給料 ファクタリング 口コミ。 ファクタリング会社「七福神」の口コミ&評判!サービス内容も解説!

給与ファクタリング業者「七福神」の評判は?実際の口コミから徹底調査|PayTrade

給料 ファクタリング 口コミ

もくじ• 給料ファクタリングとはどんなものなのか 給料ファクタリングというのは、給料という一種の債権を業者に売ることで、本来の期日よりも早く現金を手に入れられるという方法を意味します。 簡単に言えば、 給料の前借ができるサービスであり、それを勤めている会社ではなく、専門のサービス業者を通しておこなうということになるでしょう。 そもそも債権とはお金を貰うことができる権利のことであり、給料に関しても、それを受け取る側からすれば一種の債権だとみなすことができます。 そのため、債券を売って現金化するというファクタリングの方法が給料にも適用できますし、そのサービスを提供している業者も存在するのです。 そしてこの方法は、金融業者からの借金とは違うため、利用したからといって 後から利息が付くということがないという特徴があると言えるでしょう。 一般的には、お金が足りない場合は金融機関のカードローンなどを利用して借金をするということも多いと言えますが、この方法は借金に代わる金策として最近注目を集めているのです。 またこの方法には、2社間によるものと3社間によるものという2つの種類があり、それぞれに特徴があります。 まず2社間によるものは、利用者とサービス業者の間でおこなわれるものであり、利用者の勤務先がサービスに関わっていないという特徴があると言えるでしょう。 2社間でおこなわれるサービスの手順は、まず利用者と業者が契約をすると、手数料が差し引かれた額が利用者に入金されます。 そして利用者が勤務先から給料を受け取ったら、それを業者に支払うというのが一連の流れです。 この場合、勤務先にはサービスを利用したことを伝える必要はありませんし、給料債券を売ることに同意してもらう必要もありません。 ですので、このサービスを利用したことが勤務先にバレて、 信頼を失うといったこともないということです。 ただし2社間の場合は、手数料が高くなってしまうのが難点であり、その相場は10%~20%程度だと言われています。 一方の「3社間によるもの」は、利用者とサービス業者、そして勤務先の会社というという3社間でおこなわれるのが特徴です。 3社間でおこなわれるサービスの手順は、まず利用者が勤務先から給料債権の譲渡について同意を得て、勤務先にサービス業者への給料債権の譲渡をおこなってもらいます。 それが完了すると、サービス会社から利用者に入金がおこなわれ、給料は勤務先によってサービス業者に支払われるという流れになるでしょう。 この3社間の場合は、勤務先の 会社に同意を得る必要があるということが大きな特徴であり、必然的にサービスを利用することが勤務先にバレてしまいます。 ですがこの3社間によるものは、未払いのリスクが少ないと考えられることから手数料は低めに設定されており、相場は5%~10%程度(2社間の手数料の約半分)となっています。 利用するメリットにはどんなものがあるのか 給料ファクタリングのメリットとしては、アルバイトや専業主婦でも利用ができるということや、金融機関でブラック扱いを受けている人もお金を手に入れられることが挙げられます。 まず、アルバイトや専業主婦でも利用ができるというメリットについては、 給料収入があると認められれば正社員以外でも利用することができるということになるでしょう。 そもそもこのサービスは、次回の給料が入ることが前提となっているので、たとえアルバイトのような非正規社員であっても、給料が入るあてさえあれば利用することができるということです。 そのため、給料収入があることを証明するために給料明細書の提出が求められることがあるので、利用する際はあらかじめ用意しておくとよいでしょう。 そして専業主婦に関しては、配偶者が働いているのであれば、このサービスを利用することができます。 専業主婦の場合は、本人が働いて給料を得ているわけではないので、普通に考えればこのサービスを利用するのは不可能なように思えてしまいます。 しかし、配偶者に給料収入があれば、そのことをあてにしてサービスを利用することができるのです。 ただしこの場合は、当然のことながら 給料収入を得ている配偶者に同意してもらうことが必要になるため、自分の考えだけではできないということが言えます。 ですので専業主婦の場合は、配偶者とよく話し合ったうえで利用するかどうかということを決めることが必要になってくると言えるでしょう。 次に金融機関でブラック扱いを受けている人でもお金を手に入れられるというメリットについては、そもそもこのサービスは借金ではないということがポイントになります。 カードローンなどで金融機関から借金をする場合は、 長期間に渡る滞納などをすると信用情報にキズが付いて、ブラックの扱い(信用を損なう行為をしたため融資できない状態)になってしまうことがあります。 ですので、一度ブラックになってしまうと、5年~10年程度の期間はあらゆる金融機関からお金が借りられない状態になってしまうのです。 しかしこのサービスは 金融機関の借金とは違いますし、信用機関の情報を参考にして審査をおこなうわけではないため、いわゆるブラックと呼ばれる人でも利用することができます。 そのため、ブラック扱いになっているのでどこからも借金ができないが、急にお金が必要になったという場合にも、このサービスは便利だと言えるでしょう。 デメリットがあることも知っておく 給料ファクタリングのデメリットとしては、手数料が高いということと、勤務先から信用を失ってしまう場合があるということが挙げられます。 まず 手数料が高いということについては、カードローンなどの借金をする場合の利息と比べると、手数料が高くなってしまうということです。 カードローンの場合、は利息制限法という法律によって年率20%までの利息しか認められていません。 しかしこのサービスの場合は、手数料が5%~10%の場合でも、 年率に換算すると60%~120%というかなり高い利息を支払うのと同じになってしまうのです。 もちろんこのサービスは、借金ではないので利息を支払う必要はありませんが、カードローンなどの利息と比べて高い手数料がかかるということを知っておきましょう。 そして先ほど紹介した3社間によるものは、サービスを利用することが勤務先に知られてしまうため、 勤務先から信用を失ってしまう場合があるということが言えます。 勤務先の上司などに、お金にルーズな人間だというイメージを持たれてしまうと、昇進や昇給の可能性が低くなってしまうということもあり得るでしょう。 ですので勤務先に知られることを避けたい場合は、利用者とサービス業者の間だけの取引で済む2社間によるものを利用したほうが安全だと言えます。 給料ファクタリングとは、サービス業者を利用して給料の前借ができるというものであり、勤務先に知られることがない2社間のものと、勤務先が関わる3社間のものがあります。 メリットとしては、アルバイトや専業主婦でも利用することができるということと、金融機関では ブラック扱いでもお金を手に入れられるということが挙げられます。 一方のデメリットとしては、手数料が高いということと、3社間のものを利用すると勤務先に知られて信用を失ってしまう場合があるということが挙げられるでしょう。

次の

給料ファクタリングの大吉!実際どう?使い方と口コミまとめ

給料 ファクタリング 口コミ

給料日が来る前に現金を調達できる給料ファクタリングは個人信用情報のチェックがないということもあり、最近マネープランや最新の動向に詳しいサラリーマン達から大人気を博しています。 しかし、最近は給料ファクタリングの人気上昇に伴い多くの企業が給料ファクタリングの業界に参入していることもあり、どの会社が安全なのかを見極めるための「判断材料」が必要となりました。 それが口コミや評判です。 従来のカードローンやキャッシングなど消費者金融系のローン商品は、そのほとんどがネット上に数多くの口コミや「実際に利用してみた体験談」が存在するため、事前に情報をチェックすることが出来ます。 しかし、これらの中には広告宣伝のために書き込まれた「サクラ」的な書き込みも多く存在するのがネックです。 これとは対照的に、個人向け給料ファクタリングはまだ新しい存在です。 あまり口コミや評判は多くありません。 しかし、同様に「サクラ」もそこまで多くありません。 だからこそ、貴重なリアルの声を集めることができるのです。 給料ファクタリング会社のデータがそこまで多くない今だからこそ、口コミや評判を重視して給料ファクタリング会社を選ぶのが良いでしょう。 安心な給料ファクタリング会社は口コミが多い 安心に利用できる給料ファクタリング会社には、良い口コミが多く残されています。 しかも、いわゆる広告宣伝のような書き込みではなく「実際に使ってみた人が書き残すリアルな口コミ」ですから、ほぼ給料ファクタリング会社に関連するクチコミは信頼してよいでしょう。 特に、給料ファクタリング会社の比較サイトに掲載されている良い口コミはサイトの運営元がリサーチした口コミのため、信頼性があります。 ・スムーズに手続きできたので助かった ・やや提出書類は多かったが結果的にファクタリングに成功した ・即日とはいかなかったが翌日には入金が確認できた、対応は丁寧だった など、リアルな評判の多い給料ファクタリング会社は安心できる会社と判定してよいでしょう。 評判の良くない給料ファクタリング会社の特徴 安心の給料ファクタリング会社には良い口コミが多数掲載されているのに対し、評判の良くない給料ファクタリング会社は ・完全に口コミなどのデータがない ・明らかにサクラと思われる口コミしかない ・極端に評判が悪い ・連絡先が携帯番号 などの特徴があります。 こういった給料ファクタリング会社は実際に利用したことがある人が極端に少ないか、そもそも正規の給料ファクタリング会社でない可能性があります。 給料ファクタリング会社は貸金業者ではありませんが、やはりしっかりとした経営体制の会社でなければ安心して申し込みはできません。 また残念ながら、給料ファクタリング会社を装った悪質な業者も最近は出てきました。 給料ファクタリングと言いつつ実際はお金の貸し借りに関する契約を結ばされ、法外な利息を取るというケースもあります。 ちなみにこれはヤミ金となりますので、絶対に手を出してはいけません。 申し込みをするなら、給料ファクタリングの比較サイトに掲載されている給料ファクタリング会社にするのがベターです。 明らかに評判が良すぎる業者も要注意! 本当に評判の良い優良ファクタリング会社は、 ・書類の手続きは少し面倒だったが、ファクタリングができた ・混んでいるのか若干手続きに時間はかかったが、結果は満足できるものだった など、 「一部予想と違ったがサービスは満足している」 というコメントが一定数つくものです。 つまり、本当に利用したことがなければ出てこないような、少し困ったところや事前の予想と違った部分など「リアルな声」が入っているのが本当の良い口コミです。 明らかに評判が良すぎる業者の中には ・手続きも10分で終わって、すぐに振り込まれた ・書類提出も超スピーディーで感動した ・カードローンなんて使っている場合ではない、これからは給料ファクタリングの時代 など、明らかに宣伝目的で投稿されている口コミが目立つ業者もあります。 これは文字通り宣伝目的で書き込まれた口コミの可能性があるため、こういった口コミがほとんどという業者については少し警戒した方が良いでしょう。 一般的なファクタリング会社との違いとは? ここで一つ、疑問があります。 給料ファクタリング会社は一般的なファクタリング会社と比較してどのような点で違いがあるのでしょうか? 会社でも給料ファクタリングを受け付けているなら、有名なファクタリング会社に申し込みをしたいものです。 この疑問を解く鍵は「個人向けか?経営者向け?」というポイントです。 一般的なファクタリング会社はあくまでも個人事業主や法人代表者など、給料ではなく業務報酬や売上代金としてお金を受け取る人たちに向けたサービスを提供しています。 つまり個人向けではありません。 例えば会社の経営者は取引先に対し、通常1ヶ月間の売上代金や業務報酬を毎月一定の期日で取りまとめ、請求書を発行します。 この請求書の発行に対してすぐに取引先がお金を払ってくれれば良いのですが、ビジネス上は支払いサイクルというものがあります。 つまり、仮に1月の末に請求したものが実際に入金されてくるのは2月の末、あるいは3月の末というケースもあるのです。 こういったタイムラグを埋めて資金サイクルを円滑にするのがファクタリングです。 また、企業同士のいわゆるBtoBのファクタリングとなると額面が大きくなることも考えられ、大規模なファクタリングになると数千万円から億単位でのファクタリング契約も存在します。 このように一般的なファクタリング会社は、金額や規模が大きいことからいわゆる「小口」の給料ファクタリングのような額面では取引に応じてくれないことがほとんどです。 この部分のニーズを解消するのが、個人向け給料ファクタリング会社という存在です。 まとめ.

次の

先給(せんきゅー)の個人向け給料ファクタリング!口コミや土日対応かをチェック│ファクタリング情報サイト

給料 ファクタリング 口コミ

はじめまして。 このサイトの管理人のS. Hと申します。 都内の実家住みのサラリーマン男性・30代です。 両親が町工場を経営していまして、兄もそこで働いています。 兄が営業をがんばって、うちにしては大きな契約を取ってきました。 しかし、指定された納期が意外に早く、依頼された部品を作るための 資材・人件費が急遽必要となって慌てていたんです。 わたしは勤め人ですので、実家の工場のことは家族であっても「部外者」ですが、さすがにそれを聞いて心配しました。 銀行もそんなにすぐには融資してくれないようでした。 なのに、いつの間にか解決して、両親も兄も新規の仕事をいきいきとこなしていたんです。 「あれどうしたの?」と聞くと、兄は 「ああ、入金される予定の売上金をファクタリングしたから」とシレッと答えました。 「そうなんだ」と言って部屋に戻りましたが、そこでふと 「ファクタリングって何?」と疑問に思いました。 ネットで調べていくうちに理解し、「こんな便利な資金調達方法があるんだ」と感心。 しかし、なかには資金調達を急ぐ中小企業の足元を見て、高額な手数料を取るファクタリング会社もあるようです。 わたしは実家の工場の苦労をこどものころから見てきているので、そんな会社は許せません。 すばらしいサービスなので、多くの方に知っていただき、できるだけ良心的なファクタリング会社に依頼してもらえるよう、自分で調べて選んだ東京のファクタリング会社をランキング形式でご紹介したいと思います。 あくまでわたしの私見によるTOP5ですが、これからファクタリングを利用しようと考えているみなさまの参考になればうれしいです。 【給料ファクタリングが安心・スピーディーに利用可能】 ファクティパーソナルでは個人に向けた資金調達方法、いわゆる給料ファクタリングを専門としたコンシェルジュサービスを提供しています。 仲介業者のような立ち位置のサイトですので・・・ 【簡単3ステップな登録方法】 パソコンやスマートフォンからファクティパーソナルのWebサイトへアクセス、そして一括査定フォームに「手取り月収」「買取り希望額」「健康保険の種類」を入力します。 その際、書類や資料の提出などは・・・ 【給料ファクタリングは一括査定がおすすめ!】 金融機関からの借り入れとは違う短期間でお金を得る方法として近年注目されている給料ファクタリングですが、条件が軽いことや信用情報に影響がないといったメリットに対して、悪質な業者に騙されるリスクが・・・ 【最短翌日で最大1億円の資金化が可能】 会社経営のために、今すぐ資金が必要だという会社にとって、すぐに多額の資金を調達できる会社は魅力的です。 三共サービスはなんと最短翌日で50万~1億円を用意できます。 三共サービスなら・・・ 【経験豊富なスタッフが勢揃いしているから安心】 三共サービスのサービスはもちろん資金調達することだけではありません。 資金繰り・経営の相談まで受け付けています。 実は、三共サービスには元銀行員やノンバンク社員など、金融業界の経験を豊富に持つスタッフが・・・ 【要望に合わせて資金化の方法を選べる】 三共サービスでは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つから資金化の方法を選ぶことができます。 2017年からは、業界最安値の手数料を目指し、さまざまな企業努力をおこなっていると言います。 通常、高額になりがちな2社間ファクタリングも・・・ 2位にランクインしたのは、 「ビートレーディング」という業者です。 運営元は同名の株式会社であり、東京都港区の他大阪や福岡にも支社を持っているようですね。 この業者に関して評価したいポイントといえば、やはりその実績の豊富さでしょう。 2012年創業と比較的若い会社であるにも関わらず、すでに 15000社以上との取引経験があるようです。 実績の豊富さというのはそのまま信頼につながるため、選択先として評価する際には決して無視できないポイントとなるでしょう。 また、それ以外にも、他業者で断られてしまうような事例にも対応してくれる可能性があること、会計に関しても具体的に説明を行ってくれること等、 業者として一定の信頼性を持っていることがわかります。 【15000社以上との取引実績を持ち、適正な査定に自信あり】 今回調べてみてつくづく実感させられたことではありますが、悪質なファクタリング業者というのは決して少なくないようです。 ファクタリングを行うにあたって相手の足元を見ながら法外な手数料を要求してきたり・・・ 【赤字企業や個人事業主に対してもファクタリングを行ってくれる】 「せっかくファクタリングを行おうと思ったのに、業者が受け付けてくれなかった」「査定に落ちてしまった」といったようなことは少なからずあるようです。 そういった事例にあてはまるのは、たとえば赤字の企業が多いようです・・・ 【明朗会計、手数料の内訳等に関しても細かく説明を行ってくれる】 ファクタリングを利用する上で、このサイトをご覧になられている貴方が不安に思われていることはなんでしょうか。 「個人情報を漏らされたりしないか」「審査に通るかどうか」といったようなことも心配されるかもしれませんが、手数料についても気になることはないでしょうか・・・ 3位にランクインしたのは、 「えんナビ」です。 このサービスを運営しているのは株式会社インターテックという東京上野にある企業で、駅から徒歩8分というアクセスのしやすさも特徴のようです。 このえんナビの評価ポイントは、 スピーディな対応速度とコストの安さにあると言ってよいでしょう。 最低一日で契約手続きが完了し、資金を受け取れるというのはお金に困った際、とても助かるのではないでしょうか。 また、 手数料等コストも業界内では比較的安く、そういった面でも利用がしやすいように思えました。 こうしたサービス品質の高さが利用歴のある方からは好評のようで、この業者の自社サイトでは満足度の高さに関してアピールを行っています。 【ファクタリングの所要時間は45分、郵送での契約も可能となっています 】 このえんナビという業者に関する評価ポイントは、契約の際に必要となる時間が他の業者と比べ、比較的短いということです。 そこまで大きなポイントではありませんが、なるべくスピーディな対応を望む方、契約のための手続きが苦手な方にとっては・・・ 【ファクタリングによる資金調達までは最低一日、高額のファクタリングにも対応】 ファクタリング契約完了、そして入金までのスピードというのは、決して軽視できない重要なポイントのひとつであると言えるでしょう。 会社を経営する上で、すぐにお金を用意しなければならないという状況は意外とないように思えて・・・ 【建設業や運送業、人材派遣等に大してとくに強みを持っています】 他の業界と同様、ファクタリング業者にも得意不得意といったものがあるようです。 利用者の状況に応じて、それに合った業者を選びたいところですよね。 このえんナビという業者の場合、とくに建設業や運送業、人材派遣業界等に強みを持っているようです・・・ 【3パーセントというリーズナブルな手数料が利用しやすい】 ファクタリングのための業者を選ぶにあたって、手数料の額というのは決して無視できるポイントではないでしょう。 ただ手数料が安いだけで他は最悪、という業者も中には存在するため一概に手数料のやすさだけで決めてしまってよいのかという問題もありますが・・・ 【ファクタリング業界の中では珍しく、プライバシーマークを取得している】 このPMGという業者については、プライバシー方面に関しても力を入れているようです。 プライバシーに関する倫理のない業者と契約を交わしてしまうと、非常に危険であることは言うまでもありません。 中には、利用者に関する個人情報を売買している悪質な業者も・・・ 【社員教育、コンプライアンスの徹底に力を入れており、対応も丁寧】 このPMGに関するその他の評価ポイントとしては、社員教育やコンプライアンス(法令や社会規範の順守)の徹底した取り組みが挙げられます。 たとえば、客に対してとても信じられない無礼な対応をとったり・・・ 5位にランクインしたのは、株式会社アレシアの運営している 「株式会社ベストファクター」です。 ファクタリングサービスの他、投資や経営に関するコンサルティング事業も行っているようですね。 このベストファクターという業者の特徴は、 「二社間ファクタリング」を積極的に推し進めているということです。 従来的な「三社間ファクタリング」ではあまり知られたくない取引情報を取引先に知られてしまうというリスクを抱えていましたが、この二社間ファクタリングであれば、知られたくない情報が外部に漏れない方式で契約を行うことが可能となります。 また、 取引契約のムダや猥雑なポイントをできる限り排除し、スムーズな契約が行えるようになっているという点も魅力的です。 【二社間ファクタリングに対してとくに力をいれているようです】 今まで法人ファクタリングの契約方式としては、「三社間ファクタリング」が一般的でした。 これはファクタリングを利用したい法人とファクタリング業者が契約を結ぶだけでなく、法人の取引先(売掛金の対象となる企業)へ通知を行うことによって・・・ 【金融機関で相手にされづらい新規法人、ベンチャー企業もOKとのこと】 仕事柄、さまざまな事業者の方と会っていろいろお話をするのですが、資金繰りに困っている方がとても多いです。 そういった方には私もファクタリングをおすすめしてはいるのですが、いかんせん「ちゃんと相手にされるかどうか」といった点で不安に思われる方が少なくありません。 ・・ 【ややこしい手続きをカットし、スムーズな取引契約を可能としている】 世の中には「契約」という二文字を聞いたり見たりするだけですっかりしり込みしてしまう方がおられます。 確かに、契約ということばのイメージはあまりよいものではありません。 莫大な書類が必要となる場合も多く・・・ 【手数料を抑えて素早く2社間ファクタリングできる】 株式会社No. 1は手数料が安く、最短即日資金調達できる東京でおすすめのファクタリング会社です。 利用対象者は、健全な事業をおこない売掛債権を持っている企業や個人事業主で・・・ 【他社からの乗り換え実績No. 1】 他社と比較して対応スピードや手数料の安さに優れている株式会社No. 実際、乗り換えられる方も多いようです。 乗り換え実績1,500件以上、平均経費削減額は・・・ 【建築・病院・介護!さまざまな業界に対応】 株式会社No. 1では、さまざまな業界に特化したサービスも提供されています。 診療報酬ファクタリングでは医療事業者が持つ診療報酬債権を買い取り、現金化してもらえます。 通常、診療報酬が入金されるまで ・・・ 【最小20万円~少額買取実績多数!】 事業資金エージェントは1,000万円以下に特化した資金調達サービスです。 設立してから日が浅い企業でも売掛金の入金が3ヵ月以上あればファクタリングすることができます。 ・・・ 【2社間対応!低手数料で担保・保証人不要】 2社間ファクタリングにも対応していますのでご安心ください。 事業資金エージェントと利用者の間でのみ取引がおこなわれるため、取引先に連絡がいくことは・・・ 【利用メリットは?こんな方におすすめ】 事業資金エージェントのファクタリングでは、利用者の売掛金を買い取り、当初受け取る予定であった日付よりも前に現金化することができます。 経営状況に問題を感じている方でも、キャッシュフローの・・・ TOP1は資金繰り改善率92. 4%の実績を持つ『三共サービス』に決定! わたしが選んだ「東京のファクタリング会社TOP5」いかがでしたでしょうか。 堂々の1位は 『三共サービス』に決定! 三共サービスは要望に合わせて資金化の方法が選べる点がおすすめする理由の一つとなっています。 2社間と3社間の両方に対応しており、サービスを選べるといった部分はありがたいポイントですね。 また、「乗り換えキャンペーン」というサービスを提供しており、すでに他社のファクタリングを利用している方を対象に、平均して約10%ほど手数料が安くなるといったメリットがあります。 他の業者を利用している場合でも一度相談してみることをおすすめします。 急にお金が必要となった様々な企業や個人事業主のファクタリングに対応してくれるサービスの幅の広さ、対応スピードの速さ、手数料の内訳をなるべく具体的に細かく説明を行う明朗会計、これらの点を踏まえ三共サービスを 1位へと選ばせていただきました。 また、2位以下のファクタリング会社や管理人おすすめのサイトも良心的なファクタリング会社なので、よく読んで、貴社に合ったサービス内容の会社を選んで資金調達の際は活用してみてくださいね。 ファクタリングとは? ここで今一度ファクタリングの理解について確認したいと思います。 取引先の 決済日の前に資金が調達できる資金調達手段のひとつとして近年、注目されている買取サービスです。 まだ入金されていない売上金を先に資金化することができれば、ユーザーは売掛金の売却代金を受け取ることができ、つなぎ資金を早急に確保できることになります。 資金繰りに苦労しているユーザーにとってはありがたいサポート。 ちなみに、 償還請求が無いので貸金業とは言えないでしょう。 一方、貸金業は担保や保証人をとり、償還請求権を有します。 貸金業ではユーザーの売掛債権を譲渡するのではなく、 あくまで「担保」として「融資」。 ですから、売掛先が倒産するなどで回収不能になると、逆にその分をユーザーが支払わなければならなくなります。 支払いの遅れは当然情報機関に反映されてしまうため、ますます困難な立場に立たされることに。 その点、ファクタリング会社は貸金業ではなく、ファクタリング業です。 償還請求権がないため、買取りした債権が回収不能となってもユーザーに保証を求めることはありません。 さらに、 「ファクタリング契約」とは「債権譲渡契約」です。 買い戻し特約を付けたり、担保に取るなどの特約も皆無。 売掛先の不払いのリスクはすべてファクタリング会社が負担することになります。 つまり、融資の担保や資産状況を 綿密に調査する貸金業とは異なります。 そのため申し込みの翌日、もしくは当日に審査結果が出て、資金調達が可能なのです。 <担保無しでキャッシュフローを正常化できる> 売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうだけで資金調達可能なので、急な出費や支払に充当できます。 <金融機関からの信頼が回復、もしくは向上する> 上にも書きましたが、「ファクタリング業には償還請求権がないため、買取りした債権が回収不能となってもユーザーに保証を求めることはありません」。 貸借対照表でも負債にならないため、金融機関からの信頼が回復、もしくは向上することになります。 売買の決済は通常1~3ヵ月後。 売掛金の支払サイクルが長い取引先が増えると手元の現金が無くなり、黒字倒産の危険があります。 そんな時こどファクタリングを活用して回避するのがおすすめ。 ちなみに、銀行などの 金融機関からの融資が受けられなかった企業もファクタリングによる資金調達がおすすめですね。 これでファクタリングについてはかなりご理解いただけたんじゃないかと思います。 個人の給与のファクタリングサービスも 当サイトでも紹介している七福神では、 『給料ファクタリング』として個人へのファクタリングサービスを実施しています。 じつは企業の売掛金だけではなく、 債権の売り買い全般にファクタリングは可能。 ファクタリング発祥の地であるイギリスでは給料ファクタリングが急速に普及しているのです。 日本ではそれに先駆けて七福神がはじめているという状況。 給料日前にどうしてもお金が必要になっても給料を前借りできる会社はほとんどありませんよね。 そもそもそういう状態を会社には知られたくないケースもあるでしょう。 身内や友人にもなかなか言えるものではありません。 そんなとき、七福神に相談してみてはいかがでしょう。 カードローン、キャッシングなどを利用すれば信用情報機関に履歴が残ります。 住宅ローン、マイカーローン以外はネガティブなイメージ。 カードを作りたい、増やしたい方にはおすすめできません。 ですから、信用情報機関に一切履歴の残らない給料ファクタリングは 「いまをしのいだら何とかやり繰りできる」場合に最適な方法と言っていいのではないでしょうか。 審査対象がユーザーでなく勤め先なので、万が一自己破産などでブラックになっていても問題無し。 もちろん会社にも知られずに利用できるので安心ですね。 ファクタリング契約までの流れ まず、企業対象のファクタリングの場合、どうなるのでしょうか。 日本ではなぜいままでファクタリングが普及しなかったのか? 日本ではむかしから売掛金を根拠にした資金調達方法として 「手形割引」が利用されてきました。 手形=約束手形は「指定した期日にあらかじめ決められた金額を支払う」約束を金融機関を通して確約したもので、現金化にはめんどうな手続きが伴い、時間がかかります。 そのため中小企業は自転車操業のような状態が続いていることがめずらしくありません。 実際、ファクタリングをしたほうがよほど 健全な財務状態になるのです。 しかしファクタリングは以前は3者間契約のみでしたので、売掛先である取引先会社の承諾が求められました。 そのため、 「資金繰りに困っているあぶない会社と疑われたくない」という思いが先行し、日本ではファクタリングは普及しませんでした。 しかし、2005年の債権譲渡に関する一部の民放の改正によって2者間契約が可能となり、取引先に知られること無く売掛金のファクタリングができるようになったため、以降は徐々にファクタリングが普及しつつあります。 ファクタリングのリスク・あぶないファクタリング会社について ファクタリングもいいことばかりではありません。 上に書いた2者間契約ファクタリングの場合、ファクタリング会社は「売掛先の承諾の無い売掛債権の買取」をすることになってしまいます。 貸倒れのリスクが高まりますので、どうしても手数料を引き上げなくてはなりません。 2社間契約ファクタリングの 手数料は平均的に10%~20%。 これだと頻繁に利用した場合、資金繰りが苦しくなってくるリスクありです。 そして、ファクタリング手数料以外の手数料も発生します。 冷静に計算すれば、2社間契約ファクタリングは「ここぞ!」というときにだけ利用するべきでしょう。 そして 「掛け目」というのをご存知でしょうか? 銀行やノンバンクが担保を評価する際の融資額を決定するときの割合をこう言います。 じつはファクタリング利用時にも掛け目が存在しており、一般的に70%から100%といわれています。 売掛債権の担保価値を額面どおり評価してくれるファクタリング会社が100%。 そうでないところがそれ以下。 相談時にどのくらいの評価になるかはよく確認しましょう。 そして絶対にかかわってはいけないファクタリング会社も残念ながら存在します。 いちばんあぶないのは 会社を構えていないところで、電話のみで営業しているところは闇金業者の危険性もあります。 携帯電話番号のみであったり、面談が会社以外の場所だったりするところとは絶対に契約しないようにしてください。 会社があっても契約内容に不備がある、契約内容の質問に答えられない、手数料などの説明ができない、契約書が交わされないなどに該当する場合はすぐに利用を取りやめてください。 そしてもちろん法外な手数料を要求する会社は論外です! まとめ 以上、わたしがまとめたファクタリング会社の情報、いかがでしたでしょうか? 資金調達の方法として利用しない手は無いとも思える訳ですが、その利用頻度や会社の内容については冷静な判断が必要と思われます。 契約書を読むことはなかなか面倒な作業ではあるんですが、疑問に思うところは必ず質問するようにしてください。 また、「ファクタリングが個人でも契約できないか?」とお考えだったみなさんには七福神の 『給料ファクタリング』へのご相談をおすすめします。 ほかは個人向けにはやってないので。 以下、ファクタリングのメリットのまとめです。 ・ファクタリングによってユーザーは売掛金の売却代金を受け取ることができたり、つなぎ資金を早急に確保できるなど、資金繰りに苦労しているユーザーにとってはありがたいサポート ・ファクタリングは 担保や保証人はとらず、償還請求権もないので、売掛先の不払いのリスクはすべてファクタリング会社が負担することになる。 ・ファクタリングは審査がスピーディーですぐ資金化可能 ・ファクタリングは担保無しで キャッシュフローを正常化できる ・ファクタリングで金融機関からの信頼が回復、もしくは向上する 【ファクタリングのユーザーになるのが適切な企業とは?】 ・売掛金の支払サイトが長い取引先が多く、 黒字倒産の危険がある企業 ・銀行などの金融機関からの 融資が受けられなかった企業 ここに紹介したファクタリング会社は、どこも実績のある会社ですので、資金繰りに悩んでおられる法人の方はぜひ検討してみてください。

次の