめします。 またアブフラクションはすぐに起こる現象ではありませんので日々の歯医者さんの定期チェックで予防をしましょう。 噛み合わせが強いなと感じた方やすでにアブフラクションが多く見受けられる方はマウスピースで歯ぎしりを防止しましょう。

次の

何度も外れる詰め物

アブ フラクション

歯の生え際が欠けるのはなぜ?アブフラクションについて 歯が欠けて歯科医院で治療をすることは多いと思います。 特に歯の側面が欠けてくる方は多く、このような場合の多くは歯科用プラスチック、コンポジットレジンで即日で治療できます。 歯の生え際がくさび形に欠けているのが特徴です。 歯医者さんや衛生士さんからは『欠けているのは虫歯ですので早く治しましょう。 』や『硬い歯ブラシを使いすぎて歯が欠けてしまいましたね。 欠けているところを治しましょう。 』 と説明を受けていると思います。 実際に虫歯になる方や硬い歯ブラシの使いすぎにより起こる方もいらっしゃいますが、歯が欠ける主な原因は噛み合わせによるものだということを知っていただければ幸いです。 ではなぜ噛み合わせによって歯の側面の部分が欠けるのでしょう。 アブフラクションがなぜ起こるのか アブフラクションは噛み合わせが強い方によく起こります。 歯の成り立ちは真ん中に歯髄という神経、それを覆う象牙質、外側にはエナメル質があります。 歯の外側にあるエナメル質はリン、カルシウムで出来ている非常に強い構造で出来ています。 強い力を歯が受けるとエナメル質がその圧力を受け止めますが、歯の中で一番薄いエナメル質があるところに一番力が加わります。 歯が噛む面(咬合面)のエナメル質は非常に厚く頑丈で、強い圧力に耐えられます。 一番エナメル質が薄い場所は歯の生え際の場所です。 噛む力が強いと応力がこの薄い場所に集中してしまいエナメル質が欠けることがあります。 これがアブフラクションの成り立ちです。 歯が欠ける度合いは噛む力によって変わっていきます。 非常に強い力で噛む方は歯の側面だけでなく咬合面も削れてしまい歯に黄色の部分が見えてきます。 この現象はエナメル質が擦れてなくなり、第二層の象牙質が現れてきたことを意味します。 Q でもそんなに強く私かんでませんけど? はい 私たちが強く噛んだところでそんなに歯はもろくないですよね。 ぐっと噛んで歯が欠けることは普通ありえません。 実は 歯が欠けるほとんどが夜寝ている間の歯ぎしりによって起こるのです。 歯ぎしりの力はぐっと噛んだ状態の2倍以上 私たち人間が思いっきり噛んだ状態と夜寝ている間の歯ぎしりの力を比較した時、夜の歯ぎしりの力の方が圧倒的に強かったという研究があります。 歯ぎしりは夜寝ている間、意識がない状態で起こります。 強い力で寝ている間に歯にダメージを与えるのです。 歯ぎしりは歯を横からダメージを与える 歯は縦の力、垂直方向の力に対しては受け止める能力があるのですが、横から与えられた力に対しては弱いのです。 電信柱と同じで台風や嵐で曲がったりするように、横から強い力を受けると歯もダメージをもらいます。 歯ぎしりはただ強く噛んだだけの縦の力だけでなくギリギリと横の力を多く受けます。 アブフラクションの治療法 歯の側面が欠けた度合いによって治療法は異なります。 また噛み合わせの対処を行わない限りまた同じことが起こります。 何度もなんどもプラスチックが欠けてくるのはこのことが原因と言えます。 軽度の場合 歯のかけ方がほんのすこしの場合は経過観察をします。 知覚過敏の症状が出た場合はしみ止めを塗ったりして様子を見ます。 この時にでも噛み合わせをしっかり見ることで今後の対策を診断します。 中度の場合 歯がある程度欠けた場合、欠けた場所が衛生的に虫歯になりやすいこと、しみやすくなることを理由にプラスチックで欠けた場所を補修します。 患者さんには噛み合わせによるものだということをしっかり説明し、噛み合わせを保護する役割でマウスピースを作り対応します。 重度の場合 歯の欠けている度合いが大きく、欠けている歯が多い場合は 咬耗症を疑います。 重度の場合、プラスチックでの治療をしても外れる頻度は高くなります。 噛み合わせの検査を行ったり、場合によっては咬合再構成(噛み合わせ治療)が必要になります。 マウスピースでも噛み合わせの保護の対応をします。 歯の側面が欠けた場合の予防ケア アブフラクションが出現したらまず硬い歯ブラシはやめるべきです。 柔らかい毛先の歯ブラシでプラスチックを削らないよう注意してブラッシングしましょう。 また歯ブラシのグリップは大きいものより小さい方が力は加わりません。 歯磨き粉は研磨剤の入ったものより、研磨剤無配合のものを使いましょう。 シュミテクトは知覚過敏を抑えるものなのでオススメです。 まとめ 歯が欠けたと感じたらまず担当の先生にご相談ください。 アブフラクションが小さい場合、様子を見ることが一番ですが、症状が出たり、気になるようであればプラスチックを詰める場合があります。 その代わり歯を多少削らなければならないのが難点です。 (プラスチックが外れないようにするため) アブフラクションの治療はただプラスチックを詰めるだけでなく噛み合わせの状態を継続的に診断することが重要です。

次の