物置 整理。 ガレージ、物置を整理するにはどうすればいい?

物置のごちゃごちゃを何とかしたい!効率的な片付け方を紹介します!

物置 整理

物置があると、ひんぱんに使わないものを保管するときに助かります。 けれども、物置をきちんと整理整頓して有効活用できている人は意外と少ないようです。 本来は、季節の家電やイベント用品、スポーツや趣味の道具など、たまに使うものを保管する目的で設置した物置なのに、いつの間にかただの「もの入れ」と化してしまっていることも多いでしょう。 どこに何があるのかわからない状態で放置していては、スペースの無駄使いです。 きちんと整理をして不用品は処分し、物置を有効に活用しましょう。 ここでは、物置を整理する方法・コツ・不用品の処分方法などをご紹介します。 この記事を読めば、「開かずの間」と化してしまった物置を、すっきりと整理して使いやすくすることができます。 ぜひお役立てください。 1.物置の基本知識とメリット&デメリット 物置を上手に活用するためにも、物置の基礎知識やメリット・デメリットなどを知っておきましょう。 1-1.物置の基本知識 「物置」とは、「普段使わないものをまとめて保管する場所」の総称のことで、家庭内にある比較的コンパクトな場所を指します。 クローゼットとは異なり、収納に便利なハンガーラックや棚などは何もなく、ガランとした空間なので上手に収納するためには工夫が必要です。 1-1-1.物置の種類 物置は、家の中に作り付けでもともとあるもの(納戸と呼ぶことも)、部屋の中に設置できる比較的小さめのもの、庭・ベランダ・テラスなど屋外に設置するものがあります。 そして、以下のような種類があるのです。 大きさの種類:奥行きや幅が1m程度の小さなものから、3mを超える大型のものまである。 素材の種類:木製・プラスチック製・金属製• 扉の種類:引き戸タイプ(2枚扉・3枚扉)・観音開きタイプ・シャッタータイプなど• 鍵の種類:ロック機能なし・南京(なんきん)錠タイプ・シリンダー錠内蔵タイプなど• 構造の種類:断熱構造など 1-1-2.物置の使い方 物置の使い方に決まりはありません。 一般的には、使用回数の低いもの・使用する期間が短いものなどを保管するために使います。 基本的には、屋内の物置には「屋内で使用するもの」、屋外の物置には「屋外で使用するもの」や「室内には入れたくないもの」を置くのが適しているでしょう。 どのようなものを置くのか、詳しくは後の項でご紹介します。 1-2.物置のメリット&デメリット 物置にはメリットとデメリットがあります。 1-2-1.物置のメリット• 普段あまり使わないものを保管できる• 部屋を広く使える• 捨てるかどうしようか迷うものを「とりあえず」保管できる• 工夫すればいろいろなものを収納できる• 災害用グッズや非常用食料・水など「絶対に必要だけれども置き場所に困る」ものを保管できる 1-2-2.物置のデメリット• つい無造作にものを放り込んでしまい不用品が溜まってしまう• 奥のほうは、何が入っているのかわからなくなる• 必要なものがすぐに見付からない• クローゼットと違い、棚や収納ポケットなどを後付けして自分で工夫する必要がある 関連記事 2.物置の整理について 物置の整理の必要性や、整理のタイミングやポイントなど、整理に手を付けるために必要な知識をご紹介しましょう。 2-1.物置の整理の必要性 物置は定期的に整理をする必要があります。 というのも、物置はスペースがあり、お客さんに見られる場所でもないため、つい無造作にいろいろな荷物を置いてしまうからです。 そして、どんどん、荷物をため込んでしまい、足の踏み場がなくなってしまいます。 そうなると、物置を開けるのもおっくうになり、そのまま放置してしまうのです。 それではスペースの無駄使いになってしまいます。 さらに、「開かずの間」と化した物置は、環境によってはカビや害虫などが発生するので衛生的にもよくありません。 2-2.物置整理のタイミング 物置の整理は面倒なので、なかなか重い腰を上げることができません。 どのようなタイミングで行えばいいのでしょうか? おすすめは以下のときです。 春夏、秋冬など、季節の洋服や家電などを出し入れするとき• 季節のイベント用品を取り出すとき(ひな人形・五月人形 ・ハロウィンの飾り・クリスマスツリーなど)• お子さんの入園・入学・進級などの前• 年末の大掃除前 2-3.物置に置くといいもの&悪いもの 物置は室内と屋外によって置くものが変わります。 2-3-1.室内の物置に置くといいもの&悪いもの 室内物置に適しているのは以下のようなものです。 季節外の衣類や服飾雑貨• 季節外の家電(夏ならストーブ、冬なら扇風機など)• もらいもの(お中元やお歳暮など)• 書籍や雑誌・趣味の雑貨• 季節のイベント用品(クリスマスツリーなど)ほか• 非常用持ち出し袋• 食料品・飲料水 屋外で使うものは出し入れするときに、床が汚れるので適さないでしょう。 2-3-2.屋外の物置に置くといいもの&悪いもの• アウトドア用品• BBQセット• キャンプ用品• スポーツ用品• ベビーカーや自転車• ガーデニング用品• タイヤやカーケア製品など 屋外の物置は、ぬれては困るもの・湿気や高温に弱いデリケートなもの・高価なもの・食品や飲料などは置かないほうがいいでしょう。 関連記事 3.物置の整理の仕方 物置を上手に整理する手順・ポイントをご紹介しましょう。 3-1.物置整理の手順 3-1-1.まずは物置に入っているものを全部「外」に出す 物置の整理に限らず、整理をする前には、まずは中に入っているものをすべて「外」に出す作業から始めるのが基本です。 物置の周辺のスペースを広く空けて、入り口にあるものから順番に、外に出し並べてみてください。 3-1-2.空になった物置内の掃除をする 物置内の床に溜まっているホコリやゴミなどを掃除しましょう。 カビや害虫などが発生していないかもチェックしてください。 清潔な状態にしたら、必要に応じて湿気取り・乾燥剤・防虫剤を置きましょう。 3-1-3.出したものの「仕分け」をする 外に出したものを「必要なもの」「不要なもの」に仕分けしましょう。 判断に迷うものは「1年以上使っていないものは捨てる」などルールを決めて整理するとはかどります。 どうしても捨てきれないものは「保留」にして、段ボールにひとまとめにしてください。 1週間ほど時間を置いて、改めて見直しをするとどちらかに決められるものです。 3-1-4.収納棚やラックなどを設置する 広い物置には、 収納棚やラックなどを設置すると取り出しやすく片付けやすい物置になります。 スペースに合った、市販のつっぱり棚やラック、組み立て式のスチールラックなどを設置しましょう。 3-2.物置収納のポイント 物置の収納をするときに、おさえたいポイントは以下になります。 3-2-1.大きい&重いものは下に、小さい&軽いものは上に置く 収納棚を設置したら、大きい&重いものは下に、小さい&軽いものは上に置くのが基本です。 また、できるだけ、季節の家電・スポーツ用品・イベントの道具など、ジャンルごとに分けて置くと探しやすくなります。 奥行きがある物置の場合は、使う回数が少ないものを「奥」に置くようにしましょう。 3-2-2.つっぱり棒を利用して「上」の空間も有効活用する 物置は高い場所が空きスペースになりがちです。 そこで、つっぱり棒を付け、S字フックを複数引っ掛け、「つるす収納」をしてみましょう。 持ち手の長いネット状の袋をかけ、その中に細かいものを入れると中身もわかって便利です。 また、つり下げタイプの棚や、ウォールポケットなどを利用するのもいいでしょう。 3-2-3.収納ボックスを使うときは透明のものを 収納ボックスは、透明のものを使うと中身が一目瞭然です。 正面に何が入っているか書いたメモを貼っておけば、より探しやすくなるでしょう。 重いものを入れて棚下に収納するときには、キャスター付きの収納ボックスが便利です。 3-3.物置整理の手順.物置内のサイズを測ることをお忘れなく! 物置のものを全部出して掃除をしたら、庫内の幅・奥行き・高さを測っておきましょう。 収納棚やつっぱり棒などを買うときに必要になります。 収納アイテムを購入するときには、無計画に買わず、測ったサイズを元に、何をどれくらい置けるか考えてから買うようにしてください。 関連記事 4.物置の整理で出た不用品の処分方法 物置の整理をすると、不用品がたくさん出ますよね。 これらは、どのように処分したらいいのでしょうか。 いくつか方法があるのでご紹介しましょう。 4-1.自治体のゴミ回収で処分する 捨てるものは、自治体のルールにしたがって可燃・不燃・資源などに仕分けをして捨ててください。 また、粗大ゴミは自治体の粗大ゴミセンターに申し込みをして、回収日を予約し「有料ゴミ処理券」を購入する必要があります。 詳細は、各自治体のホームページに記載してあるのでご確認ください。 4-2.リサイクルショップで売る まだ使えるもの・未使用のもの・状態のいいものなどはリサイクルショップに売却する方法もあります。 お近くにリサイクルショップがあれば、店頭に持ち込むのもいいでしょう。 また、宅配や出張で回収を受け付けているリサイクルショップもあります。 4-3.不用品回収業者へ依頼する 不用品回収業者に、有料で回収を依頼する方法です。 回収業者の場合は、ホームページの申し込みフォームや電話などから依頼し、回収日を決めればその日に来て不用品をすべて回収してくれます。 回収料金は、事前に見積もりを出してもらえるので安心です。 4-3-1.不用品回収業者に依頼するメリット• 不用品を仕分けして捨てる手間がない• 粗大ゴミの申し込みや手続きをして回収場所まで運ばなくて済む• 買取も同時に行っている業者なら、買取料金で回収費用を相殺することもできる• 自分の都合がいい日に回収してもらえる 4-3-2.不用品回収業者に依頼するデメリット 回収業者の中には悪徳業者もいるので、業者選びを慎重に行わなければならないのがデメリットです。 以下のような業者には依頼しないようにしましょう。 業者のホームページに事業所の所在地や電話番号の記載がない• 見積もりサービスを行っていない• 回収費用が明記していない• 見積もり後のセールスがしつこい• 街中を、会社名や電話番号のないトラックで「不用品を回収します」とアナウンスしながら周回している身元不明の業者 では、不用品を格安で処分できるがあります。 を行っているので安心してご利用ください。 関連記事 5.物置の整理に関してよくある質問 物置の整理に関してよくある質問をご紹介しましょう。 Q.物置の中を整理して、再度ものを収納するとき、最適な量はどれくらいですか? A.ぎちぎちにものを詰め込むと、ものの出し入れがしにくくなってしまいます。 常に2〜3割は空きスペースを作るように心がけましょう。 また、広めの物置の場合は通路スペースを確保することも大切です。 Q.屋外の物置を整理する際に気を付けることはあるでしょうか? A.物置の整理をするときには、中のものをすべて外に出して仕分けをする必要があります。 屋外の場合は、天気予報をチェックして1〜2日は晴天が続くときに行いましょう。 Q.物置の中に不用品がたくさんあり、粗大ゴミに出すのも大変なので不用品回収業者に依頼しようと思いますが料金が心配です。 A.では、お得な定額パックプランがあります。 カゴ車パックから4tトラックパックまで、ニーズに合った容量が選べ、基本料金が不要なのでお得です。 こちらのをごらんください。 Q.断熱構造の物置なら、屋外でも客用布団を収納しても大丈夫でしょうか? A. 大丈夫ですが、通気性のある布団袋に入れて収納するようにしてください。 また、布団袋の中には防虫剤や防湿剤も必ず入れましょう。 できれば、物置の床にじか置きではなく、スノコなどを敷いた上に置いてください。 また、入れっぱなしにしないで、1か月に1度は天気のいい日に干すようにしましょう。 Q.物置の中に、昔の写真やアルバムなどが段ボール3箱分あります。 捨てるに捨てられずに困っているのですが、どうしたらいいですか? A.1度見直しをして、どうしても取っておきたいもの数枚を残し、後はすべてスキャニングしてデジタルデータ化してはいかがでしょう。 データにしてしまえば保管は簡単ですし、物置に保管しておくよりもパソコンで手軽に見ることができます。 枚数がたくさんあって大変な場合は、写真をデジタルデータ化する業者に依頼するのがおすすめです。

次の

物置を整理して有効活用を!使い勝手の悪い物置とサヨナラする方法|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

物置 整理

物置があると、ひんぱんに使わないものを保管するときに助かります。 けれども、物置をきちんと整理整頓して有効活用できている人は意外と少ないようです。 本来は、季節の家電やイベント用品、スポーツや趣味の道具など、たまに使うものを保管する目的で設置した物置なのに、いつの間にかただの「もの入れ」と化してしまっていることも多いでしょう。 どこに何があるのかわからない状態で放置していては、スペースの無駄使いです。 きちんと整理をして不用品は処分し、物置を有効に活用しましょう。 ここでは、物置を整理する方法・コツ・不用品の処分方法などをご紹介します。 この記事を読めば、「開かずの間」と化してしまった物置を、すっきりと整理して使いやすくすることができます。 ぜひお役立てください。 1.物置の基本知識とメリット&デメリット 物置を上手に活用するためにも、物置の基礎知識やメリット・デメリットなどを知っておきましょう。 1-1.物置の基本知識 「物置」とは、「普段使わないものをまとめて保管する場所」の総称のことで、家庭内にある比較的コンパクトな場所を指します。 クローゼットとは異なり、収納に便利なハンガーラックや棚などは何もなく、ガランとした空間なので上手に収納するためには工夫が必要です。 1-1-1.物置の種類 物置は、家の中に作り付けでもともとあるもの(納戸と呼ぶことも)、部屋の中に設置できる比較的小さめのもの、庭・ベランダ・テラスなど屋外に設置するものがあります。 そして、以下のような種類があるのです。 大きさの種類:奥行きや幅が1m程度の小さなものから、3mを超える大型のものまである。 素材の種類:木製・プラスチック製・金属製• 扉の種類:引き戸タイプ(2枚扉・3枚扉)・観音開きタイプ・シャッタータイプなど• 鍵の種類:ロック機能なし・南京(なんきん)錠タイプ・シリンダー錠内蔵タイプなど• 構造の種類:断熱構造など 1-1-2.物置の使い方 物置の使い方に決まりはありません。 一般的には、使用回数の低いもの・使用する期間が短いものなどを保管するために使います。 基本的には、屋内の物置には「屋内で使用するもの」、屋外の物置には「屋外で使用するもの」や「室内には入れたくないもの」を置くのが適しているでしょう。 どのようなものを置くのか、詳しくは後の項でご紹介します。 1-2.物置のメリット&デメリット 物置にはメリットとデメリットがあります。 1-2-1.物置のメリット• 普段あまり使わないものを保管できる• 部屋を広く使える• 捨てるかどうしようか迷うものを「とりあえず」保管できる• 工夫すればいろいろなものを収納できる• 災害用グッズや非常用食料・水など「絶対に必要だけれども置き場所に困る」ものを保管できる 1-2-2.物置のデメリット• つい無造作にものを放り込んでしまい不用品が溜まってしまう• 奥のほうは、何が入っているのかわからなくなる• 必要なものがすぐに見付からない• クローゼットと違い、棚や収納ポケットなどを後付けして自分で工夫する必要がある 関連記事 2.物置の整理について 物置の整理の必要性や、整理のタイミングやポイントなど、整理に手を付けるために必要な知識をご紹介しましょう。 2-1.物置の整理の必要性 物置は定期的に整理をする必要があります。 というのも、物置はスペースがあり、お客さんに見られる場所でもないため、つい無造作にいろいろな荷物を置いてしまうからです。 そして、どんどん、荷物をため込んでしまい、足の踏み場がなくなってしまいます。 そうなると、物置を開けるのもおっくうになり、そのまま放置してしまうのです。 それではスペースの無駄使いになってしまいます。 さらに、「開かずの間」と化した物置は、環境によってはカビや害虫などが発生するので衛生的にもよくありません。 2-2.物置整理のタイミング 物置の整理は面倒なので、なかなか重い腰を上げることができません。 どのようなタイミングで行えばいいのでしょうか? おすすめは以下のときです。 春夏、秋冬など、季節の洋服や家電などを出し入れするとき• 季節のイベント用品を取り出すとき(ひな人形・五月人形 ・ハロウィンの飾り・クリスマスツリーなど)• お子さんの入園・入学・進級などの前• 年末の大掃除前 2-3.物置に置くといいもの&悪いもの 物置は室内と屋外によって置くものが変わります。 2-3-1.室内の物置に置くといいもの&悪いもの 室内物置に適しているのは以下のようなものです。 季節外の衣類や服飾雑貨• 季節外の家電(夏ならストーブ、冬なら扇風機など)• もらいもの(お中元やお歳暮など)• 書籍や雑誌・趣味の雑貨• 季節のイベント用品(クリスマスツリーなど)ほか• 非常用持ち出し袋• 食料品・飲料水 屋外で使うものは出し入れするときに、床が汚れるので適さないでしょう。 2-3-2.屋外の物置に置くといいもの&悪いもの• アウトドア用品• BBQセット• キャンプ用品• スポーツ用品• ベビーカーや自転車• ガーデニング用品• タイヤやカーケア製品など 屋外の物置は、ぬれては困るもの・湿気や高温に弱いデリケートなもの・高価なもの・食品や飲料などは置かないほうがいいでしょう。 関連記事 3.物置の整理の仕方 物置を上手に整理する手順・ポイントをご紹介しましょう。 3-1.物置整理の手順 3-1-1.まずは物置に入っているものを全部「外」に出す 物置の整理に限らず、整理をする前には、まずは中に入っているものをすべて「外」に出す作業から始めるのが基本です。 物置の周辺のスペースを広く空けて、入り口にあるものから順番に、外に出し並べてみてください。 3-1-2.空になった物置内の掃除をする 物置内の床に溜まっているホコリやゴミなどを掃除しましょう。 カビや害虫などが発生していないかもチェックしてください。 清潔な状態にしたら、必要に応じて湿気取り・乾燥剤・防虫剤を置きましょう。 3-1-3.出したものの「仕分け」をする 外に出したものを「必要なもの」「不要なもの」に仕分けしましょう。 判断に迷うものは「1年以上使っていないものは捨てる」などルールを決めて整理するとはかどります。 どうしても捨てきれないものは「保留」にして、段ボールにひとまとめにしてください。 1週間ほど時間を置いて、改めて見直しをするとどちらかに決められるものです。 3-1-4.収納棚やラックなどを設置する 広い物置には、 収納棚やラックなどを設置すると取り出しやすく片付けやすい物置になります。 スペースに合った、市販のつっぱり棚やラック、組み立て式のスチールラックなどを設置しましょう。 3-2.物置収納のポイント 物置の収納をするときに、おさえたいポイントは以下になります。 3-2-1.大きい&重いものは下に、小さい&軽いものは上に置く 収納棚を設置したら、大きい&重いものは下に、小さい&軽いものは上に置くのが基本です。 また、できるだけ、季節の家電・スポーツ用品・イベントの道具など、ジャンルごとに分けて置くと探しやすくなります。 奥行きがある物置の場合は、使う回数が少ないものを「奥」に置くようにしましょう。 3-2-2.つっぱり棒を利用して「上」の空間も有効活用する 物置は高い場所が空きスペースになりがちです。 そこで、つっぱり棒を付け、S字フックを複数引っ掛け、「つるす収納」をしてみましょう。 持ち手の長いネット状の袋をかけ、その中に細かいものを入れると中身もわかって便利です。 また、つり下げタイプの棚や、ウォールポケットなどを利用するのもいいでしょう。 3-2-3.収納ボックスを使うときは透明のものを 収納ボックスは、透明のものを使うと中身が一目瞭然です。 正面に何が入っているか書いたメモを貼っておけば、より探しやすくなるでしょう。 重いものを入れて棚下に収納するときには、キャスター付きの収納ボックスが便利です。 3-3.物置整理の手順.物置内のサイズを測ることをお忘れなく! 物置のものを全部出して掃除をしたら、庫内の幅・奥行き・高さを測っておきましょう。 収納棚やつっぱり棒などを買うときに必要になります。 収納アイテムを購入するときには、無計画に買わず、測ったサイズを元に、何をどれくらい置けるか考えてから買うようにしてください。 関連記事 4.物置の整理で出た不用品の処分方法 物置の整理をすると、不用品がたくさん出ますよね。 これらは、どのように処分したらいいのでしょうか。 いくつか方法があるのでご紹介しましょう。 4-1.自治体のゴミ回収で処分する 捨てるものは、自治体のルールにしたがって可燃・不燃・資源などに仕分けをして捨ててください。 また、粗大ゴミは自治体の粗大ゴミセンターに申し込みをして、回収日を予約し「有料ゴミ処理券」を購入する必要があります。 詳細は、各自治体のホームページに記載してあるのでご確認ください。 4-2.リサイクルショップで売る まだ使えるもの・未使用のもの・状態のいいものなどはリサイクルショップに売却する方法もあります。 お近くにリサイクルショップがあれば、店頭に持ち込むのもいいでしょう。 また、宅配や出張で回収を受け付けているリサイクルショップもあります。 4-3.不用品回収業者へ依頼する 不用品回収業者に、有料で回収を依頼する方法です。 回収業者の場合は、ホームページの申し込みフォームや電話などから依頼し、回収日を決めればその日に来て不用品をすべて回収してくれます。 回収料金は、事前に見積もりを出してもらえるので安心です。 4-3-1.不用品回収業者に依頼するメリット• 不用品を仕分けして捨てる手間がない• 粗大ゴミの申し込みや手続きをして回収場所まで運ばなくて済む• 買取も同時に行っている業者なら、買取料金で回収費用を相殺することもできる• 自分の都合がいい日に回収してもらえる 4-3-2.不用品回収業者に依頼するデメリット 回収業者の中には悪徳業者もいるので、業者選びを慎重に行わなければならないのがデメリットです。 以下のような業者には依頼しないようにしましょう。 業者のホームページに事業所の所在地や電話番号の記載がない• 見積もりサービスを行っていない• 回収費用が明記していない• 見積もり後のセールスがしつこい• 街中を、会社名や電話番号のないトラックで「不用品を回収します」とアナウンスしながら周回している身元不明の業者 では、不用品を格安で処分できるがあります。 を行っているので安心してご利用ください。 関連記事 5.物置の整理に関してよくある質問 物置の整理に関してよくある質問をご紹介しましょう。 Q.物置の中を整理して、再度ものを収納するとき、最適な量はどれくらいですか? A.ぎちぎちにものを詰め込むと、ものの出し入れがしにくくなってしまいます。 常に2〜3割は空きスペースを作るように心がけましょう。 また、広めの物置の場合は通路スペースを確保することも大切です。 Q.屋外の物置を整理する際に気を付けることはあるでしょうか? A.物置の整理をするときには、中のものをすべて外に出して仕分けをする必要があります。 屋外の場合は、天気予報をチェックして1〜2日は晴天が続くときに行いましょう。 Q.物置の中に不用品がたくさんあり、粗大ゴミに出すのも大変なので不用品回収業者に依頼しようと思いますが料金が心配です。 A.では、お得な定額パックプランがあります。 カゴ車パックから4tトラックパックまで、ニーズに合った容量が選べ、基本料金が不要なのでお得です。 こちらのをごらんください。 Q.断熱構造の物置なら、屋外でも客用布団を収納しても大丈夫でしょうか? A. 大丈夫ですが、通気性のある布団袋に入れて収納するようにしてください。 また、布団袋の中には防虫剤や防湿剤も必ず入れましょう。 できれば、物置の床にじか置きではなく、スノコなどを敷いた上に置いてください。 また、入れっぱなしにしないで、1か月に1度は天気のいい日に干すようにしましょう。 Q.物置の中に、昔の写真やアルバムなどが段ボール3箱分あります。 捨てるに捨てられずに困っているのですが、どうしたらいいですか? A.1度見直しをして、どうしても取っておきたいもの数枚を残し、後はすべてスキャニングしてデジタルデータ化してはいかがでしょう。 データにしてしまえば保管は簡単ですし、物置に保管しておくよりもパソコンで手軽に見ることができます。 枚数がたくさんあって大変な場合は、写真をデジタルデータ化する業者に依頼するのがおすすめです。

次の

物置を整理して有効活用を!使い勝手の悪い物置とサヨナラする方法|関東家電リサイクル問屋 公式BLOG

物置 整理

関連記事 1.物置の片付けについて 1-1.物置とは 物置とは、当面使用しない器具や物を入れておくためのスペースです。 庭や駐車場など、屋外に設置されるのが一般的で、床・壁・屋根・扉で構成されます。 物置と納戸・納屋の違いは以下のとおりです。 納戸:屋内・室内の収納スペース• 納屋:屋外に設置されるが、床・扉がない場合が多い。 トラクターなどの車用品などを入れるスペースとして使用される。 1-2.物置のデメリット 物置は、容量が大きくなんでも入れられる便利な面もありますが、以下のようなデメリットもあります。 不用品までためてしまう• 中に何が入っているかわからなくなる• 物を紛失・腐食させてしまう可能性がある• 掃除が大変 1-3.物置の片付けの必要性 上記のような理由から、物置は定期的に点検・片付けをする必要があるのです。 宝の持ち腐れにならないよう、物置の片付け方法を次項からご説明します。 関連記事 2.物置の片付けの方法について 2-1.まずは点検から 物置の片付けで最初にすることは、物置の中身を全表に出すことです。 面倒な作業ですが、すべて出すことでチェック漏れを防げます。 なんとなく取っておいた物も、一度出すことにより処分するハードルが下がるでしょう。 また、物置内に物がなくなると掃除も楽です。 2-2.物置片付けの方法・手順など すべての物を出したら、何を戻すかを考えます。 全く使っていない物や今後も使用する機会がない物は処分してしまいましょう。 あまりに使用頻度が低い物については、レンタルするという方法もあります。 2-3.物置片付けのポイント・コツ 物置を片付けた際は、せっかくのチャンスですので防虫剤や除湿剤などを新しい物に交換しましょう。 物置は屋外に密閉された空間ですので、物によっては傷んだり腐食してしまったりします。 また、午前中から片付けを始め、出した物を1~2時間程度風に当てるのもポイントです。 2-4.収納のポイント 物置の中へ戻す物を決めたら、以下の優先順位で物置の中へ収納してください。 使用頻度• 大きさ• 素材 使用頻度が高い物は、取り出しやすい手前や下側に置くと便利ですが、重い物を上や奥に置いてしまうと大変使いにくく危険なので、使用頻度よりも重さを若干優先してください。 できれば、家族全員が取り出せる状態にしておくのがベストです。 同様に、大きい物を手前に置いてしまうと奥の物が取り出しにくくなります。 たためる素材の物はなるべくたたんで、スペースを節約しましょう。 2-5.タイミングなど 物置の片付けは、春や秋がおすすめです。 天日干しや風通しをするので、湿度が低く晴れた日を選びましょう。 夏や冬でもいいですが、熱中症や掃除の際の手荒れには注意してください。 2-6.注意点 物置の片付けや掃除はとても面倒ですが、後まわしにするとさらに面倒になってしまいます。 「とりあえず」で取っておいた物が多い方は、この機会に一気に片付けてしまいましょう。 汚れは時間がたつほど落ちにくくなってしまうので、定期的に掃除したほうが結果的には楽です。 関連記事 3.物置から出た不用品について 3-1.不用品の処分方法 3-1-1.自分で捨てる 物置から出た不用品は、そのほとんどが粗大ゴミに該当するでしょう。 自治体によって大きさや品目によってゴミの区分が異なりますので事前に確認しておきましょう。 粗大ゴミは、自治体への申請(HP・電話など)・粗大ゴミ処理券の購入・(回収日になったら)回収場所への搬出などが主な作業です。 1点あたりの処分料金は比較的安価ですが、回収日を待たなければならない・回収場所へ持っていかなければならないなどの手間も発生します。 3-1-2.リサイクルに出す まだ使える不用品は、リサイクルショップへ持ち込むという方法もあります。 新しくきれいな家具・家電であれば買取の可能性がありますが、製品や型番などによってはそもそも買取対象としていないこともあるため、事前に店舗へ確認しておきましょう。 買値が付けばお得な反面、持ち込んだ家具家電が買取不可だった場合は、不用品を持ち帰らなければならないというリスクもあります。 3-1-3.不用品回収業者について 不用品の数が多い・体積や重さがある場合には不用品回収会社の利用がおすすめです。 では、家にいながらにして不用品を処分できるのはもちろんのこと、買取可能な家具家電があれば料金から相殺することもできます。 3-2.注意点 物置から出た不用品の処分方法にはメリットとデメリットがあります。 不用品の量や自治体の仕組み・近所のリサイクルショップの有無など、さまざまな要素を考慮して処分方法を検討してみてください。 たとえば、安いからといって重い家具を自分で処分しようとして、運搬中に建物を傷つけたりケガをしてしまったりしては元も子もありません。 料金・手間・時間・労力を総合的に考えましょう。 関連記事 4.物置の片付けをプロに依頼する場合 4-1.プロへ依頼したほうがいい場合 自分では手が付けられないほどの物置の片付けは、業者に依頼してしまいましょう。 プロの手にかかれば重い物や大きな物があっても大丈夫です。 4-2.プロに依頼するメリット 弊社では、物置の片付けだけでなく不用品回収や買取もセットでうけたまわります。 片付けから不用品処分までを一気におこなえるので大変おすすめです。 必要品と不用品の仕分けも弊社でおこないますので、事前に分けておく必要もありません。 4-3.業者選びのポイント 物置の片付けを業者に依頼する際のポイントをご紹介します。 片付け・不用品回収を並行しておこなえる• サービス内容と料金があっている• 料金体系が明確である• 古物商許可や産業廃棄物収集運搬などの資格を持っている 4-4.業者に頼む時のコツ 業者によって片付けの作業内容が異なりますので、「もっとやってくれると思っていたのに!」とならないよう、事前に確認しておきましょう。 弊社にご依頼いただければ、仕分けやこん包など事前にやっておいていただくことはありません。 ただし、買取に出す商品はなるべくきれいにして、付属品などをそろえておくと買取価格がアップする可能性があります。 作業内容についての詳細はください。 4-5.料金設定 弊社では、一部屋(1Kあたり)の片付け・掃除を34,800円よりうけたまわっております(作業員2名)。 通常の不用品清掃作業時の内容は以下のとおりです。 物置のお片付けの料金作業・内容については時にご相談ください。 必要品と不用品の仕分け作業• 貴重品の捜索作業・お返し• 作業後のハウスクリーニング• ゴミの処分代完全無料• ヒアリングシートの作成(見積もり書)• 段ボール資材の無償提供• 大型家財のつり降ろし作業• 作業風景の公開• 合同供養(年間2回程度実施) 4-6.作業の流れ ご参考までに、弊社の作業の流れをご紹介します。 お問い合わせ• 無料見積もり <以下、訪問時>• 片付け作業• 不用品の搬出• クリーニング• ご精算 4-7.業者選びの注意点 業者を選ぶ際は、安さだけではなくサービス内容もチェックしましょう。 提示価格が安くても、次々にオプション料金として追加されては結局高くなってしまいます。 見積もり書の内容(費目が詳細に書かれているかなど)もきちんと精査してください。 関連記事 5.物置の片付け・掃除についてよくある質問 5-1.物置の収納のコツは? 物置は、収納スペースとしては大変広いですので、一つの部屋だと思って仕切ったり高さを使ったりするのがおすすめです。 物置の中にメタルラックを入れれば、簡単に高さを出すことができます。 収納力や取り出しやすさがアップするのでおすすめです。 5-2.物置の中の物を管理する方法は? 物置にメモ帳とペンを置いておき、入れた物・出した物を書いておくと便利です。 入れた時にははっきり覚えていても、意外にすぐに忘れてしまいます。 いつ何をどれだけ入れたかを紙に控えておきましょう。 5-3.物置の掃除のコツは? 物置は屋外に設置されるため、土ボコリや枯れ枝などさまざまなゴミが舞い込んでしまいます。 掃除の際は必ずマスク・メガネ・軍手を装着しましょう。 アレルギーがない方でも、大量にホコリを吸いこむことでアレルギー症状が出てしまう場合もあります。 5-4.物置に虫が出るので掃除したくない 弊社では、ゴキブリ・ウジ虫など害虫駆除の業務もおこなっています。 手を付けられない物置の片付け・掃除はお任せください。 5-5.大量すぎる不用品でも回収してもらえますか? 弊社では大型トラックも準備がございますので大丈夫です。 お見積もり時から不用品が大量に増えたという場合はトラックを変更する必要があるので、事前にご連絡ください。

次の