クリナップ セントロ。 キッチンのグレードの違い…プロの見るトコロはこんなトコ!! と

セントロの価格・特長|クリナップ|定額のキッチンリフォームならリノコ

クリナップ セントロ

クリナップCENTROでクラフツマンデッキシンク、セラミックトップのシステムキッチンになります。 使えば使う程、違いを実感できるキッチンになります。 炊事の効率化を徹底的に考えて創り込まれたキッチンになります。 セラミックワークトップが丈夫でカッコイイ、CENTROになります。 あなたの心を揺るがす、クラフツマンデッキシンクになります。 セントロは標準仕様でキャビネット(骨組み)もステンレス、引出収納の底板もステンレスになります。 天然木(突板)の扉が選べます。 セラミックのワークトップが選べます。 60cmミーレの食洗機を付けることができます。 大きいシンクとしても使えるし、スライドしたら作業場としても使える、クラフツマンデッキシンクが選べます。 クリナップならではの、さすがの収納量です。 最上級グレードキッチンのセントロがあなたのマイホームに付きますよ! CENTROは、キッチンでの作業や動線の無駄がない様に、炊事の効率化を考えて作りこまれています。 収納は、調理器具をしまったり出す順番まで考えられた構成、引出レールのスムーズ度合、使えば使う程、違いを実感できます。 キッチリ収納して70%が手の届く範囲に置けるので炊事の時間が短縮できます。 クラフツマンデッキシンクは、大きいシンクとしても使えるし、スライドしたら作業場としても使える、天板のデザインも、セントロの方が薄くてスタイリッシュ。 シンクは流れーるにタッチレス水洗、 あとはレールのスムーズさが全然違いました。 ステディアのレールは普通のキッチンという感じでしたが、セントロはうわスムーズ!ってなりました。 大きな買い物なので、予算が許すのであれば、安いか高いかで決めるんではなくどちらが好きかで、決めるべきだなーと思いました。 あとめちゃ細かい違いが多々あって、もちろんステディアも良いキッチンなので金額も踏まえてかなり考えたのですが、差額は30万しかないのかーと思えるなら、もう絶対セントロがおススメです。 私の心を揺るがしたのがクリナップのセントロ。 なんと言ってもワークトップに少し高めに乗っているクラフツマンデッキシンク! 85センチのキッチンだとIHはちょうどいい高さだけど、洗い物や包丁使う時は低いと感じていた私にピッタリの機能です。 それに、普通のキッチンだと、まな板って使っていると回りがだんだん水浸しになってきます。 クラフツマンデッキシンクは、デッキ部というシンクの補助スペースでまな板を使うことにより、まな板周辺の水が広がらない仕組みになっています。 セントロは最上級グレード クリナップのシステムキッチン価格帯別に3つのシリーズが用意されています。 ラクエラ、ステディア、セントロの順に仕様グレードが上がっていきます。 セントロはクリナップの最上級グレードのシステムキッチンになります。 ですから、満足度の高い仕様であってもセントロでしか選べないモノがあります。 その代表的な4つの仕様はオールステンレス、セラミックワークトップ、クラフツマンデッキシンク、天然木突板の扉です。 キャビネットや収納の底板までステンレスになっているのは、中級グレードのステディアとセントロです。 ワークトップの材質でセラミックが選べるのはセントロだけです。 クラフツマンデッキシンクもセントロでしか選べません。 セントロの扉の素材はステンレスから天然木突板まで、カラーセレクトは40色の中から選べます。 天然木突板が選べるのもセントロだけになります。 セントロならミーレの食洗機、60cmがセットできます。 ワークトップ:ステンレス、セラミック、アクリルストーン(人大) ステンレスワークトップは4タイプ 最も一般的なヘアラインに加え、キズの目立たないドット柄コイニング、バイブレーション、サテンから選ぶことができます。 美コートで油汚れを浮き上がらせ、サッとひと拭きできるキッチンになります。 特殊エンボス加工でキズが付きにくく、目立ちにくいワークトップになります。 セラミックワークトップ DEKTONのセラミックワークトップになります。 奥から、エドラ、ベガ、ケラニウム、シリウス、4色から選べます。 ワークトップで言いますと、ステンレスがコストパフォーマンスの最も高い素材と今のところは言えます。 セラミックのワークトップは、実物を目にすると素材が発する重厚感に、心惹かれるものがあります。 2015年にLIXILがクリナップより先に商品化しています。 昨年まで国産大手メーカでは、LIXILの1社独占状態でした。 3年経て、セラミックワークトップが少しずつ認知されての投入ということは、需要があると踏んだということでしょう。 LIXILのほか、ナスラックでも同じDEKTONのセラミックトップを扱った商品があります。 キッチンハウスでも選択肢にセラミックトップがあります。 4社、5社と扱うメーカーが増えれば、競争意識が働き、価格も下がってくると思われます。 セラミックは熱や衝撃にも強く、調味料や洗剤で変色することもないので、ずっと美しいワークトップを保つことができます。 熱や衝撃に強いという部分ではステンレスを上回る素材と言えそうです。 アクリルストーンワークトップ(人大) ソリッド、ミスト、カリーザの3シリーズ7色の選択肢があります。 ステンレスが4色、アクリスストンが7色、セラミックで4色、全部で15色の中からワークトップが選べますよ! 扉のカラーバリエーション 40色 ステンレスから天然木の突板まで、全5クラス40色の中から選ぶことができます。 京都友禅をあしらったデザインまであります。 取手の無い極めてシンプルなデザインも選べます。 ステンレスキャビネット(標準仕様) セントロは標準仕様でキャビネット(骨組み)もステンレス、引出収納の底板もステンレスになります。 内部がステンレスになっているので傷や湿気に強い。 湿気の多いシーズンのある日本の気候にあったキッチンの素材と言えます。 水周りの標準・オプション 水周り:流レールシンク、とってもクリン排水溝、美コートワークトップ(標準)クラフツマンデッキシンク(オプション) クラフツマンデッキシンク キッチンでの作業や動線の無駄がない様に、炊事の効率化を考えて作りこまれています。 開口が150cmのクラフツマンデッキ部、5cmほどワークトップからは1段上がっています。 自由に動かせるサポートプレートを使えば、シンク上まで広がる2倍の作業スペースが生まれます。 デッキ部はシンクの補助スペースとして活用でき、洗い物もスムーズに行えます。 大容量のシンクは、深い鍋や大きなフライパンもラクラク置けるスペースを持っています。 1段上がっていることで作業がしやすい究極のワークトップになっています。 目に留まるデザインになっています。 (気になるのは掃除のしやすさ・・・) 掃除のしやすさが気になるあなたに! クラフツマンデッキシンクが無くても高性能でカッコイイ!キッチンになります。 流レ-ル機能ついたストレートシンクになります。 火周り:洗エールレンジフード 火周り:洗エールレンジフード(標準)ハイブリッドコンロ デュアルシェフ(オプション) 洗エールレンジフードが選べます。 ボタン1つでフィルターとファンを自動洗浄してくれます。 月に1度、給湯トレイにお湯を入れ、ボタンを押すだけ。 約10年間、ファンフィルターを交換せず、使い続けることができます。 普段は手の届くところだけを、サッとふくだけでOKです。 毎年、大掃除の換気扇の掃除は嫌なものです。 洗エールレンジフードにしてからは、嫁さんが自分で掃除してくれるようになって助かってます。 汚れる前に洗浄することでいつもキレイを心がけているようです。 作業は、タンクにお湯を入れてセットしてスイッチを入れたら30分ほどで終了です。 汚れたお湯を捨てれば掃除おしまいです。 30分ほどの待っている間にレンジ表面を洗剤で拭けば、油汚れもつかないでいつも綺麗です。 普通のレンジフードの数倍高い買い物でしたが、嫁さんは嬉しそうに娘達に自慢してます。 喜ぶ姿を見てるだけで元が取れる思いです。 10年後にこれごと交換です。 その他にも選べるレンジフードが揃っていますよ。 お洒落でスタイリッシュなアリアフィーナも選べます。 収納:オールスライド、フロアコンテナ、ツールコンテナ(標準) 調理器具をしまったり出す順番まで考えられた構成、引出レールのスムーズ度合、使えば使う程、違いを実感できる収納になります。 オーストリアのメーカー(ブルム社)の最上位のギア式レールは、奥までしっかり引き出せて、動きも滑らか。 軽く押したり引いたりするだけで、自動で引出しがオープンする機能もついていて、作業がスムーズになります。 カップボード、収納もセントロに併せて選ぶことができます。 プラン:壁付けI型、壁付けL型、ペニンシュラI型、アイランド 定価:90~350万円 カテゴリー•

次の

クリナップ セントロのシンクが私の理想のシンクだった が最大の難点が!

クリナップ セントロ

このページの目次• CENTRO(セントロ)の基本情報(間口255cm)価格やレイアウト まず、CENTRO(セントロ)の基本情報を紹介します。 メーカー参考価格(基本プラン) (間口255cm 扉グレード05クラス) Bスタイル 1,198,000円~ Cスタイル(クラフツマンシンク) 1,508,000円~ Cスタイル(クラフツマンデッキシンク) 1,641,000円~ キッチンレイアウト ・・フラット対面・アイランド・2列型 キッチン間口 225cm、240cm、255cm、270cm、285cm、300cm 調理カウンター高さ 80cm、85cm、90cm 扉カラー 00クラス、01クラス、02クラス、03クラス、04クラス、05クラス(全36種、取手3種類) 「クラフツマンデッキシンク」は、作業性や清掃性に優れていて、斬新なデザインのシンクです。 調理カウンターの上に、ステンレス製のシンクが乗っかっているような形状をしています。 これは、現在クリナップのキッチンの中で、CENTRO(セントロ)のみ選択可能です。 大きなサポートプレートを自在に動かすことで、作業スペースを2倍に広げたり、大型シンクを広々と使えたりします。 クラフツマンデッキシンクの左端は、普段サポートプレートを置いている場所であるため、 一段低くなっています。 その部分を、パンをこねたり、魚をさばいたりするスペースとして使うことができます。 一段低い構造であるため、汚れても気にせず水を流すことができます。 丸洗いできる作業スペースとして使うことができます。 クラフツマンデッキシンクは、本格的に料理をする人には嬉しい機能がついたシンクです。 私個人的には、一段下がった「水をジャバジャバ流しながら使える調理スペース」が魅力に感じます。 プロの厨房は、水を流せる調理台は当たり前です。 料理にスピードが求められるため、汚れなど気にせず思い切り調理スペースを使い、1日が終わるとキレイに水で流します。 一般家庭で、それに近い使い方ができるキッチンは、なかなかありません。 クラフツマンデッキシンクの注意点は、 「 高さ」 と 「 幅」 です。 まず、「高さ」についてですが、調理カウンターにステンレスのシンクがドンッと乗っかっているような形になっているため、 4cmほど高くなります。 シンク部分は腰を曲げて作業するため、高い位置にあるほうが楽に作業できます。 しかし、調理スペースが4cm上がると使い勝手が変わってきます。 心配であれば、ショールーム等で確認することをオススメします。 次に「幅」について、横幅も調理カウンターの間口より少し出っ張っています。 普段の作業で邪魔となることはありませんが、取付設置にあたって、間口が少し大きくなることは頭に入れて置いてください。 セラミックトップの調理カウンター CENTRO セントロ)では、ステンレス、人工大理石に加えて、 セラミックの調理カウンターを選ぶことができます。 でセラミックの調理カウンターを選ぶことができるのはCENTRO(セントロ)シリーズのみです。 セラミックは、• 調味料や洗剤で変色しにくい• 衝撃に強く、割れにくい• 熱で変色しにくい といった特徴があります。 丈夫でデザインとしてもオシャレですが、 他の素材に比べて金額は高くなります。 ステンレスキャビネット 「ステンレスキャビネット」は、クリナップを代表する商品です。 キッチンの躯体となる「キャビネット」の部分をステンレスで作っています。 普通のキッチンは、キャビネット部分は木製です。 ステンレスでキャビネットを作ることにより、以下のメリットがあります。 湿気や熱に強い• カビやニオイがつきにくい• 金属であるため、汚れが染み込まない• 長寿命で、なおかつエコ素材• ゴキブリ等の虫が寄りつきにくい クリナップのキッチンの中では、高価格帯のCENTRO(セントロ)と中価格帯のでステンレスキャビネットを採用しています。 美コートワークトップ 美コートワークトップとは、汚れが落ちやすく、こすっても傷がつきにくい加工を施されたワークトップのことを言います。 そのため、新品の状態をながーく保つことができます。 なぜ、汚れが従来の物より汚れが落ちやすく、傷がつきにくいのかと言いますと、 美コート部分に汚れがついても、水に馴染みやすい特殊な加工が施されており、水が汚れの下に入り込むので、水と一緒に落ちてしまうからです。 このように油汚れもさっと一吹きすることで残らず落とすことができます。 傷については、美コート+表面がでこぼこの特殊エンボス加工になっているので接する面が少なくなり、傷がつきにくいのです。 同じようにたわしでこすっても美コートワークトップには傷一つありません。 ただし、この美コートワークトップはCENTRO(セントロ)の3つから選べるワークトップのうちの1つの 「ステンレスワークトップ」にしか採用されていません。 せっかくですので残り2つのワークトップと比較してみましょう。 アクリストンワークトップ アクリストンとは人工大理石のことです。 人工大理石にすることのメリットは、• 衝撃に強くなり、割れにくい• 汚れや洗剤はもちろん、熱でも変色しにくい• 購入したままの色合いを長く保てる セラミックワークトップ セラミックのメリットは、• 衝撃に強く、割れにくい• 汚れ、洗剤で変色しにくく、熱でも変色しにくい あれ、これってどれもそんなに変わらないのでは? そうです。 ワークトップは3種類から選べることが可能ですが、そのどれもが傷に強いです。 汚れの落としやすさに関しては美コートワークトップのステンレスが抜けていますが、ワークトップが変わるだけでキッチンの雰囲気も変わってきてしまうので、汚れ、傷を気にするよりも、 あなたが演出したいキッチンにあったものを選ばれた方が良いでしょう。 ステンレスワークトップのバリエーション アクリストンワークトップのバリエーション セラミックワークトップのバリエーション バリエーション画像だけをみてもなかなかイメージしづらいでしょうから、ショールームなどで実物をみて検討された方が良いでしょう。 フロントオープンの食洗機 CENTRO(セントロ)では、 ミーレ製のフロントオープンの食洗機を選ぶことができます。 「ミーレ」とは、食洗機の容量が大きいことが特徴の海外の人気食洗機メーカーです。 「フロントオープン」とは、食洗機の扉が手前に倒れるようにして開くタイプです。 引き出しのように、手前に引き出すような食洗機は 「プルオープン」といいます。 日本では、ほとんどがプルオープンのタイプです。 フロントオープンは、プルオープンタイプより庫内が広いため、 一度にたくさんの量を洗うことができます。 また、引き出すための取っ手がないため、フラットな外観になっています。 食洗機のフロントオープンの一番のメリットは、一度にたくさん洗うことができる点です。 実物を見ればその差は一目瞭然で、食洗機自体の間口も違います。 ・フロントオープン(間口60cm、約12人分・食器84点) ・プルオープン(間口45cm、約5人分・食器40点) プルオープンのタイプでも、深型や間口60cmタイプもありますが、フロントオープンには及びません。 ここで注意していただきたいのが、 食洗機の寿命は約10年ということです。 安易に最初にフロントオープンにすると、約10年後に食洗機を交換する際に、プルオープンタイプに変更するのは難しいです。 逆のパターンも同様です。 最初の段階で、どのくらい食洗機を使うのか、家族構成や生活リズムをよく考えて食洗機を選ぶようにしてください。 CENTRO(セントロ)の価格・値引率 CENTRO(セントロ)は、クリナップのキッチンの中で高価格帯に位置します。 CENTRO(セントロ)のメーカー参考価格は、 ¥1,198,000 (間口255cm 扉グレード05クラス)です。 メーカー参考価格とは定価のことです。 実際にキッチンが定価でお客様に売られることはなく、流通を経て価格が決まり、ほとんどの場合値引きが入ります。 CENTRO(セントロ)の値引き率の相場は、 定価の10~30%OFF。 つまり定価の 7割~9割で購入できる計算になります。 ここでの注意点は、値引きはキッチン本体の価格であり、工事費等は別途かかるというころです。 キッチンの幅やレイアウト、設備のグレードによっても、料金が大きく変わります。 キッチンリフォームは、リフォーム費用の総額や、相場が分かりにくいのが現状です。 キッチンリフォームで実際にかかる費用を知るには、業者から見積もりを取ってみるのが一番 です。 このとき、見積もりは、必ず複数の業者に依頼するようにしてください。 料金は、リフォームの内容だけでなく、業者によっても異なるからです。 複数の業社から見積もりを取ることで、リフォーム費用の相場や、適正価格を把握することができます。 CENTRO(セントロ)の評判、口コミ クリナップの洗練されたキッチンCENTRO(セントロ)。 その評判や口コミをみていきましょう。 クリナップの新しいキッチン・セントロ用のコンロ、すげいシンプルでカッコ良い&使い勝手も良さげ。 ありそうでなかったIHとガスのハイブリットコンロ。 グリル用のプレートもあり。 これ、コンロだけで出してくれないかな~。。。 — さち sachi11e06 CENTROとクリンレディですが、私はCENTROでお願いすることにしました。 もともとCENTROのすっきりボックスデザインが好きなことと、CENTROであれば、ステンレスワークトップにした際にシンク周りだけだけどヘアライン仕上げが選べること!!!(コイニング加工苦手なのです。 でも作業台はコイニングになってしまうorz) リシェルSI の独占場だったセラミックトップがあること(採用するかは別として)などから決めました。 html セントロってキッチンが出てて、以前見た時はこんなキッチン無かった気がする!?と思い調べてみたら、2018年2月より販売スタートすると言う新商品でした。 このセントロはカッコいい!今までのどこか垢抜けないクリナップのキッチンとは違う。 そう思ったので、トーヨーキッチンのショールームに行ったその日に、クリナップのショールームも見てきました。 html CENTRO(セントロ)の評判は、機能面はもちろんのこと、デザイン性を評価している意見が多い様に思えました。 クリナップの課題であったデザイン性を改善し、強みである機能性をプラスした、最強のキッチンと言えるのではないでしょうか。 まとめ CENTRO(セントロ)は、クリナップの技術力やデザイン力をギュッと詰め込んだようなキッチンです。 ステンレスキャビネット、ワークトップ、シンク、扉の面材から機器類まで、最高グレードのものを選択することができます。 キッチンに、とことんこだわりたい方、料理を本格的にしている方など、ぜひCENTRO(セントロ)を検討してみてはいかがでしょうか? CENTRO(セントロ)が気になった方はこちらから無料で見積もりを取ることができます。

次の

クリナップCENTRO(セントロ)クラフツマンデッキシンク、セラミックトップ

クリナップ セントロ

出典:新建ハウジング (東京都荒川区)は、システムキッチン「CENTRO(セントロ)」「STEDIA(ステディア)」の清掃性と意匠性を向上して2月3日に受注を開始する。 高級価格帯キッチン「セントロ」で人気のセラミックワークトップの色柄を改変。 アンティーク調のインテリアにも合わせやすい「インダストリアルコレクション」4種と、大理石調で高級感のある大柄「アースコレクション」(2種)をラインアップした。 インダストリアルコレクションについては「ステディア」でも展開する。 また、清掃性・耐久性の高いステンレスワークトップにも新柄として、「セントロ」にはやわらかい光沢の「バイブレーション柄」を、「セントロ」「ステディア」にはベーシックな「ヘアライン柄」を追加する。 手動オープン可能停電や故障などタッチセンサーが反応しない場合は、手動で開けられます。 *作動時にドアが出てくる寸法は設置条件によって異なります。 *作動時に音が発生しますが、異常ではありません。 *小さなお子様によるドアの誤開を防ぐために、チャイルドロックの設定も可能です。 (設定方法はEW-45LD1MUの取扱説明書をご覧ください。 ) *庫内温度が高いときは、安全のためタッチセンサーではドアが開きません。 取っ手を手前に引いてドアを開けることはできますが、庫内の食器などか熱くなっていますので、取扱いには気をつけてください。 *搭載のCG合成、イラストはすべてイメージです。 *本カタログに使用している写真は印刷用にイメージ合成していますので実際のキッチンとは色や形状が異なります。 *写真のEW-45LD1MUは、掘り込み取っ手をイメージしたドア面材を装着しています。 ハンドル取っ手・ライン取っ手などにも対応可能です。 食洗機をご購入の際、キッチンメーカー様・取付施工会社様にご相談ください。 CLOSE エコナビ、ツインファンベントのほか、節水・省エネ、安心、快適機能。 毎日使う食洗機には洗う以外にも、経済性や安心感、快適さを生み出す機能が不可欠。 パナソニックは、積み重ねてきた経験にもとづく独自の技術を駆使し、「一度使えば、二度と手洗いには戻れない」食洗機をご提供します。 3つのセンサーによる12パターンの細かいセンシングで、状況に最も適した運転制御を実現。 CLOSE.

次の