腎臓 の 数値 が 高い。 血液検査の腎臓の数値

腎臓(腎機能)の数値|クレアチニン・eGFR|病気・症状 チェック

腎臓 の 数値 が 高い

腎臓の数値が下がりません。 経過が順調だったのは術後2. 3日だけで、以後食欲不振や発熱、腎臓の腫れなどがあり、現在も 食欲不振、腎臓の腫れ、尿素窒素・クレアチニンどちらも高値、カリウムも高いです。 また体が賛成に傾き、内視鏡にて胃も荒れて出血しているそうです。 手術した病院では何が原因で腎臓の問題が起きてるのかなどが特定できていません。 再三食欲不振について伝えてるのにまともに取り合ってくれず、全てが後手後手です。 15キロも痩せて声もかすれ、見るもの辛いです。 術後からずっと具合悪いので明らかに手術の影響があると思うのですが、先生たちの治す熱意が全く伝わってきません。 現在土日で一時帰宅してます。 腎臓の数値が高く腫れてるのに、こんなにのんきにしていて大丈夫なのでしょうか?透析をしなければならなくなるんでしょうか? このままでは数ヶ月で死んでしまうかもとすごく心配です。 どなたかご教授ください。 もともと腎臓の糸球体の毛細血管に 相当な動脈硬化があったのではないでしょうか? 手術をきっかけに ダムが決壊したように 症状が出たような気がします。 あと乳酸アシドーシス状態ですね。 たぶん、もともと 糖質がお好きな方だったと思います。 胃袋が胃酸で荒れているのも 糖質の過剰摂取が原因です。 腎臓の機能低下も糖質の過剰摂取が原因、 ガンそのものも糖質の過剰摂取が原因、 乳酸アシドーシスも糖質の過剰摂取が原因、 糖新生も亢進していますから 点滴はブドウ糖点滴は止めたほうがいいでしょう。 メトホルミンを処方すると 少しは乳酸アシドーシスは抑制できます。 発熱はどうですか? たぶん、本人は甘いものをほしがるかもしれませんが 卵スープとか 鶏のささみ肉のスープとか 糖質の少ないものを食べさせてください。 糖質を食べると さらに乳酸アシドーシスが進行します。 病院を変えることはできないのでしょうか? お大事に。

次の

クレアチニンの数値が高い・低い場合の原因と改善方法について

腎臓 の 数値 が 高い

ALT(GPT)とAST(GOT)の数値に関して ALT(GPT)とAST(GOT)はともに アミノ酸を作り出す酵素です。  ALT(GPT):ほとんどは 肝臓に存在する酵素  AST(GOT):肝臓の細胞以外にも心臓の筋肉や 手足の筋肉、赤血球などにも含まれる ともに肝臓の細胞が障害を受けると血液中に 酸素が流れ出し数値が上がります。 そのため 肝機能に異常があった場合の多くは ALT(GPT)とAST(GOT)両方の数字が 上がります。 そしてALP(GPT)の数値が高い場合は 肝臓病が疑われるのですが、 AST(GOT)の数値のみが高い場合は 心筋梗塞などの 肝臓以外の病気の可能性があるので 注意が必要です。 通常はタンパク質を分解し合成する 働きをしていて解毒作用もあり、 特にアルコールの分解に重要な働きをしています。 この基準値よりも高い場合は 肝臓に負担がかかっていると考えられます。 ALPの数値に関して ALP(アルカリホスファターゼ)は体内の ほとんどの臓器や骨に含まれている酵素です。 胆道に異常があると胆汁が正常に流れなくなって 血液中に流れ出し、数値が高くなります。 ALPの基準値よりも多少低くても それほど心配はありませんが かなり低い場合は 遺伝性低ALP血症という 病気の可能性があります。 この病気は生まれつきの疾患でもあり 特に乳児のうちにかかってしまった場合は 致死率が高くけいれん発作や呼吸障害が原因で 亡くなるケースもあります。 一方で大人になってから発症する成人型の場合は 致死率はそれ程高くありません。 骨が折れやすくなったり、痛んだりするのが 主な症状で、症状が重いと自力で歩けなくなる こともあります。 その他の疾患の可能性として 甲状腺機能低下症や 栄養失調があげられます。 どの病気も患者数は少ないですが かかってしまうと大変な病気なので 極端に数値が低い場合は すぐに検査をしてもらいましょう。 ALPの基準値が高い場合は色々な 病気の可能性があります。 ALPが異常値でALT(GPD)や AST(GOT)の値にも異常がある場合は 肝臓や胆道系の病気が疑われます。 ALPのみ高い数値の場合は 肝胆道系疾患以外の病気が疑われ 特に骨の病気である 骨肉腫、骨へのガンの転移 くる病や甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、 ガン(肺ガンや卵巣ガンなど)、糖尿病、 慢性腎不全などが考えられます。 また病気ではなく 妊娠後期の方や 血液型がB 型・O 型の一部の方に、 脂肪食摂取後に高値を示す場合があります。 LDH(乳酸脱水素酵素)の数値 LDHはアルコールの代謝を促進する上で 重要な酵素で糖質をエネルギーに変える 働きをしています。 LDHの数値が高い場合は肝臓が障害を 受けていることが考えられます。 ビリルビン(T-bil)の数値 ビリルビンとは血液に含まれている黄色い色素です。 肝臓障害などで黄疸の症状が出た時に 身体が黄色くなるのはビルビリンが 血液中に増加しているためです。 ビリルビンの値を調べれば、 それらの臓器の障害の有無や程度を 知ることができます。 検査では総ビリルビンと直接ビリルビンを調べ その差から間接ビリルビンを算出します。 ビリルビンの基準値  総ビリルビン: 0. 2~1. 直接ビリルビンが基準値より高いと 胆汁うっ滞、胆管・胆道系における 閉塞の疑いや急性・慢性肝炎、肝硬変などが 疑われます。 間接ビリルビンが基準値より高いと 溶血性貧血や肺梗塞、敗血症、 甲状腺機能低下症などが疑われます。 LDHが高いというだけではどの臓器に 問題があるのかわからないので 他の検査値を見たり、精密検査を する必要があります。 病気になって通院や入院になると かなりの費用がかかります。 診断で数値が高いとわかった方は ぜひ一度お試しください。 まとめ 肝臓が悪いという場合は アルコールの飲み過ぎと思う方が 多いようですが、 必ずしもそれだけが原因なのではなく 脂質、糖質の摂り過ぎも 肝機能の数値を上げる原因となります。 また脂肪肝は太っている人だけが なる病気ではなく やせている人もかかる可能性があるので 何を食べても良いのではありません。 バランスの良い食生活や適度な運動が 必要となります。 肝臓の病気は症状が出てから病院に 行ったり、治療したのでは 完治まで時間がかかったり手遅れの場合が あります。 そのため定期的に健康診断を受けることが 必要です。 また、今まで健康診断の数値を見ても 高い低いは理解できるけど どのような病気にかかっている可能性が あるのかわからなかった方は 是非この機会に自分の数値を把握して 病院で再検査してもらった方が良いのか それともまだ安心なのか判断できるように なりましょう。

次の

腎臓の数値が横ばい状態で良くならないんだけど…

腎臓 の 数値 が 高い

筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種クレアチンが代謝されてできた物質です。 やと同様に老廃物のひとつです。 クレアチニンは腎臓の糸球体で濾過されますが、尿素窒素とは違って尿細管ではほとんど再吸収されずに、尿中に排泄されます。 クレアチニンを調べると何がわかるのか? クレアチニンは、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄されます。 つまり血液中の クレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということになります。 この検査は簡単なうえに、腎臓以外の影響は受けにくいので、腎機能、腎糸球体機能のスクリーニング(ふるいわけ)や経過観察のための検査として行なわれています。 クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。 筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮する病気があるときは低値になります。 そこで診断にあたっては腎糸球体機能の変化をさらに正確に測定するクレアチニン・クリアランスを行ないます。 クレアチニンはどのように検査するのか? 血液を採取し、酵素を利用した試薬を加え、比色計で色の変化を調べます。 食事については制限などはありませんが、検査前日からは激しい運動などは控えてください。 基準値の範囲• 男性…0. 5〜1. 女性…0. 4〜0. 年齢による変動はほとんどありません。 高齢者では年齢とともに腎糸球体濾過率が低下しますが、筋肉量を減少するため、ほぼ一定になります。 検査結果の判定 血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆し、低い場合は、筋肉に関わる異常を想定します。 日本人間ドック学会の判定基準では、男性が1. 2〜1. 9〜1. 一般に中程度の腎不全では1. 数値に異常があればなんらかの疾患が進行していることが考えられますので、すぐに原因究明を行なうことが必要です。 その意味では、 境界域でも危険な数値と考えた方がよいでしょう。 異常があったらどうするか? 異常値の原因となっている病気を確定するため、、、フィッシュバーグ濃縮試験、、、X線CT、などの検査が行なわれます。 原因となる病気の確定診断がついたなら、治療を開始します。 腎不全で老廃物が血液中にたまると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などの危険性がある尿毒症を起こします。 特に急性腎不全の場合は、クレアチニン値が一定以上になると人工透析の必要性も考慮に入れなければなりませんので、迅速な対応が必要となります。 腎盂腎炎や腎臓結石の場合、治療によって利尿が進めば、クレアチニン値は間もなく回復します。 日常生活では、 塩分やタンパク質の摂取を制限する食事、適度な運動を心がけるとともに、肥満、高血圧、脱水などの憎悪因子を避けるようにしましょう。 また、慢性腎疾患ではクレアチニン値を月1〜2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるとよいでしょう。 異常な場合に疑われる病気• 高値…急性・慢性腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変、心不全など• 低値…筋疾患(筋ジストロフィー)、尿崩症など•

次の