内祝い渡し方。 結婚祝いを貰ったら内祝いを贈るのがマナー!贈る時期や品物の選び方

内祝いを渡すときは手提げ袋に入れるのが常識?間違えやすいマナーと注意点

内祝い渡し方

もくじ• 結婚内祝いを贈る時期と金額の目安 一般的に結婚の内祝いを贈る期間というのは、結婚式の後、1ヶ月以内を目安にするといいと言われます。 挙式後にお祝いをいただいた場合は、いただいてから1か月以内にお返しするようにしましょう。 上司に対しては1か月以上遅くなるようなことは厳禁です。 熨斗の名前の書き方 結婚内祝いのお返しの品には、のし紙を掛けるのがマナーです。 のし紙の水引は、祝いのしの「結び切り」を使います。 以前の結婚内祝いでは両家の姓を書くことが一般的でした。 しかし、 最近では新姓で夫婦連名にしてお返しをすることが増えています。 その場合「新郎の名前が右」「新婦が左」になりますが、婿養子の場合は「新婦が右」「新郎が左」になります。 最近は、仕事の上では旧姓を名乗る方も多いですが、その場合でも結婚の内祝いの熨斗は新姓を書きます。 上司の内祝いには避けた方がいいもの 金券、商品券 使っていただきやすいので商品券を選びがちですが、目上の方にお金を渡すことはタブーとされています。 スリッパや敷き物 上から踏みつけるような、「踏み台にしてのし上がる」という印象になり、上司には不向きです。 そこまで考えないにしろ、避けた方が無難です。 筆記具、ビジネスバッグ等 仕事で使えるものなので、喜ぶ方もおられるとは思いますが、上司に対しては、「もっと勤勉に!」という意味にとられかねないということなので、選ばないようにしましょう。 お茶 上司だけにかかわらず、弔事の時の贈り物によくつかわれていますよね。 不祝儀のように思われてはつまらないので、やめておきましょう。 お礼状を添える 結婚内祝いのお返しには必ずお礼状を添えて贈ります。 この場合は直接お礼の言葉を伝えていますので、お礼状は必要ありません。 上司への内祝いお返しおすすめセレクト 内祝いには日常的に使えるものが人気です。 上司の好みや家族構成などを考えて選びましょう。 カタログギフト やはり一番無難な選択は、欲しいものを選んでいただけるカタログギフト。 いただいた金額に相応するものを選べますし、会社でお渡しする場合、こっそり渡し安いですし、上司の荷物にならずにすみますね。 タオル 最高級品の今治タオル。 日用品のなかでもタオルは消耗品なので、普段は購入されないような品質の良いものを贈ると喜ばれます。 柄物は好みがあるので無地をおすすめします。 ジュースやコーヒーなどのし好品 普段から上司の好みをリサーチして、お好みのものを選ぶととても特別感があって嬉しいものです。 あまり目にしないようなブランドのジュースやコーヒーなどもおすすめです。 スターバックスのパーソナルドリップコーヒーは、マグカップでも安定して、固定できるのでとても扱いやすいです。 お子様がいらっやるご家庭や、甘いもの好きの上司には最適です。 モノをおくるだけではなく、その中身がヒトとして上司に印象づけれるように選びましょう。 喜こんでもらえるものを贈るには、日ごろからリサーチしておくことも必要ですね。 「きちんとしている」ことを印象づけるのも忘れないようにしたいものですね。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 またお目にかかれることを、楽しみにしております。 🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀.

次の

内祝いの渡し方。渡すときの言葉や相場、タイミングなど|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

内祝い渡し方

結婚内祝いは、 結婚式や結婚でいただいたお祝いへのお返しのこと。 本来の内祝いという言葉は、 お祝いをいただいたことに対しての「お返し」とは違うもので、 「お祝いごとの記念として、幸せや喜びをわかち合うための贈り物」という意味があったんです。 結婚の記念として、 近所の方や親族、普段からお世話になっている方たちに喜びのおすそ分けとして、贈り物をすることが本来の内祝い。 しかし何かお祝いをいただいた後に もらいっぱなしでは良くないという理由から、 お返しの意味で「内祝い」を贈るようになってきたのが現代までの流れになっています。 お返しリストの作成 結婚内祝いを贈るのは基本的には挙式後。 しっかりとこ 「いつ・誰が・何をくれたのか」をリストにしておくとgood。 品物の値段をチェック 金品以外にもさまざまな品物でいただくケースが多いのが結婚祝い。 事前に電話やメール、LINE等でで相手に遅れたお詫びをお伝えしておくととても丁寧ですよね。 いただいたものが少額の場合 いただいた品物が少額のものだった場合も送らなくてok! 通常、内祝いはいただいた品物の金額の半額程度で用意をしますが、 少額のものだった場合、 更にその半額ですと選ぶものが限られてしまいますよね>< 少額のものを贈ることで逆に失礼だと受け取られるケースもないとは言えませんし、逆に気を遣わせることにもなるので、 少額の場合は一旦内祝いはお贈りせず、 どこかに行った際のお土産のお菓子を贈ったり、 誕生日や記念日に贈り物をするのも良いでしょう。 会社の制度としてもらった場合 会社の福利厚生の一環として、 結婚祝いをもらうケースも最近とっても多いのでは? この場合あくまで会社の制度としてですから、 お返しをする相手も特定できませんので、内祝いは不要。 ただ会社によっては社長や会長にお礼のお手紙を書いたり、会社によって文化が違う場合があるので、 上司や先輩に一度相談するのがgood! 内祝いは「半返し」が基本 内祝いは「半返し=半額」で送るのが基本。 しかし、これはあくまでも基本のケースなので、 いただいたお祝いや品物の金額によっては半返しではなく、 それ以下の方が良いとされる場合もあるので要注意なのです!! 3分の1でもOK? 一般的に内祝いは、 いただいた品物の金額の半額で送るケースが多いですが、 半額でなく、3分の1であっても大丈夫なんです。 物ではなく手紙や写真などを添えたり、 その他の違うタイミングの贈り物をすると良いと思います。 連名でもらった場合、挙式をしない場合のお返し 贈り物を会社の同僚や複数の友人など連名でいただくこと場合。 取引先などの場合はいただいた贈り物の半額~3分の1程度の価格帯を。 会社の同僚などから連名でいただいた場合は、 総額を人数分で割って、その金額の半分程度のお返しを個別にするのがgood。 半額だと選べるものがない場合は? 半額の予算では内祝いとして選べるものがないという場合は、 その時々に応じて対応するのがベスト! 大人数のグループからお祝いをもらうケースなどは、 会社や飲み会などグループの皆が集まることができるときに、お菓子などを用意したり、お礼をしてみてくださいね。 のし(熨斗)の役割とは? 種類や選び方 のし(熨斗)とは、 結婚式の内祝いなどフォーマルな贈り物のシーンで添えられる飾りのこと。 一般的にはのし紙自体が「のし」と思われがちですが、 正確には「のし」はのし紙の中央右上にある飾りのことを指しているんです! のしはもともと鮑(あわび)を薄く熨して作る鮑のしから始まっており、 鮑(あわび)は長寿を示す縁起物とされており神事などで奉納される際に贈答品に添えられていたとされています。 ちょっと難しいですね。。。 贈り物にのしは必須というわけではないので、 素敵な包装紙で包んでお贈りするのでも問題はありませんが、 日本では贈り物の伝統的な包装方法としての歴史がありますので、 目上の方やフォーマルな場ではのしを使うことで間違いないかと思われます! また、のしはひと目でお祝いの内容や贈り主がわかるのも特徴的ですよね。 のし(熨斗)の種類や選び方 主に使用されるのし紙の種類は、全部で4種類あります。 一般的なご祝儀やお礼などお祝いごと全般で使います。 ただ、何度もあってほしいことに使うため弔事やお見舞いや婚礼などで使用するのはNGなんです! 例:出産・入学・新築などのお祝いや内祝い、お中元やお歳暮、お礼 紅白または金銀結び切り(水引10本) 結び切りは固く結ばれ、ほどくことが難しい結び方です。 人生において「一度きりであるべきこと」や「二度と繰り返すべきでないこと」を表現しています。 なかでも水引が10本のものは「婚礼」に関するシーンのみに用いられ、結婚内祝いに使われるのもこのタイプです。 例:結婚祝い、引き出物、結婚内祝い 紅白結び切り(水引5本) 水引が5本のものは、「二度と繰り返してほしくない」という意味を込めてお見舞い関係に用いられます。 また主に京都を中心に関西地域で使用するのは黄白。 地域により細かい使い分けがありますので、心配な方は同じ地域の方に確認するとgood。 例:葬儀、御霊前や御供、引き出物、法事の御供やお返し 正しいのし(熨斗)の書き方 表書きの書き方 表書きとはのし紙の上段に書く、贈り物の目的に関する記載のことを指します。 結婚内祝いには【紅白または金銀結び切り(水引10本)】ののしを選び、その水引の上に表書きを、下に名前を贈る人の名前を記入するのがマナー。 結婚内祝いの場合は「寿」または「内祝」と書くのが一般的です。 ちなみに、文字を書く際は「毛筆」や「筆ペン」を用いるのが基本。 このとき濃い墨で書くことがポイントで、 間違っても弔事用の薄い墨で書くことのないように注意。 濃い色であっても、ボールペンや万年筆、鉛筆などはNGなので要注意です。 名前の書き方 名入れとはのし紙水引の下に名前を記載することです。 ここに記載するのは贈り主の名前を記載しますが、贈る人の名前の書き方には、いくつかのパターンがあります。 結婚内祝いの渡し方とお礼メッセージの文例 基本的に、結婚内祝いは相手を訪ねて 「手渡し」 が正式なお返しの方法ですが、 なかなか現実的には難しいこともありますよね。 その場合には、宅配便での郵送となりますが、 お礼のメッセージを必ず添えるようにしてくださいね。 基本的には、3点を抑えておけばgood。 内祝い人気品物をチェック! 最近だと、様々な用途から予算にあわせてお選びいただける カタログギフトが人気ですよね。 他にもタオルから食器、お菓子や食品ギフトなど、 相手のことを考えた上で選ぶといいですよね。 カタログギフト ブランドアイテムやグルメはもちろん、 人気の体験・温泉ギフトなど 年代を問わずどなたでも喜んでいただける商品が満載なので、 カタログギフトがやっぱりとても人気なのです。 今治タオル 1本の糸から出会いをつなぎ、結ばれたふたり。 これからの人生をふたりで織り上げていくという意味から、 結婚内祝いにタオルを選ばれる方が多いみたいです。 高級お茶漬け センスの良い贈り物としておすすめなのが高級お茶漬け。 「自分では買わないけど貰ったら嬉しい消耗品」が バスソルトは疲れを癒してくれるのでそこもポイントです。 まとめ いかがでしたか? 結婚報告をした相手からいただいた お祝いはしっかりとマナーをもってお返しできるといいですね。

次の

内祝いを渡すときにはどんな言葉を添えれば良い?ありがとうが届く伝え方とタブーを紹介!

内祝い渡し方

結婚祝いはいつまでにお贈りする? 結婚式に招待されている場合 大安や先勝などの吉日にご自宅へうかがって手渡しするのが正式な渡し方ではありますが、現代ではなかなかそうもいきません。 訪問するのが難しいのであれば、挙式日の1カ月から2カ月前ぐらい、遅くとも1週間前までにお送りします。 当日にお品を渡すことは、お相手の荷物を増やしてしまうといった迷惑になるのでやめておきましょう。 結婚式当日ならば目録をお渡ししてお品は後日送ります。 結婚式に招待されていない・出席できない場合 結婚式に招待されたけれども出席できない場合は、できるだけ挙式前1カ月から2カ月、遅くとも1週間前までにお送りします。 その際、メッセージカードに出席できなくて残念なことと、お祝いの気持ちをしたためるとお相手も喜ばれます。 結婚式に招待されていない場合は、お祝いを贈るのは挙式後に。 挙式前に贈るのは、お相手が招待していないことを気にされる場合もあるため、避けたほうがよいでしょう。 贈るタイミングは挙式後で、少し落ち着いてくる2・3週間後ぐらいが適切です。 結婚式をしない場合 入籍だけをして、結婚式を挙げないカップルもいます。 結婚式をしない場合や、するかどうか未定の場合でも、本人から直接結婚の報告を受けたのであればお祝いを贈りましょう。 本人から直接聞いたわけではなく他の人から聞いた場合は、その情報が間違っている可能性もあるため注意が必要です。 結婚式をしないカップルにお祝いを贈る場合は、結婚報告を受けてから1カ月以内に贈ります。 あまり遅くならないように、できるだけ早い時期に贈るのがマナーです。 報告を受けたときに入籍がまだであれば、入籍をする日の1週間前までに贈ります。 1カ月以内に新郎新婦と会う予定がある場合は、お祝いの言葉と共に直接手渡しをします。 新郎新婦と会う機会がないなら、お祝いの品を宅配で送っても構いません。 御祝儀を贈る場合は、トラブルを避けるために現金書留で配送しましょう。 お祝いの品や御祝儀を配送するときには、お祝いのメッセージを添えると好印象です。 「おめでとう」の気持ちを言葉にしたメッセージカードや手紙などと一緒に贈ると、相手に気持ちが伝わって喜んでもらえます。 入籍から結婚式まで間が空く場合 入籍だけが先に終わっていて、結婚式まで半年以上空くケースもあります。 その場合は、結婚式の招待状が届くのを待ち、招待状が届いてから結婚式の1週間前までに贈りましょう。 入籍はしたものの、結婚式や披露宴を挙げるかどうかわからないなど予定が未定の場合もあります。 その場合には、入籍の知らせを聞いてからなるべく早い時期に贈るのがよいでしょう。 まだ入籍をしていないのであれば、入籍する日の1週間前までを目安に贈ります。 結婚式の予定が未定の場合は結婚祝いを贈るタイミングを逃してしまうことも多いですが、結婚祝いは結婚式や披露宴を挙げる人に対するお祝いというわけではありません。 新しく結婚した二人の門出をお祝いするものなので、入籍だけをするカップルにもお祝いの気持ちを込めて贈りましょう。 結婚式をする・しないに関わりなく、結婚の知らせを聞いたなら「おめでとう」の気持ちを込めて結婚祝いを贈ることができます。 授かり婚の場合 結婚の報告と同時におめでたの報告もあった、いわゆる授かり婚(マタニティ婚・おめでた婚)の場合はどうでしょうか。 その場合も、結婚祝いを渡すタイミングに特に変わりはありません。 結婚祝いと出産祝いを分けて考えて、まずは結婚祝いだけを渡すのが基本です。 出産祝いは、赤ちゃんを授かったことに対するものというよりも、無事に生まれたことを祝うものです。 そのため、まだ出産が終わっていないのに、出産祝いもまとめて贈るのはマナー違反とされています。 授かり婚の場合は、挙式までの間に結婚祝いを贈り、赤ちゃんが生まれてから出産祝いを贈ります。 ただし、報告を受けたのが入籍後であり、そのときに赤ちゃんも生まれた後なのであれば、お祝いを同時に渡してもよいでしょう。 基本的には、授かり婚で結婚祝いを渡すタイミングは、結婚式をする場合と結婚式をしない場合のそれぞれのタイミングと同様と考えることができます。 結婚祝いの渡し方、適切なのしの表書き 現金やお品を包むのしの水引は、一度結んだらほどけない結びきりで、金銀(紅白)7本か10本の水引を付けます。 表書きは、「御結婚御祝」や「寿」などが一般的です。 頭に祝をつける、「祝御結婚」は関東に多い書き方ですが、四(死)文字なのでマナー違反と思われる方もいらっしゃいます。 間違いではありませんが、関西の方や縁起を気にされる方へ贈る場合は、念のため避けておきたい表書きです。 また、現金やお品だけだとそっけない感じもしますから、お祝いのメッセージカードを添えるのがおすすめです。 さりげない心遣いに、お祝いの気持ちが一層伝わります。 結婚祝いを贈る際にふさわしいお日柄 結婚祝いを贈る際には、お日柄も意識したいものです。 お日柄とは、「大安」「友引」「仏滅」など吉凶判断の元になるとされる6種類の日(六曜)のことです。 冠婚葬祭ではお日柄を重視することが多いため、結婚祝いを贈るタイミングも六曜に倣うとよいでしょう。 結婚祝いを贈るのは、六曜のうち「大安」「先勝」など吉日の午前中がよいとされています。 特にお祝いにふさわしいのは「大安」で、一日中あらゆることが吉日とされています。 一方、「先勝」は午前が吉、午後が凶とされているので、先勝の日に贈る場合は午前のうちがよいでしょう。 六曜のうち間違えやすいのが「友引」で、「凶事に友を引く」という意味合いから葬儀では避けられる日として知られています。 ただし、幸せをおすそ分けするという意味もあり、結婚などお祝い事に関しては吉日とされているので、友引の日に贈っても構いません。 お日柄を気にする人は減ってきているものの、贈る日を選べるのであればこうした点に留意して日を選んでみましょう。 結婚祝いで喜ばれる品物 新生活を始めるときは何かと必要になるものが多いため、結婚祝いでは毎日の生活で使える実用的なものが喜ばれます。 兄弟や友人など、欲しいものを事前に聞ける間柄なのであれば、何が欲しいかリクエストを聞いてみるのがおすすめです。 本人が欲しいものを贈れば失敗することはなく、聞いてくれてありがたいと思ってもらえるでしょう。 次に、普段あまり顔を合わせない親戚や職場関係の人など、リクエストを気軽に聞けない間柄の人に贈る場合です。 その場合は、たくさんあっても困らないものや、普段自分では買わないような贅沢品を選ぶとよいでしょう。 たとえば、タオルセットや高級な食器、贅沢グルメなどです。 消耗品または上質なものを贈れば失敗は少なく、無難であるとされています。 そのほか、新生活で役立つキッチン用品やカトラリー、新居に飾れるリビンググッズやインテリア小物なども喜ばれます。 二人で使えるペアのマグカップやグラスなど、ペアグッズも定番の結婚祝いです。 結婚祝いにタブーなお品 結婚式のスピーチに忌み言葉(別れる、切れる、捨てるなど)があるように、結婚のお祝いの品にも縁起に関わるタブーなお品があります。 例えばハサミや包丁などの刃物は縁を切る、食器やガラスものは割れる・壊れるというイメージにつながるので避けるべきとされています。 職場の同僚や先輩への結婚祝いのお品選びは、こちらも参考にしてみてください。 結婚祝いの品物の相場は? 結婚祝いの品物にどれくらいの金額のものを選ぶかは、結婚式に参加するかどうかと、相手との関係性によって異なります。 結婚式に参列する場合には、御祝儀との合計金額で考えるのが基本です。 御祝儀と結婚祝いの品物を合わせて、相場の金額になるようにします。 結婚式に参列しない場合には、親族なら3万円、友人なら1万円、会社関係なら5000円のものを贈るのが相場です。 複数の人が集まって連名でプレゼントを用意する場合は、一人当たり2000~3000円程度が目安です。 10名程集まるのであれば、2~3万円のものを選べばよいでしょう。 ただし、ここで紹介した金額は、あくまでも目安です。 贈る相手との関係性に応じて増額しても、失礼には当たりません。 自分の結婚式で頂いた御祝儀と同じ額にする、お世話になった人には目安よりも多めにするなど、臨機応変に考えることができます。 とはいえ、あまりにも高額なものにしすぎると、新郎新婦に気を遣わせてしまいます。 内祝いのときに負担にならない程度の金額にとどめるのがよいでしょう。

次の